2018-05-23

18.5.20 長岳寺2

延命殿(旧地蔵院本堂:重文)
P140184.jpg
がいたよ~。 なんか用?
P140185.jpg
目がすっごいキレイ
P140193.jpg
撮影OKでした
P140190.jpg
大和十三仏の御尊像はこちらになります。
P140188.jpg
普賢菩薩の中でも象4体に乗っているのを
普賢延命菩薩というそうです。
戦国~安土桃山時代の作。
P140189.jpg
普賢延命菩薩も2種あり、象4体が真言ver.
顔が4つある象が天台ver.だそうです。
こちらは4体の象の下段にも小さい象が沢山います
真言系は20臂で、天台系は2臂
P140191.jpg
地蔵石仏
P140198.jpg
拝堂(の後ろに大師堂があります)
P140204.jpg
ちょっとした山登りの先に
P140203.jpg
弥勒大石棺仏(釈迦如来という説もあり)
古墳の石棺の蓋を利用し、鎌倉時代に作られたそうです。
この頃には既に古墳荒らしがいたってことで
残骸を利用したと考えられるそうです。
彫が深く立体的。
P140201.jpg
衣の波紋、足がハの字、台座有りが鎌倉時代のはやり
鎌倉時代に石仏が多くなるのは
説法で仏教が庶民に広まり地域に根付いてきたから

P140199.jpg
本堂
P140196.jpg
十市遠忠が戦国時代の終わりに滅びる時
ともに一山焼亡したと伝えられています。
その時武士達が自刃した城の床板に
無数の血痕や血の手形がついたものを血天井にしたそうです。
くっきりとしすぎてほんまもんか怪しい足跡
P140205.jpg
本尊の阿弥陀三尊像は残ったそうです。
運慶展出展のパネルがあり
『全然覚えてない』と帰ってから図録を確認したら
私が行ったのは展示期間終わってからみたい。
運慶展のサイトより
長岳寺阿弥陀三尊坐像
中尊の木造阿弥陀如来坐像
胎内銘から平安時代末期(1151年)の作と判明する
玉眼を用いた像で制作年代の判明する最古例としても知られる
墨書が出るまで運慶作と言われていたが
運慶が玉眼の仏像を作る20年前に
別の奈良仏師(康助では?)が玉眼を発明していたことになる
黒目の周りに赤や青のラインを入れて印象的な瞳にしている

コンタクトのサークルレンズみたい
中国はなぜか玉眼を採用しなかったので、玉眼の仏像は無い
右手が衣で肘まで隠れているのが珍しい
筋肉質で、衣紋の彫が深く、天平仏を目標としているが
鎌倉期の流行りの様相も入っていて、両方のいいとこ取り
「彫の浅い衣がシルクなら、こちらは麻!」


脇侍の観世音菩薩と勢至菩薩は片足を踏み下げた半跏像。
中尊と脇侍の間に大威徳明王と愛染明王がおられました。

両端には木造多聞天・増長天立像(平安中期:重文)
大神神社神宮寺の大御輪寺の仏像だったが
明治時代の廃仏毀釈によって大御輪寺が廃絶したためここに移す

となっていますが、近年台座から墨書が出て
廃仏毀釈前からこちらにおられることが分かったそうです。
ガイドさん曰く「平安中期で玉眼なわけな~い」
平安末期ではないか?とのことでした。

狩野山楽筆の大地獄絵は秋に絵解きがあるそうです。
奥にはカルラ炎が抱き込んでいるお不動様がおられました。

12:00に現地解散。
放生池をぐるりと一回り。
P140195.jpg
杜若はかろうじて残っている程度。
P140208.jpg
P140209.jpg
庫裏(旧地蔵院)で三輪そうめんをいただきました。 ¥700
P140192.jpg
御朱印めぐりの時はお昼抜きがちなので
寺社で食べれるのはありがたいね~。
P140212.jpg
ぬこさまがお出迎え
P140211.jpg
大和十三仏霊場の納経帳を購入。
P140241.jpg
御影が入っていて
P140242.jpg
それをお手本に写仏が出来るようになっています。
P140243.jpg
関西花の寺の御朱印と花守りもいただきました。
P140244.jpg
最後に見かけたは、ここまで近づいても起きなかったよ。
G_7829.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-05-22

18.5.20 長岳寺

5/20は月イチ仏像ガイド参加で
天理市の長岳寺に行ってきました。
いつものだと5時出発なんですが
最近は日が昇ってて明るいよ。
P140162.jpg
10:00開始(10分前集合)だったので
JR 新疋田6:12→8:06大阪8:12→9:05奈良9:08→9:27柳本
のはずが奈良で乗り遅れてしまい
奈良9:41→10:00栁本になってしまった
私の他にも2名の方が同じ電車だったし
大幅に遅刻しなくてよかったよ。
P140163.jpg
栁本駅から20分ほど歩きます。
途中に飛地境内があり、太神宮と彫られた石灯籠があります。
(写ってないけど
太神宮とは伊勢神宮のこと。
お伊勢参りの目印だそうです。
P140164.jpg
石灯籠のお隣には五智堂(鎌倉時代:重文)
別名傘堂や真面堂(どこから見ても正面)とも呼ばれるそうです。
P140166.jpg
五智堂はその名の通り五智如来を表していて
心柱が大日如来で
外側の4面がそれぞれ阿閦・宝生・阿弥陀・不空成就だそうです。
P140169.jpg
側面には↑それぞれの方向に種字が書かれていました。
P140165.jpg
傘堂って石光寺で御朱印もらえるから
名前は聞いたことあったけど
こういうお堂なんですね。
(葛城市の傘堂は周りの柱が1本だそうです)
P140167.jpg
五智堂の隣にはお薬師さまや猿田彦神、道祖神(夫婦)の石仏が。
P140170.jpg
この辺りにはそこここに石仏があり
道中の安全や健康を祈って祀られているようです。
P140171.jpg
P140173.jpg
P140172.jpg
到着~。 ナビでは出てこないそうです
P140174.jpg
長岳寺は空海の創建で
一説には大和神社の神宮寺といわれています
遣唐使が出発前に安全祈願に参詣した
太平洋戦争で戦艦大和の操舵室に分霊が祀られた
堂本印象が掛軸を奉納

P140181.jpg
大門の前には勧請縄(かんじょうなわ)が掛けられています。
こんなの滋賀でも見かけたな。
毎年1/10に掛け替えていて、龍神を宿しているそうです(雨乞い)
P140175.jpg
15本の竹を編んだ飾り物(トリクグラズというそうな)と
一緒に付いてる樒(しきみ)は香りが良いためお香の代わりだそうです。
P140176.jpg
十市遠忠(とういちとうただ)の歌碑
長岳寺の裏に龍王山があり十市遠忠が築いた山城がありましたが
松永久秀に攻められ、切られた十市方の武将が血まみれで
本堂に逃げ込み息絶えたそうです。
P140179.jpg
大門は別名肘切り門と呼ばれ、僧兵と鍛冶屋の伝説があるそうです。
長岳寺は全盛期48坊あり
興福寺に目を付けられ取り込まれた(真言宗なのに)
僧兵が切れ味のよい刃物を鍛冶屋に注文したが
なかなか出来上らない
しびれを切らした僧兵が見に行くと、籾殻の火打っていたので
「そんな弱い火で作った刃物なんて大したことないわ」
と馬鹿にしたら肘の木を切って切れ味を見せつけた

P140177.jpg
大門から鐘楼門までまだ少し歩きます。
約1,000株あるという平戸つつじは
背が高くて垣根のようになっています。
花はすっかり終わってました。
完全に目が合った
P140180.jpg
関西花の寺の看板の絵はツツジなのかな?
P140178.jpg
P140182.jpg
P140183.jpg
鐘楼門(平安時代:重文)は空海創建当初のもので日本最古だそうです。
P140210.jpg


本題に入る前に続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-05-02

18.4.22 法起院

帰りに法起院に寄りました。
P130912.jpg
本当に時間が無かったので本堂でお参りだけ
P130913.jpg
あまりにも写真なさすぎなので
前回撮った徳道上人御霊廟を再掲載
GP3656.jpg
前回は無かった徳道上人の御朱印をいただきました。
折角素敵な印なのに、閻魔様の部分かすれちゃってるし
上から墨書きするのが勿体ない
P130968.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-05-01

18.4.22 長谷寺

4/22は政田マリさんの仏像ガイドに初めて申し込みました。
13:00~だったので、午前中行けるところを考えて
お戒壇めぐりと一初鑑賞会が始まった京都の得浄明院
創建1300年記念御朱印がいただける奈良の元興寺を考えたのですが
得浄明院の受付が9:30~なんですよね。
京都駅に8時前に着いちゃうのに待ってる時間勿体ないし
得浄明院やめて奈良だけにしても
元興寺以外に行きたいところが特に思い浮かばなかったので
結局両方ともやめて長谷寺にしました
JR関西1デイパスが室生寺・長谷寺チケット付だったので。

JR 新疋田6:12→7:35京都
近鉄 京都7:41→8:43大和八木8:51→9:01長谷寺
徒歩約15分で長谷寺に到着~
P130862.jpg
今回、大和四寺巡礼の共通拝観券で入りました。 ¥2,200
結縁散華4枚セットをいただきました。
P130965.jpg
前回伺ったときは確か仁王門修復中でシートで覆われてたな。
P130863.jpg
牡丹が見頃でした
G_7755.jpg
『長谷寺に行ってきました』的な登廊込みの画が欲しいのですが
なんかどう撮っていいのか分からん
G_7754.jpg
明るすぎかな。
P130870.jpg
P130867.jpg
P130868.jpg
石楠花と青紅葉
G_7753.jpg
本堂
P130876.jpg
御本尊の御開帳をしていましたが
1度結縁させていただいてるのと、今回時間が無いので
外陣からのお参りだけ
P130878.jpg
御朱印帳のデザイン
P130880.jpg
前回撮り逃した床みどり
無人になるの待ちが大変
P130883.jpg
西国の復刻印の御朱印と
大和四寺巡礼の御朱印をいただきました。
P130966.jpg
大講堂(本坊)へ向います。
P130894.jpg
西参道も牡丹がたくさん咲いてました。
P130896.jpg
大講堂は初訪じゃないかな。
P130899.jpg
G_7758.jpg
P130908.jpg
大講堂では大観音大画軸大開帳
大4連チャン 絶対わざとだよね~
G_7763.jpg
大きすぎて掛けられないので床に斜めに広げられていました。
スロープを上がり、上から全体を拝見。
(ここからは撮影禁止)
降りたところに撮影可の場所がありましたが
正面じゃないので全体は入りませんでした。
P130905.jpg
こちらは縮小版のレプリカと思われます。
P130907.jpg
インスタ僧侶ヤルな
サムネイル表示された時のことまで計算ずく
G_7785.jpg
公開期間限定の大画軸の御朱印いただきました。
印の上に揮毫されてないのがいいね
P130967.jpg
大画軸の御朱印帳を3種出されていて
通常の大きいサイズが2種と、それより一回り大きいのが1種あり
ものすご~く迷ったけどガマンしました。
これ、限定なのかな? 後ろ髪引かれてます
P130911.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-07-28

17.7.18 談山神社

バス→JR奈良14:08→14:42桜井 バス15:05→談山神社
バスの本数が少ないので時間配分が厳しかったですが
なんとか来れました
P100954.jpg
こちらもまだ紫陽花咲いてました。
P100956.jpg
まだ15:30なのに閉店ガラガラ~
つか、平日はやってないのかな?
P100955.jpg
蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力は極まって、国の政治をほしいままにしていた頃
中臣鎌足は国家の正しいあり方を考えていました。
たまたま法興寺(今の飛鳥寺)で蹴鞠会があった時
中大兄皇子(後の天智天皇)と会うことができ
645年の5月、二人は多武峰(とうのみね)の山中に登って
『大化改新』の談合を行いました。
後にこの山を『談い山(かたらいやま)』『談所ヶ森』と呼び
談山神社の社号の起こりとなりました。

P100957.jpg
天智天皇8年(669)10月、鎌足公の病が重いことを知った天智天皇は
みずから病床を見舞い、 大織冠(たいしょくかん)を授けて内大臣に任じ
藤原の姓を賜りました。 藤原の姓はここに始まります。

P100958.jpg
鎌足公の没後、長男の定慧和尚は、留学中の唐より帰国
父の由縁深い多武峰に墓を移し、十三重塔を建立しました。
大宝元年(701)には神殿が創建され、御神像をお祭りして今日に至ります。

P100959.jpg
水を貯めないタイプは初めてやな。
P100960.jpg
十三重塔
P100963.jpg
紅葉の時に来ましたが、青もみじもいいよね~
P100965.jpg
2013年11月の紅葉がこちら
GP1777.jpg
拝殿には多武峯縁起絵巻や多武峯曼荼羅などのお宝が展示されています。
本殿
P100964.jpg
座ってお参りするから、お寺と勘違いしちゃう
神仏分離以前は多武峯妙楽寺というお寺で
建物は寺院建築をそのまま使用しているそうです。
P100967.jpg
P100969.jpg
7月いっぱい神廟拝所で談峯如意輪観音像が御開帳です。
P100971.jpg
こちらも撮影OKでした。
P100973.jpg
P100981.jpg
脚に膿がたまり歩けなかった子供が、仏像に祈るとたちどころに治り
仏像の同じ箇所がえぐれていたという伝承が残っているそうです。
P100982.jpg
帳でほぼ見えない鎌足公御神像
脇侍左が鎌足の次男の藤原不比等で、右は勝軍地蔵
勇ましい兜姿ではないですが
鎌足の化身と言われているそうなので、結局鎌足像
P100975.jpg
狛犬(鎌倉時代)伝・運慶作
獅子と狛犬で胸毛の感じが違うよ~
P100974.jpg
P100978.jpg
障壁画は神仏分離の時に消そうとしたけど消えなくて
漆喰で塗り固めたのですが
のちに漆喰を剥がした時にまだ残っていたそうです。
P100980.jpg
福禄寿が祀られている総社拝殿
P100984.jpg
P100985.jpg
愛だの恋だのもういいんだけどさ、ついでなので参拝
P100988.jpg
摂社東殿(恋神社)
P100989.jpg
P100990.jpg
P100992.jpg
御朱印いただきました。
前のページが天之宮さんの七夕御朱印で
受付の方がびっくりされて
「よいものを見せていただきました」と仰ってました
今度来た時は多武峯って書いてもらえないかな~。
P110010.jpg
前の男性が御祭神のと十三重塔のをお願いされてたので
「如意輪観音さん限定ですよ」と
おせっかいな助言をしてしまいました
だって折角この時期に来たのに勿体ないじゃ~ん
私、御朱印にハマる前に
参拝してたのにいただかなかった限定御朱印
未だに惜しいことしたと思うもん。
そういえば昔、十三重塔の御朱印は秋のみと聞いたのですが
今は通年いただけるんですかね?

バス16:37→近鉄桜井17:09→17:13大和八木17:16→18:18京都
JR京都19:01→20:47新疋田

ちょっと不便な場所に行けたのも、お泊りだからこそ
満喫した~

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター