FC2ブログ
2019-08-22

19.8.18 白山比咩神社

8/18お盆休み最終日は家族サービスデー
おっかと連れてランチの後白山比咩神社へ。
こちらはNGなので、母と交代で参拝のため
今回は北参道から。
P190038.jpg
白山霊水
P190039.jpg
飲むのは煮沸してから。
P190040.jpg
う~ん… どう楽しめばいいのか分からん。
P190041.jpg
手水舎
P190042.jpg
神門は工事中
P190043.jpg
相変わらず窮屈そうな神馬
P190044.jpg
創建は紀元前91年だって。
壮大な歴史もスゴイけど
それが記録に残ってるってこともスゴイよね。
P190045.jpg
胸板厚い系
P190046.jpg
ムキムキやん
P190047.jpg
令和の霊水は備え付けのコップで飲むことができました。
P190048.jpg
奥宮の次のページに御朱印拝受しました。
白山開山1300年の時でさえ通常御朱印だったのに
改元奉祝の金印が押されてる(奥宮と同じの)
P190050.jpg
宝物館も開館してる時間帯でしたが
おっかとが待ってるので拝観できず。
の下に河濯尊(かはすそん)大権現堂がありました。
P190034.jpg
検索によると瀬織津姫(せおりつひめ:神道の大祓詞に登場する神)だそう。
P190035.jpg
伝 泰澄大師作とあるけど
P190033.jpg
この女神と思われる石仏のこと?
P190036.jpg
今度来た時は鶴来の街並み散策もしてみたい。
天狗ハムやさんのコロッケ食べたい

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-08-14

19.8.11 白山登山2

足の付け根が痛くなって、思うように足が上がらず
半ベソで延命水に到着したのが10:20ごろ。
チョロチョロしか出てませんでしたが
お仲間が汲んでくれて飲めました
それだけじゃなくて
アメチャンもらったり、チョコもらったり、絆創膏もらったり
至れり尽くせりで、惚れてまうやろ~
G_9094.jpg
すぐ近くのはずの黒ボコ岩(2,320m)に到着したのが10:40ごろ。
甚之助避難小屋から黒ボコ岩まで
パンフのコースタイムでは1時間10分になってますが
2時間掛かってます
G_9095.jpg
弥陀ヶ原(2,320m)
ずっとこんなだったら楽なんだろうけど
そんなだったらいつまで経っても山頂にたどり着かないよね
エコーラインとの合流地点辺りから、またまた岩道です。
G_9096.jpg
体力の限界を感じ、山頂は諦めて
「室堂まで自力で行って室堂で待ってるで先に行って」
とお仲間に言ったのですが
室堂のちょっと手前で待っててくれてた。
涙ちょちょ切れだよぉ

休憩していたら、一瞬でしたが
茶色くて細長い小動物がハイマツの中に入っていくのが見えました。
「オコジョ! なわけないか」
「ヤマネじゃないか?」と話してたのですが
今ヤマネを検索したら
目撃した動物はもっと細長かったので
やっぱりオコジョ?

11:40ごろ室堂(2,450m)に到着
黒ボコ岩から室堂まで900m・30分らしいですが
50分かかってます。
P180870.jpg
忘れないうちに売店で山バッジを購入
検索で見かけたデザインとは違いましたが
6種類あって
ハクサンコザクラとクロユリのデザインされたものにしました。
山バッジって毎年デザイン変わるのかな?
P180885.jpg
室堂では食事もできますが、食欲なく
冷たいシュワシュワが飲みたくてペプシ購入 ¥400なり~

室堂ビジターセンターを通り抜けると白山奥宮祈祷殿
G_9097.jpg
歩いてたらカップヌードルのいい匂いがした
P180876.jpg
右側にお厨子に入った
小さめの十一面観音立像がお祀りされてました。
金鋼仏だったから、どこかのお堂に祀られていた仏様かも?
P180875.jpg
こちらで御朱印を拝受しました。
検索では墨書きが2種あり
指定しなければ『霊峰白山』で、もう1つは『白山奥宮』
そして印が4種あるが、1人1体のみ授与できると。
拾い画像
G_8960.jpg
でも御朱印帳を2冊持っていけば1体ずついただけるとの情報もあり
『2番と4番がいいな』とか考えながら選抜した御朱印帳は
白山開山1300年の時のクイズラリーで当選した御朱印帳
発送されたのが12月だったので
「もう1300年終わっちゃうじゃん」と寝かせてあったのですが
白山の御朱印をいただくのに
これほどピッタリな御朱印帳はないよね
P130054.jpg
もう1冊は白山大権現繋がりで山家神社さんの御朱印帳
P140977.jpg
でも直近の検索だと私が狙ってた印が2種類とも無くなってた
P180883.jpg
奥宮登拝してないのに御朱印だけいただいちゃいました
P180884.jpg
これも開山1300年の時の
三馬場めぐりスタンプラリーのスタンプがまだあったので押してきました。
P180886.jpg
この時点で12:10
帰りの最終バス17:00までに下山できないといけないので
お仲間も頂上は諦めるはめに。
本当に申し訳ないことをした
先に行ってってもっと早く言わなあかんかったな。
P180879.jpg
イブキトラノオ(伊吹虎の尾)?
P180880.jpg
帰りはエコーラインで。 分岐点13:15
G_9099.jpg
チングルマの綿毛?
G_9101.jpg
遠くに見えるのが南竜ヶ馬場野営場
テントがカラフルでした。
G_9107.jpg
ヨツバシオガマ(四葉塩竃)?
G_9108.jpg
この辺りがニッコウキスゲの群生地みたいです。
G_9110.jpg
G_9109.jpg
下りは大丈夫やろとナメてかかってたんですが
靴擦れというか、足首辺りがなんか痛くて
別に硬いものが当たってるわけでもなく
何で痛いのか分からなくて
ソックスを折り返してみたり
ポケットティッシュを挟んでみたりしたけど治らなくて
息も浅く、手は痺れ、かなりヤバかった。

写真撮る余裕も無く
どこを何時に通ったのかも覚えてないけど
確か甚之助避難小屋辺りですれ違った
修験者の方の法螺貝の音色が聞こえました。
バスの時間にも間に合わなくて
中飯場で「ゴメンけど休ませて~」と
ベンチで靴脱いで本格的に寝ちゃって、起きたのが17:00
G_9111.jpg
別当出合に着いたのは18:00くらいだったかな?
バス乗り遅れ組が他にも15名くらいいました。
暫く休んでからトボトボと歩き出したら
1台の車が登ってきて
「運転手(私)を市ノ瀬まで乗せてくから、他の人を迎えにきてあげて」と。
お話を伺うと、この方も見知らぬ人に助けられたから
自分も迎えにきたんだと。
世の中優しい人がいるもんだね~

で、私ともう1人拾ってもらった人で
残りの方を迎えに行きましたが
片道15分かかるので日が暮れてしまいました。
道中歩いてる人がまだいたので、もう1度ピストン輸送して
帰路についたのが20:00ごろ。

白峰温泉に寄るつもりでお風呂セット用意してたけど
そのまま帰って夜ゴハン

奥宮登拝は叶わなかったけど、室堂までは行けたし
御朱印は拝受できたし、山バッジもGETできたし
もろもろのハプニングも含めて生涯忘れることはないでしょうね。
お連れさま、うちに最後まで付き合ってくれて
もう本当に感謝しかないよ。
一生ついていきます

theme : 登山・ハイキング
genre : 旅行

2019-08-13

19.8.11 白山登山

8/11は今夏シーズン最大
というか、人生最大と言っても大袈裟じゃないくらいのメインイベント
白山初登山でした
白山初というか、登山自体が初なんだけど~。

白山奥宮登拝は前々から憧れてたけど
自分が登山なんて到底ムリだと思ってたので
憧れのまま終わるものだと諦めてたのですが
いつもお世話になってるお仲間が行くと聞いたので
「うちも連れてって~」とお願いしました

8月に入ってからは台風がボコボコ発生してたので
毎日天気予報チェック
ちょうどズレてくれてラッキーでした

7月から10月の土日祝は
市ノ瀬~別当出合でマイカー規制があるため
市ノ瀬ビジターセンターに停めてシャトルバスに乗ります。 片道¥500
5:00始発のに乗るため、2:00起きの3:00出発。
早起きよりも早寝ができないと自覚

4:30頃到着した時には既にバス停に行列ができてました。
そしてバス停に並んだ時に
にスマホを忘れたことに気付き
取りに戻った時に
靴紐を結んでなかったから金具に引っかかって
ものすごい勢いですっ転んだ
手ついたのに勢いが治まらず顔面着地。
手のひら擦りむいて、親指の付け根捻挫
あごも擦りむいて血でてるし、前歯欠けるし
どんだけやねん
バス停に並んでた人全員に見られて恥ずかしい
まだ登山始まってないうちから一生の思い出やわ

こんだけ並んでたら5:00発には乗れないかなと思いましたが
3台来たので3台目に座って乗ることができました
別当出合に到着したのが5:20頃。
別当出合の標高は1,260m。 ひんやりしてます。
半袖Tシャツだったので
長袖パーカに着替えようか迷ったのですが
だし、登ってるうちに暑くなるだろうから
半袖で行くことにしました。
日焼けするだろうけど、そんなこと気にしてる余裕ない。
快適にして少しでも体力温存しないと。
P180868.jpg
準備して、5:35頃いよいよ出発
初心者向けといわれてる砂防新道コースです。
持っていったけど
ザックのポケットから取り出すのが面倒で、ほぼスマホ撮り。
この吊り橋結構揺れる。
G_9062.jpg
余裕なく、ほぼ写真ありませんが
『これで初心者向け?』って感じの
いきなり石ゴロゴロの登山道です。
白山の高山植物は7月がピークのようですが
8月でもそこそこ咲いてました。
以下お花の名前は
検索で『これかな?』ってのを書いてるだけなんで
全部付きです。
間違ってたらゴメンなさい
ソバナ(岨菜)?
G_9066.jpg
エゾアジサイ(蝦夷紫陽花)? ピンボケボケ
同じ花の色違いだと思ってた白い花はノリウツギ(糊空木)だったみたい。
G_9068.jpg
最初の休憩ポイント中飯場(なかはんば:1,500m)に到着したのが6:15ごろ。
ここまでは予定通りです。
朝食に半分。
既に疲労で食欲なく1個食べきれない。
ミヤマシシウド(深山猪独活)?
P180869.jpg
中飯場を出発し、6:50ごろ柳谷砂防堰堤群が見えてきました。
G_9070.jpg
タテヤマアザミ(立山薊)?
G_9071.jpg
ハクサンカメバヒキオコシ(白山亀葉引起)?
G_9072.jpg
「ハクサンなんとかじゃね?」と浮かれましたが
センジュガンピ(千手岩菲)だったみたい。
G_9074.jpg
8:20ごろに甚之助避難小屋(1,960m)に到着。
ヒィヒィ言いながらも、なんとか予定通り。
G_9081.jpg
ここから室堂までが無いらしく
しかも2つ壊れてて1つしか使えないので、めちゃ混みでした。
G_9080.jpg
ここから黒ボコ岩までが一気にペースダウン
G_9085.jpg
シモツケソウ(下野草)
G_9082.jpg
G_9069.jpg
ハクサンフウロ(白山風露)?
G_9087.jpg
ヤマハハコ(山母子)? エーデルワイスにチョイ似
G_9088.jpg
シナノオトギリ(信濃弟切)?
G_9091.jpg
クモマニガナ(雲間苦菜)?
G_9090.jpg


長くなったので続く、、、

theme : 登山・ハイキング
genre : 旅行

2019-05-20

19.5.12 小松お旅まつり

小松お旅まつり
お旅まつりチラシ
京町に戻ってきたのが19:30くらい。
電飾が付いた曳山はデコトラみたい
P170903.jpg
前のゴザ席はいっぱいで
イス席の真ん中くらいを陣取りました。
19:45過ぎに
「お化粧に時間が掛かっているのでもうしばらくお待ちください」と。
それは仕方ない。 お化粧大事
20:00になり、5人衆による口上
P170907.jpg
黒子がカンペを取り上げるも、裾からもう1枚出してくる
P170908.jpg
若連中の白浪五人男風の見得
P170916.jpg
本番の口上はプロの義太夫さんみたい
P170917.jpg
浄瑠璃と三味線もプロの方みたいです。
P170918.jpg
子供歌舞伎が始まったのは20:20頃でした。
恋飛脚大和往来 封印切の場
お旅まつりチラシ2
ほんまもんの歌舞伎と逆で
役者さんは全員女の子でした。
P170919.jpg
ご当地ネタもおり込んで笑える場面もあり
P170921.jpg
忠兵衛が金子の封印を切ってしまう見せ場
P170928.jpg
P170935.jpg
P170936.jpg
フィナーレ
P170940.jpg
指導・振付の市川団四郎さん
P170942.jpg
歌舞伎を初めて見たので、面白かったです
で見た色っぽい花魁さんは大文字町のほうやったかな。

朝パン食べてから何も食べてなかったので
お腹すきすぎて出てすぐにあった8番に直行
10時閉店で15分しかなくて入口まで来て帰ろうとしたら
店員さんがってしてくれた
G_8742.jpg

theme : 祭・イベント
genre : 旅行

2019-05-19

19.5.12 莵橋神社・本折日吉神社

5時過ぎましたが、この日はまだ続きがあります。
小松のお旅まつりに行ってきました
6時過ぎに到着。
無料が何ヵ所かあり、市役所に停めさせてもらいましたが
結構混んでました。
ちょうど出る車があったので停められましたが。
駅前全体が会場なので、電車でもいいかも。
お旅まつりチラシ1
今年の開催期間は5/10(金)~12(日)
最終日でした。
中日の曳山曳揃えが1番の見どころのようで
福井でも夕方のニュースで取り上げられていて
子供歌舞伎の花魁役の子がやたら色っぽかったんですよね~。
子供のくせに

今年の当番町は大文字町と京町。
京町の千秋楽が19:45~なので
それまでブラブラすることにしました。
諏訪参道がお祭りのメイン通りのようで
露店がたくさん出て賑わっていました。
通り沿いに莵橋神社(うはしじんじゃ)
P170878.jpg
御祭神は莵橋大神と諏訪大神
P170876.jpg
御神輿
P170877.jpg
6時過ぎてたし、授与所開いてると思ってなかったのですが
お祭り期間中は21:00まで開いていたようで
御朱印拝受できました
曳山の金印入りは5月限定(お旅まつりの期間中は書置き対応)
P170946.jpg
参道を挟んだ横の小松琴平神社の御朱印もありました。
P170882.jpg
中坊がたむろってても構わずお参り
P170880.jpg
御朱印いただけてホクホクになって
本折日吉神社にも行ってみました。
結構離れてる
途中大文字町の曳山の前を通りました。
P170884.jpg
P170885.jpg
カブッキー
P170886.jpg
20:00~の子供歌舞伎の準備をしていて
ちょうどライトが付いたところでした。
P170883.jpg
寺町の曳山
当番じゃない町も曳山は出てるようで
スタンプラリーをやってました。
P170887.jpg
7時過ぎ、薄暗くなってから本折日吉神社に到着。
御祭神は日吉大神(大山咋命)
P170888.jpg
こちらもシャリンシャリン系の鈴だ
P170891.jpg
こちらでも御朱印拝受できました
御朱印帳、の中に置いてきちゃったので書置きを。
三猿が可愛い
P170947.jpg
こちらの御神輿は大きいのと小さいのと2基ありましたが
小さいほうはシートかかってました。
P170892.jpg
松尾芭蕉が山王句会を催した場所だそうで
芭蕉句碑があったようですが、見逃してます。
お猿さんがいっぱい。
P170897.jpg
P170896.jpg
安産守護の母子猿
猿の惑星のジーラ博士みたい
P170895.jpg
魔除け三神猿
P170889.jpg
裏から入って来ちゃったので帰りは表へ。
こういうのを山王鳥居(破風鳥居)というんだそうです。
P170898.jpg
雰囲気あるね~
P170899.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター