2016-05-18

5/5 籠神社

それからテラス席のみセントジョンズベアでランチ
ハンバーグくん+アイスコーヒー
P60952.jpg
ロケーションは抜群
P60949.jpg
P60951.jpg
それから元伊勢籠神社(もといせこのじんじゃ)へ
あまりに近すぎて通り過ぎてしまい
公園のに停めさせてもらっちゃいました。
ゴメンなさいm(__)m

一の鳥居
P60953.jpg
二の鳥居
P60954.jpg
狛犬 鎌倉時代のものだそうです。
P60956.jpg
P60957.jpg
神門 ここから撮影禁止
P60955.jpg
主祭神は彦火明命(ひこほあかりのみこと)
天照大神の御孫神で、邇邇芸命(ににぎのみこと)の御兄神
P60959.jpg
天照大神のお告げによって丹波国(現在の丹後)の
与佐(よさ)の小見(おみ)の比沼(ひぬ)の魚井原(まないはら)にいる
丹波道主(たにわのみちぬし)の娘・八乎止女(やおとめ)のお祀りする
豊受大神が天照大神の食事を司る神として伊勢に迎えられました。
奥宮真名井神社(古称 吉佐宮)の豊受大神のことであり
『元伊勢』としての由緒が明らかとなっています。


社殿は高床式の素木造りで全て直線的です。
特に高欄上の五色(青・黄・赤・白・黒)の座玉(すえたま)は
伊勢神宮御正殿と当社以外には拝せられないもので
日本建築史上特に貴重なものとされています。


御朱印いただきました。
こちらでは奥で書いてくださるので
書いてるところを見れなくて
姉ちゃん残念がってました
P60963.jpg
真名井稲荷社
P60960.jpg
倭宿禰命(やまとすくねのみこと)
P60961.jpg
拝殿を通り過ぎたからうっかりしていましたが
ここも神門より中なので撮影禁止だった

ここからリフト乗り場のほうへ向かい
姪っ子夫婦だけ傘松公園へ向かいました。
姉ちゃん夫婦はちくわをアテに
うちとおっかは
今回は真名井神社を参拝しなかったのですが
食ってる間にお参りしてくればよかった
次回に持ち越し。

今回は忘れずに
西国スタンプラリー押すためだけに駅に寄ってから帰りました~
南条SAでクレミア食べれるようになったみたい
G_5102.jpg

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-05-17

5/5 成相寺

5/5はおっかが
「パート休みになったでどっか行こう」
というので、天橋立に行ってきました。
天橋立はを連れて行けるところが多いので
去年から「暖かくなったら行こう」と話してたんです。
もんも一緒に行くはずだったのにな。
四十九日の前日だから
まだ天界に行ってないから一緒に行けたかな
姉ちゃん夫婦と姪っ子夫婦も一緒に行きました。
G_5101.jpg
今回は天橋立の北側へ行くので与謝天橋立ICで下ります。
まずは西国28番札所の成相寺(なりあいじ)へ。
の前に頂上までで登って成相山頂展望台へ。
成相寺ので入山料¥500を支払うと
拝観も展望台もお金はかかりません。

展望台までの道のりが結構急な坂道で
三角定規みたいになってて
ガードレールもないし
「怖~い!」「気持ち悪~い!」と
ワーキャー騒いでました

頂上に到着したらバス停があって
「この坂をバスで登るんか!?」と、またワーキャー言ってました

そしてこの絶景
P60935.jpg
いい天気でよかったね。
P60936.jpg
P60937.jpg
日本一のパノラマ展望台だそうです。
G_5100.jpg
何が日本一かって、標高とかじゃなくて
見渡す限りのパノラマ加減がみたいです。
P60930.jpg
ひとこっぱ撮ったので成相寺へ。
P60941.jpg
P60938.jpg
撞かずの鐘
この鐘を鋳造するために付近の村々から寄付を集めたが
府中の村で一軒だけ金を出せない家があった。
その家の女房は赤ん坊なら差し出せるのですがと言ったという。
実際に鋳造が始まると、どういうわけか二度続けて失敗し
いよいよ三度目にとりかかったとき
寄付をしなかった家の赤ん坊が溶けた銅の中に落ちてしまった。
鐘は見事に鋳上がり、鐘楼につるされたが
鐘をつく度に悲しい音が鳴り響き、赤ん坊の鳴き声に聞こえるため
寺ではこの鐘をつくのをやめたということである。

P60940.jpg
一願一言地蔵
唯一願いを一言でお願いすれば
どんなことでも叶えてくださるそうです。
P60942.jpg
お地蔵様の後ろの観音堂をスルーしてしまったのですが
HPを見るとこちらに西国三十三霊場の御本尊が安置されてるようです
P60944.jpg
境内は お堂内は
本堂
御本尊の聖観音菩薩立像は秘仏で
33年に1度しか御開帳されないそうです。
4/30~5/5に内陣拝観・秘蔵仏公開となっていたので
御本尊の特別公開かと思ったら
不動明王のお軸の公開でした~。
月参りの時にもしかして… と淡い期待
内陣に入れたので
御前立は間近でお参りできました。
P60943.jpg
真応上人が霊地を求め諸国を旅していたが
この地の風景に惹かれて庵を結び修行していたところ
ある日、老人が現れ観世音菩薩像を置いて立ち去った。
上人はこの像を安置するための堂を建てたのが
寺の創始とされているようである。

P60945.jpg
一人の僧が雪深い山の草庵に篭って修業中、深雪の為
里人の来住もなく食糧も絶え何一つ食べる物もなくなり
餓死寸前となりました。死を予感した僧は
「今日一日生きる食物をお恵み下さい」と本尊に祈りました。
すると夢ともうつつとも判らぬ中で堂の外に
狼の為傷ついた鹿が倒れているのに気が付きました。
僧として肉食の禁戒を破る事に思い悩んだが命に変えられず
決心して鹿の腿をそいで鍋に入れて煮て食べました。
やがて雪も消え里人達が登って来て堂内を見ると
本尊の腿が切り取られ鍋の中に木屑が散って居ました。
それを知らされた僧は観音様が身代わリとなって助けてくれた事を悟り
木屑を拾って腿につけると元の通りになりました。
此れよりこの寺を願う事成り合う寺、成合(相)寺と名付けました。

P60948.jpg
左甚五郎作の真向の龍(まむきのりゅう)
正面を向いた龍は大変珍しいそうです。
底なし池に住む龍がモデルといわれています。
P60946.jpg
御朱印いただきました。
姉ちゃんが興味本位で
私が書いていただいてるのを一緒に見ていて
「上手やの~」「なんて書いてあるんや?」
と、うるさいって
書き手さんが見本を指しながら
「お堂の名前が書いてあります」と丁寧に答えてくださいました
P60962.jpg
十王堂
こちらでも、もんのことをお願いしないとね。
(写真撮り忘れ)

後から気付きましたが
まで登ってしまったので
五重塔と底なし池をスルーしてしまいました


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2015-12-27

11/7 松尾寺・金剛院

ここからは、みほとけの里特別公開ではないのですが
馬居寺・中山寺と行ったら
馬頭観音3寺廻るのがデフォルトということで
舞鶴まで足を伸ばし松尾寺(まつおでら)さんへ。
P50622.jpg
G_4604.jpg
西国第29番札所です。
G_4605.jpg
白衣を着て歩きお遍路されてる方もおられました。
G_4606.jpg
何の木か分からなかったのですが
黄色く色づき始めていてグラデーションがキレイでした
G_4607.jpg
G_4608.jpg
本堂
御本尊の馬頭観世音菩薩は通常77年に1度の御開帳だそうです
G_4609.jpg
1番最近では2009年にご開帳されたようです。
本堂内に授与所があり、そこの女性と少しお話させていただいたのですが
滅多に御開帳されないからか金色に輝いていたそうです。
77年に1度では拝むチャンスはないかな~と思いましたが
ブカツの情報によると西国三十三所観音巡礼草創1300年記念事業で
平成28年~32年の5年間に特別公開があるかも
要チェックです
宝物館をスルーしてしまったので再訪したいです。

馬頭観音様のお守りを購入
和紙でキャンディ包みされてる中身は金ピカお馬さん
お財布に入れておきます。
G_4610.jpg
御朱印は仁王門をくぐって左側の建物でいただけます。
こちらにもお守り等ありました。
JRのスタンプラリーもこちらです。
G_4611.jpg
西国のと通常の御朱印に+\100で菊紋の御朱印をいただきました。
御朱印帳が小さいサイズだったのが悔やまれます
P50680.jpg
続いて紅葉で有名な金剛院さんへ。
G_4612.jpg
トキワサンザシ(ピラカンサ)
立派な木で赤い実がたわわに実ってました。
P50644.jpg
拝観受付と同時に御朱印いただきました。
こちらから西国花の寺二十五カ所巡礼を始めてみました。
P50683.jpg
11月の初めだというのに紅葉は見ごろ~ちょいピーク過ぎといったところでした。
G_4613.jpg
樹齢1000年の榧(かや)の木
開祖眞如親王が植樹したといわれているそうです。
G_4614.jpg
この三重塔と紅葉をにおさめたかったんです
P50650.jpg
ですが色もあまりよくなく枯れかけ
P50656.jpg
眞如親王が祀られています。
G_4615.jpg
そこそこの段数があります
G_4616.jpg
本堂
御本尊の波切不動尊は秘仏ですが
毎年2/3の節分会の法要の時に御開帳されるそうです。
G_4617.jpg
G_4618.jpg
散策の道から三重塔へ戻りました。
弘法の滝 水が全く流れてなかった
P50665.jpg
鶴亀の庭 伝細川幽斉作

11月いっぱい紅葉祭りの期間中9~16時は
予約無しで宝物館を拝観できるそうです。¥500
G_4619.jpg
阿弥陀如来坐像(平安時代)
多聞天立像(平安時代)
増長天立像(平安時代)
深沙大将立像(快慶作:鎌倉時代)
執金剛神立像(快慶作:鎌倉時代)
金剛力士像 2躯(室町時代)
深沙大将立像と執金剛神立像は快慶作
墨書きが残っているそうで伝ではなく快慶作と言い切っています

特に深沙大将立像が印象的でオバちゃんパーマみたいな頭で
膝小僧が象なんです
気に入っちゃって写真買っちゃいました
P50684.jpg
私バカだから、写真を撮るか何か資料を残さないと忘れちゃうんですよね

こちらでご一緒したお2人とお別れしました。
詳しい方と一緒に参拝すると
いろいろ教えていただけて楽しいですね
またご一緒していただきたいものです


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター