2014-11-29

11/23 滋賀 三井寺2

微妙寺

(西陣織の十一面観音が飾られていて

 本物は10月にできた文化財収蔵庫¥300にあるようです)





ここでべんべんに会ったよ

こやつ、ホラ貝吹けるんやよ

後で知ったんだけど、がま口の中にカードが入ってて

貰えたんだって。

いい歳のオバちゃんだから遠巻きに見てたんだけど

恥ずかしがらずに近づけばよかった







毘沙門堂



観音堂





本来三十三年に一度しか公開されない秘仏

重文 如意輪観音坐像 ¥200

御朱印をいただくのに結構並んでて時間かかったので

おっから外で待たせてたから

観音様見ずに戻ったんですよね

せめてパネルだけでも撮りたかったけど

パネルもお堂の中だったので撮影禁止かな~と思って

撮りませんでした。

なので三井寺さんのHPから写真拝借

(こちら御前立かも)


琵琶湖がチラッと見える



観月舞台と手水舎



御詠歌もいただきました。



数珠巡礼のメノウ玉も忘れずいただきました



お待ちどうさま



鐘楼と観音堂書院



書院では井浦新さんの写真展をやっていたのですが

NGだもんね~





水観寺



こちらでも御詠歌もいただきました。



ここから一切経蔵へ戻ります。



さっき橋の上を通ったんですが

下から撮りたかったので

竹林のところはどこか分からなかった







最初に回らないといけなかった釈迦堂を

飛ばしていたので最後に参拝。





三井寺はホント広くて

パンフレットに番号がふってあった主なところしか回ってないのに

3時間近くかかっちゃいました。

特別公開を全部見れなかったのは残念ですが

連れだし仕方ないね。

御朱印8種類もいただけたし、メノウ玉もいただけたし

よしとしましょう



おっかはお寺巡りに興味ないんだけど

が見れたからよかったと言ってました

は楽しかったかな

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-11-28

11/23 滋賀 三井寺

それから三井寺さんへ

智証大師生誕1200年慶讃大法会ということで

11/24まで秘宝等特別公開されていました。

こちらはお堂には入れないけど境内ならOKです。



≪注≫撮ってる時から

『なんか明るすぎるな』と思ってて

露出補正とかしてたんですが

で見てもなんか色味がおかしくて

よくよく見たらISO1600になってた

京都で夜撮ったまま設定戻すの忘れてた

この失敗ちょいちょいやるんですよね

画面に表示されてるはずなのに、見てないっていう…

ざらつきを誤魔化すために色味をいじってあるので

今回の写真は実際より派手めになってます(__)



駐車場¥500、満車に近い状態でした。

駐車場からもう



神宮と言えば明治神宮を指すように

寺と言えば特に三井寺のことをいうのだそうです。

(広辞苑にそう書いてあるそうです)

入山料¥500(特別拝観場所は別途)



大門(仁王門)

こじんまりしていますが、なかなか趣があります。



正面に見えるのが金堂(御本尊は永久秘仏の弥勒菩薩)



HPの写真を見ると普段は幕はしていないようです。



京仏師 円空作の仏像など諸仏拝観できます。




鐘楼(三井の晩鐘)



一切経蔵(八角輪蔵)

輪蔵を一回転させれば、大蔵経を読誦するのと同じ功徳を

積むことができるといわれています。



最初のるろうに剣心(吉川晃司が出てたやつ)の

撮影場所なんですね~



唐院(大師堂 潅頂堂 三重塔)







大師堂では秘仏の御開帳がありました。¥500

国宝 智証大師坐像(御骨大師)

国宝 智証大師坐像(中尊大師)

重文 黄不動尊立像

秘仏の国宝「絹本著色不動明王画像」(黄不動尊)を模刻したもの



将軍塚青龍殿でいただいた青不動の御朱印と

見開きにして頂きました













国宝 勧学院客殿 特別公開¥400



狩野光信筆の障壁画スゴイきれいやった

杉戸絵については触れられてないけど、これも狩野派

獅子の絵とかあって、結構好き



国宝 光浄院客殿は飛ばしてました





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-11-27

11/23 滋賀 芽亜里

11/22(土)は父の四十九日の法要でした。

バタバタとしている間に早四十九日だって。

おっつぁ天国行けたんかな~…



普通思い出って美化されて

いいこと、楽しいことを思い出すって言うけど

父との思い出って

嫌なこととか腹立つことしか思い出されんのやけど

なんなんやろ。

ホントにいい思い出がないんか

うちが忘れてるだけなんか…

やっぱうちって人としての感情が

欠落してるんじゃないかな



で、無事法要も終わったことだし

次の日早速おっかと2連れてお出かけしてきました



3連休だし、だし、も見頃だしで

高速結構混んでました。

大津ICで降りる予定だったのですが

ナビが渋滞考慮リルートで瀬田東ICで降りろと言うので

『この渋滞は多分京都に行く人やわ』と思い

ナビの言うことを聞いて瀬田東で降りたら

下道も混んでるし

わけわからん道をくねくねと行かされて

(たぶん遠回りさせられてる)

3時間もかかっちゃいました



着いたのは以前チワ友さんに連れてきてもらったことがある

Natural Garden Cafe 芽亜里さん。

店内もOKなのですが、満席でテラス席へ。

そんなに寒くなかったからヨカッタよ



ガイヤーンランチ¥1,500+¥250

表面がカリっと香ばしくて

チリソースもそんなに辛くなくて美味しかったです





連れ率高し

次から次へとやってくる。

テラス席でもスグに座れてよかったよ。

中で食事の人もドッグランに出てくるので

ちょっと唸ってたけど

ワンワンはしなかったので偉かった





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 国内旅行
genre : 旅行

2014-11-20

11/9 京都 アートアクアリウム城

京都編、最後は二条城で開催されているアートアクアリウム城です



こちら17:00~なのですがチケット購入にかなり並ぶとのことで

見るのに1時間くらいかかるだろうし

サンダーバードの最終21:24に乗るには20:32のに乗りたい

とか逆算でず~っと計算してくと

他の拝観が何時までかかるか分からないし

『並んでる時間無いな』と思い

通常入場料¥1,500のところ倍の¥3,000払って

並ばなくても優先入場できる日時指定券を

セブンネットで事前に購入することにしました。



ですがこちらだと決められた入場時間に行かないといけないので

+¥900払ってお茶席セット券にしました。

これだと17:00以降いつでも入場できます。

(見終わった後のお茶席が時間指定)

これだったら早く見終わったら時間潰してればいいし

遅くなったら勿体ないけどお茶だけスルーすれば

アクアリウム自体は見れるもんね

多めの出費になりましたが

日帰りで盛りだくさん行けたのだから良しとしましょう



で、二条城に着くと門の周りにずら~っと並んでます。

私は優先で入れてもらって門をくぐると

チケットを持っている人持っていない人

の看板があり、に行ったのですが

チケット持ってる人の列もかなりのもんなんです



『優先入場でも並ぶんか~』と思いながら

少しずつゾロゾロ歩いていると

途中で係りの人のチケットチェックがあり

「優先入場なので並ばずに直接入場口まで行ってください」

やって

優先入場じゃない

ただの前売り券を持っている人の列だったみたいです。

入場口まで行ったら優先入場はこちらって書いてあったけど

門から見えないんだから

門の看板に書いておいてくれよ~



やっと中に入ると、今度は見るために並んでる

でもみんな撮ったら抜けてくので

並んでさえいれば必ず1番前で撮れます。

水中四季絵巻(絵巻水槽)





古都紅葉ふぶき



アンドンリウム(行燈水槽)



金魚品評



たんこぶ



出目すぎっ



アースアクアリウム・ジャポニズム

これもそこそこの人だかり





よく見ると地球儀になっていて

大陸の模様があります。



新江戸金魚飾



お品書きパネル



ギヤマンリウムとリフレクトリウム



今回メインの巨大金魚鉢を見るための人だかり

これが1番並んだかな。



花魁では1時間おきに特別公演『京都・金魚の舞』があります。

毎晩18時・19時・20時からは二十四節気七十二候の舞

21時からは花魁の舞

花形は荒城蘭太郎さん。

これにみんな並んでたんですね~。

私も隙間からチョットだけ見れました



花魁





ボンボリウム(雪洞)



キモノリウム





会場を出ると夜祭BARになっていて

京都の酒蔵さんの日本酒セットがいただけます。

お茶席セットもこちらでいただきます。



この日のセットは立冬でした。

老松さんの生菓子

秋の盛りが過ぎ、暦の上で冬となります。

こなし製の菓子も雪化粧を施して、秋を名残惜しみます。

亀末廣さんの干菓子

栗の形の半生菓子に松露製の柿、それに梅あんを挟み、

紅葉の焼き印を押した種合わせで

秋の味覚を表現しました。



お茶席の時間を20:00~20:45で予約したのですが

19:20頃に出てきちゃったんですよね。

二条城の中に入ったのが多分18:15頃だったと思うので

1時間くらいウロウロしてたのかな

無人で写真撮りたかったから、ねばって並んでたもんね。



時間潰しにグッズ売り場を見てきました。



時間潰しても19:40

「まだ予約時間じゃないですけどいいですか

って聞いてみたらOKとのことで用意していただきました

スタッフさんは多分学生のバイトさんだと思うのですが

研修を徹底しているらしく対応がとてもよかったです

のなかよく来てくださいました。楽しんでいってください。」

って声掛けられました



そう、この日は1日中降ったり止んだりのぐずついた天気でした

やっぱ晴れ女返上しなあかんな



でも旅行自体は行きたい所ほぼ回れたし

お気に入りのお寺さんもできたし

充実した1日でした

行けてよかったぁ~



1つ反省

夜景やアートアクアリウム城は屋外の夜撮影だから

きれいに撮れるようにと夜景モードがどうとか、ISO感度がどうとか

シャッタースピードがどうとか、いろいろいじってみたけど

結局オートで撮ったほうがキレイっていうオチ

まだまだです

コメントはこちらから

theme : 国内旅行
genre : 旅行

2014-11-18

11/9 京都 将軍塚青龍殿

知恩院から歩いてスグの青蓮院門跡



こちらでは青不動復元模写の初公開&ライトアップをやっているのですが

今回の目的はココじゃなくて

ココから¥100シャトルバスに乗って

将軍塚青龍殿へ向かいます。



HPでは土日はバスの待ち時間60分となっていましたが

(30分おきに出発)

着いた時間が出発5分前で、すんなり乗れて

ナイスタイミングでした

といっても席は満席でしたからギリギリですね。



15分ほどで到着。

将軍塚建立記念で修復後初、青不動の御開帳です。

青蓮院で拝観料を支払ったとき散華をいただいたのですが

それにお願い事と名前を書いて青不動さんのお部屋に投げ入れると

跡でお炊き上げしてくれるそうです。



こちらでも17:00~ライトアップです(入れ替えなし)

ライトアップの時間帯は手書き御朱印は無いと聞いていたので

16:30のに乗ったからギリギリ間に合ったと思ったのですが

書き置きでした

「お昼は手書きやってるんですけど」と言われちゃいました。



そうこうしてるうちにライトアップ始まりました。



こちらは交通の便が悪いので

の穴場的名所です。





見ごろにはまだ早いですね。



の影がになってた



お庭をぐるっと回って門を出たら、もぎりの外に出ちゃった

係りの人に「青龍殿を見ずに出てきちゃいました」

と言って、もう1度入れてもらいました



清水の舞台の5倍の広さがあるというこの舞台は

いったい何をするところなんでしょう…



京都を一望できる夜景スポットなのに

だし、ガスってる

真ん中の電気のついていない黒いところは京都御所だそうです。



東山花灯路のときにも青不動の御朱印いただいたのですが

今回のは『青龍殿落慶御開帳記念』の朱が押してあります。



帰りのもすんなり乗れて

17:40ごろ青蓮院に戻ってきましたが

青蓮院のライトアップは18:00~なので今回は割愛して

東山駅二条城へ向かいます。





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-11-15

11/9 京都 知恩院

それから、こちらも特別公開中の知恩院



北門から



集会堂(御影堂修理工事の期間に限り法然上人御堂と称する)から中に入り

鴬張りの廊下の手前で拝観受付。

一部拝観できなくなくなっている七不思議の展示ブースがありました。



大方丈・小方丈を見学。

こちらでも狩野派の襖絵を堪能

七不思議のひとつ、あまり上手に描かれたので

雀が生命を受けて飛び去ったといわれている『抜け雀』も。



外観や庭園は撮影OK





将軍家とゆかりがあるようですが

襖の取っ手などの紋が葵の御紋じゃないの













一部紅葉してましたが

見ごろになったらさぞかし綺麗でしょうね



庭園を出て歩いていると、阿弥陀堂の扉が開いていたので

慌ててを準備しましたが閉められちゃいました



工事中の御影堂

泰平亭(売店)の自販機横に灰皿があったので一服



寶佛殿でお参り。

納骨堂前の池は蓮の時期も良さそう





勢至堂・御廟に向かう階段を見て… 割愛

三門も工事中のため今秋の特別拝観はないそうです。



帰りは売店前から和順会館までの無料シャトルバスに乗せていただきました。

「お願いします」って乗ったらスグ

私しか乗ってないのに出発してくれました。

時間決まってなくて、お客さんがいたら

待たすことなく即出発してくれるのかな

親切~



勢至菩薩と御詠歌の御朱印をいただきました。

前回忘れた数珠玉も



知恩院さんは広いね~。

ライトアップのときに友禅苑も含めてまた参拝したいです。





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-11-14

11/9 京都 妙法院

こちらも特別公開中の三十三間堂本坊妙法院へ。

門跡なんですね~。



庫裏で拝観受付です。



庫裏とは台所兼事務所のような役割で

豊臣秀吉が千僧供養を行ったときに

食事の用意をしたおくどさんがあり

大黒天が祀られているとか

煙を逃がすために吹き抜けになっているとか

説明を受けました。



こちらはお庭も撮影禁止で

ご紹介できないのがとっても残念なのですが

お庭がステキなんです

木の上のほうだけ日当たりがいいからか

紅葉してて、なおgood



大書院の障壁画は狩野松栄・永徳の作品で

一之間は唐美人図、二之間は四季花鳥図

一之間のほうがより親しい間柄の人が通される部屋だそうです。

大書院南庭に掛かる橋は楠(だったかな?)の化石だそうです。



部屋という部屋に襖絵が描かれていて

もう、大好物ですって

白菜や松茸、柿などを描いたほんわかする絵もありました



廊下には柿本人麻呂や小野小町など

三十六歌仙絵が飾られています。



門跡らしく立派な宸殿や明治天皇がお成りになった玉座もあります。

玉座からお庭を見ると

大きな大理石をくり抜いた瑪瑙の手水鉢があります。



龍華蔵は宝物展示室のようになっていて

国宝のポルトガル国印度副王信書は

京博の京へのいざないへ貸し出し中となっていました。

千利休愛用の茶道具や蒔絵のお膳などがあり

出口付近に飾られていた釈迦三尊像は象に乗っていて

東寺の帝釈天のような雰囲気の

髪の毛があるお釈迦様でイケメン



瑞龍殿はH12年に再興された比較的新しい客殿で

瀬戸内寂聴現代語訳「源氏物語」の装幀画を担当した

石踊達哉さんの襖絵があります。

こういう作品が何十年・何百年って経つと重文や国宝になるんだろうね~。



一旦外に出て本堂へ。

ご本尊は普賢菩薩像です。



普通のお寺は本堂が1番立派なのでしょうが

こちらは門跡だから宸殿のほうが大きいんだそうです。





ここ来れてスゴイよかった~

今まで拝観した中で1番のお気に入りのお寺になりました

拝観時にいただけるリーフレットが無かったのでパンフ買っちゃった

御朱印もいただきました。



鳥獣戯画展限定の御朱印帳に早速書いてもらったのですが

あの御朱印帳デザイン的に上下が分かりにくいんですよね

小さく『高山寺』って書いてあるのでこれで見分けられるのですが



気づかれなかったみたいで逆さまに書かれちゃいました

でもまぁ、許す

1ページ目だったので、この後全部逆さまに書いてもらいます



こちらは機会があったら再訪したいです。





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-11-13

11/9 京都 国立博物館

鳥獣戯画と高山寺のチケットで平成知新館(オープン記念展京へのいざない

も観覧できます。

こちらもそこそこの入りでした。



3Fの陶磁のエリアは焼き物ですね。

考古のエリアは盾や鉾、鏡、埴輪なんかもありました。

2Fは絵画のエリアでうちの好きな襖絵とか。

1Fの彫刻エリアは迫力ある仏像がたくさん並んでます。

他のエリアは絵巻や高台寺蒔絵や名刀正宗などなど。



彫刻エリアに千手観音立像があって

三十三間堂妙法院蔵と書いてあったのですが

私の前にいたオバちゃん2人組が

「あのいっぱいある中から持ってきたんか」

「後ろのほうなんか誰も見てないもんの」

「1つくらいなくなっても分からんわ」

って、ず~っと言ってるの

だから、妙法院やって



人ごみに紛れてみんながそうなってしまうのかもしれませんが

ひそひそ話じゃなくて普通のトーンでしゃべる人が多くて

全体的に騒がしかったように思います。

喫茶店並み

説明文を読んでても話し声が気になって

頭に入らないんですよね

そういう意味でも鳥獣戯画展では

音声ガイダンス借りてよかったかも



全部見終わって外に出たのが12:30

外はこんなことになってました



テントの下にも同じだけの人がいるんですよ

この列が建物の右側へずっと続いてます。





噴水から西門まで公園のようになっていてパネルが置いてありました。

西門側のトイレ前に喫煙所アリ。



そして、この日まで京都非公開文化財特別公開

表門が初公開されていたので、折角なので入ってみました。



守衛さんの待機場所だったそうで、左右対称になっています。



このカーブしたところが技術が必要なんだとか。





の男女のレリーフの型も展示されていて

型とはいえすばらしい作品だけど作者は不明だそうです。



非公開文化財特別公開は1箇所¥800なんですが

う~ん… 外観だけチラ見してもよかったかな。

京博に行ったついでだからいいんですが

わざわざ見に行くほどではないかな。

平成知新館の拝観料も含まれていますが見た後だしね。



智積院近くの喫茶店でランチしてから

同じく非公開文化財特別公開中の三十間堂本坊 妙法院へ向かいます。





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 国内旅行
genre : 旅行

2014-11-12

11/9 京都 鳥獣戯画展

前回書きましたが、11/9(日)に京都行ってきました

お目当ては京都国立博物館の企画展

鳥獣戯画と高山寺

FBの書き込みでは、17:00過ぎに行けば10~20分待ちで入れて

入ってしまえば閉館時間18:00を過ぎても

見終わるまで追い出されることは無い

とのことで、最後に回ろうかとも考えたのですが

観覧するのにどれくらい時間かかるか分からないし

メインの目的が達成しないと気が気じゃないので

並ぶの覚悟で少しでも早く行こうと

早起きがんばってサンダーバードの始発で行きました。

6:20福井発7:51京都着

遊びに行くときはなぜか起きれる



一服してターミナルに行くと、ここから既に並んでる

1本目のバスは満タンで乗り切れず

2本目も乗れなそうだったのですが

前に並んでた6人グループが「6人乗れんわ~」と言ってる隙に

追い越して乗っちゃいました

おひとり様の強み



博物館前のバス停で降りると

智積院のところの交差点まで並んでて

『思ったより並んでるな~』と思いながら交差点を曲がると

最後尾が見えないくらい並んでるし

結局次のバス停(東山七条)まで並んでました

でも早く開門してくれたみたいで(敷地内に入れただけ)

少し進んで交差点までこれました。



通常9:30開館のところ前日の11/8から9:00開館になったので

9:00ごろにテントまでは着ました。



テントには前期で展示してあった作品のパネルが掛けてありました。





ここでも1列に5人ずつ並ぶので

2・2のグループに混ざらせてもらってワープしちゃった

8:20から並んで9:30に中に入れました。



そして今回、音声ガイドも借りました。¥520

中に入ってからも鳥獣人物戯画を見るために並ぶんです

その待ち時間に楽しめるように

佐々木蔵之介さん案内のボーナストラックが入ってるんです

鳥獣人物戯画は甲巻・乙巻・丙巻・丁巻と4箇所に分かれているので

その度に時間つぶさないといけないですからね~。



鳥獣人物戯画はマンガの原点といわれていて

描かれている人物や擬人化された動物が楽しそうなんですよね。

追いかけっこしたり、相撲したり、世界観が平和だから

みんなに好かれて人気なんでしょうか



修復したからというのもありますが

平安時代の巻物がこんなきれいな状態で残ってるって

それだけでスゴイ



鳥獣人物戯画以外にも高山寺のお宝がたくさん展示されていて

私は特に舎利厨子と、神鹿と子犬の置物?が好きです



展示コーナーを抜けるとミュージアムショップがあり

企画展限定のグッズが売っています。

鳥獣戯画パッケージのお菓子や、クリアファイル

Tシャツ、トートバッグ、絵葉書、etc

私は図録と風呂敷とおたべを購入。



そして、70冊限定という御朱印帳を見つけちゃいました



こちらはALBUSさんというショップ製のもので

前期が始まった10/7から発売されていて

もう売り切れたと聞いていたので買うつもりなかったのですが

大好評とのことで、たぶん後期用にだと思うのですが

少しデザインを変えて70冊増刷されたそうです。

知らなかったので見つけたとき2度見しちゃいました

¥4,500とお高いのですが

職人さんが手作業で箔を押しているのと

代金の一部を高山寺様へ納めていると書いてありました。

よいことをしたと思うことにします

限定に弱い私

だって無いと思ってたのが売ってるんだもんっ





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 国内旅行
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター