FC2ブログ
2020-01-17

19.12.31 金崎宮・常宮神社

続いて敦賀へ移動して金崎宮
P210159.jpg
こちらは花換まつりの時に参拝したいなと思いつつ
後回しになってて初訪。
P210162.jpg
なんかかわいいキャラクターがいたよ。
香恋(カレン)ちゃんだって。
ステッカー付きのおみくじがあった。
P210163.jpg
中門(本殿写ってないね
P210164.jpg
御祭神は
尊良親王(たかなが:後醍醐天皇一の宮)
恒良親王(つねなが:後醍醐天皇皇太子)
一の宮というのは第一皇子のことなんですね。
知らなんだ。
P210161.jpg
金ヶ崎城跡は恒良・尊良両親王を守護した新田義貞が
足利軍と戦った古戦場です

金ヶ崎の退き口(織田信長を浅井氏が裏切る)のことは
聞いたことがありましたが
足利の話は知らなかったです。
P210167.jpg
絹掛神社
藤原行房・新田義顕などの将士が祀られています。
P210166.jpg
御朱印拝受しました。
金ヶ崎城跡の御城印があったのでそちらも。
この時検索したけど出てこなかったので
最近頒布はじめたばっかなのかな?
P210206.jpg
織田信長、朝倉攻めの折り妹お市の方は
浅井・朝倉両軍に挟まれ窮地に陥ったことを知らせるため
両方を紐で結んだ袋に小豆を入れ陣中に届けたという
小豆袋がデザインされています。
P210165.jpg
古城跡のほうには行かなかったのですが
境内全体が旧跡ということで
P210168.jpg
それから気比の松原を通って
敦賀湾の反対側の常宮神社
神社庁のサイトによると「じょうぐう」と読むようです。
P210170.jpg
海の真ん前です。
P210169.jpg
広くてきれいな境内
P210171.jpg
香炉のような脚がある変わった石灯篭
P210172.jpg
亀の手水
P210174.jpg
中門と拝所
P210173.jpg
芭蕉が詠んだますほの小貝
『小萩ちれますほの小貝小盃』
ますほという名前の貝ではなく、赤い色の貝という意味だそうです。
P210175.jpg
本殿
御祭神は天八百萬比咩命(常宮大神)・神功皇后・仲哀天皇
神功皇后は常宮で腹帯を付けて筑紫で応神天皇を出産したという故事から
安産の神として信仰されている
また、神功皇后が三韓征伐に際して海路の無事を祈願したとの故事から
航海や漁業の守護神としても信仰される
神功皇后は氣比神宮の祭神・仲哀天皇の妻であるため
常宮神社は氣比神宮と夫婦とされ、常宮神社は奥宮といわれています

P210178.jpg
総参祭(そうのうまいり)
毎年7/22には仲哀天皇を納めた船神輿が船で海を渡り
神功皇后に会いに行くというロマンチックな神事が執り行われています
P210177.jpg
西殿宮(武内宿禰命)
P210184.jpg
左から神明神社(豊受大御神・天照御大神)
玉佐々良彦神社(高良玉垂命)
天鈴神社(住吉大神)
天国津彦神社(磯良大神)
天国津比咩神社(龍女神)
竹生島神社(市杵島姫神)
猿田彦神社(猿田彦神)
P210180.jpg
稲荷神社(豊玉稲荷大神)
二御兒神社(素盞嗚尊・恵比須大神)
P210179.jpg
平殿宮(玉妃命)
総社宮(応神天皇)
P210182.jpg
東殿宮(日本武尊)
P210183.jpg
国宝の朝鮮鐘は宝物庫にあるようです。
慶長2年(1597年)敦賀城主・大谷吉継(吉隆)が
豊臣秀吉の命により奉納したと伝えられているが異説もある

P210176.jpg
宝物庫の手前にきれいな授与所がありまして
こちらでも寒いからと中に入れてくださいました
御朱印拝受しました。
奉拝はスタンプですが、達筆なんだから
ハンコがあっても遠慮せずに書いてちょうだっていいのに~
P210207.jpg
こちらは梅の名所のようですので、2月に再訪したいですね
立派な枝垂桜もありました。
P210181.jpg
写真撮れなかったけど
帰り道、敦賀湾に虹がかかってたよ


続く、、、

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2019-03-11

19.3.2 お水送り2

18:00になり修二会が始まりました。
GP5933.jpg
山伏姿の修験者の方や白装束の僧侶の方が入堂されます。
GP5934.jpg
お堂の前を行ったり来たりしていて
何の行いをされてるのかと思ったら
散布機でミストをかけてました
火の粉が幕に燃え移らないようにだと思います。
GP5935.jpg
≪薬師悔過法≫
神々を招き
薬師如来(遠敷明神)を本尊とする古来よりの神仏混淆の悔過(けか)行法
この法会の利益は閼伽水を無上の香水に変じ
過去世よりの罪障を滅し
天下泰平・諸人安穏・五穀豊穣をもたらすと言われる

時々お堂の隙間から炎が立ち上がるのが見えます。

時間的に達陀(だったん)が始まったんだと思うんだけど
お堂内とは思えないくらいの炎が
火の粉なんてレベルじゃない
そりゃミストかけるはずやわ
GP5939.jpg
≪達陀≫
八天(火天・水天・芥子天・楊枝天・鈴天・太刀天・法螺天)が影向し
火天は達陀松明を振り七里を結界し魔を祓い
水天は香水を散じ浄める独自の所作が奉じられる

写真で見るほどの迫力はなかったですが
(堂内の炎のほうが迫力ありすぎて)
二月堂のお松明の様に舞台の端まで行って振ってました。
[広告]

18:50ごろ大護摩壇に移動
≪大護摩法要≫
修験者が斧の大事・法弓大事・宝剣大事を奉じ水師の願文奉上を終え
達陀の火による大護摩法要が奉修される

西角を陣取ったのでよく見えましたが
目の前にかがり火があり
撮るには露出が難しい場所だった。
P160963.jpg
吉野山なんたら修験道先達 と仰ってたと思います。
P160965.jpg
P160968.jpg
GP5951.jpg
P160966.jpg
19:20ごろ大護摩壇に点火
GP5953.jpg
人の大きさと比べてみてもらうと分かると思いますが
すごい高さの火柱です
P160979.jpg
いろいろ読経されてましたが、般若心経だけなんとなく分かった。
[広告]

正面に竹の筒に入った御神水
左端の方ね、大護摩に火が入ったら
前見えてるんかいってくらい布で顔隠した
GP5961.jpg
護摩木や古札などを投げ入れています。
この頃には丸太の枠だけになってます。
P160983.jpg
19:30ごろ大籠松明に点火
そのまま順次鵜の瀬へ向います。
P160986.jpg
続いて中松明
GP5966.jpg
そのあと手松明
例年1500人以上の人が参加されるそうですが
今年はの土曜日ということで
例年よりも多くの人が参加されたようです。
入場規制がありつつ
順番に大護摩から火をいただきます。
GP5970.jpg
最初に大きく火をつけてしまうと
鵜の瀬に到着する前に燃え尽きてしまうと教えていただいたので
このくらいで
こういうの教えてもらえるのがガイド付きツアーの良いところ
GP5971.jpg
周りの方の手松明に注意
火種がついたままボトっと落ちてる場合もあるので
足元にも注意が必要です。
GP5972.jpg
神宮寺から鵜の瀬まで約1.8km
GP5973.jpg
この方たちは多分途中で燃え尽きる。
GP5975.jpg
道中所々にある桶に入った水で
火を調節したり、消したりしてください。
そこまで間に合わず熱くて持てない場合は
地面に叩きつけて消してる人もいました。
GP5996.jpg
30分くらい歩いたかな。
鵜の瀬も入場規制されてるので人が溜まってました。
私の手松明は燃え尽きずに到着したのですが
危ないからと強制的に消されちゃいました
GP5979.jpg
20:40ごろ私が降りる直前に大護摩に火が入ったようです。
GP5983.jpg
降りながら
P160994.jpg
帰り際振り返ると修験者の方々が対岸に渡るのが見えました。
GP5991.jpg
歩道から見たところ御香水はもう少し前みたいなので
P160998.jpg
少し移動
ちょうど木で隠れてる
P160999.jpg
見えた
現地では遠いのと煙でよく見えなかったのですが
送水文奉上かな?
P170003.jpg
21:00頃、このとき法螺貝が鳴ったので
多分この時に御香水が注がれたんだと思う。
P170011.jpg
この写真ではなんのこっちゃ分からないと思うので
中日新聞webより
中日新聞web
これにて終了~。
に戻ります。
修験者ご一行様も撤収
GP5995.jpg
めっちゃ面白かった~
来年は日曜になるはずだからまた参加したいと思ったら
うるう年だから月曜だった

theme : 祭・イベント
genre : 旅行

2019-03-10

19.3.2 お水送り

それから鵜の瀬見学
GP5907.jpg
大護摩の準備が整ってました。
GP5906.jpg
送水神事は対岸で行われます。
GP5912.jpg
分かりやすく鵜の瀬って書いてある
GP5914.jpg
こちらが東大寺二月堂の若狭井と繋がっているといわれています。
GP5911.jpg
神宮寺での修二会や松明行列の時は自由行動になるので
明るいうちに見学したことで
会場の様子が分かってよかったです。
GP5909.jpg
鵜の瀬公園資料館は小さなスペースですが
お水送りに関したパネルや和紙人形が展示されています。
GP5920.jpg
行者講の本尊
ガラスの写り込みで見にくい
GP5921.jpg
お水送りについて私が知っていたのは
『神様の会合に釣りに夢中で遅刻した遠敷明神が
お詫びに御本尊に供えるお香水を送る約束をした』
という、だいぶかいつまんだことしか知らなかったのですが
神話の時代のファンタジーだと思ってたんですね。
でも752年(奈良時代)の、良弁とか実忠とか実在する人物がいる
私が思ってたよりも新しい年代のことだったんですね。
GP5919.jpg
資料館の横に良弁和尚生誕地の碑が
左下は山口誓子の歌碑
『瀬にしみて奈良までとどくせみの声』
GP5915.jpg
鷲にさらわれて東大寺に来たお話は、かじり聞いたことはありますが
まさか遠敷からだったとは
遠すぎね? 鷲がんばったね
GP5916.jpg
諸説あり
文楽『良弁杉由来』では近江となっているようですが
大名行列イラストの大籠松明の後ろの井太夫というのが
良弁の生家の直系だそうです。

八百比丘尼の生誕地も神宮寺の近くで石碑が建っているそうです。

石碑の後ろに白石神社
若狭彦神社が現在地に遷座される前の創建地だそうです。
GP5917.jpg
終わってからのバスの集合場所も確認して
17:00過ぎ、いよいよ神宮寺へ。
松明行列に参加するため手松明を申込みます。 ¥1,500
願文と願主を記入(字が汚いのはスルーしてね
GP5923.jpg
手松明を申込むと仏手柑をいただけます。
右は数珠巡礼のメノウ玉
この時まだ御朱印セットありました。
慌てて朝一に行かなくてもよかったね。
P170015.jpg
これで鵜の瀬へ降りる権利を得ました。
降りれますが通り過ぎるだけで滞在はできません。
2・3枚撮るくらいは大目に見てもらえますが
「立ち止まらないでくださ~い」と声を掛けられます。
GP5922.jpg
中松明を持つ人は法被を着ますので関係者とみなされ
鵜の瀬で神事を見学できます。
(私が参加したツアーでは希望者先着4名)
GP5924.jpg
境内の大護摩壇
奥に写ってるのが中松明
GP5926.jpg
チラシに載っていた松明行列のイラスト
松明行列1
大籠松明を持つ白黒鵜童子は
遠敷明神が神通力で清水を涌き出ださせた時に
飛び出てきた2羽の鵜を表しているそうです。
2羽の鵜→にう→丹生
ダジャレのような語呂合わせに重要なことが隠れている
お水送り・お水取りの神事が水関係なのに火祭りなのは
送ったのはお水ということになっているが丹だったのでは?

松明行列2
閼伽井 別名、龍王神変水(りゅうおうしんぺんすい)
検索によると、右側が神事用で
GP5928.jpg
一般の方が使えるのは左側だそうです。
GP5929.jpg
このあと18:00ごろ修二会が始まるまで
大護摩壇の周りを陣取り待機。
例年ですとみぞれ混じりや雪が降ったりと寒い日なのですが
十数回参加されてるガイドさんは
「今年が今までで1番暖かい」と仰ってました。
近くにいた娘さんの手松明に書かれた願文は
良縁祈願かと思いきや、良祈願
叶うといいね


続く、、、

theme : 祭・イベント
genre : 旅行

2019-03-07

19.3.2 若狭一の宮

それから若狭一の宮 へ。
若狭彦神社
GP5863.jpg
御祭神は彦火火出見尊(山幸彦)
GP5865.jpg
こちらでも他のツアーとカブり大賑わい。
いつもは静かなんですけどね~。
GP5866.jpg
GP5877.jpg
随神門
GP5875.jpg
随神像が4体ずつ左右に安置されている珍しい形式
GP5876.jpg
手水
GP5873.jpg
山伏がガイドをしてくれるツアーもあるのね。
GP5868.jpg
こちらは千木が内削ぎで鰹木が10本。
千木が内削ぎで鰹木が偶数だと女神という説があります
遠敷明神は若狭姫のことだし
元々上社が若狭姫だったのが
いつの間にか入れ替わったのでは?

遠敷明神は若狭姫
釣りをしていて遅刻したっていうから
てっきり男性の若狭彦だと思ってたよ。
GP5870.jpg
若宮社は撮り忘れ。

続いて若狭姫神社
GP5878.jpg
北極星を背負うということで
聖地は南向きが多いそうですが
北極星や妙見信仰より古い時代は東向きが多い

という説明をお聞きしている時に
向こうに一の鳥居があったことに気付く。
GP5880.jpg
春分秋分はあの世とこの世が繋がる日
日の出(彼誰時)と日の入り(黄昏時)を意識
夏至だったか、冬至だったか、両方だったか
鳥居の真正面に日が昇るそうです。

弁才船模型(海幸丸)
若狭の奉納船の中では最も古く、船全体の反りが少ない優美な船型
GP5882.jpg
随神門
GP5881.jpg
この辺りの地名でもありますが、遠敷で「おにゅう」と読みます。
「おにゅう」と発音してるけど、正式には「おにう」かな?
昔は小丹生と書いたそうです。
何で今の漢字になったんだろ?
地元の人じゃないと読めないよね。
GP5903.jpg
うん、やっぱここ好きやわぁ~
御祭神は豊玉姫命
GP5884.jpg
GP5887.jpg
こちらは千木も鰹木も無し
GP5889.jpg
日枝神社(大山咋神)
GP5894.jpg
中宮神社(玉依姫命)
GP5897.jpg
乳神様(銀杏)
GP5890.jpg
GP5891.jpg
子種石(陰陽石)
根とか器とかっていう言い回しが、なんか生々しい
GP5893.jpg
遠敷大明神霊水は人だかりができてしまい撮れず。
GP5899.jpg
玉守神社(神紋になっている潮満珠・潮干珠の守護神)と
大きめ石灯籠
GP5902.jpg
能舞台
GP5901.jpg
こちらでも別のツアー客とかち合い、授与所混雑してました。
御朱印2種ともいただき済なのでスルー。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-03-06

19.3.2 瓜割の滝・八百比丘尼入定洞

車内でお弁当を食べつつ
GP5830.jpg
瓜割の滝へ。
GP5849.jpg
お水が美味しいだけじゃなく
名勝としても素晴らしいと思います
昔は柵が無かったんだけど
を連れてきた人が水浴びさせちゃったんだって
うちも飼ってるけど
こういうマナーの悪い人の話を聞くと居た堪れないね~
GP5834.jpg
鳥居の奥からこんこんと湧いています。
GP5843.jpg
こちらの岩が赤いのも紅藻だそうです。
GP5838.jpg
水の流れる音でお話が聞き取れないほど水量が豊富。
GP5845.jpg
こちらでのガイドさんのお話
泰澄大師は天皇の勅使で唐に行ったけど
弘法大師は自費
丹で財を成したか? パトロンがいたか?

この時は聞き流しちゃってたけど
泰澄大師って遣唐使だった?
GP5841.jpg
天徳寺はスルーでした。
こちらの馬頭観音様まだ拝めてないのよ
御朱印も3種ともいただき済なのでスルー。

それから八百比丘尼入定洞へ。
ライオンズマークのバスが停まってました。
こちらもお水送りツアーだろうね。
GP5850.jpg
小山の麓にあります。
GP5858.jpg
普段は柵がしてありますが
自分で開けて見学していいそうです。
などで濡れている場合は不可)
GP5853.jpg
いただいたレジメより
高橋長者という裕福な庄屋があり、一人の娘がいた
長者たちはある日村に住みついたよそ者の老人に宴会に招待される
食卓には見たこともない山海の珍味が並ぶ
一人の長者がたまたま厨房を覗くと
上半身が人間の女の子で下半身が魚の
『人魚』が解体されていた
仲間に耳打ちし、誰も珍味に手を出さなかった
老人は土産として持たせるが
ほとんどの者は気味悪がって海に捨ててしまった
高橋長者だけが家まで持ち帰ったものの食べる気にはなれず
翌日捨てるつもりで無造作に厨房に置いた
それを娘がこっそり食べてしまう
この世のものとは思えぬ美味で、全部平らげてしまう
この日から娘は歳をとらなくなった

GP5860.jpg
人魚を食べて不老不死になったお話は聞いたことありますが
不老不死になりたくて自ら食べたんじゃなくて
知らずに食べちゃったんですね。
GP5856.jpg
丹波の山中まで繋がっていたと伝承がありますが
現在は落盤のため入口からすぐのところで塞がっています。
GP5855.jpg
娘は比丘尼となって諸国を行脚します。
全国各地に八百比丘尼伝説があるのは
同一人物ってことになるんですかね~。
お顔の部分をペロっとめくると顔出しパネルになる
GP5851.jpg
800歳になる前に若狭に戻ってきて、800歳で入定
その時に大好きな白椿を植えたそうです。
GP5854.jpg
不老不死のお話の一環で徐福もでてきました。
秦の始皇帝の命で不老不死の妙薬を求めてやってきた
丹後の伊根から上陸し
南下する途中で大和朝廷に召抱えられ渡来民「泰氏」となる
さらに南下した人々は熊野へ辿り着く

GP5862.jpg
徐福 初見でした。
熊野にもまたゆっくり行ってみたいですね
GP5861.jpg
空印寺もスルーだったんだけど、御朱印はいただきました。
本堂にセルフ形式で書置きが置いてあり
それをいただこうとしていたところに
御住職が書置きの補充に来られたので(ツアーが2つ重なったから?)
「御朱印帳に書いていただけますか?」とお聞きしたら
でした
P170014.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター