FC2ブログ
2019-07-19

19.7.7 トルコ至宝展

ここからはバス移動 1日券¥600
京都バス花園扇野町12:25→三条京阪前5系13:14岡崎公園 美術館・平安神宮前

途中、京都市役所前を通るので大福寺へ寄れないかと
バスの中で時間逆算してたんですが
大福寺さんで何時間待ちになるか見当つかないので
(もはや何分ではない)
ツイート確認したら半夏生の御朱印品切れしてたから諦めました。
千手四十臂の御朱印が気になってるんだけど
いただき方がよく分からない
(毎回行けなくても遡っていただけるのか?)

京都国立近代美術館
トルコ至宝展‐チューリップの宮殿 トプカプの美‐は
興味があったので前売り券を買っていたのだよ。 ¥1,300
なので優先順位が上だったの。
G_8952.jpg
日本人が桜を愛するのと同じように
オスマン帝国では春の訪れを告げる花としてチューリップが愛されてきました。
もう一つは宗教的・神秘主義的象徴性としての理由から
チューリップがモチーフとして好まれきました。
チューリップはアラビア文字で『LALE(ラーレ)』と綴ります。
この綴りの文字配列を変えると「アッラー」(神)になり
また綴りを逆さから読むと「ヒラール」(新月)という言葉になります。
新月はオスマン人の祖先であるオグズ族カユ部族の象徴を表します。

G_8953.jpg
撮影禁止なので日経文化事業部Twitterより
スルタン・マフムート2世の玉座と吊るし飾り
玉座
このエメラルド、拳くらいの大きさありましたよ
玉座用吊るし飾り
玉座のエンブレムになっているこちらは花押だそうです。
花押ってサインみたいなもんでしょ?
ここまでデザインされたら再現できなくね?
花押トート
ターバン飾り
ターバン飾り
七宝製バラ水入れ
「バラ柄の水入れ」じゃなくて「バラ水を入れる入れ物」だって。
預言者ムハンマドの肌の香りが薔薇の香りだったという伝承から
薔薇水を振りかける伝統があるそうです。
七宝製バラ水入れ
アリババが持ってそうな宝飾短剣
宝飾短剣
キラキラ宝飾だけじゃなくて
カフタン(衣装)、礼拝用敷物、チューリップ用花瓶
などの展示がありました。
バラ色の燕尾型チューリップ
現代よく見かけるチューリップは
幼稚園児の名札で表されるようにコロンとしていますが
この時代は原種に近いのではないかと思います。
バラ色の燕尾型チューリップ
図録¥3,000とお高め
グッズのアクセサリーとマルチクロスを
買うかどうかかなり迷ったんですが
今回はどちらもガマン(自分えらい

バス岡崎ループ岡崎公園・みやこめっせ前15:00→三条京阪前
三条方面に来たら寄りたいと思ってたはぎれ屋さん
珍裂屋も今昔西村もお休みでした。
日曜定休日ならもう来ることは無いだろうな。
P180463.jpg


続く、、、

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

2019-06-14

19.6.8 長楽寺

JR 奈良12:53→13:42京都 市バス100系→祇園 ¥230
円山公園や大谷祖廟を通り過ぎ
テクテクと坂道を登って
6/16まで御本尊御開帳中の長楽寺へ。 ¥600
P180146.jpg
5/1~御開帳だったのですが
令和初日は大混雑で、3時間半待ちとかだったみたいです
P180147.jpg
この日はそこそこ人は来ていましたが、並ばずに入れました。
P180148.jpg
本堂
P180171.jpg
お堂内撮影禁止
「この額は撮ってもいいですか?」とお聞きしたところ
P180150.jpg
「(お堂も)遠景ならいいですよ」と
てことで、遠景で撮ったものをトリミング
P180151.jpg
御本尊の准胝観音像は
805年に桓武天皇の勅命により創建されて以来
天皇陛下御即位の時のみ御開帳される勅封の秘仏です
長楽寺の開山最澄が、日本と中国の間を航海される途中
船が難破しそうになった際「南無観世音菩薩」と称えられると
二頭の龍にまたがった観音様が懐に飛び入り
そこで波が静まったと言う伝説をもとに
二頭の龍が舞う上に安置された奇特な観音像でございます。

朝日新聞デジタル

左側には布袋尊像と法然上人像
東福寺開山聖一国師が三国の土をもって造られたと言う布袋尊像は
広く日本に祀られたという布袋の模範像であり
作風は全く粗野なものであるが
その”笑い”はいづれの布袋像にも見られないほど立派なもので
またこの像は泥像(土をこねたままで焼いていない)であって
今日まで保存されていることも珍重であります。

右側には御前立と弁天さまと慈母観音
御前立も素敵でした

鐘楼
P180153.jpg
建礼門院御塔
長楽寺は平清盛の娘・建礼門院徳子が出家したお寺と知られており
境内にある供養塔には徳子の遺髪が納められていると伝えられています。

P180152.jpg

平安の滝
P180160.jpg
滝というか、パイプからちょろちょろ出てた
P180159.jpg
普通の岩に見えるけど石仏だったり
P180167.jpg
ちょっと面白いスポットでした。
P180170.jpg
P180165.jpg
収蔵庫
一遍上人像(重文)、真教上人像、安徳天皇御衣幡
などが展示されていましたが
弥陀三尊像が好みでした。
P180161.jpg
収蔵庫からさらに進んで
P180162.jpg
山の中腹に頼山陽先生墓所
P180164.jpg
京都市内を一望
P180163.jpg
客殿
P180175.jpg
相阿弥作の園池
銀閣寺の庭を作る時、試作的に作ったと言われているそうです。
P180174.jpg
通常のと、御開帳記念の御朱印を拝受しました。
P180186.jpg
散華は売切れでした。
P180173.jpg
次の御開帳には多分来られないだろうからね。
貴重な体験でした
P180176.jpg
円山公園の池にサギかな?
仁王立ちしてて、めっちゃデカかった
P180178.jpg
翌日早起きなので、この日はこれで終了。
4時過ぎに京都駅に着いたんだけど
16:00やって、1時間ほど暇つぶし。
JR 京都17:01→18:40新疋田

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-05-11

19.5.1 梨木神社・豊國神社・平安神宮

この時点で14:50
長楽寺を次回にしたので、予定がなくなり
お仲間に梨木神社へ連れてってもらいました
途中平安神宮の前を通ったので覗いてみたら
あの広い境内をコの字型に御朱印列が
撮らなかったけど、撮っとけばよかった。
これは相当待つね。
こちらは6時まで授与所開いているとのことで
再訪することに。
P170770.jpg
えっと、ICOCAの利用履歴みたら¥230引き落とされてるんだけど
バス乗ったっけかな?
記憶喪失
梨木神社の参拝は確か2回目。
話題になったマンションが建ってからは初めてだと思う。
P170771.jpg
御祭神は三條実萬と、息子の実美
幕末の将軍継承問題で一橋慶喜派だったり
安政の大獄で弾圧を受けたとか
明治維新の大業を達成したとか書かれているので
多分福井藩とも関わりがあったんでしょうね。
御祈祷中だったので静かに
P170774.jpg
萩が咲いてる時にまた参拝したいな。
P170776.jpg
践祚改元奉祝御朱印(書置き)
神門とモミジ・拝殿と白雲木(ハクウンボク)の2種あり
白雲木のほうを拝受しました。
白雲木はかつて禁廷木ともいわれ、宮中でしか育てられなかった木で
当社の白雲木は三条家の分家である嵯峨家由来のものといわれております
(貞明皇后様が嵯峨浩様に贈られた白雲木の種子を賜ったもの)。

P170792.jpg
梨木神社さんはインスタで情報公開されてるようですが
うちインスタやってないからね
あんまチェックしてないの。
だからこちらの御朱印のことも知らなかったけど
お仲間が教えてくれた
5月下旬までの予定ですが、無くなり次第終了だそうです。

二の鳥居くぐってスグの白雲木
P170773.jpg
まだ蕾でした。
P170772.jpg
京阪 出町柳→七条 ¥270
豊国神社
P170778.jpg
「こんな像あった?今まで気付かんかった」
いえいえ、そんなわけない
この日がお披露目だったみたいです。
P170777.jpg
新しい御代の奉祝記念として、阪神大震災にて損傷し
長く御蔵に収蔵しておりました豊臣秀吉公之像を修復し
国宝唐門前に安置致しました
台座は戦時中に金属供出された銅製灯籠の
石造六角台座を再利用致しました

新帝陛下の御即位奉祝 特別御朱印を拝受しました。
5/1~12/31
P170793.jpg
京阪 七条→三条 ¥150 地下鉄 三条京阪→東山 ¥210
6時ギリギリに平安神宮に戻ってきました。
平安神宮は御朱印巡りを始めて最初にいただいた神社
(同日その前にお寺として南禅寺いただいてるけどね)
それ以来きてなかったような。
P170769.jpg
御朱印列5人ほどになってました。
2時間ほどであれだけの人数を捌けたんだ
P170779.jpg
御朱印拝受しました。
P170794.jpg
年号またぎの御朱印めぐりはココで終了~。
詳しい人と回ると、いろいろ教えてもらえるし
地図見なくていい、乗換え調べなくていい
何番出口か探さなくていい、etc
時間のロスが無いし、めっちゃラク
感謝感謝

烏丸御池辺りでお別れして
帰路に着いたのが確か18:30くらい。
帰りも湖西道路R161を使ったのですが、R1が激混み
G_8719.jpg
京都東IC通過したのが20時過ぎやった。
そこから名古屋方面とR161に枝分かれするんですが
名古屋方面行きが混んでただけでR161はスムーズやった。
R161→敦賀IC→福井IC ¥1,060 22:20頃家到着
風邪ひいてるくせに強行したけど
行って良かった。
めっちゃ楽しかった~

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-05-10

19.5.1 得浄明院・知恩院

Google先生にナビを頼んで、白川沿いを歩いていると
わき道に入れというので
『本当にぃ~?』と思いつつ言う通りに曲がると
明智光秀の首塚がありました。
P170746.jpg
P170745.jpg
さらにこんな車も通れないような路地を進み
P170747.jpg
地元住民の方の『誰やお前?何用や?』的な視線を浴びながら
突き当りを曲がったら
「案内を終了します」やって。
絶対コレジャナイ
P170748.jpg
天髙龍神と書いてあるみたい。
P170749.jpg
知恩院古門から少し進んだらフツーにあるじゃん。
誰かGoogle先生怒ったってくれよ
得浄明院 ¥800
P170750.jpg
ブカツで投稿を拝見した時から
一初の時期に参拝したいと思ってたんですよね。
日本風のアヤメ科の中で一番初めに咲くことから一初というそうです。
P170753.jpg
湿地に生えてるのかと思ってましたが
普通にお庭に咲いてるんですね。
杜若や花菖蒲と比べて背丈が低いです。
P170755.jpg
ググってみたら
「白いとさか状のもじゃもじゃが出ているのが特徴」と。
P170756.jpg
白い花もありました。
P170760.jpg
信州善光寺大本願の京都別院
P170752.jpg
御本尊は一光三尊阿弥陀如来
左側に三公像(塑像)
阿弥陀如来を堀江の阿弥陀池から信州へお連れして善光寺を建立した
本田善光と、奥様の弥生前、息子の善佑
結界があり遠目でしか拝見できませんでした。

御絵伝は一光三尊阿弥陀如来がこの世に至った話から
本田善光が信州へお連れするまでのお話が描かれています。
4軸あり、右側の下からお話が進むんだそうです。

書院には作者・制作年代不詳の屏風絵が展示されていました。
ガイドさんは鳳凰と言っていましたが、孔雀に見えた。
P170762.jpg
お戒壇めぐりもしてきました。
混み合っていたので
前の人の手を触っちゃったりして、ちょっと気まずい
錠前は腰くらいの高さにあります。

御朱印書置きのみでしたが、たくさんあり
御本尊と一初のを拝受しました。
イノシシ
P170790.jpg
最後にもう1度お庭へ。
P170764.jpg
こちらはシャガが咲いてました。
P170763.jpg
白天龍王社 三つ鱗だね。
P170761.jpg
こちらから知恩院へ向かってる途中に
お仲間から「長楽寺御朱印列長すぎ」とLINEが。
長楽寺は天皇陛下御即位の時のみ御開帳で
5/1が初日だったので、特に混雑してたようです。
最長3時間半待ちだったとか
後から長楽寺にも行くつもりだったのですが
お寺独自の公開もあり6/16までやっているので
この日はパスしました。
ってことで、知恩院でお仲間と合流
P170767.jpg
御影堂のシートが外れてたよ。
堂内の工事は来年の4月まで続くみたい。
P170768.jpg
こちらでも令和初日の御朱印狙いの人が行列を作っていて
朱印所から阿弥陀堂の裏手までとぐろ巻いてました
2時間とかかかりそうなレベル。
待ってられないので、友禅苑受付で書置きを拝受しました。
特別公開限定の阿弥陀如来
P170791.jpg
特別公開はいつもと同じ内容なのでスルーしちゃいました


--- オマケ ---
後日「拝めるよ」というコメントとともに送られてきたリンク
(正確に言うと送られてきたリンクは現在Not Foundなので違うサイトの)
朝日新聞デジタル


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-05-09

19.5.1 積善院・聖護院

続いて岡崎方面へ
目付けてたを見つけられず、ウロウロすること3周。
『もうここでいいや』と空いてたに停めたら
G_8716.jpg
場所が結構離れてた
方向音痴は自分がどこにいるかも分かってない
G_8717.jpg
しかも歩いてたら、もっと安いとこ空いてるし。

向かったのは初訪の積善院(せきぜんいん) ¥800
P170725.jpg
聖護院の事務を代行した院家(いんげ)として創建された
P170727.jpg
御本尊は不動明王立像(平安後期:重文)
光背に迦楼羅が3羽いるそうですが、見つけられず。
その背後の準提観世音菩薩像は
もとは江戸時代に存命中に退位した最後の天皇として注目される
光格天皇の勅願で創建された準提堂に安置されていた。
明治初めの神仏分離令と修験道廃止令を経て
積善院・準提堂・才知院・定泉院が合併され
積善院に集めて祀られるようになった。

P170728.jpg
海の中に咲く蓮を兄弟の龍王が支えています。
向かって左側の方がお若く見えるので弟かな。
撮影禁止なので新聞号外のようなチラシより
準提観世音菩薩
左側に定泉院の御本尊だった役行者像
右側に才知院の御本尊だった出世姫宮権現大弁財天女尊
こちらの弁天さん「以前聖護院で公開されてませんでしたか?」
とガイドのお嬢に聞いたけど、分からないとの回答。

行者堂(元積善院本堂)
P170731.jpg
石灯籠の中に狛犬
P170732.jpg
シーサーみたい
P170733.jpg
お俊伝兵衛恋情塚と
崇徳院地蔵 別名人喰い地蔵
崇徳天皇を祀っていて
「崇徳院(すとくいん)」が訛って「人喰い」になったそうです。
P170734.jpg
御朱印拝受しました(書置き)
P170789.jpg
通常御朱印は不動明王ではなく準提観音でして
書置き対応だったのでまた次の機会に。
授与所が開いていればいつでも直書きでいただけるそうです。
P170735.jpg
同じ拝観券で聖護院も拝観できるとのことで参拝
P170736.jpg
情報は無かったけど
もしかして限定御朱印を出されてるかもと
淡い期待をしていましたが、無かったです。
P170737.jpg
特別公開は網代(あじろ)輿など
前回とほぼ変わらずだったので、サラっと。
P170738.jpg
P170739.jpg
P170743.jpg
P170744.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター