2017-10-21

17.10.15 観音フェス(横山神社・浄光寺)

続いて高月町横山の横山神社へ。
写真撮り忘れましたが、左手に本殿があり
大山祇命・少彦名命・泉龍大神の三神が祀られていて
合わせて横山大明神と呼ばれています。
横山大明神の本地仏が馬頭観音とされているそうです。
P120022.jpg
こちらの馬頭観音様は歴史民俗資料館に預けられていて
ふるさとまつりの時だけお里帰りされます。
平安時代後期の作ですが、全体的に後補されてます。
P120024.jpg
いただいた由緒書きには
『はげしい怒りをあらわしたお顔』と書かれていますが
ゼンゼン怖くないよ~。
髪の毛は逆立ってるけどね。
頭上の馬頭が愛嬌あるからでしょうか
P120026.jpg
武器を持って、煩悩を断ち
悪をくだくといわれています。
腕のぶっ刺さった感がなんともいえぬ
P120028.jpg
こちらの観音様も昨年の11月から今年の1月まで
KANNON HOUSEにご出張されてたみたいです。
拾い画像
横山神社
これプリントアウトして会社に飾らなあかん
P120023.jpg
御朱印の観音様の印が墨書きで隠れちゃうので
別に押してもらおうなんて話してたのに
すっかり忘れちゃった
P120061.jpg
それから高月駅に停めて、高月町落川の浄光寺へ。
P120029.jpg
白い十一面観音様がおられます。
彩色されてるのは珍しいとのことでした。
左右に阿弥陀如来様と薬師如来様
三尊ともよく似たお顔立ちなので
同じ仏師の作ではないかとのことです。
P120031.jpg
右のお厨子も阿弥陀様だったか?
P120033.jpg
なんか竹みたいなのが奉納されてましたが経緯は不明。
P120032.jpg
御朱印は去年いただいたのでスルー。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-10-20

17.10.15 観音フェス(西野薬師堂・片山観音堂)

続いて高月町西野の西野薬師堂(充満寺)へ。
P120003.jpg
今年から正妙寺の千手千足観音がこちらに移られました。
情報によると管理されてる方が
高齢で小高い山を登るのが大変だからだとか。
まずは正妙寺さんをお参り
お堂自体は前からありましたね。
P120008.jpg
お薬師さんの右隣に安置されてました。
撮影禁止なので、去年購入した写真を
やっぱり竹馬で遊んでる子供にしか見えない
この方目当てに観音フェスに来てる人も多いんじゃないかな。
P80420.jpg
正面の西野薬師堂さん
P120006.jpg
伝薬師如来立像と十一面観音立像
拾い画像
体が褐色なのは後補で塗られた朱漆だそうです。
西野薬師堂2
西野薬師堂
謎の珠石というのがありました。
説明読んだけど、謎のまま
奥は岩盤に彫られたお地蔵様でした。
P120007.jpg
御朱印は去年と変わりなしでした。
P120059.jpg
何聖人?
絵の雰囲気から、なんとな~く最澄さん(知らんけど)
P120010.jpg
それから湖畔のに停めて高月町片山の片山観音堂へ。
初訪です。
P120011.jpg
下のお堂が行善寺さんなのかな?
階段を登ると片山神社があり
途中の右側に観音堂がありました。
P120012.jpg
お堂から琵琶湖を望むと、右側に向山(むかいやま)
左の島は竹生島かな?
P120013.jpg
小さめの十一面観音立像
船の安全を見守ってくださってます。
P120016.jpg
室町時代頃の作と考えられ、湖北地方で活動した地方仏師の作とみられます。
写ってないけど頭部青い彩色でした。
P120014.jpg
1/31~3/12上野のKANNON HOUSEにご出張されてたみたいですね。
拾い画像
片山観音堂
お堂の右側に掛けられていた額。
陶製っぽい。
どなたか分からないけどキレイでした
P120015.jpg
御朱印いただきました。
P120060.jpg
杜鵑草 (ほととぎす)かな?
ブレブレだったので加工
P120020.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-10-19

17.10.15 観音フェス(石道寺・己高閣・世代閣)

続いて木之本町石道の石道寺(しゃくどうじ)へ。
P110997.jpg
石道寺の創建は726年延法上人が開山したのが始まりとされ
行基菩薩によって境内が整備されたと伝えられています。
804年に伝教大師最澄が十一面観世音像
脇仏持国天像、多聞天像を自ら彫り込み再興すると
比叡山の別院としました。
3体とも国の重文に指定されています。

P110998.jpg
撮影禁止なので拾い画像
石道寺3
御本尊は十一面観音立像
村の娘さん健在でした
石道寺
が取りざたされることが多いですが
お召し物も赤で
当時の彩色だったら村の娘さんにしては派手ですよね
宝冠ではなくて
ゴージャスなかんざしのような感じで耳上に刺さってました。
石道寺2
刺繍種子幡14琉も重文に指定されていて
京都国立博物館で保管されています。
レプリカが1つ飾られていました。
どうして石道寺さんに14琉もあるかというのは
遣○使(忘れた)が帰国する時に持ち帰ったのではないか
とのお話でしたが、検索すると
天竺(インド)から伝わったと書かれている人がいました。

『ししゅうしゅじばん』 早口言葉みたい
私も去年よりかはちょっとだけ賢くなり
種子というのが梵字のことだというのは分かりましたよ
↑数える単位は琉(りゅう)なんですね。
また1つ賢くなりました
もう1つの十一面観音は藤原時代の作と伝わり
県指定文化財だそうです。
旧高尾寺の御本尊だったかな?

歴史民族資料館にある懸仏はこちらので
おままごとセットみたいなのがお気に入り
懸仏
それから木之本町古橋の己高閣・世代閣(ここうかく・よしろかく)へ。
P110999.jpg
鶏足寺の御本尊だった十一面観世音立像
撮影禁止なので拾い画像
己高閣十一面観音
七仏薬師如来は1番右の方がしゅっとしてますが
中にはちょっと目が離れてる方とか
ほぼ線だけで目開いてない方とか(失礼)
そのほかや毘沙門天・不動明王・日光菩薩・月光菩薩など。
兜跋毘沙門天は
『奥さんの地天女を足蹴にして~』なんて思ってましたが
Wikiの解説だと『両手に支えられて立ち』となってたので、納得。
兜跋(とばつ)って国の名前だったんですね~。
己高閣とばつ毘沙門天
世代閣(よしろかく)は写真撮り忘れ
戸岩寺の薬師如来立像は行基作と伝わるそうです。
薬師如来
ここに来たらやっぱり魚籃観音立像
魚籠
十社権現像は左から順番に見ていくと
最後に猿?ってなるんですが
日吉大宮で、猿で表現されてるのはここだけだと案内がありました。

十二神将のうちの2体は盗難にあったそうです
お市の方が寄進した屏風がキレイでした。
特に萩が好き
スタンプがあったので押してきました。
左右切れちゃったけど
日々の暮しの中に仏さまがおられる町《木之本》
と書かれてます
鶏足寺スタンプ
大日堂も覗いてきました。
可愛らしいお花が生けられていました。
P120002.jpg
ガラス越しなので曇ってます。
全部入りきらなかった。
P120001.jpg
鶏足寺参道の紅葉を見に行くには
だとこちらから案内されてますが
マップを見ると石道寺からのほうが近い気がする。

御朱印は両寺とも去年いただいたのでスルー。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-10-18

17.10.15 観音フェス(医王寺)

続いて木之本町大見の医王寺
こちらはふるさとまつりのエリア外なんですが
魅力的な観音様がおられるので再訪です。
P110994.jpg
あちこちに腰の高さくらいのポールが立っていますが
この辺りまで雪が積もるそうで、目印だそうです。
P110995.jpg
通常は電話連絡が必要ですが
ふるさとまつりの日はついでに寄られる方が多くて開いているので
電話せずに来てしまいましたが、1番乗りだったみたい。
去年は団体さんとかち合ってぎゅうぎゅう詰めでしたが
今回は貸し切り状態
P110996.jpg
撮影禁止なので拾い画像
医王寺
1段高いところにお厨子があるのですが
なんとその段の上に登っていいとのことで
ホントにもう息がかかってしまうくらいの近距離で
拝むことが出来ました
化仏の表情までバッチリ見えましたよ

旧国宝(現在重文)に指定されるような仏像が
古美術商の店頭に並んでいたなんて
それを医王寺のご住職が買い受けて
無住になった現在でも里の人たちに大事に守られてるんですね。
ん? 観音様が里の人たちを守ってるのか?

御朱印は去年いただいたのでスルー。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-10-17

17.10.15 観音フェス(大澤寺・観音寺)

10/15は高月観音の里ふるさとまつりでした。
ふるさとまつり
去年から10月開催になって、去年・今年と2回目の参加。
レンタサイクルで回る予定で(巡回バスもあります)
去年も自分の感覚では早く予約したつもりだったのに
電動アシスト自転車が借りられなかったので
今回は8月末に予約しました
なのに雨やし
レンタサイクルはキャンセルしました。
Kさんから
「雨降ったらカッパ着て走るんか?」と質問されるまで
天気のことなんて眼中になかったよ
Kさんとは時間が合わず合流できませんでしたが
HさんとRさんとご一緒しました。

まずは木之本町黒田の大澤寺 初訪です。
そこそこの階段を登ったところにあり
「高観音さん」と呼ばれているそうです。
P110984.jpg
階段の下で看板を見ていると、農作業されてたご近所の方が
「(電話しなくても)今日は上にいるよ」と声を掛けてくださいました
P110985.jpg
撮影OKでした
P110987.jpg
御本尊は十一面千手観世音菩薩
行基作と伝わるそうです。
P110986.jpg
脇手は短めでクリオネみたい
いつも持ち物にドクロがあるかチェックするのですが
ドクロじゃなくて仏様の頭部?みたいなのとか
経典を入れる箱のようなものとか
ちょっと変わった持ち物でした。
宝冠の正面が瓢箪(宝珠か)の形に開いていて
化仏が見えるようになっていました。
P110988.jpg
お堂の下の鐘楼は賤ヶ岳の合戦の時に
柴田勝家の家臣佐久間盛政が
敵の秀吉の軍兵が着陣したことを味方に知らせるために
乱打したと言われているそうです。
P110989.jpg
御朱印いただきました(書置き)
P120065.jpg

お次はすぐ近くの黒田観音寺
P110990.jpg
お堂からお顔が拝見できて神々しかったです。
P110992.jpg
お堂内は撮影禁止
こちらの御本尊も行基作と伝わる千手観世音菩薩
写真購入しました。
観音寺
胸板が厚く、どっしりしています。
内刳無しなので実際にずっしり重いそうです。
千手観音と伝わっていますが、頭部に化仏がない事と
手が18本で、合掌もしていないので
准胝観音に近いお姿だそうです(でも目は三眼ではなく白毫)
火災や戦火などで廃寺同様にまでなったのに
仏像は大きな傷もなく残っているというのが不思議ですね。
御朱印は昨年いただいたのでスルー。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター