FC2ブログ
2020-03-31

20.3.15 射水神社・氣田神社

続いて高岡市に移動して射水神社へ。
高岡古城公園に入る道は一方通行なのですが
ナビに頼ると進入禁止の所に案内されて
グルグル迷うはめになり、ろくなことがない
今度から高岡大仏で設定しよっと。
16:30ごろ到着。
P220190.jpg
御神木の八重の紅梅 樹齢400年以上
幹の一部が空洞となっていて
その箇所がハート形に見えるそうですが、気づいてない
P220193.jpg
拝殿
御祭神は瓊瓊杵尊(二上神)
無いけど、御神紋は御鏡に稲穂
P220192.jpg
高岡銅器の吊燈籠
P220191.jpg
それにしても
越中国一宮はなんで4つもあるんですかね~。
加賀国一宮の白山比咩神社に伝わる『白山之記』(重文)では
こちらのことを「越中一宮」と記されているそうです。

御朱印拝受しました。
確か改元記念の御朱印から社号の揮毫が無くなったんですよね。
お花の印は月替わり。
7射水神社
今回も二上射水神社は参拝できなかったので
御朱印もまた今度。
高岡城跡の御城印は三の丸茶屋での取扱いだそうで
こちらもまた今度。

あんまり撮らなかったので2社纏めてってことで
最後に氣田神社へ。
P220195.jpg
社務所を通り過ぎたところにあります。
とやまの名水 気多神社の清泉
P220194.jpg
5時過ぎちゃったので先に社務所へ。
小窓を開けて
書置きの御朱印をセルフでいただくシステム。
まだ開いててよかったよ~
8氣多神社
雰囲気ある
P220196.jpg
P220198.jpg
P220199.jpg
拝殿
加賀藩3代藩主前田利常の祈願所であったため御神紋は梅鉢。
P220197.jpg
本殿(重文) 向拝長め
御祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)と
奴奈加波比売命(ぬなかわひめのみこと)
P220201.jpg
空海筆と伝わる一宮の扁額は本殿に掲げられてるんですかね。
見たかったな。
鎌倉時代の作と言われる寄木造りの狛犬は
御輿堂にいるそうです。
狛犬の他に歴代の獅子頭も保管されている。
P220202.jpg
ちなみにこちらは
越中国内で一宮を称する4社のうちで唯一
所在地名に「一宮」と言う銘号が入っているそうです。

大伴神社(大伴家持)
P220203.jpg
こちらで北陸3県の一宮全部回れた
そんでもって元伊勢籠神社の御朱印帳表面が詰まった。
いつもは裏面は書置き貼るんだけど
良い紙だったから裏面にも書いてもらうか悩み中。

つか降らなかったね

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-30

20.3.15 高瀬神社

続いて南砺市へ移動して高瀬神社へ。 15:20ごろ到着。 初訪です。
降ってきちゃいました。
P220176.jpg
藤井秀直翁之像
氏子の方々に愛され尊敬される宮司さんだったんでしょうね。
P220189.jpg
何?と思ったら、逆立ちした獅子だった
P220178.jpg
手水舎は外宮からのお下がり。
水鉢は新潟県只見川上流から運ばれた自然石で造られていて
高瀬遺跡で発掘された1200年前の建物の柱が入っています。
P220179.jpg
拝殿前に小川が流れていました。
P220186.jpg
拝殿
P220180.jpg
御祭神は大国主命・天活玉命・五十猛命
大国主命が北陸地方の平定を終えて出雲に戻る際に
御霊を留め置かれたのが始まりだと言われています
伊勢神宮以外では笏が祀られることを許された数少ない神社

P220185.jpg
井波彫刻の意匠が見事です
P220181.jpg
なでうさぎ
P220183.jpg
鈴緒にも
P220182.jpg
ヘタうま
P220184.jpg
功霊殿
砺波地区から出征された護国の英霊と
当地方開拓の功労者あわせて6,400余柱をお祀りしています
功霊殿本殿は当神社の旧本殿で
天保7年に建立された井波彫刻の粋を尽したものです

P220187.jpg
御朱印2種拝受しました。
6高瀬神社
公式FB2/16祈年祭での投稿写真
巫女さんのお召し物が素敵
10高瀬神社祈年祭
参拝者の皆様へ
当社は田んぼに囲まれた自然豊かな神社です
駐車場から境内、お守り授与所に至るまで
人混みになる場所はございません
また各所に消毒液も用意してあります
どうぞ安心してお参りくださいませ

P220188.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-29

20.3.15 立山博物館・雄山神社祈願殿

続いて祈願殿のお隣にある立山博物館へ。 12:30ごろ到着。 ¥300
P220147.jpg
残念ながら撮影禁止でした。
3F第1展示室はブナの森や立山のジオラマなどがありました。
2F第2展示室は立山信仰に関する展示
剱岳山頂から出土した平安時代の錫杖頭や
開山縁起に関する玉殿窟(たまどののいわや)や
胸に矢を射られた穴がある阿弥陀如来像や
立山地獄の閻魔王像など。
立山曼荼羅には立山連峰、来迎阿弥陀、立山地獄、開山縁起
布橋灌頂会の様子などが描かれています。
リーフレットより
9立山曼荼羅
購入した冊子を読んでたら
『毎月の月水や出産時の出血によって大地の神や水の神を穢すと考えられた女性たちは
血の池地獄に堕ちると考えられていました』と。
女性に生まれただけで地獄行き
そして子供を産まなかったら産まなかったで
永遠に竹の根っこを掘らされ続けるという矛盾。
しかもロウソクの芯て
掘れるわけないじゃん! イライラさせるのが狙いか!
酷すぎる
10石女地獄
大野市歴史博物館でパネル展示を見てから気になっていた
女人救済の儀式布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)のジオラマ
現代的に復元された布橋灌頂会の模様が上映されていました。
布橋の下を流れるうば堂川を三途の川に見立て
布橋はこの世(此岸)とあの世(彼岸)の境界と考えられていた
女性たちは白装束をまとい、目隠しをして布橋を渡り
うば堂内で念仏を唱え、再び布橋へ

こちらのキャプションを読むまでは
『霊山は女人禁制だから儀式に参加すれば登拝と同じ徳を積んだことになる』
的なものかと思ってましたが
無事に渡り切ると死後男性に生まれ変われる的なことが書かれていました。
結局女性のままでは極楽浄土へ連れてってもらえないのね

こちらの展示で1番気になったのが、うば尊
(うばの字は変換出てこないけど女偏に田が3つ)
おんば様と呼ばれているそうです。
片膝を立ててるのが渡来っぽい。
地獄の入口にいるって設定なので奪衣婆なのかな?
5うばそん
エントランスにいた霊獣クタベ
いま話題のアマビエ的なUMA
お尻に顔があるようにしか見えない
P220145.jpg
ミュージアムショップで布橋灌頂会の白装束目隠し女性の
フェルトマスコットを売ってて、ちょっと迷った。
うば尊だったら即買いだったんだけど

そんでもって雄山神社祈願殿へ。
P220148.jpg
狛犬さんたち、正面向いてます。
P220149.jpg
P220150.jpg
釼嶽社(須佐之男命)
P220154.jpg
立山若宮(天手力雄神:太刀尾天神剱岳神:本地不動明王)
雪国だから仕方ないんだけど、シートがねぇ
P220153.jpg
立山大宮(伊邪那岐神:立山権現雄山神:本地阿弥陀如来)
P220151.jpg
神秘社(造化三神:天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神)
P220152.jpg
立山開山御廟
佐伯有頼公(出家して慈興と号す)が83歳で入定された地と伝えられる
P220169.jpg
祈願殿
P220170.jpg
年始の参拝時に御朱印拝受したので今回はお参りのみ
P220172.jpg
本殿(といっていいのか?)はよく見えず。
もしかして覆屋かな?
P220171.jpg
折角なので閻魔堂近辺も散策。
途中の宿坊らしきところの石仏。
どちらさまか分からないけど味がある。
P220155.jpg
閻魔堂
P220163.jpg
中に入ってお参りできます
P220157.jpg
セルフ販売形式で牛王や御朱印(印刷)が置いてありました。
右は御朱印が個装されていた紙ですが、絵柄がステキ
4閻魔堂
石仏がたくさん。
P220162.jpg
P220161.jpg
P220158.jpg
布橋までまさかのシート
P220166.jpg
遥望館辺りから立山を遥拝
P220168.jpg
まんだら遊苑は12/1~3/31冬期休苑中。
多分やっててもスルーしたと思うけど
情報だと案外面白そう(失礼)

帰り際の入口に乗りつけるがいて目がテン
富山県民ってラインとか気にしない県民性なの?


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-28

20.3.15 雄山神社前立社壇・多賀宮

続いて富山に移動しまして雄山神社前立社壇へ。 11:30ごろ到着。
前回1/3は御朱印書置き対応だったのでリベンジです。
P220141.jpg
前回はお賽銭用の白いシートが張ってあって拝殿に近づけませんでしたが
今回は中でお参り出来ました
御祭神は伊邪那岐神と天手力雄神(あめのたぢからおのかみ)
P220135.jpg
中に狛犬がいたよ。
P220130.jpg
ちょっと痛々しい。
P220131.jpg
本殿(重文)は雪除けシートで見えず。
P220142.jpg
木製の鬼瓦って珍しいですね。
P220136.jpg
左から八幡宮・刀尾社(たちおしゃ)・稲荷社
P220132.jpg
湯立の釜
P220134.jpg
水量豊富
P220137.jpg
御朱印拝受しました。
2雄山神社
お隣の立山多賀宮も参拝
P220138.jpg
ちょっと鬱蒼とした感もあるけど、雰囲気悪くない。
P220139.jpg
検索しても、あまり情報がない
通称お多賀さん
御祭神は伊邪那岐神・伊邪那美命・天手力雄神、他二柱
立山開山後に雄山神社・多賀大社を勧請した模様
P220140.jpg
宮司さん不在で、書置きを拝受しました。
3多賀宮
このあと祈願殿へ向かう途中にある
地元のコンビニ立山サンダーバードへ。
P220143.jpg
月曜から夜ふかしでも紹介されたこちらのお店
なにがってサンドイッチ・おにぎりの種類が豊富過ぎなのよ
変わり種の中から鹿肉おにぎりをチョイス
なんかね、コンビーフの佃煮みたいな感じ?
鹿肉って言われなきゃわかんないです。
味付けは濃いめ。おにぎりの塩味もちょい濃いめ。
美味しかったです
P220175.jpg
富山ブラックコロッケサンドイッチも食べたけど
こちらもソース濃いめでソースの味しかしなくて
コロッケに何が入ってるのか食べても分からなかった
イカスミで黒くしてるらしい。
濃い味なのは登山する人用なのかな?


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-01-25

20.1.3 雄山神社

続いて富山へ移動
道中、またがでてたよ。
色鮮やかでクッキリなダブルレインボーだった。
最近よく虹に遭遇するね。
そんだけ降ってるってことか。
G_9408.jpg
雄山神社前立社壇へ。 14:40ごろ到着。
住所、岩峅寺は「いわくらじ」と読むんですね。
「峅」と言う文字には「神様の降り立つ場所」の意味があるそうです。
磐座と同じような意味合いかな。

常願寺川の河川敷に停めました。
大きな熊手
P210322.jpg
表神門
この三角のは何ですかね?
大雪降った時の参道確保?
P210323.jpg
東神門
本殿の両脇に鳥居と神門があるのが前立社壇の特徴の1つらしい。
P210325.jpg
拝殿 中は結構近代的
御祭神は伊邪那岐神(立山大権現雄山神:本地 阿弥陀如来)と
天手力雄神(刀尾天神剱岳神:本地 不動明王)
P210326.jpg
寄り添ってる感じがすごくいいんだけど
女の子が小判を手放さんのよ
P210324.jpg
御朱印は1/7まで書置き対応でした。
P210346.jpg
それから中宮祈願殿へ。 15:20ごろ到着。
路駐しちゃった
こちらは芦峅寺 「あしくらじ」と読むそうです。
P210327.jpg
前立社壇とは雰囲気違いますね。
P210328.jpg
峰本社にも行ってみたいんだけど、行けるかな~
P210329.jpg
宝童社と神明社
P210330.jpg
こちらは説明書きがなかったんだけど
金太郎でよかろうか?
熊が亀っぽいの踏んづけながら笑ろてるし
金太郎(仮)の手が
P210342.jpg
な~んて現地では話してましたが
どうも開山の佐伯有頼と熊と白鷹っぽい 弓を引いてる?

立山大宮
P210340.jpg
樹齢約500年の杉木立が厳粛な雰囲気
P210333.jpg
大宮(伊邪那岐神)と、写真無いけど若宮(天手力雄神)が
本殿にあたるみたいです。
P210336.jpg
祈願殿(拝殿)
P210332.jpg
お賽銭箱に「祈祷・御朱印受付は15:30まで」の貼紙があり
時間確認したら15:29だったので慌てましたが
無事御朱印拝受できました
P210347.jpg
この時点で15:50
時間ギリギリになっちゃいそうなので
高瀬神社はまた次の機会に。
今思えば、時間余ったんなら
立山博物館に寄ってみてもよかったかな。
と思ったら12/29~1/4休館だった。

前立社壇の御朱印リベンジしたいし
博物館も覗いてみたいし
大野市歴史博物館で気になった布橋灌頂のことも知りたいし
この辺りは再訪したいですね

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター