FC2ブログ
2019-01-10

19.1.1 健速神社・鹿嶋神社

予定より早く出発できたので、小諸へ向いました
まずは健速神社(たてはや) 8:45着
P160454.jpg
境内きれいにされてて、気持ちがいいです。
大きな木がシンボリック
P160455.jpg
御祭神は健速須佐之男命
獅子が梁かじってるみたい
巻物の社紋て珍しいですね。
P160456.jpg
中を覗いたら、お神輿がありました。
7月に開催される祇園祭(例大祭)がメインイベントみたいです。
P160457.jpg
無人販売形式の御朱印を入れたプラケースはあったのですが
カラッポでした
ということを部員さんにLINEしたら
「健速さんは無くなっても補充しないことで有名」だそうで
でもでも
祇園祭の時の御朱印を譲ってくださったのです
何から何までありがとうございます
P160483.jpg
それから鹿嶋神社 9:00着
P160458.jpg
P160459.jpg
手水 何かの顔に見えるね。
P160463.jpg
左には小さな祠がいくつか。
P160461.jpg
立派な社殿です。
P160460.jpg
御祭神は建御雷之男神
P160462.jpg
御朱印は通常無人販売形式ですが
お正月はプレハブの授与所が開いてました。
P160484.jpg
桜の花びらが散りばめられた限定御朱印をで見かけて
このシカのシルエットの印が気になってたんですよね。
通常はシカ印は無いようです。
いただけてよかったです

小諸城址懐古園内にも
懐古神社があると教えていただいてたのですが
入園料が必要とのことでスルーしちゃいました。
(今見たら年末年始休園でした)


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-01-09

19.1.1 熊野皇大神社・熊野神社

3:00頃に就寝し、5:30起床
代もったいない
過ごしやすい季節ならね、車中泊でもよかったんだけど
この時期寒くて寝れないからね。
レンタカーだから毛布とかも無いし
下手したら凍死でニュースになるよ

前日参拝した方に
「雪なかったよ」と教えていただき
「朝早く行かないと峠から渋滞でも空いていない」
とのことだったので
8:00着目標に6:30出発
無料朝食付きだったのですが
6:45~だったのでいただき損ねた。

道中混雑も無くスムーズに走れたので7:40に到着。
もすんなり停めれました。
熊野皇大神社
P160446.jpg
下りる車と数台すれ違ったので
『もう参拝し終わって帰ってるのかな?』と行ってみたら
もう授与所開いてました
9時頃まで待ってないといけないかと思ってたのでラッキー
P160448.jpg
朝日効果で足長~
P160453.jpg
お参り
P160451.jpg
こちら「しなの木神社」って名前だったんですね。
P160452.jpg
というのも
いただいた御朱印の台紙にそう書いてあった。
12月に発売された
「古今東西すごい御朱印だけ集めました」というの表紙に載っていて
『どこの御朱印やぁ?』と思ってたら、ここのでした
検索してて分かったけど、毎日30体限定らしい。
P160481.jpg
1月の金正月松朱印もいただきました。
左は部員さんからのいただきもの。
12月限定の八咫烏朱印 輝
いつもありがとうございます
P160482.jpg
こちらのFBを見ていたら
『犬の「肉球健康祈願」の「印」が平成31年から緑になります。
犬の皆さま御参拝下さい。』
と投稿がありました。
なのね
Uチャン連れて行けたらいいな

碓氷峠熊野神社でも通常の御朱印と
日本三大熊野の書置き御朱印をいただきました。
お盆にいただいたのと色違いですね。
P160480.jpg
最初、早朝は道路凍ってるだろうし
赤バスは冬期運休だし
こちらの参拝は止めておこうかと諦めモードだったんですよね。
情報くれた部員さんに感謝
P160450.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-01-05

18.12.31 清水寺

この後どうしようかなと
観光案内所へ行ってみることにして
に着いたところで
拝観予約のしていたお寺さんが
折り返し掛けてくださったのです
「近くにいるので伺ってもよろしいですか?」
とお聞きしていただけました

清水寺(せいすいじ) 13:20着 ¥500
P160395.jpg
大掃除をしていたのでに気付かなかったとのことでした。
大晦日のお忙しい時に申し訳ない
P160396.jpg
803年、寛空上人の開山
坂上田村麻呂が東北に遠征に向かった際に
戦勝祈願が為に建立
当時は大規模な伽藍を有した寺院でしたが
しばしば火難に遇い
難を逃れた仏像を現在地に仮堂を建立し移転したそうです。
P160397.jpg
収蔵庫(本堂?)内は撮影禁止でしたが
写真付のリーフレットをいただきました
センターは御本尊の千手観音立像(平安初期:重文)
製作は九世紀の頃で信州における現存最古の木造であり
一木造りの仏像では東日本で最も古いほとけさまです

千手観音
持物がちょっと変わってるなと思いました。
特に変わってるのが
お面のような顔が描かれた土鈴?
HPより画像拝借
持物
チラっと写ってますが
初めからなのか、はげたのか分かりませんが
金箔が全体にではなく細かく切ったものが貼られていて
蛇のうろこみたいでした(3体とも)

右側は聖観音立像(平安初期:重文)
他2体より100年ほど古いようです。
男性的なお顔立ちで
耳の上で髪をカタツムリの貝のようにクルクル巻かれています。
胸の辺りはキュっと締まっているのですが
お腹がぽっこり出ていて
右足がかなり前に踏み出していて
動きのあるとても特徴的な聖観音さまでした
聖観音
左側は地蔵菩薩立像(平安初期:重文)
まん丸お顔ではなく
こめかみの辺りが少し絞ってあるように見えました。
右手に錫杖を持ったお姿が造像当時からであれば
このお姿の地蔵菩薩として日本最古の像といわれているそうです。
地蔵菩薩
その他の仏像はリーフレットには載っていませんが
ちょっとあごを引いたような薬師如来立像(平安初期)や
ありがちな後補の彩色がされた四天王立像や
毘沙門天などが祀られていました。
お賓頭盧さまもおられました。
弘法大師坐像は秘仏で
お正月と厄除大祭の時に御開帳だそうです。
1日早かったね

でも、こちらに拝観できて
素敵な仏像を拝仏できてホントに良かったです
折り返してくださった奥様に感謝

御朱印いただきました。
直書き3種と
魅力菩薩のポストカードに印を押してくださったもの。
ずくがでるほとけさまのお守りもいただきました。
「ずく」とは長野の方言で
ものごとに立ち向かう気力や活力のことだそうです。
P160473.jpg
尻尾わっさ~のがいたけど
相手してもらえませんでした
P160398.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-01-04

18.12.31 象山神社

武井神社のから再度して見ましたが
やはり誰も出られませんでした。
しかし検索すると松代には他にも良さげな寺社があったので
とりあえず松代に向かうことにしました
まずは象山神社へ。 12:30に到着
P160376.jpg
江戸時代後期の松代藩士であり思想家の
佐久間象山(しょうざん)を祀っている神社だそうです。
神社名は「ぞうざん」と読むそうです。
P160375.jpg
心字池になってるみたいです。
『お賽銭を投げて籠に入ったらご利益あり』的なヤツでしょうか
P160377.jpg
心字池の裏側に佐久間象山生誕之地(宅跡)がありました。
P160394.jpg
なんか銅像が輪になってます。
P160385.jpg
象山先生と門下生の方々だそうです。
P160389.jpg
センターは松代藩7代藩主の真田幸貫公と象山先生
P160388.jpg
P160391.jpg
で、周りに門下生がいるわけですが
その中に思いがけず左内先生が
P160386.jpg
お隣は坂本竜馬でしたよ。
P160392.jpg
思いっきり写りこんでる
P160390.jpg
高義亭
象山は松代藩御安町にある江戸詰家老望月主水の下屋敷に住まうことになった
その屋敷を聚遠楼と称していたが
その一角にあった別棟を書斎として客間に当てていたのが高義亭である

P160383.jpg
御神木のイロハカエデ
P160382.jpg
社殿
P160378.jpg
柵の中に大釜がありました。
P160380.jpg
通り道にあった酒造さんかな?
P160379.jpg
拝殿と本殿の間に、もう1つ縦に屋根が見える
複雑な構造
P160381.jpg
御朱印いただきました。
折り紙のブックマークもいただきました
P160472.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-09-04

18.8.16 大法寺

続いて小県郡青木村の大法寺へ。
P140930.jpg
小県郡て上田市と合併して無くなったと思ってましたが
今もあるんですね。
P140932.jpg
こちらのお堂は拝観不可みたいです。
P140931.jpg
受付はどちら?とキョロキョロしてたら五百羅漢さん
口を大きくあけて雨粒食べてるみたい
P140933.jpg
その先に受付ありました。 拝観料¥300
観音堂は申し出れば拝観できるようですが(別途拝観料¥700)
今回はなんとなくスルー。
P140935.jpg
重文の十一面観音菩薩立像(平安中期)、普賢菩薩立像(同時期と考えられる)
が安置されているそうです。
日本で最初のものではないかといわれている鯱が付いている厨子と
須弥壇も重文だそうです。
P140936.jpg
少し高いところに国宝の三重塔があります。
P140937.jpg
その美しさから近くを通る東山道の旅人が
ふり返り塔を眺めたことから『見返りの塔』と呼ばれているそうです。
P140940.jpg
邪鬼がいないね~。
装飾が無く生真面目な手法をとっているので
地方的なくずれが無く正規のものだそうです。
P140942.jpg
初重だけ大きく安定感があり
こちらと興福寺の三重塔だけにみられる珍しい工法だそうです。
反りもそれぞれ違っていて美しいですね
P140943.jpg
百日紅の御朱印をいただきました(書置き)
季節ごとにお花が変わるみたいです。
P150007.jpg
P140946.jpg
百日草もキレイに咲いてました。
P140947.jpg
の看板がアレですが
P140948.jpg
これはアヤメかな?
ジャーマンアイリスにも見えるけど。
P140949.jpg
最後に白馬五竜へ。
当初の計画では八方尾根の八方池の予定だったんだけど
往復3時間のトレッキングは
やっぱり涼しい季節のほうがいいかなと
ゴンドラで行ける白馬の高山植物園にしました。
P140964.jpg
が、道中どしゃ降り
この3日間降ったり止んだりだったので
着く頃には止むかも?と一応向いましたが甘かったですね。
しかも寒いし
P140950.jpg
エスカルプラザの裏もお花畑っぽくなってたので
ちょっと散策。
P140963.jpg
風でブレブレ
P140956.jpg
傘差してても背中濡れるし
肌寒いのに羽織るもの1つ持ってないし
P140959.jpg
ゴンドラは運行してたのですが
こんなんじゃろくな写真撮れないのでやめときました。
P140960.jpg
14:00過ぎに出発し
雨だからSAで降りるのも億劫で
休憩なしで18:00過ぎに帰宅  糸魚川IC→福井北IC ¥4,970
3日間ほぼ御朱印巡りだけを堪能しました
60体以上の御朱印をいただき
諭吉っちゃんとはたくさんお別れしたけどね~

それにしても今回の移動は山越えばっかやったな。
カーナビはうちのことを走り屋やと思ってるんやろかってくらい
峠越えの道ばっかり案内するし。
もっと走りやすい幹線道路があるでしょが。
無駄にガソリン使った気がする

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター