2014-08-25

8/13 島根 須佐神社

最後に参拝した須佐神社は少し離れてるんですよね。

出雲大社10:45出発須佐神社11:30着だからで35分くらい。

なので行こうかどうしようか迷ったのですが

日本一のパワースポットとテレビや雑誌で紹介されてるとのことで

『これは行ってみなければ』と

他を駆け足にして時間作りました

結構な山奥なんですが、乗り合いタクシーなんかも来ていて

参拝者は多めでした。



ヤマタノオロチを退治した須佐之男命が祀られているそうです。



こちら御本殿も大社造りなんですね。



本殿裏には樹齢1300年ほどといわれる大杉があります。

真っすぐで、朽ちていなくて、1300歳には見えません



『大杉さんの木精』という

大杉の葉を塩の井の水で清めたお守りがありました(¥600)



境内奥の三穂社



須佐神社の七不思議

境内にあるものだけ撮りました。

三穂社の左側ちょっとした崖を降りたところ。



左側に素鵝川が流れています。



大杉さんの前





社務所・お手洗いの横



御朱印いただきました。



日本一のパワースポット…

正直私は何も感じませんでした

やっぱ合う・合わないがあるのか

急ぎ足の参拝だったからか



12:00頃に須佐神社を後にしました。

30分ほどの参拝でしたね

帰りの高速バスが出雲市駅13:35発で

10分前には着きたいし

レンタカー返す前にガソリンも入れないといけないし

乗り遅れては一大事と早めに戻りましたが

早く着きすぎちゃって

駅ナカのパン屋さんのイートインでホットサンド食べました



帰りの高速はお盆の帰省ラッシュだというのに

下りより上りのほうが混んでいて

19:00新大阪着予定が19:30頃着でした。

去年もそれくらいだったんだけど

去年は乗換が5分しかなくてめっちゃギリギリだったので

今回は1本遅いサンダーバード

新大阪20:12発福井22:07着で無事帰ってきました



楽しかったひと時が~

今はもう~過ぎてゆく~♫



やっぱ島根は遠いね。

1泊では移動時間のほうが多い

今回割愛したところとか、足立美術館とか、石見神楽とか、

サンドミュージアムとか、しまね海洋館とか、

水木しげるロードとか〈鳥取だけど)

まだまだ行きたいところがあるので

また機会を作って行けたらいいな~

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-08-24

8/13 島根 北島国造館・命主社

続いて北島国造館へ。



やっぱりお尻が上がってる狛犬



御三社(左から稲荷社、天穂日命社、荒神社)





亀がいっぱいいたよ~。



天神社と亀の尾の滝



御神殿



JRのフリーペーパー西Navi8月号に載っていたのですが

期間限定で亀山カフェというのをやっていて

お庭を見ながらランチやお薄をいただけます。

カフェ利用者は出雲教の特別祈願ができ

小楢で造ったお守りが頂けるそうです(要予約)

ここでランチするか須佐神社に行くか迷ったのですが

時間の余裕あるか分からなくて御祈願の予約できなかったし

参拝優先にしてランチは諦めることにしました。



こちらも去年時間が遅くて御朱印いただけなかったので

リベンジ達成です



それから歩いてスグの命主社にも寄りました。



樹齢1000年といわれる椋の巨木



小さなお社ですが歴史ある出雲大社の摂社です。

参拝者は少ないようですが

出雲大社に行かれたなら、こちらも参拝されることオススメです



もう少し足を延ばして真名井の清水にも寄ってみました。

キレイに整備されていて、なんか思った雰囲気と違った。



出雲歴史博物館に戻ってきたのが10:40

もう次に向かわないといけない時間。

また博物館行けなかったな~



やっぱ、もう1回出雲へ来ねってことなんやわ





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-08-23

8/13 島根 出雲大社2

この時間になると近くの駐車場は満車だろうから

後から寄るつもりだった古代出雲歴史博物館の駐車場に停めて

ちょいと歩いてご祈祷受付(仮拝殿?)へ直行

御祈願申込書に住所・氏名等記入するのですが

願事を何にしようかと思って

自分だけじゃなくて家族・も含めて健康に過ごせますようにと

『家内安全』にしたら

「家内安全は世帯主様名で」と言われ

『うち、おっつぁのかぞえ年知らんやん』ってなって

かぞえ年は分からなかったら空白でいいらしいのですが

せっかくの御祈祷で曖昧なのは嫌だったので

良縁にしました



受付したのが9:20、御祈祷開始が9:50とのことで

それまで境内をまわることにしました。

御守所に本殿屋根の檜皮葺模型がありました。

1枚ずつ重ねてこの厚みになってるんだね~。



遷宮で葺きかえられた大屋根の檜皮をお守りにしたものを購入。

4種あり、厄除けにしようと思ったら

「厄年の人が持つものです」と言われ

(ほんと無知でスミマセン

壮気健全御守にしました。



御本殿に向かうと… なんと

八足門が開いているじゃないですか



正月三が日のみと聞いていたので、めっちゃlucky

と思いきや、ドレスコードが



私、短パン履いてきちゃいました

先に来た時の写真

この時点では門には柵があり、前にお賽銭箱が置いてありますが

よく見たら看板が裏返しですがセッティング済みでした。

ちゃんと見とけばよかった



悔し紛れに八足門の彫刻と



出口からチョットだけ楼門を



御本殿と筑紫社かな

大国主大神は西を向いておられるとのことで

こちらからお参りされる方も多いです。



氏社

左のシート掛かってるのが多分西十九社

と、彰古館





御本殿の裏側



東側 奥から御本殿・御向社・天前社



瑞垣から御本殿の階段を上る神職さんを覗き見

& 門内拝礼をする方を隠し撮り



素鵞社は工事中で御仮殿になっている釜社と

東十九社



いい時間になったので仮拝殿へ戻りいよいよ御祈祷を受けます。

撮影禁止)

御祈祷って神楽殿で受けるのかと思ったら

仮拝殿なんですね~。

神楽殿のステンドグラスが見れるかと思ってたのにな。

せっかくなので1番前に座りました



祈祷してくださる神官と巫女さんと太鼓と笛の神官の4名。

「祓い給い、清め給え」

神官が持つの形の紙が付いた棒(なんて名前

あれってバサッバサッって振るイメージだったのですが

音が立たないくらいそ~っと降るんですね。

1人1人名前や願い事を神官が読み上げて神様に伝えてくれます。



その後神楽の奉納があります。

巫女さんが鈴をシャンシャン鳴らしながらグルグルまわるだけなんですが

太鼓や笛の音色もあって

大変おごそかな雰囲気でした

巫女さんは袖で手を指先まで隠してます。

最後に鈴を私たちのほうに向けてシャンシャン鳴らしてくれました。

お祓いの意味があるのでしょうか



なんかありがた~い気分になったわ

彼氏ってわけじゃなくて

一生の付き合いになるような

自分の味方になってくれるような人が増えるといいな



御祈祷の授与品

御神札・お守り・ご神供(大神様にお供えされたお米)

右は出口でお神酒をいただいた時の盃

左は先に買った壮気健全御守



出口におられた神職さんに

「この格好では門内拝礼できませんかね

って聞いたら

「大丈夫じゃないですか」って言われたので

『おぉ短パンって言っても膝が見えるか見えないかだから

ギリギリセーフか

ってもう1度八足門に行ってみましたが

やっぱり止められちゃいました



諦めきれずに暫くウロウロ

半袖は黙認されているようです。

ジーンズでも長ければの、そんなに厳しいドレスコードではないです。

ただし膝が見える短パンやスカートはNG

長いのの裾を折り曲げてサブリナ風にしていた人は

伸ばして入って行きました。

私も旅行の準備してる時にそれにしようか迷って

暑いから短パンにしたんですが

そっちにしとけばよかったと激しく後悔

また行く口実ができたと思うことにします



それにしても、正月でもないのに

なんで門内拝礼してたんですかね

遷宮中はやってるのかな

事前の検索ではそんな情報なかったんだけど。



最後に出雲大社の喫煙所情報

・出雲大社外苑駐車場

・祓橋

・御祈祷受付左側(トイレの手前)

3カ所確認できました。



続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-08-22

8/13 島根 日御碕灯台・神社

続いて稲佐の浜へ。

こちらは通り道なのでチラっと寄って撮っただけ。

久しぶりに海の匂い嗅いだ



去年来たのは夕方だったので、暗くて鳥居しか見えませんでしたが

今回はお社も見えました。



稲佐の浜の砂を採り、交換で素鵞社の床縁下の御砂をいただき帰って

屋敷の土地・田畑に撒き清めて神様のご加護をいただくという

信仰があるそうです。



それから高さ日本一日御碕灯台へ。

の前に、道すがらに次に行く日御碕神社が上から見れるスポットがあるのですが

今回行ったら看板が出てました

楼門は工事中のようです

海と空の境目が分からない



駐車場から灯台に向かう路地は

ちょっとだけお土産屋さんがあり

なんとなくノスタルジックな雰囲気。



向けても知らん顔で毛づくろい中の



白い灯台がキレイです

青空だったらもっと映えたんだろうけど

残念ながらが多かったです。



¥200で灯台上部の展望台へ上がれるのですが

今回は外から見ただけ~。



続いて日御碕神社へ。

日沉宮(ひしずみのみや)



神の宮(かんのみや)



去年時間が遅くていただけなかったご朱印

こちらもリベンジ達成



神社の裏に回ると海へ通じる道に鳥居



経島(ふみしま)







この時点で8:40

めっちゃ駈け足の参拝ですが、2回目だしね。

時間が限られてるので出雲大社へ戻ります

日御碕行のは本数が少ないし

次に行く須佐大社は少し離れているので

時間の有効活用がレンタカー借りた理由です





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2014-08-21

8/13 島根 出雲大社

2日目、観光できるのは午前中だけなので

早起きして7:00ホテル出発

早朝から参拝できる出雲大社へ。

二の鳥居(木製) 一の鳥居は通り過ぎちゃってます。



この時間だと人は少なめですね。

それでも無人にはならないけど~。



最初に祓社をお参りし、身心を祓い清めていただきます。



三の鳥居(鉄製)

去年は松並木の中を歩いている人がいましたが

今回はみんな両脇を歩いていました。



平成の大遷宮を記念しての石像が置かれたそうです。

いろんなところに出没します



この子のポーズとか表情、Uチャンに似てる



御自愛の御神像



ムスビの御神像



四の鳥居(銅製)



拝殿



八足門の奥に御本殿の屋根が見えます。



神楽殿

出雲大社の注連縄は他の神社とは逆方向に綯(な)われていて

理由は諸説あるが

出雲大社は西側にある海と関わりが深く、西が大切にされるからという説や

祀られている大国主神の神霊の力があまりにも強く

本殿から神霊が出ていかないようにしているのだという説もあるそうです。



神楽殿からもう少し行ったところに

先日高円宮女王殿下と婚約なさった

千家国麿禰宜がおられる千家国造館があったんですね~。

見に行けばよかったな。



国旗掲揚台

日本一大きな畳75畳分の国旗が掲げられるそうです



ここにも

マンホールには、この後行く日御碕灯台



神馬神牛像



この時点で8:15。

せっかく出雲大社に来たので御祈祷を受けたいのですが

受付が8:30~なので

ここで一旦出雲大社を離れ、後から再訪します。

面倒ですが他の神社のご朱印受付も8:30~なので

あまり早く行くとご朱印いただけないんですよね。



島根から出向している会社の人が

「景観を損ねないよう地味~なスタバができた」って言ってました



さすがにまだやってない





続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター