2017-09-17

17.9.10 圓徳院

東山安井に向かう通りすがりに
『そういえば三面大黒天の御朱印がいただけるんだった』
圓徳院に寄り道。
受付で拝観料払う時にいただきました。
これしかなかったんですが
招福の御朱印は無くなってしまったんですかね。
P110632.jpg
秀吉公好み手水鉢
P110595.jpg
方丈庭園 南庭
P110599.jpg
『圓徳院さんて撮影OKだったっけ?』と思いつつ
禁止と書いてなかったので
白龍
P110598.jpg
防犯カメラ付いてるから、ダメだったら注意されるよね。
多分襖絵が新しくなったからOKになったんだと思います。
海鵜(うみう)
P110600.jpg
こちらに写経・写仏ができるスペースがありました。
書いたものは納経してもいいし
持ち帰ってもいいと書いてあったので
下絵状態のものも持ち帰ってもいいかなと思い
1枚ずつもらっちゃいました。
家でゆっくりやろうと思います。
P110633.jpg
雪月花図襖
P110601.jpg
長谷川等伯が留守中に勝手に描いたといわれる襖絵も
撮影禁止の貼紙なかったんだけど
やっぱ撮ったらマズかったかな
P110602.jpg
おっきな壷が気になった
P110603.jpg
蔵を改築した展示室
P110604.jpg
宗旦(そうたん)狐
こやつ、ここの子だったっけ。
なんか愛嬌あって記憶に残ってるんですよね。
P110605.jpg
北書院庭園 北庭
P110611.jpg
人がいたのでいいアングルで撮れなかった
P110609.jpg
P110610.jpg
外に出てから三面大黒天をお参り
秀吉公の守本尊
出しっぱなしな感じだけど、本物なのかな?
P110592.jpg
で、このあと六角堂に戻って御朱印をいただきました。
この時点では『今日はえらい早く帰れるな』と思っていたのですが
いつも通り19:01の電車でした

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-09-16

17.9.10 祇園閣

祇園からちょっと歩き
京の夏の旅で公開中の大雲院祇園閣へ。
P110581.jpg
祇園祭の鉾をモデルにしたといわれている祇園閣
京の夏の旅ではちょいちょい公開されてるのですが
なんかタイミングが合わず初訪です。
P110590.jpg
近すぎて全体像が撮れないっていう
P110588.jpg
3年前高台寺で
P100759.jpg
天正15年正親町天皇の勅命により織田信長・信忠の菩提を弔うため
御池御所(現在のマンガミュージアム)に
信忠の法名『大雲院殿三品羽林仙厳大居士』に因んで
大雲院と名づけたお寺を建立。
信長の法名に因んだお寺は既にあったので信忠の法名にしたそう。
P110585.jpg
P110586.jpg
その後、手狭なのを見かねた豊臣秀吉の寄進で同18年寺町四条に移築。
同年、後陽成天皇により勅願寺の綸旨を給い、大雲院の三字を親書された。
本堂にかけられた勅額には菊紋と桐紋があります。
拾い画像
大雲院勅額
その後、商業地化しお参りするのに相応しくないとの判断で
昭和48年4月、現在の地に移築。
P110587.jpg
御本尊は丈六の阿弥陀如来坐像で
胎内仏として三尺阿弥陀如来立像が収められていて
大雲院創建時の御本尊と考えられているそうです。
丈六の仏像だと胎内仏も大きいですね
P110584.jpg
この地は元財閥大倉喜八郎の別荘で
移転の時には既に書院や祇園閣は建っていました。
祇園閣は祇園祭の山鉾を模していて、鉾先には金鶴。
鉾先は鳳凰が多いですが
喜八郎の幼名が鶴吉だから鶴なんだそうです。
P110583.jpg
『内壁や最上階からの展望も含めて写真撮影禁止』の貼紙があり
含めてというのはそれだけじゃなくて全部ダメだと解釈して
外観も撮りませんでしたので以下拾い画像
(拾い画像を勝手に載せるのもダメなんだけどね
でもネット上にはたくさんありますね。
昔は撮影禁止じゃなかったのかな?

本当は金閣・銀閣に次ぐ銅閣を建てたかったらしい。
大倉喜八郎は祇園閣の完成前に亡くなってしまったそうです。
祇園閣3
石のカタチが左右対称。
わざわざ同じカタチに加工した石で作ってあるそうです。
祇園閣
昭和63年秋、開創400年を記念して内部壁面に
葛新民(中国安徽省・巣湖書画研究会副会長)の筆による
敦煌の壁画の模写か完成し、当院に奉納された。
祇園閣5
観無量寿経変想図、釈迦説法図、千手観音図などが描かれている。
祇園閣6
中国風というか
シルクロード的な多国籍な雰囲気の仏画でした。
祇園閣7
私と同時に入った女性が、説明パネルを写真撮ってたので
『日本語分からんのか』と言う目で睨み付けたら
スマホ片付けてましたが
私が一通り見終わって帰ろうと階段を下りてる時に
まだ途中にいたんですね。
人が捌けるのを待って写真撮ってたな
そして今も私が立ち去るのを待ってるなと思い
じっくり見てるフリしてワザと居座ってやりました。
そしたらしびれを切らしたのか
背後からシャッター音が聞こえたんですよね
で、睨みながら振り向いたら
「あと1枚だけ」と訳の分からん言い訳をして去っていきました
悪いことしてるって自覚があるなら
シャッター音鳴らないように工夫したら?
そういう問題じゃないって
祇園閣14
ヒマワリの種部分みたいな○は掌がビッシリ描かれていて
1つ1つに目があります
祇園閣15
資料室には織田信長・信忠の肖像画や
大雲院肖像画
涅槃図、茶道具などが展示されてました。
大雲院展示室
御朱印、直書きでもいただけるとのことで寺務所へ行ったところ
P110582.jpg
書き手さんお1人で、「混んでるから30分待ち」と。
特に予定もないので待たせていただきましたが
その後はお断りされてました。
書置きは祇園閣の絵入り(印刷)
P110631.jpg
織田父子のお墓と、石川五右衛門のお墓があるそうですが
見逃しました~。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-09-06

17.8.27 六波羅蜜寺

8/27は西国月参りで六波羅蜜寺へ。
この日はあまり写真撮らなかったので、さらっと。

JR 新疋田6:12→7:35京都 一服してから市バス→五条坂
8:10頃到着~
P110519.jpg
月参り御朱印は銭洗い弁天さんことの授与所で
既にここまで並んでました。
P110520.jpg
でもまぁ法要は9時からだし、50分あれば捌けるだろうと。
P110521.jpg
でもなかなか進まないのね
この時は書き手さん何人体制か見えなかったので(5人でした)
今熊野観音寺の時みたく3人くらいなんかなって
法要に間に合うか内心ドキドキ
P110522.jpg
待ってる間に
P110525.jpg
柱の模様がカッパに見える
P110524.jpg
菊紋みっけ
P110523.jpg
9時5分ほど過ぎて私の番になりました。
寺名のとこ、なんて書いてあるんだろ?
P110530.jpg
急いで本堂に行ったら月参り仲間Kさんにお会いしました
到着が9時過ぎになるとのことで
先に法要に参座されるかと思ったら並んでたので
「あれ?法要は?」とお聞きしたら
もう終わっちゃったんだって
早え~

少しお話して、お参りして、帰ろうとした時に
別のKさんと遭遇
この後どこ行くのかお聞きしたら
私も行こうとしてたとこ+行ったことないとこだったので
「私もついてっていいですか~?」と連れてってもらいました

予定では京の夏の旅で祇園閣と上賀茂神社へと思ってたのですが
こちらは9/30までやってるので
次の月参り9/10に延期


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-07-25

17.7.18 清水寺

2日目は6時起床、7時過ぎに出発
市バス京都駅→五条坂
西国月参りで清水寺へ。
P100910.jpg
月参りの御朱印は仁王門の左手にある宝蔵殿でいただきました。
8時~受付で、結構並んでましたが
書き手さん10人体制で30分ほどでいただけました
P110004.jpg
9時~法要で先に場所取りで座ってましたが
平日だからか座れないほどの混雑はなかったです。
P100912.jpg
P100913.jpg
散華は内陣に向かって撒かれたので
3列目に座ってた私は拾えなかったのですが
先月善峯寺でご一緒したKさんのお友達が分けてくださいました
赤と黄色もあったので御本尊の十一面千手観音と
脇侍の勝軍地蔵菩薩・毘沙門天が描かれてるんだと思います。
先達さんからのトンボ玉もいただきました。
P110005.jpg
いつの間にか外人さんが外陣にいて
トンボ玉をもらってたのですが
『ご自由にお取りください』と勘違いしたのかな
P100920.jpg
法要の後のお話では
(だいぶかみくだいたお話だと思いますが)
観世音とは私とあなたということで
『観音様がいつも寄り添ってくださっている』ということ
心のスイッチを押してくださるので、受け止める
観音行は観音様の行いを見習うこと
みたいなお話でした。
P100917.jpg
ブレブレ
P100921.jpg
法要の後、内陣に入らせてもらえました。
法要参列者のみだったのですが
この時近くにいた人達はおこぼれで入ってました。
8/9~16の千日詣りの時は
もう1つ中の内々陣まで入れるそうです

清水の舞台は修復中
P100923.jpg
懸造りの代表
釘を一本も使わずに組み上げられているそうです。
P100926.jpg
次の予定の為、境内ぐるっと回る時間は無かったので
音羽の瀧も素通りして即移動。
P100924.jpg
時間無いとか言いながらアイスを買い食い
京都 本くず氷
P100927.jpg
吉野葛本舗黒川本家のくず粉を使ったアイス。
少し柔らかくなると葛餅のようなぷるぷるとした独特の食感を楽しめます。
乳製品や添加物を使用せず、京の名水『桃の井』の湧き水をはじめ
有機アガベシロップや有機宇治抹茶、旬のフルーツといった
厳選された材料で優しい甘さに仕上げられているため
美味しさはもちろん安心さも人気のポイント。
特に旬のフルーツは『食物酵素』を残した特殊製法で作られています。

溶けてくるとぷるっとした食感になるそうですが
バス停に着いたらすぐバスが来たので
溶ける前に慌てて食べたので、ぷるぷる食感は分からなかった
7種のフルーツ 甘酸っぱくて美味しかったです
アイス白飛びしちゃったので拾い画像
京都本くず氷


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-06-25

17.6.18 今熊野観音寺

市バス東山二条・岡崎公園口202系12:06→泉涌寺道
12:40に今熊野観音寺でKさんと合流。
P100797.jpg
先月の三井寺が割りとスムーズにいただけたので
なめてましたね
P100795.jpg
Kさんの後ろに並んでいた方のご厚意で列に入れていただきました
人も多いけど、なかなか進まない感じ
私が割り込んだ後も40分ほど並んで、やっと御朱印いただけました。
P100848.jpg
13:00~月参り法要でしたが間に合わず
最後のほんのちょっとだけ外から拝見し
ちゃっかりトンボ玉と栞をいただきました。
月参りの時にトンボ玉と栞を用意してくださってる
先達さんからもいただいたので2つ
隣にいた人がご住職に散華を欲しいとおねだりしてたので
便乗して、こちらもちゃっかりいただきました
もう1枚はKさんのお友達からいただいたもの
P100849.jpg
春に来たとこだし、御朱印いただくのに時間かかったので
本堂お参りしただけで撤収~。
こちらがメインだったのに、あっさりしすぎ?


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター