FC2ブログ
2020-04-11

20.3.21 廣瀬大社・龍田大社

続いて廣瀬大社へ。  15:50ごろ到着。
『いいのかな?』と思いつつ
一の鳥居をでくぐってに行ったのですが
道路からも入れたわ。
長い参道
P220397.jpg
途中の稲荷社と
P220398.jpg
日吉社
P220400.jpg
日露戦争の戦利品のロシア陸軍の野砲と砲弾
P220407.jpg
延喜式神名帳では廣瀬坐和加宇加乃売命神社
P220401.jpg
なにかしらが栽培されてました。
花菖蒲?
P220404.jpg
主祭神は若宇加能売命(わかうかのめのみこと)
P220399.jpg
別名を廣瀬大忌神(ひろせおおいみのかみ)とも呼ばれ
伊勢神宮外宮の豊宇気比売大神、伏見稲荷大社の宇加之御魂神と同神

とのことですが、そうなの
龍田の風神・広瀬の水神と並び称されたそうです。
P220403.jpg
本殿
向拝の付きかたがちょっと変わってる。
P220402.jpg
神馬舎
P220406.jpg
橘(多分) 実が成るのってこの時期だっけ?
P220405.jpg
検索してたら、奈良の奇祭3というツイートがあった。
・金峯山寺-蓮華会 蛙飛び行事(毎年7/7)
・飛鳥坐神社-おんだ祭(毎年2月の第1日曜)
・廣瀬大社-砂かけ祭(毎年2/11)
かける量が想像とゼンゼン違う (拾い画像
それに御田植祭を2月にやるの珍しいですね。
廣瀬大社砂かけ祭
御朱印拝受しました。
6廣瀬大社
あんまり撮らなかったので2社纏めてってことで
最後に龍田神社へ。 16:40ごろ到着。
P220408.jpg
桜咲いてました
P220409.jpg
コロナ対策の手水は竹筒からちょろちょろ出てる水で直接洗うタイプ。
これはこれでいい感じ
P220410.jpg
笑ろてる
P220412.jpg
P220413.jpg
龍田大社は「風の神様」として古くから多くの方に親しまれており
天地宇宙の万物生成の中心となる「気」でお守護りくださる幅広いお力のある神様です
今から約2100年前、第10代崇神天皇の時代
国内が凶作や疫病の流行に騒然としていたさなか
天皇の御夢に現れた大神様のお告げ通りにお社を造営されると
作物は豊作に、疫病は退散したと伝えられており、それが当社の創建とされています
また陰陽五行では「風の神様」は木気にあたることを示しており
「木」偏に「風」と書く【楓】で四方八方を風の神様の清々しい「気」が行きわたる様にと
【八重の楓】をご神紋として用いております

P220411.jpg
柱に縄がグルグル巻き付いていて龍になっています。
P220414.jpg
御祭神は天御柱大神(あめのみはしらのおおかみ:志那都比古神)
国御柱大神(くにのみはしらのおおかみ:志那都比売神)
コの字型に左から、龍田比古命、龍田比売命
天御柱大神、国御柱大神
天照大御神・住吉大神の相殿、枚岡大神・春日大神の相殿、高望王のお妃
P220416.jpg
龍田神社だから、こっちのほうが水神と勘違いする
P220415.jpg
白龍神社
P220417.jpg
龍田恵美須神社
P220418.jpg
三室稲荷神社
P220419.jpg
下照神社
P220423.jpg
鳥居の左側
虹のみちという庭園のようになってました。
P220421.jpg
P220422.jpg
御朱印拝受しました。
水神と風神が見開きになったよ
7龍田大社
レンタカー返却に奈良に戻って
近鉄 奈良→難波 ¥570


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-10

20.3.21 丹生川上神社下社

続いて丹生川上神社下社へ。 14:10ごろ到着。 
上社から下社まで約1時間。
間違えてお隣のカフェのに停めるとこだった
鳥居横は満車で
通り過ぎた振興センターの所に無料の看板出てました。
P220383.jpg
目の前が丹生川
P220382.jpg
検索で
丹生山山頂に鎮まる本殿という書き込みがあったんですが
こちら山なんですかね~?
P220384.jpg
御祭神は闇龗神(くらおかみのかみ)
創建は不詳ですが、土地の古老の伝えに
丹生社の鳥居が洪水によって流されてきたので
それを拾って神体として祀ったのが創祀だとされています。
また、丹生の川上は日本書紀に八百万の神を祀った
日本で最初の場所として記されているそうです。
P220386.jpg
本殿へ続く75段の屋根付き階(きざはし)
なんとも神々しい造りになっております
階の改修工事の際、踏板の下から古い石段が出てきたそう。
6/1の例祭には
一般参拝者もこの階を登って本殿で参拝できるそうです。
P220389.jpg
本殿をチラ見
P220392.jpg
神社オリジナルのお酒なんでしょうか?
P220390.jpg
いのちの水 丹生の御食の井
P220387.jpg
こちらは何かな?
P220385.jpg
産霊石(むすび石)
魂を奮い立たせる働き(生命力の象徴)があるといわれています
P220393.jpg
御神木の欅
P220388.jpg
平成24年に奉納された神馬
黒馬もいるそうですが
この日は白馬しかいませんでした。
P220395.jpg
朝廷より雨を祈り黒馬、晴を祈り白馬が献上されました
名神祭の度に馬を献上することが難しくなり
板に馬の絵を描いた「絵馬」が誕生し全国へ広まったとされています

P220394.jpg
てことで、日本最古の絵馬の複製がありました。
P220391.jpg
厩舎を覗いてみたけどやっぱり黒馬はいなくて
かわりに鶏がいたよ
P220396.jpg
御朱印拝受しました。
こちらは印が掠れてるんですよね。
朱肉が薄いんじゃなくて
代々受け継いだ印で、印自体が摩耗してるのかも。
5丹生川上下社
いつか行きたいと思いつつ
ずっと行けなかった丹生川上神社三社めぐり
きっかけ作ってくれてありがとう


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-09

20.3.21 丹生川上神社上社

続いて丹生川上神社上社へ。 13:00ごろ到着。
中社から約40分ですね。
側から入ったので鳥居の無し。
黄色い幟がずらり。
P220372.jpg
神馬が2頭
御祭神は高龗大神(たかおかみのおおかみ)
上社・中社・下社で比定されていることもあり
由緒はほぼ一緒ですね。
P220373.jpg
神雨霑灑(しんうてんさい)と書かれているそうです。
神の雨が潤し注ぎ恩恵を施す
P220374.jpg
元宮遥拝所
P220378.jpg
正面の三角のお山を遥拝するのかと思ったら
大滝ダム建設に伴い水没した元宮を遥拝するんだって。
P220379.jpg
遥拝すると湖上に8角形の桟橋のようなものがあり
そこが元宮の目安で、山に向かって岸に磐座があり
その延長線上に神奈備山・白屋岳があります

半分木に隠れてるけど、これが桟橋かな?
P220379-2.jpg
平成10年に現在地に遷座
だから境内全体が新しいんですね。
で、遷座に先立ち境内の欅の根を抜く作業をしている時に
欅の根元から多数の縄文土器が発見され
この場所に縄文時代の遺跡の存在が判明した
宮の平遺跡(みやのたいらいせき)
本殿基壇の直下から数期にわたる神社関連遺構が検出され
奈良時代後半から平安時代前期頃に祭場として意識され
平安末期から鎌倉初頭には社殿が建立され
その後造替を繰り返して現代までに奉祭され続けてきた
ことが明らかにされました

旧境内に立っていた樹齢600年になる杉の御神木
P220375.jpg
元宮から発掘された平安時代の奉場跡(復元)
P220376.jpg
平成26年11月に天皇皇后両陛下が御臨席された
アマゴの稚魚と親アユをおおたき龍神湖に放流した時に使われた
放流台が保存されていました。
P220381.jpg
境内社ひとつもお参りしてないな
P220377.jpg
御朱印拝受しました。
4丹生川上上社
吉野杉の御朱印帳があり
幾何学的な模様になっていて素敵だったんですが
ガマンガマン。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-08

20.3.21 丹生川上神社(中社)

続いて丹生川上神社(中社)へ。 11:50ごろ到着。
途中の道の駅 宇陀路大宇陀休憩含めて
1時間20分ほどかかってますね。
遠いし、山の中なイメージでしたが
道は案外広くて走りやすかったです。
P220346.jpg
石灯籠は鎌倉時代の名工伊行吉作だそうです(重文)
駒札の横の灯籠かと思ったら瑞垣内(東殿前?)らしい。
P220344.jpg
主祭神は罔象女神(みずはのめかみ)
伊邪那美神病み臥しまして、尿(ゆまり)に成りませる神
P220348.jpg
拝殿
P220350.jpg
本殿は石段の上にあるようです。
P220357.jpg
ほとんど見えず。
P220352.jpg
丹生の真名井
P220351.jpg
叶えの大杉 樹齢約1000年
P220355.jpg
なで梟
P220353.jpg
降雨を祈願する場合は黒毛馬
雨が止むことを祈願する場合は白毛馬又は赤毛馬を奉納したそう
P220354.jpg
木霊神社(五十猛命)と、丹生龍王大神社(高龗神・闇龗神)
お参りしてないな
P220356.jpg
御朱印拝受しました。
3丹生川上中社
吉野和紙でいただく三社御朱印巡りも興味はあったのですが
A4サイズだったので見開き御朱印ファイルにも入らないし
片付っぱなしになりそうなのでやめときました。
次回があれば

話が長いのでだいぶ端折りますが
神武天皇が東征の際に敵陣の土を使い
平瓮(ひらか)と呼ばれる皿と、厳瓮(いつべ)と呼ばれる壷を作り
丹生川の夢淵で戦勝祈願を行い
『厳瓮を丹生川に沈めて大小の魚が浮き上がったら勝てる』と呪いを行うと
木の葉のごとく魚が浮き上がって来た(魚編に占うと書く鮎)

こちらには天皇陛下の即位の儀に用いられる
萬歳旛(ばんざいばん)と対のものがあり
厳瓮、川の水面と鮎が刺繍されている。
これが御朱印の右上の印のデザインなんですね。
こちらの御朱印帳の表紙にもなっています(拾い画像
丹生川上神社御朱印帳
近くに龍神の滝(東の瀧)があると貼紙があったので
行ってみました。
その前に、左が東照宮神社(徳川家康)
右が水神社(土地の水神様)
P220368.jpg
ツルマンリョウ自生地
P220367.jpg
高見川 エメラルドグリーン
太鼓橋の辺り(夢淵というらしい)に龍神の滝があります。
P220360.jpg
蟻通橋を渡ったところに丹生神社(本宮)
P220361.jpg
御祭神は弥都波能売命(みつはのめのかみ:=罔象女神)
P220362.jpg
夢橋という吊り橋を渡ります。
P220364.jpg
東の瀧(ひむかしのたき)
雄瀧と雌瀧が交わる双龍の瀧
右上に、木に隠れていますが
小さなお社があり、不動明王が祀られています。
古くは滝壺を御神体とする高龗神をお祀りする社があり
現在は丹生龍王大神社としてお祀りされているそうです。
P220366.jpg
検索してて見つけた源流探検部が行く31
こちらに詳しく書かれていました。
祈りの回廊での宮司さんの特別講話
神像がたくさんあるらしい。
公開することないのかな?

次に向かう道中、東吉野村役場の近くに
ニホンオオカミの像
P220370.jpg
東吉野村で捕らえられた
日本最大のニホンオオカミがモデルの等身大ブロンズ像
明治38年東吉野村で捕獲された幼体のニホンオオカミが
日本で最後の捕獲の記録
P220369.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-07

20.3.21 大和神社

続いて大和神社(おおやまとじんじゃ)へ。 10:10ごろ到着。
P220326.jpg
日本最古の神社だそうです。
延喜式神名帳には大和坐大国魂神社と記されています
P220328.jpg
増御子神社(ますみこじんじゃ)
御祭神は猿田彦大神・天鈿女命
P220330.jpg
手水は使用禁止になってました
P220332.jpg
御祭神は日本大國魂大神(やまとおおくにたまのおおかみ)
八千戈大神(やちほこのおおかみ)
御年大神(みとしのおおかみ)
P220327.jpg
日本大國魂大神は大巳貴神(おおなむちのかみ:大国主命の別名)の荒魂で
大地主神(おおとこぬしのかみ)とも言い
大和国を造り治める国つ神・地主神を意味する
大国魂大神と八千戈大神はともに
大已貴神の異名同神
御年大神は素戔男尊の御子である大年神の御子
古事記では大国魂大神も大年神の御子となっているので
大国魂大神と御年大神は異母兄弟
ややこしや~。 知恵熱出るわ
P220334.jpg
日本大国魂大神は宮中内に天照大神と同殿共床で奉斎されたが
第十代崇神天皇六年に天皇が神威をおそれ
天照大神を皇女豊鋤入姫命をして倭の笠縫邑に移されたとき
皇女淳名城入姫命(ぬなきいりひめ)に勅して
市磯邑(大和郷)に移されたのが当神社の創建であると伝えられている

P220335.jpg
倭笠縫邑(やまとかさぬいのむら)が大神神社摂社の桧原神社で
市磯邑(いちしのむら)が大和神社ということですかね。
なんかスゴイ由緒ですね。
国の名前が付けられてるだけあるわ
P220336.jpg
高龗神社(たかおかみじんじゃ)
御祭神は高龗神 (龗は雨冠の下に口3つ、その下に龍)
P220338.jpg
高龗神とは伊邪那美逝去の因となった火の神・迦具土神を
怒った伊邪那岐が三段に斬った時
雷神・大山祇神とともに生まれた水神
祈雨を祈る水神社の総本社で
丹生川上神社は当社の祭神を勧請した別宮

(でも中社の主祭神は罔象女神だから上社?)
P220337.jpg
貴船神社(本宮)の御祭神も高龗神(淤加美神)なんだけど
こちらが総本社なの?
同類の水神として闇龗神があるが、同神という説もあり
高=山、闇=谷 らしい。
P220329.jpg
左から厳島神社(市杵島姫命)・事代主神社(事代主大神)・朝日神社(朝日豊明姫命)
P220339.jpg
唐遣使が出発の際こちらに参詣して交通安全を祈願されたそうです。
また「戦艦大和」の守護神として艦内に分霊が祀られていました。
沖縄沖で沈没し、亡くなった2736名の英霊などが
末社・祖霊社(大国主命)に合祀されたそうです。
P220333.jpg
戦艦大和展示館を見学。
P220342.jpg
P220343.jpg
戦艦大和の艦長室に堂本印象の軸装が掲げられていて
それを焼印とした絵馬
P220340.jpg
御朱印拝受しました。
2大和神社
由緒が書かれた挟み紙が栞になってました
高龗神社と増御子神社の御朱印もあったので
また次回


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター