2017-08-03

17.7.23 大乗寺

最後に金沢へ戻りまして大乗寺へ。
P110040.jpg
P110041.jpg
山門
P110042.jpg
仁王像を写真撮ってたら、横に撮影禁止の貼紙が。
外も撮影禁止なんですね。
ゴメンなさい、撮っちゃったよ
P110043.jpg
P110044.jpg
仏殿
木に隠れていますが、こちらにも貼紙あったのに
中を撮影してるずうずうしいオバちゃんが
P110045.jpg
拝観時間が短い中、御住職がお話してくださいました。
御住職はさすがに「開山かいさん」って言ってたわ

加賀禅定道の『にちょうとぎ』というところに
『御佛供水(おぶくすい)』という湧き水があり
大乗寺の井戸につながっていると伝えられているそうです。
位牌が納められてるお堂(開山堂?)の横に井戸があり、拝見しましたが
ふた閉まってるし、まぁ普通の井戸でした。

さっきのずうずうしいオバちゃん
仏殿の中でも写真撮ってたし
撮影禁止の貼紙の前で撮影してるその神経が理解不能
近くにいた観光連盟の人も注意しないのね。
マナー悪いとツアーの行程に入れてもらえなくなるよ
聞こえよがしに「日本語分からんのや」って言ってやりました

最後に白山社(といっても小さな祠だけ)を拝見して終了~。
P110046.jpg
通常は御朱印いただけるのですが
書き手さんが1人しかいなくて
皆さんの分を書く時間がないとのことで
いただけませんでした。
P110047.jpg
ツアー解散後、お友達と夜ごはん
solo
夜はアルコール注文しないと入店断られるみたい。
友達が飲めるから良かった。
P110048.jpg
鶏肉のなんとか。
これめっちゃ美味しかった
パスタとピザも食べたけど撮り忘れ
P110049.jpg
石川方面また開拓したいな~
の中で添乗員さんが言ってた
岩壁に大きな不動明王が彫ってあるお寺(一閑寺)と
検索しても出てこないので聞き間違いかもしれないけど
菊理媛神社ってまんまな名前の神社があるって言ってたと思うので
そこに行ってみたいな。

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-08-02

17.7.23 下山仏社・林西寺

この後は再訪のところなので、さらっと。
尾添(おぞう)白山下山仏社
P110033.jpg
今回学芸員さんがおられたからか、管理人さんがおられなくて
金庫開けてもらえませんでした
P110030.jpg
P110031.jpg
この銅板は初見かな?
P110029.jpg
このツアーにはNHK金沢の取材が同行していたのですが
インタビューされちゃったよ
この日の夕方放送されたらしい。
気の利いたこと言えなかったし、恥ずかしい~
他の人にもインタビューしたならカットされたかもしれないけど
うちだっけっぽかったし。
誰も見てえんといてくれ~
P110028.jpg
舞い上がっちゃって、この石碑の説明吹っ飛んじゃった
P110032.jpg
お昼は一里野温泉スキー場真ん前のレストラン牛王印
ミニ報恩講料理をいただきました。
堅豆腐初めて食べました。
P110034.jpg
こちらの家に代々伝わる白山牛王印を見せてもらいました。
高野山から派遣されていた宝代坊という行者が
この家に借り住まいをし、白山大権現守護所として
白山登山の無事安隠と家内息才延命のために守り札を発行しました。

ほんまもんは文化財のため見るだけですが
レプリカを押させてもらいました。
外側の宝珠の形が白で、中の鍋みたいなのが山で、白山だそうです。
P110036.jpg
それから林西寺へ。
P110037.jpg
下山仏たちに再会できました~
写真使いまわし
G_6451.jpg
お話はほぼ同じだったので割愛しますが、1つだけ
白山開山1300年の開山は
皆さん山開きと混同して「かいざん」と読んでいますが
宗教が開かれることなので「かいさん」と読むそうです。
うちずっと間違えてた~
P110038.jpg
御朱印いただきました。
見本では無量光山の墨書きもありました。
P110052.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-08-01

17.7.23 白山比咩神社

7/23は金沢のチワ友さんと一緒に、白山市観光連盟主催の
白山比咩神社と白山下山仏特別鑑賞バスツアー
に参加してきました。
こちら昼食付きのツアー代が¥4,500と良心的
市から補助が出てるのかな?
5回開催されるのですが、全て満員御礼だそうです

5/28に参加した平泉寺白山神社と下山仏ツアーと
もろかぶり
行程表をちゃんと見てなかったのがいけないんですが
5/28のは福井の観光連盟主催だから
行くところも福井県内だと思ってました
でもまぁ、初訪のところもあるし、¥4,500だし

友達迎えに行って、野々市駅近くの¥300に停めて
JRで金沢駅まで¥200
この日は1日中雨でした

9:30金沢駅出発 最初に白山比咩神社へ。
P110014.jpg
石碑の字は東郷平八郎という人が書かれたそうです。
P110015.jpg
P110016.jpg
杉とケヤキがくっついて生えてるから
縁結びのパワースポットだそうです。
P110017.jpg
雨だったので、前来た時より琵琶滝水量UP
P110018.jpg
御神木の老スギ
P110019.jpg
こちらのお水は飲めるそうです。
P110020.jpg
添乗員さんが
「ただの軟水じゃない。超軟水です。」と仰ってました。
P110022.jpg
奥宮登拝はムリめなので、遥拝所でお参り
P110025.jpg
P110026.jpg
P110027.jpg
拝殿
御祭神は白山比咩大神(菊理媛神)・伊邪那岐神・伊邪那美神
創建は崇神天皇の時、紀元前91年
現在の本宮の北にある舟岡山(石川県白山市八幡町)に
神地を定めたのが創建とされています。
白山開山1300年だけど、それより古い
2008年に御鎮座2100年式年大祭があったそうです。
P110024.jpg
宝物館も拝観
撮影NGなのでHPより
チケットの写真にもなっている狛犬は伝・運慶作
狛犬1
狛犬2
白山三社神像
センターが白山妙理権現(上の梵字が十一面観音)
左が三宮姫(千手観音)、右が剣明神(大日如来)
白山三社神像
添乗員さんの説明では
「中央が菊理媛」とのことだったので
「伊邪那美じゃないんですか?」とお聞きしたら
「いろいろあるんですが、こちらでは菊理媛といわれています」
とのことでした。
白山三社神像と白山三所権現とは違うみたいですね。
ややこしや~

8/9は旧暦の6/18で
1300年前に泰澄大師が白山を開山したとされる日にあたるため
8/9~11に記念の大祭を開催。
8/9~20は通常非公開の国宝の剣『吉光』など
重要文化財の特別公開があります。

7/15に白山開山1300年記念の御朱印帳が出されました。
白峰地域に伝わる県無形文化財の絹織物『牛首紬(うしくびつむぎ)』を表紙に使った
桐箱入りの高級品 ¥5,000
でもまぁ、伝統工芸作家さんに対する正当な対価なのかもね。
食ってけなかったら継いでくれる人がいなくなっちゃうもんね。
ちょっと悩んだんだけど(悩んだんかいっ
今年だけじゃなくて継続して販売されるとのことなので
今回は見送りました。
御朱印帳
記念印はやっぱ無いのね
P110050.jpg
三馬場めぐりスタンプラリーが全部集まったので
P110053.jpg
記念品のクリアファイルをいただきました
P110051.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-06-01

17.5.28 尾添白山社(朱印なし)

最後に尾添(おぞう)白山社へ。
こちらは加賀禅定道になります。
P100666.jpg
山麓の檜新宮(ひのしんぐう)に祀られていた仏像9体と半鐘1点が
白山から下ろされて現在こちらに安置されています。
P100668.jpg
通常非公開で、正月三が日と7/18の一里野白山まつりの時のみ御開帳されるそうです。
P100670.jpg
半鐘っていうのはお堂の左に掛かってるやつだと思います。
金庫が見える
P100671.jpg
金庫の中には銅造の観音菩薩坐像がおられました。
厨子側面に由緒が刻んであり
『安正観音』と呼ばれ渡来仏として信仰されていたそうです。
P100675.jpg
像高19cm
頭部は鎌倉時代の十一面観音像の頭上面(菩薩面)
体部と蓮華座は江戸中期頃のもので頭部と接いでいるそうです。
飛騨の老女に盗まれ、首だけが帰ってきたので
胴体と台座が復元されたとの口伝えが残っているそうです。

ガラスケース入りでうまく撮れませんでしたが
こちらは木造の阿弥陀如来立像
同行してた学芸員さんがさんが「限りなく快慶作に近い」
(快慶作だろう)と仰ってました。
袈裟の衣文処理などから快慶晩年の作(に近い)
尾添
蓮台裏面に『錦小路本尊也 阿念』と墨書きがあり
京都錦小路の某寺の御本尊だったものが
檜新宮に移座されたようですが、経緯は不明。

損傷が激しく、今まで修復もされていないようなので
もし修復されたら、その時の調査で
いろいろと分かることがあるのでは?とのことでした。

平安後期作の木造地蔵菩薩立像
(後ろは説明がなかったので年代不明)
P100673.jpg
木造十一面観音坐像
P100677.jpg
他には・銅造地蔵菩薩立像・銅打出不動明王立像・銅打出金剛童子像

灯籠の模様は白山三山かな?
P100682.jpg
白山市立博物館で10/21~11/26に『白山下山仏と加賀禅定道』という特別展があり
そちらに出展されるそうです。 (林西寺の協力も得る予定)
P100681.jpg
17:30福井駅着予定でしたが、ちょっとだけオーバーして
17:40頃解散になりました。
充実した1日でした~

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-05-31

17.5.28 林西寺・白峰八坂神社

続いて、白峰の林西寺へ。
P100649.jpg
白峰はかつては越前国大野郡牛首村といって越前領でした。
なのでこちらは越前禅定道にあります。
藤原仲麻呂(恵美押勝)が都から落ちて
泰澄大師が造った草庵に住み着いた
とお寺では伝わっているようですが諸説あるみたいです。
P100643.jpg
神仏分離で白山山頂から下ろされた仏像のうちの8体を
林西寺さんが下山費を政府に献納して引き取ったそうです。
P100639.jpg
そんな貴重な仏像を白山本地堂でいつでも拝見できます
庫裏へ申込み 拝観料¥400
P100646.jpg
P100642.jpg
撮影禁止のため拾い画像
G_6451.jpg
センターは大御前本地仏の銅造十一面観音坐像
笑ってもなく、怒ってもなく、無な表情がいい
良い言葉が浮かびませんが、なんていうか
銅造だとアンドロイド的な美しさ。
109cm 207kg
分割できるとはいえ
これだけのものを下山させるのは相当苦労したと思います。
十一面観音
別山本地仏の銅造聖観音菩薩坐像
聖観音
大汝峰奥之院本地仏の銅造阿弥陀如来坐像
阿弥陀如来
重文に指定されている室堂安置の銅造十一面観音立像
11世紀後半の数少ない貴重な金銅仏
平安後期の定朝様をよく表現している
頭上面は欠損

林西寺下山仏2
六道辻地蔵堂安置の銅造地蔵菩薩坐像
火災にあったようで背面が被熱で損傷しているそうです。
地蔵菩薩
他には、市ノ瀬薬師堂安置の木造薬師如来坐像
温泉にお薬師さんは定番と最近知りました。

檜木の宿安置の木造釈迦如来立像
随分損傷していて上半身しかありません。
下山仏の中で泰澄大師作と伝わるのはこれだけだそうです。

この日は本堂で法要がありました。
P100641.jpg
室堂安置の木造泰澄坐像は本堂におられました。
P100640.jpg
泰澄大師
本堂は永平寺の大工さん玄之(くろの)一門が建てたそうで
欄間の彫刻が見事でした
拾い画像 龍が宝塔持ってます。
林西寺欄間
ご住職が少しお話をしてくださいました。
「福井の人は平泉寺は一向一揆でやられたと思ってるようだけど
平泉寺はそれくらいでダメになるようなもんじゃない。
神仏分離のせいで衰退したんや」と仰ってました。
P100645.jpg
現在こちらは真宗大谷派ですが
御朱印いただけました(スタンプでした)
法要の受付には見本が3種類ありました。
P100688.jpg
それからお隣の白峰八坂神社へ。
P100650.jpg
いい感じの手水
P100652.jpg
拝殿奥の壁がなくて、本殿と繋がってます。
P100653.jpg
照明が変わってて面白い
P100659.jpg
泰澄大師が牛頭天王(素盞鳴命:本地仏薬師如来)を祀ったのが始まり。
本殿の扉は5/3、9/13、9月第2土曜日(天領相撲)、年末年始にご開帳されるそうです。
扉の社紋?が可愛い
転法輪とくろゆりだそうです。
P100661.jpg
四神の大幡
P100654.jpg
P100657.jpg
両脇に薬師如来を守護する十二神将が祀られています。
茶色っぽい8体が平安前期作で
黒っぽい4体が近世の補作だそうです。
腕がクリオネみたい
P100658.jpg
ガラス越しなので映り込みが
P100660.jpg
天領相撲発祥の地の碑
P100665.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター