2018-03-23

18.3.18 甘露寺・菌類画の世界展

それから匂いに名前に誘われて甘露寺へ。
G_7615.jpg
鳳凰と天女、上のほうには天満宮的な梅の紋もありました。
G_7614.jpg
撮り忘れたけど
本堂の屋根には平等院鳳凰堂みたいな金ピカ鳳凰がいました。
G_7616.jpg
せいし丸さまとは法然上人の幼名だそうです。
G_7617.jpg
如意輪風に頬に手を添えたお地蔵様
G_7619.jpg
愛嬌ある狛犬
G_7620.jpg
御朱印をお願いしたら、こちらでも本堂を開けてくださいました
Kさん曰く
「御朱印5冊お願いしたから
時間が掛かるから開けてくれたんじゃないか?
1人やったらこうはいかんやろ。」と。
確かに
その推理、当たってると思います
G_7621.jpg
往生浄土見尊體って書いてあるのかな?
G_7618.jpg
中に入って、美しすぎてビックリ
撮影許可いただきました)
G_7625.jpg
阿弥陀三尊の光背が黄色いガラスで出来てるんです。
ガラスの光背って珍しいですよね。
その後ろに丸い窓があり、西日が差すととてもキレイなんだそうですが
残念ながらで、その光景は拝めませんでした
その窓もブラインド的なものが自動で開閉するんですよ
丸柱の上部には雲中供養菩薩像的な像もあります。

左側丸柱の奥におられる仏像
(阿弥陀様だったか?聞いたけど忘れちゃった
ものすごく腰をくねっていて
無理な体勢なのにニッコリ微笑んでらっしゃるのよ

そして御本尊と向かい合うように涅槃図が飾られています。
90歳越えのご住職は元仏教大学の教授だそうで
中国へ研修旅行に行かれた時に見つけて
売り物じゃないのに交渉して買い求めたんだそうです。
写真では分かりづらいですが
周りには嘆き悲しんでいる僧侶たちが描かれています。
北枕で右を下にして寝られて
西方の極楽浄土に阿弥陀様がおられるように配しているんだそうです。
G_7622.jpg
四方の壁にも中国の画家さんの仏画があり
柔らかなタッチとパステル調の色彩が和みます
角には四神像
G_7623.jpg
壁画は壁に直接描かれたのではなく
紙に描いたものを板に貼り付けて、それを壁に貼っているので
絵自体は大丈夫でしたが
中の壁は震災でボロボロになっているんだそうです。

内陣の床には真珠の粉で描かれた蓮の花びらが。
散華みたい
G_7624.jpg
床にひかれた絨毯も蓮の花をデザインした特注だそうで
中国の有名な工場で作らせて
本堂にひく時に中国の職人さんを3週間?だったか呼び寄せたそうです。

丸柱も折上げ格天井も内陣だけじゃなく本堂全体に施されていて
とにかくこだわって造られているようでした。
ふらりと立ち寄ったお寺さんで本堂に上げていただいて
なんかすごいの見せていただけてラッキーでした

御住職が書いてくださった御朱印
お菓子もいただいちゃいました
P130526.jpg
こちらで時間切れ~。
この日の御朱印巡りはおしまい。
KさんにJR尼崎駅まで送っていただきました
尼崎17:38→18:14京都

美術館「えき」KYOTO
ニナミカさんの写真展をやってるはずと立ち寄ったのですが
行ってみたら小林 路子 菌類画の世界
『アレ?3/10~ニナミカさんじゃなかったか??』と確認してみたら
3/10~は前売券の発売日やった
あぁ、勘違い
折角来たし、きのこも好きなんで拝観
G_7631.jpg
ボタニカルアートのキノコ版って感じ。
めっちゃ精密に描かれてます。
(拾い画像
キシメジ
キノコに紛れてリスやクマなんかも挿絵で描かれてるのが可愛いの
オブジェも少し。
菌類画の世界展示
キノコの種類と、どこで描いたかが
作者さんの言葉でキャプションに書かれていてほっこり

ショップでは布製キーホルダーとか、アクセサリーとか、トートバッグとか
物欲をくすぐるものが置いてあって
めっちゃ悩んで3周ぐらいしたけど
高かったので止めといた。
うち、よくガマンした! えらい!

で、感化されて
待ち時間にミスドできのこ味わう白湯麺を食べる
G_7637.jpg
京都20:01→21:12長浜21:15→21:45新疋田
G_7634.jpg

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-03-22

18.3.18 善通寺・大覚寺

寺町のメインストリートは
G_7627.jpg
尼っ子リンリン・ロードっていうみたいです
G_7626.jpg
レンガの塀が続いてました。
G_7597.jpg
案内板を見て、1番近くの善通寺へ。
G_7596.jpg
時宗っていう宗派もあるんですね。
知らなかった
G_7598.jpg
お供えのお花がコニファーみたい
G_7601.jpg
G_7600.jpg
御朱印をお願いしてる間に本堂を開けてくださいました
屋根が2段になってるのが変わってますね。
G_7602.jpg
欄間の天女が立体的で見事でした。
格天井には花の絵が描かれていました。
「タッチが違う」と知ったかを披露

内陣の天井画だったと思われる雲龍図が額装されてました。
外陣の鳳凰の天井画は残っていましたが随分と傷んでいました。
今サイト拝見したら阪神大震災で被災したそうです

いただいた御朱印がこちら。
香炉の印が素敵
散華もいただいちゃいました
P130525.jpg
それから大覚寺へ。
何宗か分からないけど、本山と書かれていました。
現存する尼崎最古の古刹だそうで、由緒ある五本線のお寺さんです。
香道の看板も出てました。
G_7604.jpg
広々とした境内。
中央は茅渟殿(ちぬでん:能舞台)
左奥が本堂
御本尊は十一面千手観世音菩薩様だそうですが
中は拝見できませんでした。
右は聖天堂
G_7613.jpg
僧形文殊菩薩って珍しいね。
覗いたら確かに僧侶の像だった。
G_7605.jpg
薬師堂
G_7612.jpg
祇園祭の芦刈山でモデルになっている世阿弥の能楽『芦刈』は
尼崎と縁があるそうです。
G_7606.jpg
歓喜天には大根の彫刻。
二股大根ってついつい擬人化して見ちゃうね
G_7610.jpg
貴船石(紫)と鞍馬石(褐色)の滝
G_7609.jpg
七福神めぐりの弁天堂は裏側にありました。
G_7611.jpg
お留守のようで、御朱印はいただけませんでした。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-03-21

18.3.18 尼崎えびす神社

Kさんに乗せてもらって尼崎えびす神社へ。
参道が細長い公園になってました。
G_7578.jpg
尼のえべっさんと親しまれているようです。
なんか寄り添ってる
G_7595.jpg
ゆるすぎる
G_7581.jpg
立派な社殿です。
G_7589.jpg
G_7588.jpg
G_7591.jpg
月像石(つきいし)
巫女さんのblogによると
「ついてる、ついてる、あー私ってついてるわぁー」
と口に出しながら触ると
自分の言霊が自分の耳へと入り
脳はその気になって一日、ルンルンするんだそうですよ
G_7584.jpg
近くの商店街は
開幕と同時にマジック点灯式をすることで有名らしい。
「私(興味がないから)野球見たことない」と言ったら
映らないの?」と
冗談だか本気で言ってるのか分からないツッコミを受けました
G_7585.jpg
授与所の屋根にえびす様
G_7587.jpg
下には干支のタイル
狆がかわいい
G_7586.jpg
特定の書き手さん(巫女さん)がおられる時だけ
絵入り御朱印がいただけるとのことで
無事えびす様の絵入りでいただけました
左上の印は鳥井と、弥生月限定のおひな様と2種あったので
おひな様のほうにしました。
P130523.jpg
久々に二宮金次郎見た。
ネックレスしてるのか?と近づいてみたら
10円玉(お賽銭?)だった
G_7592.jpg
七福神巡りがあると教えていただいたので
7つは回れないけど、寺町を散策してみることにしました。
G_7583.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-03-20

18.3.18 中山寺2

梅林があるんですって。
G_7522.jpg
満開でした
G_7527.jpg
こんなよい被写体があるときに限って
G_7525.jpg
バッテリー入れ忘れという痛恨のミス
G_7532.jpg
広場になったとこに観音様がおられたのですが
この『ちょっと待てぃや』の手は何を表してるんだろう…
G_7530.jpg
ピントがズレたのでスクエアにトリミングしてみた
G_7534.jpg
2色になってるのもあったよ。
G_7537.jpg
G_7538.jpg
「黄色い梅もある」と近づいたら違った
この時は「ミモザ?」とか言ってたけど、サンシュユっぽい。
黄色い花の木はみんなミモザにしちゃう
G_7540.jpg
お水取りの時の花ごしらえのみたい
G_7542.jpg
いい天気で気持ちよかったです
G_7544.jpg
閻魔堂と
G_7573.jpg
西国札所の宝印が納められていたとされる
石の唐櫃(からと:白鳥塚古墳)をチラ見して
G_7574.jpg
G_7575.jpg
境内にある梵天さんでランチ
蓮ごはんセット ¥900
G_7577.jpg
中山寺名物だそうで
蓮根・ぎんなん・油揚げなどが入っていて
中華ちまきみたいな感じでした
皆さん「薬膳みたいなにおい」と言ってましたが
私は鼻がバカになってるのか気にならなかったです。
G_7576.jpg
いろいろとお土産をいただいちゃいました
私からは何もなくて申し訳ない
P130522.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-03-19

18.3.18 中山寺

3/18は西国月参りで宝塚市の中山寺へ。
JR新疋田6:12→8:06大阪8:15→8:46中山寺 徒歩約10分
マンホールは宝塚市の花スミレと
音楽と文化の街のロゴマークの鐘だそうです。
スズランかと思った。
G_7502.jpg
この写真を撮る時に
にバッテリー入れ忘れてることに気付く。
ただのお荷物

9:10に到着~。
これ以上下がれないので全景撮れず。
G_7505.jpg
参道はお花で華やいでました。
2015年7月に参拝したときは芙蓉だったし
植木鉢なので季節ごとに入れ替えているんだろうな。
サンシュユ
G_7507.jpg
なんたら椿
G_7510.jpg
リュウキュウアセビ
G_7513.jpg
今回の法要は整理券方式だったので、まずは整理券をいただきに。
昨年再建された青い五重塔。
前回は工事中だったんだと思うけど
それすら全然記憶にないっていう
G_7515.jpg
それから御朱印の列へ。
結構並んでたので10時からの法要に間に合うか?と思いましたが
書き手さん10人体制だったそうで、何とか間に合いました

お隣の方が
緑色の八角形の紙に書かれた御朱印を受け取られていたので
「それは何ですか?」とお聞きしたら
先達さんのみいただける御朱印なんだそうです。
検索してみたら
先達申請すると2巡目用に専用軸装納経帳をいただけるのですが
お軸を掛けられるお家が少なくなっている現状に対応して
散華を貼る台紙のように八角形の御朱印を貼る
西国観音曼荼羅という形式も併設されたみたいです。

9:45に本堂へ。
9:30~着席できたので、皆さん既にお揃いです。
椅子が用意されていて、整理券の番号と同じ席に着席するので
混乱することもなく、良い方法だなと思いました
G_7549.jpg
100番までが本堂内外陣、それ以降は外の縁側でした。
私は117番で、縁側席の1列目でした。
G_7519.jpg
扉や柱に阻まれて法要の様子は見えませんでしたが
マイクを使われていたようでお経は良く聞こえました。
勉強不足で、知らないテンポの速いお経でしたが
最後の観音経だけは一緒に読経できました。
天井画がきれいだったので遠慮がちに
G_7517.jpg
法話では
「観音様は慈悲を持って皆さんを救っくださるので
今日の法要で皆さんが一緒に観音経を大きな声で お唱えされた
その声を聞いて他の札所の観音様も集まって来られたと思います」
「平安初期作の御本尊は詳しく調査していない。
国宝とかに指定されたらお参りすることも難しくなるから。」
みたいなことを仰ってました。
G_7547.jpg
今日3/19はもんの三回忌でした。
月参りの法要は意味合いが違いますが
勝手にもんの法要のつもりで参列してました。

法要後にKさんと、Kさんのお友達と合流。
聞いたところによると
法要前は撮影OKだったんだそうです。
出遅れた
Kさんのお友達からのいただき画像
腕が細くて長くて、腰もキュっと締まってます。
お顔は丸顔。
G_7630.jpg
いただいた御朱印と、トンボ玉と、栞
P130521.jpg
本堂の裏側
G_7556.jpg
仏様の額が掛けられていました。
G_7555.jpg
お地蔵さまと椿
G_7552.jpg
五重塔も開扉されてました(覗くだけで中には入れません)
青龍塔という名前で
四神説で智恵と東方を表した青龍をイメージしてるそうです。
G_7569.jpg
宝珠と、ろうそく?と、座布団?
G_7562.jpg
シンメトリー
G_7567.jpg
バッタ発見
G_7565.jpg
授与所の方にお聞きしたら
人間だけでなくいろいろな生き物が共存しているという思いをこめて
遊び心で置かれているそうです。
G_7571.jpg
私はバッタしか見つけられませんでしたが
またまたお友達からのいただき画像のカブトムシと
G_7628.jpg
タコかな?
G_7629.jpg


たくさん写真撮ったので続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター