FC2ブログ
2020-02-01

20.1.18 石山寺

1/18は西国月参りで石山寺へ。
JR 新疋田7:06→7:37長浜7:47→8:44石山 ¥1,690
バス 石山駅南口8:54→9:01石山寺山門前 ¥210
瀬田川でカヌーの練習してたよ。
P210462.jpg
観音様のご縁日なので、門前市やってました。
P210463.jpg
3/18~6/30御即位御吉例御開帳
期間が長いからと余裕ぶっこいてると
いつもみたいにギリギリ星人になっちゃう
P210468.jpg
開門前には並んでたようですが
私が来たときはすんなりでした。
P210464.jpg
と思いきや
この日御朱印授与所になっていた蓮如堂が行列
2巡目はあまり混まない印象でしたので
ちょっと予想外。
P210469.jpg
法要は10:00~でしたが
外陣から見学するだけで参列できないと思ってたので
間に合わなくてもチラ見できればいいかと思い
先に御朱印の列に並んだのですが
途中で整理券を配っているのが分かって
でも今更列を離れるのは並んだ時間を無駄にしちゃうので
法要参列は諦めました。
P210470.jpg
書き手さん5人体制でこれだけ混雑するのは
やはり1人で何体もお願いしてるみたいですね。
御詠歌・掛軸・観音曼荼羅、、、
私は月参りのだけ拝受しました。
次回は不動明王を拝受したいな(いつも忘れる
P210640.jpg
本堂に向かったら、ちょうど法要が始まったところでした。
お参りして
月参りでよくお会いする先達さんと少しお話してから
境内散策。
三十八所権現社の鳥居
P210471.jpg
経蔵の床下 安産の腰掛石
P210472.jpg
源頼朝が寄進した鐘楼
平安時代の梵鐘は重文
撞木を引いて撞くタイプ
P210473.jpg
多宝塔も源頼朝の寄進で国宝
建立年代の明らかな多宝塔の中で最古(鎌倉時代)
P210477.jpg
御本尊の金剛界大日如来坐像(快慶作:重文)
P210475.jpg
いつも思うんだけど
快慶作の仏像をこんな無防備にお祀りしてて大丈夫なんですかね~?
P210478.jpg
お参りできるのはうれしいことなんだけど
空調万全の収蔵庫じゃなくていいの? と思ってしまう。
P210479.jpg
紫式部像と光堂
P210480.jpg
満開
P210481.jpg
無憂園
こんなとこに庭園あったんだ
P210482.jpg
P210483.jpg
P210485.jpg
補陀洛山雅の台から
本堂が見えると書いてあったので行ってみました。
P210489.jpg
見えるけども… 木が邪魔で
フツーに下から見るのとそう変わらん
P210487.jpg
降りてきた頃には法要も終わったみたいです。
40分ほど。
参列者ご焼香した割には案外早く終わったんですね。
大黒天堂もお参りだけ
後から検索で知ったんですが
こちらにも御朱印あったんですね。
また今度
P210467.jpg
拾翠園でスイーツ巡礼のお茶席が設けられていました。
叶 匠壽庵さんの「あも」と「石餅」
後ろ髪惹かれつつ、次の予定があるのでスルー。
P210466.jpg
後日タイムリーにも
会社で手土産あもをいただいたのよ
中の羽二重餅がびよ~んって伸びるくらい柔らかくて美味しかったです

京阪石山寺駅まで歩きました
朗澄律師大徳遊鬼境の石碑
P210492.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-01-18

19.12.31 伊香具神社

続いて木之本まで足を延ばして伊香具神社
P210188.jpg
伊香式鳥居という三輪式鳥居と厳島式鳥居が合体したような
珍しい鳥居があり、前から気になってたんですよね。
P210186.jpg
H30年の台風の被害が酷かったらしく
拝殿は取り壊して基礎だけになってました。
創立は白鳳年間(約1350年前)だそうです
御祭神は伊香津臣命(いかつおみのみこと)
P210190.jpg
幣殿の扁額
P210189.jpg
招魂社
P210191.jpg
社務所では氏子さん方が大祓の準備をされてました。
こちらでも中に上げてくださったよ。
みんな優しいね~
御朱印拝受しました。
はさみ紙にスタンプも押してくださってました。
P210208.jpg
独鈷水
P210193.jpg
案外浅い
P210194.jpg
独鈷といえば弘法大師って感じがしますが
やっぱり弘法大師なんですね。
P210192.jpg
蓮池は当時の伊香小江の形状を模した伊香の小江の遺跡だそうです。
P210196.jpg
羽衣を隠して帰れなくするって、拉致だよね
P210197.jpg
4月中旬~5月初旬頃に参道の八重桜が見頃になるそうで
その頃に再訪できるといいですね
P210195.jpg
帰りに鯖江の舟津神社へ場所確認でちょっとだけ寄り道。
P210198.jpg
参道、なかなか雰囲気いいです。
P210199.jpg
P210200.jpg
プレハブの授与所はお正月用かな?
閉まってました。
P210201.jpg
この日はお参りだけ
P210202.jpg
御祭神は大彦命
P210203.jpg
『ピンポンしたらもしかして』とも思いましたが
大晦日だしね。
4時半過ぎてたので遠慮しました。

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-12-15

19.12.8 大瀧神社(多賀)

16:30を過ぎ、拝観出来る時間ではないので
無人の神社へちょっとだけ寄り道。
多賀の大瀧神社へ。
に1台停まっていた車が福井ナンバーだったのが意外。
福井県民で何のイベントもない日に
こちらの神社を訪れる人がいたんだ。
G_9358.jpg
昨年ライトアップで参拝した時に検索で
『普段は無人だけど、ご奉仕の時だけ人がいて
ご奉仕の日がいつか貼紙がしてある』
とのことだったので、その貼紙を見に下見に来たんです。
ですが見つけられませんでした。
G_9360.jpg
大瀧神社の創建は不詳ですが、平安初期(807)
坂上田村麻呂が勧請したのが始まりと伝えられている
古来、多賀大社の末社、あるいは奥宮として考えられている

G_9361.jpg
拝殿がありますが(撮り忘れ)
本殿前でお参りできます
G_9363.jpg
G_9367.jpg
犬上神社
稲依別王命は大蛇の退治のために狩に出て
見つけられずに休んでいると
飼い犬小石丸が激しく吠え始めたので
稲依別王命は怒って小石丸の首を刀ではねてしまう
小石丸は首だけになってなお稲依別王命を守ろうと
木の上に隠れていた大蛇の首に噛みつき一緒に川に落ちていった

という、なんとも短気な稲依別王命が御祭神
G_9362.jpg
大蛇ヶ淵(だいじゃがふち)
G_9364.jpg
約10mもの落差を流れ落ちながら、奇岩怪岩の間をうねっています
G_9365.jpg
こちらも紅葉の名所ですが、既に落葉してました
G_9369.jpg
暗くなってきたし帰ろうとしたら、前のお宅に授与所の看板が
G_9372.jpg
御朱印もある~
けどこの書き方だと書置きかもしれませんね。
G_9371.jpg
もう17:00過ぎちゃったし、今回は遠慮して
胡宮神社の石造聖観音特別公開の頃に再訪しようと思います

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-12-14

19.12.8 金剛輪寺

続いて金剛輪寺へ。 ¥600
総門
P200920.jpg
こちらの紅葉もほぼ終了
P200922.jpg
赤門
P200924.jpg
白門と親地蔵尊
P200927.jpg
本坊明壽院の庭園(池泉回遊式庭園)
P200928.jpg
P200930.jpg
桃山・江戸初期・中期の三庭からなり、作者不詳
P200931.jpg
P200933.jpg
P200934.jpg
明壽院
P200935.jpg
茶室(水雲閣:江戸末期)と、護摩堂
P200936.jpg
『血染めのもみじ』と広く知られております
P200938.jpg
スッカスカですけど
P200940.jpg

P200939.jpg
P200944.jpg
P200948.jpg
P200947.jpg
P200950.jpg
ここからが名物の参道
G_9353.jpg
画像ではのように
前掛けをして風車を持っているのですが
G_9352.jpg
雪が降る前に片したのかシンプルなお姿でした。
P200953.jpg
地蔵堂
P200983.jpg
不動堂
G_9350.jpg
「左近の桜・右近の桜」と書かれていますが
右近は橘じゃないの?
G_9351.jpg
千躰地蔵尊
P200982.jpg
P200981.jpg
P200957.jpg
二天門(室町:重文)
P200961.jpg
P200964.jpg
P200963.jpg
三重塔(待龍塔:重文)
P200969.jpg
本堂より40年ほど前に建立されたそうです。
P200975.jpg
本堂大悲閣(鎌倉:国宝)
P200965.jpg
職員さんが
「お時間があればご説明させていただきますのでお声かけください」
と仰ってくださったのでお願いしました。
P200971.jpg
奈良中期(741)に聖武天皇の勅願で行基菩薩によって開山
信長の天台焼討でこちらにも火の手が上がりますが
本堂より上で火を焚いて、本堂が燃えたように見せかけて
本堂・三重塔・二天門は焼失を免れたそうです。
「触れる国宝ですから柱などに触れてみてください」
と仰ってました。

御本尊は聖観世音菩薩(天平)
行基菩薩が一刀三礼で観音さまを彫り進められたところ
木肌から一筋の血が流れ落ちたため、その時点で魂が宿ったとして
粗彫りのまま本尊としてお祀りされたので
生身の観音様と呼ばれているそうです。
秘仏で、御住職1代につき1度限りの御開帳だそうです。
2014年4月に湖東三山SIC開設記念で御開帳されているので
今の御住職の代にはもうないのかな?
御前立の聖観音様も霊木なのかなと思わせるうねりがありました。

御本尊のお厨子の右側には不動明王立像(鎌倉初期:重文)
左側には毘沙門天立像(鎌倉初期:重文)
その外側には阿弥陀如来坐像(鎌倉初期:重文)が1体ずつ
焼討に遭った時に阿弥陀堂から退避させた客仏だそうです。
四天王像(鎌倉初期:重文)は阿弥陀様に席を譲って
前1列に並んでおられました。

大黒天半跏像(平安:重文)の特別公開はこの日が最終日でした。
平安初期、伝教大師最澄さまが唐の国より請来された
古代インドの戦闘神の面影を残されたお姿です。
頭上に冠を戴き、甲を着け、手には金嚢と宝棒
忿怒相をしておられます。
古式の大黒天、日本最古のものだそうです。
本体と右手で握る金嚢や岩座も含め檜の一材。
金鋼輪寺さんのサイトより
G_9346.jpg
後陣には打出の小槌を手にした大黒天もおられ
大きくて、こちらもちょっと個性的

十一面観音菩薩立像(平安後期)はお厨子に入っていて
お顔や仏頂面は暗くてよく見えませんが
写真パネルも展示されていて
ツルっとしてて、丸顔、撫で肩、腰のひねり。
(実物は見上げるかたちになるので印象が違いました)

そのほか、慈恵大師座像(鎌倉初期:重文)など。
脇陣左側には慈覚大師坐像と、伝教大師だったか?
職員さんに「紫陽花の季節にも是非」とオススメされました

御朱印は、私は拝観受付でお願いしましたが
本堂内にも授与所がありました。
大黒天特別公開期間中の限定御朱印は
残念ながら終了していました
では12/8付のを見かけたので
早い時間に参拝すればまだあったのかも。
P200987.jpg
拝観受付前の愛荘町歴史文化博物館
金剛輪寺の名宝展をやっていたのですが
入館が16:30までで、間に合いませんでした。
P200921.jpg
湖東三山はいい時期に再訪ですね
G_9355.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-12-13

19.12.8 百済寺

月参りの後の予定を決めていなかったのですが
先月西明寺に行ったので
湖東三山の残り2つに行ってみることにしました。
瀬田東IC→八日市IC ¥760
先に百済寺へ。 ¥600
の茶屋付近に長寿桜がありました。
P200919.jpg
よりも松茸ごはんのいい匂いが気になった
P200882.jpg
飛鳥時代に聖徳太子の勅願によって開かれた近江最古の仏教寺院
P200917.jpg
南庭から見た本坊喜見院と不動堂
P200883.jpg
参道は表門からなんですが、参拝順路がになってたので
P200884.jpg
まずは本坊喜見院の庭園へ。
阿弥陀如来が祀られているそうです。
P200885.jpg
別名「天下遠望の名園」
P200887.jpg
弥陀観音勢至の三尊をはじめ各菩薩に見たてて石を配しております
P200888.jpg
展望台から望む湖東平野
P200890.jpg
弥勒菩薩半跏思惟石像
金銅製弥勒像(秘仏:像高27cm)の拡大バージョン
P200892.jpg
見ごろの時に来れたらキレイだったでしょうね。
まぁ人も多いだろうけど。
P200893.jpg
仁王門
P200895.jpg
腰のまわしはなんでっしゃろ?
P200896.jpg
P200897.jpg
このタイプは船形手水と勝手に命名
P200900.jpg
弁天堂
P200914.jpg
三所権現社
熊野三社の主祭神が祀られているそうです。
P200903.jpg
宝篋印塔と鐘楼
P200906.jpg
本堂
P200902.jpg
織田信長の焼き討ちによって全山灰燼に帰してしまいましたが
御本尊の十一面観世音菩薩(奈良時代)は
背後の山を越えた8㎞先の奥の院に避難することができ
焼失を免れています

P200904.jpg
聖徳太子さまが百済博士の慧慈(高句麗僧)の案内で
この山中に分け入って来られ、杉の大木の上半分が
百済国・龍雲寺の御本尊十一面観音さま用に百済まで運び出された事を知り
下半分の根のついたままの巨木に十一面観音さまを刻まれたことから
別名『植木観音さま』という名で崇められています

P200905.jpg
これってどういうことなんだろう?
地面に植わったままの状態ってこと?
それとも根のついたまま掘り起こしたってこと?
2.6mもあるそうですが
下半分で2.6mってどんだけ大木やねん
P200909.jpg
御本尊は秘仏ですが
如意輪観音半跏思惟像と聖観音坐像は
外陣から格子戸越しに拝見できます。
公式サイトより
百済寺如意輪観音半跏思惟像
百済寺聖観音坐像
令和奉祝で聖徳太子孝養像も御開扉されていました
春日局の遺品を徳川家光が寄進したものだそうです。
百済寺聖徳太子孝養像
帰りは石段の参道から。
P200915.jpg
P200916.jpg
令和奉祝の金紙御朱印(限定1,000枚)と
植木観音の御朱印を拝受しました。
P200986.jpg
受付でご住職?が参拝者の方とお話していたのを
横で聞き耳立ててたのですが
百済を「くだら」と読むのは大和読みで
現地では「はくさい」と読んでいて
元々は伯済の漢字が使われていたが
人が白いまま(何も習得していない)のはよろしくない
とのことで百済の漢字になったそうです。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター