FC2ブログ
2020-08-09

20.7.24 兵主大社・大笹原神社

続いて兵主大社(ひょうずたいしゃ)へ。 13:20ごろ到着。
P30561.jpg
ちょっと変わった狛犬
P30562.jpg
毛並みがに近い?
P30563.jpg
楼門
P30564.jpg
乙殿神社
P30565.jpg
長い参道が続きます。
『剣客商売』など時代劇のロケ地だそうです
P30567.jpg
手水
P30570.jpg
拝殿翼楼
P30568.jpg
魔払いの狛犬に祈祷布を巻いて祈願するそうです。
P30572.jpg
本殿
全体像はよく見えませんでしたが
P30573.jpg
玉垣内広く、神聖な雰囲気
P30575.jpg
御祭神は八千矛之神(やちほこのかみ:大己貴命)
この神は大津市の日吉大社から亀に乗って琵琶湖を渡り
鹿に乗って神社に来られたといわれています

平成30年には建立1,300年を迎えたそうです。
稲背入彦命(景行天皇の皇子)が大和国穴師(現在の奈良県桜井市)に
八千矛神の分霊を勧請されたのが始まりとされ
その後、近江国穴太(現在の大津市坂本穴太町元兵主)に遷座
さらに欽明天皇の御代に現在地に遷座し養老元年(717)に社殿が造営されました

P30569.jpg
旧護摩堂と両大神宮
P30576.jpg
P30574.jpg
兵さまとしかまるくん
P30571.jpg
平安後期作の庭園
神社がこの地に移転してくる以前からあったと考えられており
もともと神社の庭としてではなく
鎌倉時代のこの地の豪族、播磨守資頼邸の庭園だったといわれています

回遊できる期間が決まっていて、この日は入れませんでした。
P30578.jpg
御朱印拝受しました(スタンプ)
9兵主大社
それから大笹原神社へ。 14:00ごろ到着。
P30579.jpg
神仏分離令まで牛頭天王社という名であった
P30583.jpg
拝殿
P30581.jpg
かわえぇな~
P30584.jpg
P30585.jpg
本殿(室町中期:国宝)
P30586.jpg
玉垣があり、近づけないんですよね
ズームで撮ればよかった。
P30582.jpg
御祭神は須佐之男命、櫛稲田姫命
その二柱から生まれた八柱の子である八柱御子神
宇多天皇、敦実親王(皇子)、佐々木氏の武将である佐々木高綱
近くの岩蔵寺の薬師さんとは一体の神社
P30580.jpg
本殿には花模様の透かし彫りを施した「花狭間格子」や軒下の「組物」
組物と組物の間の木組「中備」に「蟇股」を採り入れるなど
仏教建築に由来する木組が施されている
本殿の両脇に付いた板戸「脇障子」の彫刻には細密な装飾も見られる

これ脇障子って名前なんだ。
P30588.jpg
本殿の左に篠原神社(餅の宮)本殿(室町中期:重文)
と摂社が2つ
御祭神は鏡作りの神である石凝姥命(いしこりどめのみこと)
三種の神器の一つである八咫鏡を作った神様だそうです。
鏡餅の発祥の地ともいわれている
P30589.jpg
右側にも2つの摂社
P30591.jpg
寄倍(よるべ)の池
かつて水不足に悩まされた際に
大篠原の人々はこの池に二基の御輿を沈め水不足解消を祈願した
するとたちまち池から大量の水が湧き出し
それ以降酷い日照りが続いたとしてもこの池の水は枯れる事無く水を湧き続けるようになった

P30593.jpg
拝殿にセルフ形式で置いてあった
書置き御朱印を拝受しました。
10大笹原神社


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-08-08

20.7.24 馬路石邊神社・錦織寺

続いて馬路石邊神社(うまじいそべじんじゃ)へ。 12:20ごろ到着。
県道11号のたねやのところを右折して路地に入るのですが
車通りが多くて曲がりにくかったです
神門
P30538.jpg
茅葺屋根が風情あるね
P30540.jpg
社名の馬路は木簡に見える地名
石邊とは馬道郷の土豪 石邊君氏の姓で
馬道(路)郷の石邊君の氏の社

P305391.jpg
手水はコロナ対策済み
駒札があり、掠れ掠れでしたが
この辺りには古くから良い水が湧いていると日本書紀にも書かれていて
地名の「吉身」も「吉水」が語源

的なことが書かれていました。
P30541.jpg
拝殿
P30542.jpg
中門と本殿
御祭神は建速須佐之男命・大己貴命
P30546.jpg
境内に「天王の森」または「鶴の森」と呼ばれる森があり
春は桜、夏はホタル、秋は紅葉と自然の宝庫です

椎の大木
P30550.jpg
左から興福稲荷神社(宇迦之御魂命)、山王神社(大山咋命)
八幡神社(誉田別尊)、事代主神社(事代主命)
住吉神社(底筒男命・井筒男命・表筒男命)、神明神社(天照皇大御神)
P30551.jpg
愛宕神社(火産霊神)を撮り忘れてるけど
この日は愛宕まつりだったようで
氏子さんたちが集まってました。

ごっくん馬路村 思わず検索してしまった。
地元の農協かと思ったら高知県だったよ。
馬路繋がりで奉納されたのかな?
P30547.jpg
御朱印拝受しました。
7馬路石邊神社
それから錦織寺へ。 13:00ごろ到着。
P30552.jpg
真宗木辺派の本山です。
P30553.jpg
すっきりした境内です。
御影堂
満足の御影
親鸞聖人が『顕浄土教行証文類』の最後の二巻を
当地で完成されたとの寺伝があります
長年にわたる大部の著述を終えられた御満足の様子が描かれてあり
御影堂に奉安されているものです

P30554.jpg
親鸞聖人像と阿弥陀堂
天神護法錦織之寺
聖人の御滞在中に天女が錦を織って仏前に捧げたとの伝えから
朝廷より賜った寺号で、錦織寺の正式名称です

P30555.jpg
親鸞聖人が関東から京都に還る途中に天安堂に歩みを留められました
地頭の石畠氏(那須氏の一族)をはじめ近在の人々が
聖人のお通りを伝え聞いて馳せ参じご滞在を乞いました
聖人は笈におさめて常にお持ちになっていた阿弥陀如来の御尊像
(茨城県の霞ヶ浦の湖中より得たと伝わり関東にもその伝説が残っている)
を安置されて浄土真宗の教えをお説きになりました
この時から浄土真宗の湖東における中心になりました

P30559.jpg
天安堂
毘沙門天王像が祀られています。
P30557.jpg
寺務所にお声掛けすれば拝仏できるようですが
そこまでじゃないかなと思い、ちょっと遠慮。
P30560.jpg
伝教大師最澄が比叡山を開かれる際に
東塔北谷にあった霊木を以て作られたもので
鞍馬寺の毘沙門天王と同木同作の霊像であると伝えられております
その後、慈覚大師が夢中にて
「江州野洲の郡に一夜に松が生えているところがある
そこへ私を移して欲しい」という毘沙門天王のお告げを受け
弟子に命じて探させたところ
この地に一夜にその高さ八尺あまりの松が生えたことを知り
天安2年(858年)ここにお堂を建て毘沙門天像をお移しになられました

P30558.jpg
御朱印拝受しました。
書き手さん不在で書置き対応でした。
8錦織寺


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-08-07

20.7.24 御上神社

続いて御上神社へ。 11:50ごろ到着。
P30518.jpg
いつか参拝したいとブックマークしてた神社です
P30519.jpg
左が御鍵取社(みかぎとりしゃ:天津彦根命・猿田彦命)
右が愛宕社(火産霊命)
P30537.jpg
文化財だらけ~
P30521.jpg
P30522.jpg
楼門(室町前期:重文)
P30520.jpg
渋いね~
P30536.jpg
金ピカおべべの随神さん
P30523.jpg
P30524.jpg
拝殿(鎌倉後期:重文)
旧本殿の部材を再利用して建立されたものと伝わる
P30525.jpg
本殿(鎌倉後期:国宝)
御祭神は天御影之神(あめのみかげのかみ)
三上山降臨後に山頂の磐座で約1000年間過ごした神を
718(養老2)年に現在の場所に遷座したのが神社の始まりとされる

P30531.jpg
神社・仏堂・御殿の3様式が合成された御上造とよばれる建築様式
P30534.jpg
鍛冶の神である天目一箇神と同一神とされている
神紋は違い釘抜
P30533.jpg
本殿の右側に大神宮社(天照皇大御神)と、三宮神社(室町初期:重文:瓊瓊杵命)
P30526.jpg
左側に若宮神社(鎌倉後期:重文:伊弉諾命・菅原道真命・天之御桙神・野槌大神)
P30527.jpg
後ろから見た拝殿と楼門
P30532.jpg
神輿庫
P30530.jpg
「みこしを御覧下さい」とオススメされるだけあって
P30529.jpg
よくある御神輿とは違って
絵巻に描かれているような輿そのものでした。
P30528.jpg
御朱印拝受しました。
6御上神社
社殿が一列に並ぶ
もっといえば鳥居→参道から一直線に続く
空気感が素晴らしかった
三上山(近江富士)の奥宮へ行くのは、登山なんですかね~?
トレッキング程度?

続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-08-06

20.7.24 大野神社

続いて大野神社へ。 11:10ごろ到着。
P30502.jpg
楼門(鎌倉初期:重文)
P30503.jpg
拝殿(祈祷殿)
P30504.jpg
手水舎
P30513.jpg
フクロウ推しなんやろか
P30509.jpg
弊殿
P30508.jpg
本殿ちら見え
P30512.jpg
御祭神は菅原道真
P30511.jpg
HPの御由来を読んでてもイマイチ理解できないのですが
平城京の鬼門の方角に国家鎮護の霊山として建立された金勝寺
の鎮守として平安後期に創建された天神社(天之水分神)
のちに社横に於之宮天満宮(菅原道真)を創建←大野神社
でよかろうか?
P30507.jpg
観音堂
本尊:十一面観音立像(平安末期)
脇仏:混沙門天立像 (室町)・不動明王立像 (江戸)
P30505.jpg
菅原道真の本地仏で
神主の屋敷内にあったため明治2年の廃仏毀釈を免れた

P30506.jpg
天神の泉
参拝者にエサをたっぷりもらっているのか
人影を見ても寄ってきて口をパクパクはしなかったわ。
P30514.jpg
こちらにもメダカいました。
P30515.jpg
だるまメダカはおなかパンパン
P30516.jpg
あ、摂社を見落としてるな。
P30517.jpg
御朱印拝受しました。
8月限定(書置きのみ)も。
授与期間は7/23~8/31と書いてあったので
月替わりかと思い
「7月のはないんですか?」とお聞きしたら
毎月あるわけじゃなくて
嵐のメンバーの誕生月にメンバーカラーで出されるそうで
8/30が松本くんの誕生日だから紫で
日付はいつ参拝しても8/30なんだそうです。
5大野神社
このやりとりも丁寧に教えてくださり
参拝者(嵐フリーク)への真摯な対応が窺えますね
嵐の聖地として有名ですが
そうじゃなくても素敵な神社さんでした
話は変わりますが
キンプリやキスマイとかの聖地巡礼もあるんですかね?
P30501.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-08-05

20.7.24 立木神社

続いて立木神社へ。 10:30ごろ到着。
P30479.jpg
色使いがキレイ
P30480.jpg
ニッ
P30483.jpg
カーッ
P30481.jpg
神門
P30484.jpg
鹿だ
P30489.jpg
P30488.jpg
鹿だらけだ
P30485.jpg
P30486.jpg
注連縄がリードみたい
P30487.jpg
立派な松
根元に宮城遥拝所と皇大神宮遥拝所の石碑がありました。
P30493.jpg
絵馬カワイイ
P30494.jpg
拝殿 御祈祷中でした
P30492.jpg
本殿
御祭神の武甕槌命(たけみかづちのみこと)
P30495.jpg
向拝グイーン
P30496.jpg
摂末社もろもろ
左から竹生島神社・愛宕神社・日吉神社・稲荷神社・廣田神社・八坂神社・大将軍神社
松尾神社、天満宮社、三社神社?、英霊殿
P30498.jpg
御神木の柿の木
P30497.jpg
ゑびす神社 大黒様もいるけど
P30500.jpg
御祈祷後に御朱印拝受しました。
4立木神社


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター