2015-09-30

9/26 秘仏めぐり番外

バスツアーの解散が15:20頃だったので

『まだ回れるじゃ~ん』ってことで

博物館で見た地蔵菩薩様の所蔵元である圓照寺さんへ



この風景見たことある気がします。 かな









ご住職に扉を開けていただき案内していただきました。



大日如来坐像

平安時代作で、江戸末期に金箔を補修しているそうです。



お堂も古い時代の建物だそうです。

座禅をするスペースがありました。

脇侍の不動明王と観世音菩薩も立派なのですが

お堂の外からは写りませんでした。



県の文化財に指定されている庭園も拝見しました。









御朱印いただきました。



この時点で4時。

てことで、5時まで拝観できる萬徳寺さんへ







涅槃絵が特別公開されていました。

その前には干支の未の宝来(切り絵)が飾られていました。

こちらは高野山真言宗なんですね。



国指定名勝の枯山水庭園

ツツジが沢山植えられているのでGWあたりは見事でしょうね。





本堂



中に入って御本尊の阿弥陀如来様をお参りできます。





銀杏がたくさんなってました。





御朱印いただきました。



木簡の特典でいただいた絵葉書

清雲寺さんのもいただけるかと思って買わなかったのですが

清雲寺さんは対象寺院じゃなくていただけなかったんですよね

買えばよかった



これで秘仏めぐり終了~。

帰り道、もしかして上りと下りでPA違うのかなと思って

もう1度三方五湖PAに寄ってみましたが

出入口が違うだけで同じ建物でした

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2015-09-29

9/26 秘仏めぐり3

続いて長楽寺(ちょうらくじ)さん

こちらは飯盛寺さんが管理されているので

連絡すれば拝観できるようです。



扉を開けて待っていてくださったので

の中から太陽に照らされ金ピカに輝く大仏を見て

思わず「おぉ~」と言っちゃいました



阿弥陀如来坐像

平等院の像に最も近いといわれているそうです。



光背の飛天も美しい



四天王の多聞天様

残り3体は焼失してしまったそうで、後世製作されたのですが…



こうなってます 作風が全く違う。

語り部さん曰く

「都の仏師と田舎仏師の違い」だそうです



横に並べられた小さめの仏像(菩薩様かな)もとてもキレイだし

喉の部分が割れちゃって可哀想な感じの狛犬も

スマートでキリっとしてます。

鏡の裏の彫刻もキレイだったのですが、お堂の外からは写らず



御朱印いただきました。





ツアーの最後はお目当ての清雲寺(せいうんじ)さん

(収蔵庫撮り忘れ)

パンフの写真より実物は黒光りしているように感じました。



毘沙門天立像

実際に見ていたときは全体に黒く見えましたが

写真加工してみたら金箔や色が残っている部分がハッキリして

さらにカッコよくなりました

衣がたなびいてる感じとかめっちゃいい

今まで拝見した毘沙門天様の中で1番イケメンかも



吉祥天立像 奥さんです

裾の部分は波を表してるのかな

タイトなところからグルンと広がってドレスのようです



善賦師童子立像 お子さんです

この子供らしいツルンとした肌感



この3体は慶派の作と伝えられているそうです。

文献などの証拠はないのですが、きっとそうでしょう

だって素晴らしいもん

いいもの見せていただきました



こちらも御朱印は無しです。



バスツアーはこれで終了~。

道の駅へ戻ります。





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2015-09-28

9/26 秘仏めぐり2

お食事処へ移動

道すがらにお祀りされてました。





香箱座りの 近付いたら逃げちゃった。



四季彩館酔月



手おけ弁当 お味噌汁も付いてました。



レジ横に売っていた若狭和紙の文箱を購入 ¥1,680(だったかな)



御朱印帳入れにしようと思います。



出発の時間まで古い街並みを散策。



さるぼぼじゃなくて、身代わり猿と言うらしい。



波の形の鬼瓦

添乗員さんは「海が近いから波除けだ」と説明してました。

(火災除けじゃないのかな



小浜公園の入口にあった蘇洞門(そとも)のオブジェ



バスが停まってたのは海沿いの道路でした。

久々に海見たわ



おおい町へ移動

ここから語り部さんが添乗してくださいました。

これから向かう大島半島は、元々島だったけど

青戸大橋が掛かったことで陸続きになったため半島になったそうです。

大島は大飯原発があるところ。

車窓からの撮影なので分かりにくいですが

関西へ電気を送るための鉄塔が連なっています。



これから向かうおおい町の2寺は本堂ではなく

収蔵庫で保管されていて地元の方が管理されているので

普段は拝観することができません。

では、いろいろ手を尽くして

 管理の方と直接やり取りされてる方もおられるようですが)



常禅寺さん

こちらは10月以降も公開される予定だったのですが

9/27が最終で、それ以降は中止になっちゃいました



添乗員さんの話では

「突然拝観に来る人が多いから」とのことでした。

一般の人が管理されてるから

公開期間中でも連絡は必要だったようです。

「パンフレットの書き方が悪い」とも仰ってました。

今回のツアー申し込んでよかった~



弘法大師様を荒波から救ったといわれる波切不動尊

漁師さんの安全を見守ってくださってます。



語り部さん曰く

「堂内は撮影禁止だけど、お堂の外から撮るのは

 風景の一部だからOK」とのことです



検索していて知ったのですが

不動明王というの表紙になるほど

仏像ファンには有名みたいです。



お不動様が座っている台座も

仏像と同じころに作られた『瑟々座(しつしつざ)』という

大変珍しい台座だそうです。

収蔵庫に祀るために

その辺の木材をかき集めてきたのかと思ってました



こちらは御朱印は無しです。



続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2015-09-27

9/26 秘仏めぐり

9/26から土曜休みが復活しました

で、早速みほとけの里若狭の秘仏文化財特別公開へ行ってきました

去年も行く予定だったのですが

喪中になっちゃったのでお出かけ自粛で行けなかったので

楽しみにしてたんですよね~。



今発売中の和楽11月号でも



特集されるくらい嶺南には素晴らしい仏像がたくさんあります

鯖街道は食べ物だけじゃなく

大陸から伝来したものを都に持っていく主要道路だったんですね~。



特別公開の期間は9/19~11/23までなのですが

寺院によって公開日が決まっていて

3日しか公開されないお寺や

バスツアーのみ公開のお寺などあり

すべてを拝観するのは、なかなか難しいです。



9/26はバスツアーに参加しました。昼食付きで¥6,000

ツアーのみ公開の正林庵・谷田寺・矢田部薬師堂狙いだったのですが

予約のしたら満席で

同じくツアーのみ公開の清雲寺さんが入ってるコースにしました。

パンフ見たら毘沙門天様がかっこよかったので



JR小浜駅または道の駅若狭おばま集合で

道の駅に駐車しておけるとのことでで行きました。

初舞若道です

つか、小浜へ来るのが小学生以来かも。

三方五湖PAに寄ってみました。

開通当初、賑わっているのをで見ましたが

トイレとコンビニしかないんですね。

フードコートでご当地グルメが食べられるのかと思ってたのに

展望台から見た三方湖

お天気が悪くて霞んでますがが降ってないだけましかな。



道の駅10:00出発

路地も通るので定員21名の小さいです。

なので人気のコースはスグ満席になっちゃいます。



最初に訪れたのは若狭歴史博物館

忘れた

みほとけの里特別公開に合わせ

こちらでも美浜町・青蓮寺所蔵の聖観音立像が公開されていました。

館長さんの説明があったのですが、ところどころ聞き取れなかった

お話を聞いている時

皆さんが館長さんのほうを見ている隙をみて

脇にを隠して仏像を盗み撮りしてる人がいたんですよね

思いっきり撮影禁止って書いてあるのに

つか、博物館内は撮影禁止に決まってるでしょ

C国の人じゃあるまいし、マナー悪くて

見てるコッチが恥ずかしいわ



羽賀寺の毘沙門天や飯盛寺の不動明王など

かっこいい仏像が展示されていましたが

中でも印象に残ったのが圓照寺さん所蔵の地蔵菩薩様

すごくキレイな仏像でした

なんていうのか分からないけど、額の真ん中に付いてる石

見た感じ真珠じゃないかな~と思うのですが、聞くタイミングを逃した

真珠だとしたら珍しいですよね。



いただいた『常設展示のご案内』というパンフの表紙になっている

烏将軍と書かれた台に乗っている仏像

八部衆の迦楼羅(かるら)じゃないかな~と思うんだけど

どこに展示されてるのか分からなかった

常設展をじっくり見る時間もなかったので再訪したいです。



お次へ移動。が通れるギリギリまで連れて行ってもらって少し歩きます。



正法寺(しょうほうじ)さん





少し離れたところからなら撮影OKとのことで、望遠+トリミングです。

如意輪観音菩薩半跏像





壁に掛けられた写真のほうが分かりやすいですね。

中性的で、優しいお顔立ちです。

思惟手(しゅいしゅ)というポーズで

どうすれば人々を救えるのかと悩んでいる姿だとされています。



茶筅塚

ご住職(尼さん)が長く茶道をされているそうで

茶道で使う茶筅の供養塚だそうです。

「針供養のようなものだ」と仰っていました。





御朱印いただきました。



お次は歩いてスグの栖雲寺(せいうんじ)さん



こちらは急な法要(葬儀?)が入り

門前でボランティア語り部さんに写真を見ながら説明していただきました。



その後法要の邪魔にならないように

お庭や本堂の写真を撮らせていただいたのですが

参列者の女性に睨まれちゃいました

まぁ、葬儀?中にウロウロされたら嫌な気持ちも分かりますけどね。









今回書置きの御朱印でしたが

法要中でなければ直書きしていただけるようです。



「では次に参りましょうか」となったところで

「法要終わりましたのでどうぞ」と言われ無事拝観できました。



こちらもOKでした。

阿弥陀如来坐像







栖雲寺さんの前の道を突き当りまで進むと

ちりとてちんのロケ地があります。

常高寺さんの石階段の途中に線路が横切っていて

常高寺さんへ行くにはグルっと遠回りしないといけないそうです。

珍しいから撮り鉄さんが来るのかな

が通る時間が書いてありました。











続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2015-09-21

9/20 瑞源寺

9/20(日)やさんの帰りに瑞源寺さんへ寄り道





もうお彼岸だった



見ごろは過ぎちゃったけどギリセーフって感じでした



いっぱい撮りました









白い彼岸花、今年も咲いてました









萩の花は小さい1つ1つの形が可憐でカワイイの



そしていい匂い



御朱印いただきました



ご住職、法衣を着ていない状態の白衣で出てこられたのですが

白い着物と言ったら白装束しか見たことなかった私は

ちょっとビックリしました

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター