FC2ブログ
2019-07-23

19.7.13 岡寺

7/13は月参りで岡寺へ。
JR新疋田6:12→7:35京都
近鉄8:06→9:11大和八木9:27→9:32橿原神宮前  関西1デイパス¥3,600
そのまま乗ってても橿原神宮前に9:18に着くんですが
1デイパスの近鉄チケットが大和八木で乗換なので
オーバー分¥210追金
奈良交通バス 橿原神宮前駅16系9:36→10:00岡寺前 ¥320
P180524.jpg
バス停から岡寺までの坂道がなかなかの試練
P180525.jpg
ゼェゼェで到着
P180526.jpg
天竺牡丹(ダリア)と紫陽花の華手水
こちらは半分だけお花入れてて
ちゃんと手水として機能してます
P180529.jpg
今ではいろんなとこで花手水をやってるけど
元祖は岡寺さんやと思う。
P180537.jpg
以前はGWだけだったけど今年はまだやってるんですね。
P180532.jpg
蓮一輪
P180539.jpg
通りすがりの人が「この辺は石楠花やろ」と
話しているのが聞こえましたが
P180541.jpg
え? ダリアでしょ?
P180542.jpg
P180540.jpg
西国月参り法要は10:00~だったので
もう始まっていて参列はできませんでした。
P180548.jpg
テーマパーク式グルグルを用意されてましたが
行列にはなってませんでした。
2巡目ってこんなもんなんかな?
P180551.jpg
御朱印拝受しました。
月参りのと
P180634.jpg
西国江戸復刻御朱印と大和四寺巡礼
P180635.jpg
不動明王像・愛染明王像の御姿御朱印も。
たくさんお願いするのが申し訳なかったのと
別の書き手さんの書体でいただくのもアリかなと思い
並び直したのですが、それが正解やったみたいで
リクエストしたわけじゃないのに
それぞれ書体を変えてくださって、とても個性的
P180636.jpg
不動明王像御姿御朱印は毎月8の付く日
愛染明王像御姿御朱印は毎月6の付く日の授与ですが
この日は月参りだから特別に両方とも授与されてたそうです。
書き手さんに
「法要が終わったら内陣拝観できますよ」と教えていただき
暫し待機。
P180553.jpg
岡寺さんのイラストは、とってもカワイイ
FBのカバーになってる転読のも。
P180549.jpg
お堂内撮影禁止のため公式FBより
御本尊の如意輪観音座像と
脇侍の不動明王像・愛染明王像
こちらは6/2までの特別公開の時の画像なので
下に降りてらっしゃいますが
今は定位置にお戻りになってます。
岡寺三尊
御本尊横の内内陣のお扉も開けられ
如意輪観音様の御分身の宝珠にも触れて御縁を結ぶことができました。
裏堂の仏像・寺宝も拝見。
岡寺御分身
龍蓋池
P180552.jpg
龍蓋寺(りゅうがいじ)という名は
飛鳥の地を荒らし農民を苦しめていた悪『龍』を
義淵僧正がその法力をもって池の中に封じ込め大きな石で『蓋』をし
改心をさせたことからその名が付いたと伝わっています。
その後悪龍は改心し善龍となって今でも池に眠ると伝わっています。

P180550.jpg
今回は奥之院はスルー。
P180555.jpg
大師堂
P180562.jpg
三重宝塔
P180559.jpg
に烏枢沙摩が祀られてました。
P180527.jpg
前回参拝の時に駅まで送ってくださった方と再会できたら
改めて御礼を言いたかったのですが
それはかないませんでした。
P180557.jpg
バスの時間を考慮してなかったので、出たばっかりで
1時間時間潰さないといけなくて
バス停近くの犬養万葉記念館へ。 なんと無料
P180563.jpg
こちらcafeスペースがあり、軽食も食べられるのですが
P180568.jpg
テラス席はOKだそうです
P180564.jpg
万葉集の『令和』に関係する部分や
犬養先生や学生たちがタバコの空き箱で作った
万葉かるたなどが展示されていました。
味真野苑のポスターを貼ってくださってて、親近感


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-02-28

17.2.18 キトラ古墳

キトラ古墳は高松塚古墳よりも小さいかも。
P90577.jpg
P90578.jpg
乾拓板(かんたくばん)っていうのがあったよ。
P90573.jpg
紙と鉛筆は四神の館で¥216?で売ってました。
P90574.jpg
P90575.jpg
3時ごろに四神の館に入館。 なんと無料
入口は階段を降りた地下になります。
P90579.jpg
第1回の壁画の公開は四神の館のオープンに合わせて
昨年の9/24~10/23にあったようですが
その時は知らなくて応募できなかったんですよね。
第1回は天井(天文図)・南壁(朱雀他)・西壁(白虎他)の公開で
今回は北壁(玄武他)のみ。
1回目の方が充実してますね
東壁(青龍)が公開されていませんが
今後公開されるのか?損傷がひどいから公開できないのか?
キトラ古墳チラシ
こちらの公開も無料なんですよ
土日は人気で応募満席の時間帯もあり
私は最終回で応募して、24班(受付15:35)になりました。

でも入館してすぐに受付に案内されて
「キャンセルが出たので1つ前の班で入れますがどうされますか?」
と言われたのですが
展示を見て予習してから入ったほうが楽しめるとに書いてあったので
変更せずにB1の展示室を先に見学しました。
B1の展示室は撮影OKなのです

入ってすぐに石室の原寸大レプリカがあります。
棺を置いたら、もういっぱいって感じの広さです。
P90581.jpg
高松塚古墳との比較
獣頭人身の十二支像が描かれていることが珍しいそうです。
P90584.jpg
拡大した状態から、引きで原寸大まで
モニターに壁画が映し出されます。
青龍は泥に消されて一部分しか確認できません。
P90587.jpg
P90585.jpg
P90589.jpg
P90588.jpg
天井には天文図が投影されています。
こんな時代から星座の概念があったことにビックリですが
星くらいしか見るものがなかったのか
今よりキレイに見えただろうしね。
P90586.jpg
文化財は現地保存が基本なのですが
壁画が描かれた漆喰の壁が今にも崩れ落ちそうな状態になっていること
剥がれた部分を再度接着することが難しいこと
修復後石室に戻したらカビの発生が避けられない などの理由で
壁画を剥ぎ取り施設で保存することに決まったそうです。
明日香村のサイトに詳しく載ってました。

取り外す前に5cm角くらいの和紙のようなもんのを
筆で1枚1枚貼って補強する作業。
はずした後、これをはがす作業もあり、気が遠くなりそう
キトラ補強
高松塚古墳壁画発見の直後、付近の住民から「近くに似たような古墳がある」と知らされ
これがキトラ古墳の発掘調査に繋がる糸口となりました

近くの人は古墳があることは知ってたけど
高松塚古墳が大々的に取り上げられるまで
すごいものだって気づいてなかったってことなんですかね~?
P90590.jpg
最初の渡来人の名前も分かってるんですね
P90595.jpg
今度飛鳥に来たときは檜隈寺にも行ってみたいな。
P90592.jpg
実物の壁画は1Fの保存管理施設での公開です。
こちらは撮影禁止なのでパンフより
P90609.jpg
壁画だから壁くらいの厚みがあるのかと思ってましたが
ぺらっぺらでした
「酒粕のような状態」と表現されてましたが
スーパーで売ってる酒粕より薄い、和紙くらいしかありません。
よくこれをはがせましたね

玄武の真下が十二支像の子。 右側が丑。
時計回りにぐるっときて、子の左が亥。
だそうですが、欠損してて原形をとどめていません
『1番最後だから亥だろう』くらいの感覚
P90608.jpg
私亥年だから、ちょっと残念。

これで飛鳥の御朱印巡り&拝観は終了~。
飛鳥駅に向い、レンタサイクルを返却して
飛鳥びとの館でお買い物。
四神の館はミュージアムショップがなくてグッズが買えなかったので
キトラ古墳の冊子と、お水取り特集のならら。
P90605.jpg
シールと柿もなかも。
P90607.jpg
次回訪れたときは
橿原考古学研究所の博物館や飛鳥資料館へも行ってみたいな。


もうちょっとだけ続く、、、

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

2017-02-27

17.2.18 高松塚古墳群

続いて高松塚古墳
P90560.jpg
まずは高松塚壁画館 ¥250
P90556.jpg
こちらは壁画を忠実に写し取った『現状模写』と
一部復元して見やすくなった『復元模写』と
石室の大きさや形を体感できる原寸の『石室レプリカ』を展示してあります。
模写には越前和紙が使われてるそうですよ
石室から出土した副葬品(海獣葡萄鏡など)のレプリカも展示されてました。
撮影禁止だったので拾い画像を
高松塚古墳
西壁女子群像は教科書で見覚えありますね~
西壁女子群像
こちらの展示物は全てレプリカで
ほんまもんは修復中のようですが
検索して知ったのですが、カビが生えたりして
保存失敗しちゃってるみたいです
自然風化の修復じゃなくて、発見後の修復に手こずってるんじゃない?
保存失敗
高松塚古墳も1/22~27に修理作業室の公開があったそうで
ちょっと見てみたかったですね。

絵はがきセットを買ってみました。
P90604.jpg
古墳も見てきました。
足羽山も古墳だって聞いたことあるんだけど
古墳って山ぐらいの大きさあると思ってたのに
丘とも言えない、盛り土程度の大きさでした。
P90557.jpg
そして、中に入れないにしても
ちょっと覗くくらいできるのかと思ってましたが
入口すら無かったよ。 単なる盛り土
P90559.jpg
まだ少し時間があったので文武天皇陵にも寄ってみました。
P90561.jpg
みかんの無人販売
安いし、美味しそうだったんだけど
ここまで来る人が少ないから売れないと思う
車だったら買ったんだけどな~。
P90562.jpg
お社ないのね。
森の中にあるのかな?
P90563.jpg
写真撮っただけで終了~。
P90565.jpg
キトラ古墳へ向います
途中だんだん畑があったよ。
P90567.jpg
P90566.jpg
古墳があるところと間違えて展望台に登ってしまった
P90570.jpg
P90571.jpg
左の建物が壁画公開される四神の館です。
P90569.jpg


続く、、、

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

2017-02-26

17.2.18 橘寺

ナビアプリで『この道で合ってる?』ってとこを通りながら
ちょっと広い道に出て、1本曲がったら
聖徳太子が生まれた所だって~。
P90527.jpg
橘寺
P90528.jpg
こちらも拝観料¥350
だからみんな京都の拝観料は高いって言うんだね~。
P90529.jpg
背中の模様がかわいい
P90530.jpg
思ったより広い伽藍だった。
P90531.jpg
聖倉殿(宝物館)の前の万葉集の歌碑
公開は春・秋の特定期間のみだそうです。
P90534.jpg
往生院
平成9年に再建された新しい建物で、随時写経を受け付けているそうです。
260点の天井画がありますが
撮影禁止だったので看板の写真を
牡丹や百合などの古風な絵に混じって
バラ・ヒマワリ・アネモネなどもありました。
うちは彼岸花の絵が好きかな~。
P90537.jpg
五重塔跡
P90555.jpg
三光石
P90553.jpg
阿字池
P90554.jpg
本堂に向かって右が観音堂
P90539.jpg
如意輪観音様かな?
P90541.jpg
左が経堂
P90543.jpg
御本尊は阿弥陀如来像
P90544.jpg
可愛いイラストが貼ってありました。
P90545.jpg
二面石
P90552.jpg
左右に善相と悪相が彫られていて
人の心の二面性を表現しているそうです。
P90551.jpg
本堂(太子堂)
お堂内は撮影禁止でした。
P90546.jpg
お寺に神馬って珍しいなと思ったら
聖徳太子の愛馬『黒駒像』だそうです。
P90549.jpg
御本尊は聖徳太子勝鬘経講讃像(太子が35歳の時のお姿)
伝教大師像(最澄像)・不動明王像・釈迦誕生仏・聖徳太子十六歳像
などもいらっしゃいます。
手に笹のようなものを持った田道間守(たじまもり)像
日本書紀によると、垂仁天皇の命を受け
中国へ不老不死の薬を求めてわたった人物で
彼が日本に持ち帰った橘(ミカンの原種)が植えられたことから
この土地は橘と呼ばれ、橘寺の名前の由来にもなりました。
その際に黒砂糖も持ち帰ったため、お菓子や果物の神として祀られています。

全く記憶にない
公開されてなかったのか?、暗くて見えなかったのか?
見てなかったのか?

掛け軸を撮らせてもらいました。
聖徳太子といえば、このお姿だよね~。
今更ですが、十七の憲法って役人の心得みたいなものだったんですね。
今の憲法みたいな法律かと思ってた。
うち、学校で何勉強してたんだか
P90547.jpg
隣のイラストはイメージと違う
P90548.jpg
御朱印と聖徳太子二才像の散華をいただきました。
P90603.jpg
法隆寺の玉虫厨子も当初は橘寺にあったんだそうです


この後は御朱印巡りじゃないけど
もう少し続きます、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-02-25

17.2.18 飛鳥寺

続いて飛鳥寺
P90493.jpg
588年に百済から仏舎利が献じられたことにより
蘇我馬子が寺院建立を発願し
596年に創建された日本最初の本格的な寺院。

『あれっ?向原寺は?』って思いましたが
瓦を使っている本格的寺院として日本最初ということみたいです。
P90495.jpg
丸ポスト懐かしい~ でも色がなんか違う。
P90524.jpg
ポストの横に喫煙所あったよ
P90519.jpg
思惟殿
P90521.jpg
御本尊は聖観世音菩薩
P90522.jpg
鐘楼
P90491.jpg
P90492.jpg
講堂の前には創建当初の金堂の礎石が残ってます。
P90520.jpg
拝観料¥350と良心的
こちら撮影OKでした
平城京遷都とともにならまちに移転したのが元興寺で
飛鳥寺に使われていた建築材や瓦も運ばれ再利用された。
大仏は本元興寺と名を変えた飛鳥寺に残った。
現在は1828年に建てられた安居院(あんごいん)がこの大仏を安置している。

御本尊は銅造釈迦如来坐像
飛鳥大仏とも呼ばれています。
鞍作止利(くらつくりのとり:止利仏師)の作。
止利仏師って法隆寺金堂の釈迦三尊像で聞いた名前ですね。
表情が左右で違うという、モナリザ的な特徴を持っています。
P90506.jpg
手の指と指の間には水鳥の足のようにひだがついていて繋がっています。
これは何人たりとももらさず救い上げるという仏の教え表しているそうです。
この飛鳥大仏は2度の落雷による火災と一時期雨ざらしにされていたことにより
かなり破損し、頭と指しかなかったのですが
発掘により様々な部分を見つけ修理していきました。
つぎはぎが見えるのはその為です。

体部のほとんどが後補と言われていましたが
2012年の調査では現存像の大部分が造立当初のものである可能性が高いと
結果が出たそうです。

開眼当初の姿を表した図。
見事な光背と脇侍があったそうです。
P90507.jpg
御本尊の右側に藤原時代の阿弥陀如来坐像
ちょっと痛々しい感じ
P90503.jpg
左側には室町時代の聖徳太子孝養像
16歳の時、用明天皇(父)の病気回復を祈願している姿だそうです。
P90496.jpg
太子像って子供の時のしか見たことなかった(と思う)から
なんか新鮮でした
P90498.jpg
P90501.jpg
P90505.jpg
中庭
P90509.jpg
P90510.jpg
昭和30年代に行った発掘の出土品等の展示
P90512.jpg
P90514.jpg
P90516.jpg
こちらの門から出ると
P90489.jpg
西門跡があります。
発掘調査後埋め戻されて広場になっています。
中大兄皇子と中臣鎌足が槻の木の広場での蹴鞠会で
最初出会ったと伝えられています。
蘇我入鹿を天皇の前で暗殺して(乙巳の変:いつしのへん)
大化の改新となるわけです。

P90526.jpg
蘇我入鹿の首塚もあります。
P90525.jpg
御朱印いただきました。
P90601.jpg
2008年の大仏開眼1400年記念の散華もいただきました。
2008年では私がまだ御朱印巡り始めてない頃やな~。
P90602.jpg
1400年以上も同じ地で安置されてるなんて
なんか想像できないですね。
いや、想像しなくても実際にあるんだけどさ。
P90518.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター