2018-04-13

18.4.8 能褒野神社(空振り)

真善寺さんを出たのが17:15頃。
最後に能褒野神社(のぼの)に行ってみました。
なんかまたナビに裏側に案内された模様
邪魔にならなさそうなところに停めさせてもらいました。
ナビ設定する時は『のぼのの森公園』にしたほうが良かったかも。
P130624.jpg
事前の検索で御朱印は書置き対応とのことだったので
『もしかしてセルフ形式で置いてあるかも』と
淡い期待を抱きつつ…
P130625.jpg
でもセルフでは置いてなくて、社務所も鍵がかかってました
この時間では仕方ないよね~。
P130626.jpg
日本武尊御墓も見てきました。
御陵は大体こんな感じ~。
P130629.jpg
日本武尊って神話の中の人ってイメージだけど
宮内庁が管轄してるってことは
実在した人物として認識されてるってことやんね。
菅原道真とか徳川家康は
実在した人物が神として崇められたということだけど
日本武尊もそういうことなんかね。
P130628.jpg
日本武尊は各地を征討し故郷の大和へ帰る途中
伊吹山で山の神に阻まれて病に倒れました。
不自由な身体を引きずり伊勢国能褒野にたどり着くも
ここで力尽きてしまいます。
故郷を想う日本武尊の魂は白鳥となり
能褒野→大和琴弾原(奈良県御所市)→河内古市(大阪府羽曳野市)
と留まって天に昇った。
その3ヵ所に陵墓を作ったそうです。
大和を目指して歩き続ける日本武尊は、体力は衰え
「わが足三重の匂(まか)りなして、いと疲れたり」
と語ったことからこの地を三重と呼んだそうです。

P130627.jpg
帰りはカーナビの指示通り鈴鹿ICからずっと高速で
鈴鹿ICから大きな赤い鳥居が見えました。
手塚プロダクションとコラボした御朱印帳がある
椿大神社でした。
能褒野神社リベンジの際にはこちらも寄らないと

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-04-12

18.4.8 真善寺

4/8のお出かけだったので
花まつりの御朱印をいただけないかと検索して
亀岡市の真善寺のを見つけました。
真善寺さんの御朱印はちょいちょい見かけますが
伺うことないだろうとスルーしてました
娘さんが描かれたみたいです
P130613.jpg
15:00 40分位で到着~
P130614.jpg
御朱印巡りをしてなかったら知らなかったであろう
檀家さんじゃなかったらちょっと入りにくいかも~
な感じの静かなお寺さんでした。
P130616.jpg
なんかいた。
P130617.jpg
お堂に入ると物腰の柔らかい若いご住職が対応してくださいました。
御朱印待ちの方が7組くらいいらっしゃいました。
私たちの番号は17番。
グループで1つの番号なので、人数にするともっと多いですね。

撮影許可いただきました。
P130621.jpg
『きょくようざん』と読むのかな?
P130620.jpg
花御堂が置かれていましたが
甘茶をかける形式ではなかったです。
P130618.jpg
蓮の蕾?から生えてて、上向いてらっしゃる
ちょっと変わった誕生仏でした。
作家モノを譲り受けたんだそうです。
P130619.jpg
お手洗いを借りるのに障子戸を開けたら
こんなんなっててビックリ
P130623.jpg
この日の御朱印対応は14:00~16:00だったのですが
私たちの順番が来たのは16:30頃だったと思います。
(私たちの後にもう1組いました)
「先週の日曜は5組ほどだったのですが今日は多くて」
と仰ってました。
途中で御朱印帳預けて帰られる方もいらっしゃいましたが
後日受取の対応もしてもらえるんですかね?
待ってる間に息子さんがお菓子を配ってくれましたよ

こちらは真宗高田派なので御朱印という考え方がないのですが
参拝記念としていただけるそうです。
友達2人とも真宗高田派で
今使ってる御朱印帳がもう少しで詰まるからと
真善寺さんの可愛らしい御朱印帳をご購入
基本御朱印3種
いつも心になもあみだぶつ・世の中安穏なれ仏法ひろまれ・唯見佛光
P130637.jpg
他力不思議は簡単なアンケートに答えてお礼にいただいたもの
花まつり限定 天上天下唯我独尊
ミミズクさんの書置きもいただきました。
散華もいただいちゃいました
名古屋別院の一光三尊御開帳の時(H28)の散華だそうです。
P130638.jpg
可愛らしい御朱印をたくさんいただけて大満足
また機会があったら伺いたいです。
HPに御朱印対応スケジュールを載せてくださっているので
予定を立てやすいですね。

亀岡市のマンホールは亀山城多聞櫓と花菖蒲
時間があったら亀岡城跡にも寄りたかったけど
登城記念御朱印をいただけるJR関駅内の観光協会が
17:00までとのことで、次回に持ち越し。
P130615.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-04-11

18.4.8 伊賀上野城など

上野公園方面へ移動しまして、伊賀牛牛丼つかさでランチ
P130581.jpg
牛丼セットは大・中・小とあり
どれくらいの量か分からなかったので中を注文 ¥1,200
(小は¥1,000 大は¥1,300と¥100しか違いません)
P130579.jpg
玉ねぎとか入っていない肉オンリー
タレがあっさりしてて、すごく美味しかったです
中でもお腹はふくれたけど
美味しかったから大でも食べれたと思う~
P130580.jpg
交差点にいた忍者、なんか変。
上半身は1つなのに足が複数に見える。
分身の術失敗か?
P130582.jpg
伊賀鉄道 上野市駅には
P130589.jpg
鉄郎とメーテルがいるよ
鉄郎、暗くて顔が見えない
P130587.jpg
芭蕉さんがおられる駅前広場では
P130585.jpg
伊賀風土フードマーケットが開催されてました。
P130584.jpg
めっちゃ分厚いベーコンやソーセージの匂いに誘われましたが
牛丼食べたばっかなので
デザートにほうじ茶のたい焼きを購入
焼きたてアツアツ 香ばしくて美味しかったです
P130590.jpg
クラフト作家さんも出店されてて
Naoto KITAさんて方の真鍮アクセに一目惚れ
どれも可愛くて迷ったんだけど、ピアスにしました
一点ずつ手作業で真鍮を切り出して制作しているそうです。
P130640.jpg
この口あけたおとぼけ顔がなんともいえない
どれにするか迷ってて、友達に
「これ良くない?」って声掛けたら誰もいないっていう…
恥ずかしい~

それから伊賀上野城へ。
P130607.jpg
筒井古城跡から見た大天守
白鳳城と呼ばれているそうです。
お城は鳥に例えるのが定番なんですかね。
P130592.jpg
登閣料は¥500 チケットが洒落てる
受付で登城記念御朱印いただきました。 ¥200
日付が入ってない
P130636.jpg
撮影OKでした
お琴の生演奏をされてました。
P130593.jpg
伊賀焼や
P130594.jpg
鎧兜などが展示されてました。
P130595.jpg
等身大忍者がへばりついてる
P130596.jpg
最上階の格天井
P130597.jpg
天守閣竣成を祝って横山大観はじめ著名な画家
書家、政治家などから寄贈されたものだそうです。
P130598.jpg
大天守からの眺め
P130599.jpg
弓の矢が欄間風に利用されてました。
P130600.jpg
小天守にある忍び井戸
P130602.jpg
結構深い。
P130601.jpg
抱っこorバッグinでペットも入れるそうです
P130604.jpg
『日本一、二の高さ』と看板が出ていた高石垣を見てきました。
1番とは言い切れない
けど、ホント高くてチンさむやったわ
P130605.jpg
なりきり忍者の子供たちがたくさんいましたよ。
用もあって、めっちゃ可愛かった
子供とに付き合ったのか
お父さん忍者も1人だけ見かけた
P130609.jpg
ほぼほぼ散ってましたが、1本だけ咲いてました。
P130610.jpg
P130611.jpg
これはミツバツツジかな?
P130608.jpg
いが☆グリオだって~。
にめっちゃ吠えられてた
P130612.jpg
時間が無くて忍者博物館には寄れませんでした。


続く、、、

theme : 旅日記
genre : 旅行

2018-04-10

18.4.8 愛宕神社

続いて愛宕神社へ
満開だったらキレイだったでしょうね。
既に散ってましたが、萼でうっすらピンクに見える
P130576.jpg
二の鳥居横には立派な木が。
P130577.jpg
松尾芭蕉所縁の大福寺(愛宕神社の別当寺)無名庵跡の石碑がありましたが
木が植わってるココ?
P130578.jpg
境内にたくさん人がおられまして
「何かあるんですか?」とお聞きしたら
昔埋めたタイムカプセルを開けるそうで取材も来てました。
P130574.jpg
舞殿
舞殿の正面の鳥居をくぐったところにスペースがありました。
今回カーナビ偉かった
赤い鳥居のほうじゃなくて、こちらに案内してくれました
P130563.jpg
舞殿の後ろに本殿
P130565.jpg
境内社の忍者神社も参拝
P130567.jpg
P130570.jpg
参拝方法が貼ってあるのですが
忍術風でなかなか難しい
文言はしどろもどろ
P130571.jpg
半蔵はお留守。
リードフックがあるからホントにいるんだろうね。
P130569.jpg
なんかいた。
P130568.jpg
宮司さんがおられなかったので
書置きの御朱印をいただきました。
P130635.jpg
忍之社って墨書きが伊賀っぽくていいですね
P130573.jpg
授与所の横が原っぱになってて
こちらにも小天狗清蔵の石碑がありました。
P130572.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-04-09

18.4.8 勝因寺

4/8は三重県伊賀市に初上陸
こんなチラシを見かけまして友達誘って行ってきました。
ホントの御開帳は去年だったんだけど
今年2日間限りのアンコール開帳だそうです
勝因寺チラシ
福井IC7:30→八日市IC→R421・R307・県道24・R1・県道24・県道4→
名阪国道上柘植IC→上野IC と下道をクネクネ約2時間半で
勝因寺に到着~
P130556.jpg
小天狗清蔵大徳終焉地の碑
本堂に行者っぽい像もありましたが
小天狗清蔵ってどちらさま?
P130557.jpg
趣のある門をくぐると
P130558.jpg
本堂は近代的
P130559.jpg
山号は宝生山
五色紐は回向柱に繋がってました。
P130562.jpg
拝観料は¥1,000
御開帳記念の散華と御影をいただきました
P130633.jpg
花まつりだったのでお堂前に花御堂が置かれていました。
降誕仏に甘茶かけるの初体験。
P130561.jpg
撮影禁止だったので写真を購入。
宝冠無しバージョンもあったけど
チラシと同じタイプをチョイス。
やっぱ菩薩様はゴージャスじゃないと
P130632.jpg
御本尊 虚空蔵菩薩(重文:平安時代)
でチラシを見たとき
彩色無しの木の質感と、静の佇まいに一目惚れ

内陣に入れていただき、お厨子の真下で拝めました
目の高さがお膝ぐらい。
下から見上げると、表情が違って見えました。
表情を見るには
やっぱ少し離れて見たほうがしゅっとしてるかも。
肩辺りはつるんとしてますが、膝にはのみ跡が見えました。
手のひらには手相も彫られてました

内陣の左側には小天狗清蔵像、西国三十三所観世音菩薩像、地蔵菩薩像など。
十一面千手観世音菩薩立像の持物は定番のが無くて
変り種としてはお鈴と法螺貝らしきものを持ってました。
内陣右側は曼荼羅と聖観音菩薩立像。
仏像はほぼほぼ平安時代と書かれていました。

写仏もしてきました。
台紙と下絵入り用紙とペンが入ってて¥1,000
ペンが筆ペンじゃなくて筆サインペンだったので書きやすかったです
このペンだったら写経もできるかも~。
友達は初めて写仏したのですが
「集中できていいわ~」と言ってました
P130634.jpg
書いたものは納めてきました。
帰り際、名残惜しいのでもう1度拝観
御朱印いただきました。
P130631.jpg
左下の印が隣のページにはみ出しちゃってる
折り目で浮いちゃったのか欠けてるし~。
老眼で見えなかったんやろか?
この御朱印帳、最初のページも飛ばされてるし
そういう運命なのかも
書置きを貼るかな。
P130560.jpg
弘法大師お手植えの椿とか、閼伽井とか、いろいろ見逃しちゃってるので
機会があったらまた参拝したいです。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター