FC2ブログ
2020-06-25

20.6.20 高岡城跡・射水神社

最後に高岡古城公園へ。
P20911.jpg
今回は小竹藪に停めました。
P20912.jpg
三の丸茶屋で御城印をいただきました。
P20914.jpg
2枚セットで¥500(1枚は¥300)
で派手な御城印を見慣れてしまって
『えらいシンプルやな』という感想
13高岡城
高岡市立博物館
100名城スタンプを押させてもらいました。
御城印と同じ場所にあると便利なんですけどね。
入館無料だけどスルーしちゃった
P20921.jpg
時間外でも玄関先に出してくれるので押印できるみたいです
P20922.jpg
公園内を散策しながら移動。
P20917.jpg
公園として整備されているので
城跡らしい遺構はほとんど無い。
P20916.jpg
たぶん木に隠れて石垣があるんでしょうね。
P20915.jpg
動物園もあるんだ
P20918.jpg
ちょっとだけ石垣見えた。
P20919.jpg
射水神社
P20923.jpg
高岡城跡は明治時代には公園として開放されていたそうで
射水神社が二上山から高岡城跡に遷座したのが明治8年だそうです。
江戸時代の城跡に社殿を構える一宮は全国で当社のみです
P20924.jpg
御神木の八重の紅梅
の空洞また見逃してるね。
P20925.jpg
御祭神は二上神(ふたがみのかみ:瓊瓊杵尊)
天孫降臨の際、天照大御神は八咫鏡・八尺瓊勾玉・天叢雲剣の三種の神器に加え
高天原の稲穂を授けて地上で育てるよう事寄せられました

P20926.jpg
御朱印拝受しました。 6月の印は紫陽花
14射水神社
拝受しませんでしたが
境内外観の見開き御朱印もありました(書置きのみ)
cafeの古代米iceが気になったけど
おひとりさまが寂しくてスルー
P20927.jpg
朝陽の滝と聖観音
P20928.jpg
紫陽花は咲き始め
P20929.jpg
気になってたとこを参拝できて、大満足の1日でした
P20913.jpg

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-06-24

20.6.20 二上射水神社・慈尊院

津幡バイパスが近かったので、そのまま高岡へGO
二上射水神社(ふたがみいみずじんじゃ)へ。
こちらも前から気になってたんです。
P20887.jpg
鳥居右側を通り、この石仏群の横に駐車スペースあり。
参拝者誰もいなかったのには多め。
ご近所の方が停めてるのかな?
こちらのサイトに境内地図載ってます いこまいけ高岡
P20889.jpg
まっすぐな参道が気持ちいい。
見切れてますが、左側が御神木の三本杉。
春季例祭(築山行事)では三本杉の前に築山が築かれるそうです。
P20890.jpg
実際の犬っぽい狛犬
P20894.jpg
獅子は実在しないけど~
P20895.jpg
高岡古城公園にある射水神社の元宮になります。
P20893.jpg
二上山南麓にあり
二上山には院内社・悪王子社・日吉社・諏訪社があるそうです。
(いずれも射水神社の摂末社)
P20910.jpg
境内に登山口がありましたが蛇が出てきそうやった。
P20905.jpg
御祭神は二上大神(ふたがみのおおかみ)
二上大神は伊弥頭国造(いみづのくにのみやつこ)の祖神で
射水神社のサイトによると瓊瓊杵尊と同一神だそうです。
P20899.jpg
なかなかよい彫刻がぐるりと施されてました。
P20896.jpg
P20897.jpg
本殿は覆屋の中
P20902.jpg
御神像庫
P20900.jpg
木造男神坐像(重文)が安置されています。
いただいたパンフより
7二上射水神社パンフ
築山行事の時に公開となっていますが
正月と秋祭り(新嘗祭)の時にも公開されるそうです。
(あとで管理の方にお聞きしました)
P20901.jpg
二上資料館と築山収蔵庫
P20903.jpg
ガラス戸から覗いてみた。
甲冑を着た四天王(藁人形らしい)
祭壇と思ってた台が、そのまま築山でした。
P20904.jpg
天乃真名井 水はなかった。
P20892.jpg
築山資材庫
P20891.jpg
立派な社務所がありますが無人。
御朱印は射水神社で。
P20908.jpg
の写真を撮ってたら
「御朱印書きましょうか?」と声を掛けられました。
管理されてる方が、たまたま用事で来られたそうです。
「滅多に書かないんですよ~」と仰ってました。
lucky
男神像の印は声かけてくださった管理の方のお手製だそうです。
8二上射水神社
挟み紙のデザインもセンスある
9二上射水神社挟み紙
射水神社でいただける御朱印も
男神像の印が押されるようになりましたが
こちらの方が味わいがあって好き
現地ではもう授与していないのかと思ってたので嬉しすぎる
この後行った射水神社で拝受した御朱印
10二上射水神社
お隣には別当寺のひとつの慈尊院があります。
P20906.jpg
コロナ対策で直書きは無し。
通常のと、見開きの御朱印が各4種ずつ用意されていて
初穂料をお賽銭箱に入れるセルフ形式でした。
直書き希望の場合は事前連絡必要なようです。
P20907.jpg
御本尊の聖観音と
11慈尊院
高岡新西国霊場の千手観音の見開きを拝受しました。
12慈尊院
拝仏できるとよかったんですけどね。
次回こうご期待
千手観音は最初の石仏群の右端です。
P20888.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-31

20.3.15 射水神社・氣田神社

続いて高岡市に移動して射水神社へ。
高岡古城公園に入る道は一方通行なのですが
ナビに頼ると進入禁止の所に案内されて
グルグル迷うはめになり、ろくなことがない
今度から高岡大仏で設定しよっと。
16:30ごろ到着。
P220190.jpg
御神木の八重の紅梅 樹齢400年以上
幹の一部が空洞となっていて
その箇所がハート形に見えるそうですが、気づいてない
P220193.jpg
拝殿
御祭神は瓊瓊杵尊(二上神)
無いけど、御神紋は御鏡に稲穂
P220192.jpg
高岡銅器の吊燈籠
P220191.jpg
それにしても
越中国一宮はなんで4つもあるんですかね~。
加賀国一宮の白山比咩神社に伝わる『白山之記』(重文)では
こちらのことを「越中一宮」と記されているそうです。

御朱印拝受しました。
確か改元記念の御朱印から社号の揮毫が無くなったんですよね。
お花の印は月替わり。
7射水神社
今回も二上射水神社は参拝できなかったので
御朱印もまた今度。
高岡城跡の御城印は三の丸茶屋での取扱いだそうで
こちらもまた今度。

あんまり撮らなかったので2社纏めてってことで
最後に氣田神社へ。
P220195.jpg
社務所を通り過ぎたところにあります。
とやまの名水 気多神社の清泉
P220194.jpg
5時過ぎちゃったので先に社務所へ。
小窓を開けて
書置きの御朱印をセルフでいただくシステム。
まだ開いててよかったよ~
8氣多神社
雰囲気ある
P220196.jpg
P220198.jpg
P220199.jpg
拝殿
加賀藩3代藩主前田利常の祈願所であったため御神紋は梅鉢。
P220197.jpg
本殿(重文) 向拝長め
御祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)と
奴奈加波比売命(ぬなかわひめのみこと)
P220201.jpg
空海筆と伝わる一宮の扁額は本殿に掲げられてるんですかね。
見たかったな。
鎌倉時代の作と言われる寄木造りの狛犬は
御輿堂にいるそうです。
狛犬の他に歴代の獅子頭も保管されている。
P220202.jpg
ちなみにこちらは
越中国内で一宮を称する4社のうちで唯一
所在地名に「一宮」と言う銘号が入っているそうです。

大伴神社(大伴家持)
P220203.jpg
こちらで北陸3県の一宮全部回れた
そんでもって元伊勢籠神社の御朱印帳表面が詰まった。
いつもは裏面は書置き貼るんだけど
良い紙だったから裏面にも書いてもらうか悩み中。

つか降らなかったね

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-30

20.3.15 高瀬神社

続いて南砺市へ移動して高瀬神社へ。 15:20ごろ到着。 初訪です。
降ってきちゃいました。
P220176.jpg
藤井秀直翁之像
氏子の方々に愛され尊敬される宮司さんだったんでしょうね。
P220189.jpg
何?と思ったら、逆立ちした獅子だった
P220178.jpg
手水舎は外宮からのお下がり。
水鉢は新潟県只見川上流から運ばれた自然石で造られていて
高瀬遺跡で発掘された1200年前の建物の柱が入っています。
P220179.jpg
拝殿前に小川が流れていました。
P220186.jpg
拝殿
P220180.jpg
御祭神は大国主命・天活玉命・五十猛命
大国主命が北陸地方の平定を終えて出雲に戻る際に
御霊を留め置かれたのが始まりだと言われています
伊勢神宮以外では笏が祀られることを許された数少ない神社

P220185.jpg
井波彫刻の意匠が見事です
P220181.jpg
なでうさぎ
P220183.jpg
鈴緒にも
P220182.jpg
ヘタうま
P220184.jpg
功霊殿
砺波地区から出征された護国の英霊と
当地方開拓の功労者あわせて6,400余柱をお祀りしています
功霊殿本殿は当神社の旧本殿で
天保7年に建立された井波彫刻の粋を尽したものです

P220187.jpg
御朱印2種拝受しました。
6高瀬神社
公式FB2/16祈年祭での投稿写真
巫女さんのお召し物が素敵
10高瀬神社祈年祭
参拝者の皆様へ
当社は田んぼに囲まれた自然豊かな神社です
駐車場から境内、お守り授与所に至るまで
人混みになる場所はございません
また各所に消毒液も用意してあります
どうぞ安心してお参りくださいませ

P220188.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-29

20.3.15 立山博物館・雄山神社祈願殿

続いて祈願殿のお隣にある立山博物館へ。 12:30ごろ到着。 ¥300
P220147.jpg
残念ながら撮影禁止でした。
3F第1展示室はブナの森や立山のジオラマなどがありました。
2F第2展示室は立山信仰に関する展示
剱岳山頂から出土した平安時代の錫杖頭や
開山縁起に関する玉殿窟(たまどののいわや)や
胸に矢を射られた穴がある阿弥陀如来像や
立山地獄の閻魔王像など。
立山曼荼羅には立山連峰、来迎阿弥陀、立山地獄、開山縁起
布橋灌頂会の様子などが描かれています。
リーフレットより
9立山曼荼羅
購入した冊子を読んでたら
『毎月の月水や出産時の出血によって大地の神や水の神を穢すと考えられた女性たちは
血の池地獄に堕ちると考えられていました』と。
女性に生まれただけで地獄行き
そして子供を産まなかったら産まなかったで
永遠に竹の根っこを掘らされ続けるという矛盾。
しかもロウソクの芯て
掘れるわけないじゃん! イライラさせるのが狙いか!
酷すぎる
10石女地獄
大野市歴史博物館でパネル展示を見てから気になっていた
女人救済の儀式布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)のジオラマ
現代的に復元された布橋灌頂会の模様が上映されていました。
布橋の下を流れるうば堂川を三途の川に見立て
布橋はこの世(此岸)とあの世(彼岸)の境界と考えられていた
女性たちは白装束をまとい、目隠しをして布橋を渡り
うば堂内で念仏を唱え、再び布橋へ

こちらのキャプションを読むまでは
『霊山は女人禁制だから儀式に参加すれば登拝と同じ徳を積んだことになる』
的なものかと思ってましたが
無事に渡り切ると死後男性に生まれ変われる的なことが書かれていました。
結局女性のままでは極楽浄土へ連れてってもらえないのね

こちらの展示で1番気になったのが、うば尊
(うばの字は変換出てこないけど女偏に田が3つ)
おんば様と呼ばれているそうです。
片膝を立ててるのが渡来っぽい。
地獄の入口にいるって設定なので奪衣婆なのかな?
5うばそん
エントランスにいた霊獣クタベ
いま話題のアマビエ的なUMA
お尻に顔があるようにしか見えない
P220145.jpg
ミュージアムショップで布橋灌頂会の白装束目隠し女性の
フェルトマスコットを売ってて、ちょっと迷った。
うば尊だったら即買いだったんだけど

そんでもって雄山神社祈願殿へ。
P220148.jpg
狛犬さんたち、正面向いてます。
P220149.jpg
P220150.jpg
釼嶽社(須佐之男命)
P220154.jpg
立山若宮(天手力雄神:太刀尾天神剱岳神:本地不動明王)
雪国だから仕方ないんだけど、シートがねぇ
P220153.jpg
立山大宮(伊邪那岐神:立山権現雄山神:本地阿弥陀如来)
P220151.jpg
神秘社(造化三神:天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神)
P220152.jpg
立山開山御廟
佐伯有頼公(出家して慈興と号す)が83歳で入定された地と伝えられる
P220169.jpg
祈願殿
P220170.jpg
年始の参拝時に御朱印拝受したので今回はお参りのみ
P220172.jpg
本殿(といっていいのか?)はよく見えず。
もしかして覆屋かな?
P220171.jpg
折角なので閻魔堂近辺も散策。
途中の宿坊らしきところの石仏。
どちらさまか分からないけど味がある。
P220155.jpg
閻魔堂
P220163.jpg
中に入ってお参りできます
P220157.jpg
セルフ販売形式で牛王や御朱印(印刷)が置いてありました。
右は御朱印が個装されていた紙ですが、絵柄がステキ
4閻魔堂
石仏がたくさん。
P220162.jpg
P220161.jpg
P220158.jpg
布橋までまさかのシート
P220166.jpg
遥望館辺りから立山を遥拝
P220168.jpg
まんだら遊苑は12/1~3/31冬期休苑中。
多分やっててもスルーしたと思うけど
情報だと案外面白そう(失礼)

帰り際の入口に乗りつけるがいて目がテン
富山県民ってラインとか気にしない県民性なの?


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター