2014-03-31

3/16 京都 青蓮院門跡・知恩院

青蓮院門跡夜の特別拝観・ライトアップ¥800

四脚門



門跡寺院とは門主(住職)が皇室或いは摂関家によって受け継がれてきたお寺のこと。

ご本尊の熾盛光如来は、光そのもので

その化身の不動明王も炎の光を背負っておられるそうです。

熾盛光如来は大日如来の仏頂尊(頭の頂におられる極めて崇高な仏さま)

熾盛光如来を御本尊とするお寺は、日本中で青蓮院門跡のみ。



宸殿(しんでん)から見る杉苔の前庭

右近の橘・左近の桜は暗くて見えませんね。

宸殿内には濱松図襖という襖絵があり

部屋を仕切る簾みたいなのが皇族らしさがありました。



何枚も撮ったのですが、うまく撮れなかった





龍心池





華頂殿 お茶席になっていました¥500

奥には蓮の襖絵(新しい作品)があり

百人一首(たぶん)が飾られてました。





日吉社







本堂裏側の青不動明王(複製・本物は国宝)

曼荼羅の中心におられるのが大日如来。

大日如来は宇宙のすべてをつかさどる中心的な存在。

その大日如来の化身が不動明王。

大日如来はあまりに崇高で直接には拝みにくいため

その化身の不動明王を拝むようになったそうです。



本堂の正面





御朱印いただきました。

夜間拝観は書き置きのようです。



生け花プロムナード



本日2回目の知恩院

プロジェクションマッピングをやっていましたが

行列だったので諦めました

三門と友禅苑の拝観で¥1,000でしたが

時間がないので三門だけ。



宝冠釈迦牟尼仏像・十六羅漢像が安置されていて

天井や柱、壁などには迦陵頻伽(かりょうびんが)や

天女、飛龍が描かれていています。

三門からの景色も禁止でした。

京の冬の旅HPより



御朱印いただきました(左は三門公開時限定)

こちらは手書きしていただけますが

時間によっては、すごく並んでいるようです。



これで今回のお一人様旅行は終了。

1日で廻ったにしては盛りだくさんだったでしょ



知恩院前からに乗り京都駅へ。

この時バスの中は私一人だけだったのに

次の祇園バス停では満員になり

その次の東山安井では

「詰めてください。ご協力お願いします。」になり

次の清水道では「次のバスに乗ってください」になりました

乗車率がハンパない

祇園で混むのを見越して知恩院を最後にしたのですが

大正解



京都駅に着いたのは9時過ぎ。

9時24分発なのでちょっとギリギリでしたね

バス案内所のコインロッカーに入れたはいいが

この時間だから案内所閉まってるんじゃないかと

ヒヤヒヤしましたが開いててよかったです。

入れる前に確認しろっての



駅弁買おうと思ったのにお店閉まってるし

コンビニもお弁当類は売り切れてるし

また朝のあんパン食べました。

この日はろくな食べてないな。



弾丸で巡りましたが、めっちゃ充実した1日でした

今度は4/13(日)に友達と

京都御所の一般公開に行く予定

まだ咲いてるといいけど。

ますように

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-03-30

3/16 京都 八坂神社

一服して、だいぶ日が落ちてきました。



八坂神社

ここに来たら美御前社で美人祈願しないとね



お隣の悪王子社



本殿もお参り。

東山花灯路の期間中は4時まで本殿の特別拝観があります。



今回は悪王子社の御朱印をいただきました。



この時点で6時過ぎ。

ここでに乗れば水族館のイルカ水槽の裏側を見れる

イベントに間に合うのですが

それだけしか見る時間が無くて

入館料¥2,000払うのもったいないので

また次の機会にゆっくり見ることにして

6:30~の宮川町芸舞妓さんの奉納舞踊まで待つことにしました。



既に並んでいますが

背の低い人だけの列を見つけたので

そこに陣取りました。



でもいざ始まると、みんな手を伸ばして撮るので

こんなになっちゃいました



いい感じなのに真ん中に



すると、私の斜め後ろにいた人が

「カメラ下ろせや後ろの人が見えんやろ

 そこの赤い人やっ」って名指しで怒鳴りました

赤いジャンバーの人ね。



確かに私も『邪魔だなぁ』って思いましたが

でも始まる前にアナウンスの人が

「写真撮影自由です」って言ってたし

前にいるのは早い時間から並んでた人の特権だし

手伸ばして撮ってるのはこの人だけじゃないし

私も人のこと言えないからなぁ…



何枚も撮ってそこそこ撮れてたのをUP



白いお着物のお姉さんは柱の陰になって撮れませんでした



本物の芸子さん舞妓さんを見るのは初めてでしたが

お稽古されてるだけあって

踊りも立ち振舞いも上品で素敵ですね~



2曲踊ってくださり、15分ほどで終了

待ってた甲斐がありました



南楼門から出て円山公園方面へ。



有名な円山公園のと生け花プロムナード



知恩院前に行くと



狐の嫁入り巡行がちょうど出発するところでした。



動き出してしまったので正面から撮れませんでしたが

狐の嫁入りを見ると縁起がいいそうなのでlucky





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-03-29

3/16 京都 圓徳院

戻ってきました~。

無駄な体力を使ってしまった

こちらは都路里に並んでる列。



高台寺塔頭の圓徳院春の特別展¥500

長屋門



お着物姿の左側の人は外人さんでした。

似合ってました

唐門





南庭



ライトアップ用のライトが取り付けられてました。



方丈でもガイドさんが説明してくださいましたが

半月経ってちょっと忘れてる



方丈には白龍の襖絵があって

白龍は秀吉を、荒波は戦国の世を表してるそうです。



左側の通路には東山界隈を描いた屏風があり

それを見ながら方丈裏側へ行くとガラス張りの展示場に

名をあげたいと七尾から都にやってきた長谷川等伯が

住職の留守中に勝手に描いたといわれる襖絵「冬の絵」が。

金地に白銀の桐紋が描かれた襖に勝手に絵を描いて

さぞ怒られると思いきや

出来が良かったからそのまま飾られたそうです。



秀吉が拾ってきていつも落ち歩いていた

大黒天・毘沙門天・弁財天の3つの顔を持つ

三面大国天も展示されています。

(一回拝めば三つの効き目があると実に合理的で秀吉らしい)



他にも気になった仏像があったのですが

何が気になったのかさえ忘れちゃった



廊下に置かれた僧侶



北書院から見る北庭



テッパンの額縁で撮らなかったことを後悔



まだ明るかったので

ライトアップまで居残りするのは諦めました。

出口は京・洛市「ねね」側になり

三面大国天があります。



こちらで御朱印と数珠玉いただきました。

(圓徳院の数珠玉は先の入口で)



都路里ではまだ少し並んでたので

テイクアウトで抹茶オレを買って

ベンチで朝買ったあんパンと一緒にいただきました。

5時前になり、やっと食事らしいものを食べました。

(パンだけどね)



5時になり高台寺の鐘が鳴ると、店員さんが外に出て

LED灯籠のコンセント挿してました。

でもまだ明るいのでライトアップの雰囲気は無し



一服しようと高台寺駐車場へ戻る途中

通常非公開の春光院の門が開いてる



休憩所として開放されているようです。



草もちを買って中へ。



お茶の直売をしていて、試飲をいただいて美味しかったので

梅こぶ茶を買いました。で飲んでます



こじんまりしてますが素敵なお庭です。







せっかく公開されてたのに御朱印いただくの忘れた

つか、御朱印ないのかな

後から検索したけど出てこなかった。





高台寺駐車場のポスター



高台寺公園 これは桜





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-03-28

3/16 京都 霊山観音

それから高台寺の駐車場で一服して、霊山観音へ。

りょうぜんと読むんですね。

参拝料¥200(線香付)



高台寺の駐車場から大きな観音様は見ていましたが

参拝するのは初めてです。



願いの玉

周りに吊るしてある金色の丸い紙に願い事を書いて

玉に触ってお祈りしながら3回回るんだそうです。



仏足石



愛染明王堂



良縁の神様



横には京料理供養塔がありました。

私たちが食べる為に命を絶たれた生き物たちに感謝



裏側から観音様の胎内に入って

十二支守本尊をお参り。



なぜか風車

カラフルでかわいい



この日1番の自画自賛

花弁の白と、額?の赤がキレイな梅

背景がぐるぐるボケっぽくなってお気に入り



御朱印と数珠玉いただきました。

御朱印書いてくださった方が前のページを見て

「東大寺行ってこられたんですね。薬師寺は?」

とかって、少しお話しました



この後、スグ近くは圓徳院なのですが

圓徳院さんは5時までの通常拝観と

夜のライトアップで入替がない(ずっといれば両方見れる)ので

5時前に入ろうと思って先に知恩院へ向かいました。



途中岡林院へ寄り道。

わき道にそれるので場所がよく分かりませんでしたが

目印みっけ



こちらは通常非公開で

無人販売形式で数珠玉が置かれています(月真院のも一緒に)





鉾の形の祇園閣



いけばなプロムナード



去年の京の夏の旅で祇園閣の特別公開があったのですが

行けなかったんですよね~。

機会があれば行ってみたいです。



そして知恩院に到着



国宝の三門は大きくて、近くからだと全体が写らないから

道路の向こう側から撮って

さあ行きましょと思ったら、まさかの閉店ガラガラ

門を閉められちゃいました

4時までだと思ったら3時40分受付終了だったみたいです。

パンフ見たらちゃんと書いてあったし



仕方なく来た道を戻ります。





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-03-27

3/16 京都 法観寺

お次はを乗り継いで東山安井へ。



八坂の塔に向かって歩いていると

またまたお店見つけちゃいました

京東都 KYO-TO-TO

Discover Japanに載っていた刺繍ワッペンのお店です。



月鉾の手ぬぐいで作った巾着に付けようと思って

いっぱい買っちゃいました

1番左は1周年記念のノベルティの八坂の塔

蟷螂山・お嬢@¥399 菖蒲・亥@¥525

因幡の白兎¥893

山岩戸は欲しかったけど売り切れでした

きのこシリーズや妖怪シリーズもなかなかの毒々しさですよ



八坂の塔の前で外人さんが

(たぶん)なんちゃって舞子さんの撮影をしていたので

私も便乗して撮らせてもらいました



法観寺(八坂の塔)は、いつでも拝観できるわけじゃなくて

どちらかというと閉まってる時のほうが多いみたいですが

東山花灯路のHPに載っていたので

花灯路の期間中は公開されてたんだと思います。¥400



聖徳太子が如意輪観音の夢のお告げにより建立。



五重塔の中がお堂になっています。



撮影禁止の看板が無かったので

無くても文化財保護のために撮らない方がいいのかなと思いつつも

『こんな機会滅多にない』っていう欲望が勝っちゃって

私一人だったのでコソっと撮っちゃいました。



御本尊の五智如来像(大日・釈迦・阿しゅく・宝生・弥陀)

須弥壇の下には中心礎石があり

中央には舎利器を納めた3重の凹孔が残っている。



blogに載せちゃったら誰かに怒られるかな





2層目まで登れます。



上からの景色



八坂稲荷神社



梅が1本咲いてました。





御朱印と数珠巡礼の数珠玉いただきました。



塀の外から





京都って妖怪物多いよね。

昔の日本って感じするからかな



撮ってから気付いたけど

「写真を撮られた方、アートの分かる方は¥100入れてね」

って書かれてた



ここまで来て、道間違えてることに気付いてUターン





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-03-26

3/16 京都 妙顕寺

お次は報恩寺から徒歩数分の妙顕寺

日蓮宗のお寺の拝観は初めてじゃないかな。



大きな本堂の横を通って



庫裡で拝観受付



まずは本堂へ。

京の冬の旅のHPから



ガイドさんのお話、途中から聞きました。

格天井には家紋が貼られていて

『珍しいな~』と思っていたら

天明の大火で焼失した後、復興の時に

寄付した檀家さんの家紋だそうです。

須弥壇には「南無妙法蓮華経」と書かれた宝塔の両脇に

釈迦如来像・多宝如来像を祀り

日蓮聖人・開山日像聖人像・

公家から門下となった大覚上人の像が安置されています。

(もう1体の像は誰か忘れちゃった

死んだら極楽へ行けるとかよく言うけど

日蓮宗では今を正しく生きるのが大事

みたいなニュアンスのことを言ってました。

(チョット違うかな。宗教のことはよ~分からん



天女が描かれた天蓋はJR西日本の駅で配布されている

西Navi1月号の表紙になっています。



客殿から見る「龍華飛翔の庭」(四海唱導の庭)



勅使門 奥に本堂の屋根



孟宗竹林の坪庭







書院前庭「光琳曲水の庭」



樹齢400年の赤松



宝物殿には仏舎利や、狩野なんとかの龍の掛け軸や

尾形光琳の「寿老松竹梅三幅対」

日像聖人が修行で書いた

虫眼鏡で見ても何が書いてあるか分からないくらい

小さな字で書かれた写経「極細字法華経」

などが展示されていました。



御朱印をいただきました。 アート

京の冬の旅期間中は書き置きのものだそうです。



日蓮宗では「南無妙法蓮華経」と書かれるので

御首題というそうです。

そして日蓮宗専用の御朱印帳じゃないと

書いていただけないお寺も多いようです(調べ)

こちらは普段から専用御朱印帳じゃなくても書いていただけるのか

今回書き置きのものだったからいただけたのかは不明。



バス停へ戻る道沿いの俵屋吉富さんへ。

奥にカフェスペース「茶ろんたわらや」があります。

カフェ入口前のテラス席1席のみ喫煙可



生菓子が売り切れとのことで

桜きんとんの抹茶セット¥840を注文。

お昼食べてないのに、いきなりデザート



で暖かかったのでテラス席でも寒くなかったです。

美味しゅうございました



お店を出たのが2時前。

順調順調





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-03-24

3/16 京都 報恩寺

で京都駅に戻りましてSIZUYAPAN



こちらは京都では有名な志津屋ってパン屋さんのあんパン専門店で

佐々木酒造(佐々木蔵之介さんの実家)の酒粕が

生地に入っていると雑誌に載ってたんです。

この日は時間が無くてランチする時間も削ったので

あんパン買って食べ歩きしようと思ったのと

パッケージもこ洒落てるのでお土産に買いました。



酒粕が入ってるのは上段左のシナモンと抹茶小倉

上段右のゴマは期間限定(これが1番好きかも)

下段は左から和栗・紫芋・安納芋

生地に抹茶が入ってる物とかあって

餡の種類との組み合わせで10種類以上ありました。



それから中央口へ出て、案内所で市バス1日乗車券¥500を購入。

そこにコインロッカーがあったので

あんパンを持ち歩くの邪魔なのでロッカーに入れました。

そしてバス停に向かったら乗車券が無い



入れた覚えはないけどポケットや財布を確認しても無い。

パンフレットの中に紛れ込んだかと見ても無い。

『もしかしてロッカーに入れちゃった』と

開けてみても無い。

『今買ったばっかやのになんで無いんやって~

って心の中で自分にツッコんで

はぁ~とため息まじりにふと見上げると

ロッカーの上にちょこんと置いてあるし



1日乗車券で¥380お得になっても

ロッカー2回目閉めるのに¥300使ってたら意味ないじゃん

やっぱりなにかしらやらかす



無事に乗りこみまして

1月に行けなかった京の冬の旅初公開の報恩寺へ。





スマートな狐さん



別棟のお堂はなくて

畳のお部屋に御本尊の阿弥陀三尊像や

大河ドラマ主人公・黒田官兵衛と息子の長政の位牌が安置されています。

部屋の後ろには豊臣秀吉・織田信長の肖像画が掛けられ

別室に鳴虎図(複製)が掛けられています。



京の冬の旅のHPから



こちらでもガイドさんが説明してくださいました。

・黒田長政の宿舎となった寺院で

 持病(胃がんといわれている)でこのお寺で亡くなった

・織田信長の肖像画は頭が大きく描かれている

・豊臣秀吉の肖像画はあご髭が描かれている

・鳴虎図は秀吉が持ち帰ったら夜虎が鳴いて眠れず

 寺に返したという逸話から鳴虎図と呼ばれるようになった

・右から見るとスマートに見えて

 左から見るとずんぐりむっくりに見える など



鳴虎図は中国の人(四明陶佾)が描かれたんですね~。

言われてみれば虎の顔のマンガチックなところが中国っぽい。

今回は複製での公開でしたが

本物は12年に1度 寅年の正月3が日だけ見られるそうです。



お庭も拝見





撞かずの鐘



御朱印いただきました







続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-03-23

3/16 京都 城南宮2

白いのや



ピンクいのや



紅いのと、いろんな梅を楽しめました



椿もいろんな種類

城南椿 2~4月





加茂本阿弥 2~3月



蝦夷錦



先客が小道具として落ちた花を並べたみたい





本殿の裏側



御神木



ここで雅楽が聞こえてきて

『10時からの梅が枝 巫女神楽が始まっちゃったんだぁ』と

曲水の宴で有名な『平安の庭』をスルーして



慌てて神楽殿に戻りましたが終わっちゃってました

ゆっくり撮りすぎたか。

乗り遅れなければ間にあってたかも~。

でも花守りをいただく方のお祓いは見ることができました



神苑へ戻って『室町の庭』へ。

あせびも満開です



これは南天



茶室(楽水軒)前

茶室ではお薄をいただけるのですが

今回はまだまだ行くところがあるので

時間節約でスルー





滝とあせび



『桃山の庭』



水石亭前のあせび



『城南離宮の庭』



これで城南宮の拝観は終わり。

枝垂れ梅は評判通りとてもきれいでした

平安時代の装束をまとって歌を詠む曲水の宴も見てみたいし

また来たいです





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-03-22

3/16 京都 城南宮

『また京都行きやがったな』って思ったでしょ

自分でもそう思います

今回はおっかもあんまいい顔せんかったな。

前日ポルノのliveだったし

旅行の時いつも2お留守番だから

おっかに面倒見てもらってるしね。

(おいてかれたって暫く吠えるみたい)

今回はイベントが重なってたので

どうしても行きたかったんですよね~



・城南宮の枝垂れ梅と椿まつり

・1/21に弘法市に長居し過ぎて行けなかった京の冬の旅

・東山花灯路

・京都水族館のナイトミュージアム

 (イルカ水槽のバックステージに行ける)



ハードスケジュールですが

これだけ重なったら行くっきゃないでしょ



Uチャンの調子が悪かったので

ギリギリまで迷ったのですが

行ったら急に元気になったので

ソッコー予約(今回もおひとり様です)



早起き頑張ってサンダーバード福井発7:01京都着8:37

八条口に出て、らくなんエクスプレスという¥300で

土日は城南宮へ直行です。

スムーズにいけば8:45のに乗れたと思うのですが

バス乗り場でちょっと迷ってしまい

9:05発に乗って約15分。

城南宮前バス停で降りて、徒歩3分ほどです。





城南宮は枝垂れ梅が有名で

普通の梅より花付きがよく華やかだと聞いているので

行ってみたかったんです

福井新聞のfu2月号にもチラっと載ってたんですよ。



城南鳥居



写真撮り忘れちゃいましたが

鳥居の手前右側に手水舎があり菊水若水と呼ばれていますが

東大寺のお水取りの水は福井(若狭)から送られていて

途中で菊水若水を通るんだそうです。



境内にも1本の枝垂れ梅



拝殿



前殿(祈祷殿)でお参り。

この後ろに本殿があります。



御朱印いただきました。

『三光の紋』 神功皇后の旗印により、日・月・星が表されていて

昼夜の隔てなく、あまねく及ぶ城南宮の神徳を表すものだそうです。

方除(ほうよけ)とは鬼門等の

方角にまつわる災いを祓い除けてくれるそうです。

京都五社めぐりの南の守り神(朱雀)です。



あ、おみくじ引くの忘れた

吉凶が珍しい(10種類以上)んだって。



神苑拝観料¥600をお納めして

中に入るといろんな種類の椿がお出迎え。

椿の見頃には、ちょっと遅かったのかな~

乙女椿 3月~



有楽(太郎冠者)12~3月



曙 2~3月



そして枝垂れ梅が咲き誇る『春の山』へ



見頃じゃないでしょうか



いっぱい写真撮っちゃいました









こんなにモコモコといっぱい花がつくんですね



枝垂れ桜もいいけど

枝垂れ梅も負けず劣らずです







続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター