FC2ブログ
2018-01-07

17.12.31 善光寺

12/27~1/4まで冬期休暇でした
いつも出かけてばかりなので、大晦日・元旦はにいて
2日か3日に友達とsail参戦ついでに御朱印巡りをするのが
ここ数年の定番だったのですが
天気予報を見るとマークが付いてなかったので
雪国に二年詣りに行くのは今年がチャンスなんじゃないかと。
山家神社さんのTwitterに、二年詣りの御朱印の案として
こんな写真が載ってたんですよ~
山家神社 戊犬
こんなん見たら、欲しいに決まってるじゃないですか
で、12/27におっかに
「大晦日泊まりで出かけていいか?」と聞いたら

おっかは寺社巡りに興味が無い人なので
誘っても滅多について来ないのですが
「長野行くけど来るか?」と聞いてみたら
珍しく「善光寺なら行きたい」と。

2人とも出かけるとなると、もれなくUチャンもついてくるので
も泊まれる宿が予約取れたらみんなで行こうか
となりました。

4日後のことだし、大晦日なので
ちょっとムリかな~と思ってたのですが
長野はペンションとか山小屋とかOKのところが多いので
空室あったのはあったのですが
そういうところは○○高原とか、○○スキー場とか、山のほうで
二年詣りで夜中に運転するのに
凍結しててスリップ事故でも起こしたらシャレになんないので
ちょっと遠いんだけど旅館の別棟だけOKのところが
1部屋だけ空いてたので、そこを予約しました。
ペンションより割高だけど、たまの家族旅行だから奮発

ってことで7:30に出発~
善光寺は長野で1番初詣参拝客が来るって聞いたことあるので
1日目に行くことにしました。

4月に長野に行った時に、トンネル抜けたらいきなり絶景で
今回はベストスポットで撮れるように
膝の上に置いてスタンバってたのに
いつまで走っても「WAO!」ってなんないんですよね。
確か新潟に入ってすぐ、トンネル抜けたとこだったはずなんだけどな~。
リスが飛び出してきて、急ハンドルであわわってなってる時に
通り過ぎちゃったのかな?
P130238.jpg
11:45にHeart2 Dogさんに到着~。
P130240.jpg
グラタンを注文 美味しかったです
P130245.jpg
Uチャンにはチーズケーキ
いい顔
他のお客さん来ても吠えなかったし、お利口やった
G_7274.jpg
とても感じのいいお店でした

1時過ぎに善光寺に到着。
第1に停めたので裏から入りま~す。
P130273.jpg
春日局など大奥関係者の供養塔
P130274.jpg
雨どいを伝って水が下の大きな釜に落ちるようになってるんだけど
釜の底は穴が開いてて水を貯めてるわけじゃないみたい。
何のため?
P130246.jpg
外の香炉の獅子は人面っぽい
P130247.jpg
善光寺さんは抱っこorバッグinすれば、お堂の中に入れるんだそうです
内陣は多分ダメ。
P130249.jpg
つか、内陣参拝『本日は終了しました』の看板が
早くね? 4時くらいまでやってるかと思ったんだけど。
二年詣りで夜中に開けるから昼は早く閉めたのかな?
それとこれとは話は別やろ~

おっかが授与所でお守り選んでる間、外で待機。
G_7282.jpg
ムリヤリ顔出すから首吊り状態
P130250.jpg
善光寺探訪ガチャみくじの本堂編(第3弾)がありました。
閻魔様が欲しかったけど双盤だった(双盤ってドラみたいなやつ?)
中に入ってた紙に『シークレットが出たら極楽行き?』
って書いてあったのがツボ
P130366.jpg
11・12月限定と、経蔵修理竣工記念の御朱印いただきました。
P130358.jpg
経蔵も拝観終了
P130252.jpg
日本忠霊殿(善光寺史料館)も閉まってました
P130256.jpg
こちらの懸仏、もう1回見たかったんだけどな。
P130253.jpg
サンシュウとかいてあったけど、山茱萸 (さんしゅゆ)のことみたい。
P130254.jpg
グミのような赤い実がたくさん生ってました。
検索したら『茱萸』はグミのことだそうで
グミのような実じゃなくてグミなのね。
P130255.jpg
喜子さんと光子さん
P130258.jpg
まだ時間があったので門前をぶらぶら。
三門はお正月仕様
P130259.jpg
仁王門 正面はもちろん仁王様だけど
P130269.jpg
裏は三宝荒神像と
P130267.jpg
三面大黒天像
P130266.jpg
店先にバテ着たいたよ。
あんまりくつろいでるようには見えないな。
やらされてる感
P130265.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-04-17

17.4.15 善光寺・真田宝物館

4/16は山家神社さんの例大祭でした。
山家神社さんは祭事ごとに限定御朱印を出されるので
去年からカレンダーに付けて
楽しみにしてたんですよね~。

でも今、自分史上最高に金欠で、1度は諦めたんです。
仕事は休みで、予定も入れてなくて
時間はあるのにお金がない
でもね、Twitterに限定御朱印の画像が載ってて
宵祭と本祭の2種類あるとか
白山開山1300年記念の限定があるとか見たら
今年行かなくてどうするってことで
財形崩しちゃったよ~

木曜の夜に行くことに決めたので
あまり下調べできなかったのですが
去年新幹線で行った時は往復¥25,000くらい。
車だと高速代が往復¥10,960+ガソリン代。
おひとり様の長距離移動は初めてなので
ちょっと不安もありましたが
なるべく節約できるようにと車にしました。
着いてからの移動が楽だしね。

6:00に家出て、コンビニ寄って6:30頃福井IC→9:45須坂長野東IC
新潟に入ったら急にトンネルだらけになるのね。
そしていきなりこの景色が広がって
思わず「WAO!」って独り言言っちゃいました
G_6256.jpg
まずは善光寺へ。 第1駐車場 2時間まで¥500
特に何もやってないんだけど
長野に来たなら善光寺もお参りしとくかって感じです。
P90972.jpg
佛足跡って仏像が造られるようになる前から
礼拝の対象とされてたんですね。
P90976.jpg
内陣拝観 ¥500
P90970.jpg
御開帳の時もお戒壇巡りやったんですが
縦棒みたいなのは触ったのですが
私が思う錠前(鍵)らしきものは触れなかったので
再度挑戦しましたが、やっぱり棒しか無かったです。
P90971.jpg
御開帳の時は混み混みで、真っ暗な中
前の人の手を触っちゃったりして気まずかったので
今回は距離をおいてから入ったのですが
途中追いついちゃったみたいで、やっぱり手触っちゃった
おびんずるさんの御朱印と
4・5月の色紙御朱印をいただきました。
書き手さんに
「錠前って棒みたいなやつですか?」とお聞きしたら
「そうです」とのことで、それで合ってたみたいです。
P100196.jpg
この時はまだ生まれてなかったのですが
この日の午後姪っ子が赤ちゃん産んだので
こども守りをお土産に購入。
ガチャみくじは山門で末吉でした。 ¥500
P100215.jpg
知らないおばちゃんに
「ガチャみくじやったんですか?有名ですもんね~」
と話しかけられましたが、有名やったんですね。
P90979.jpg
『心身的にも経済的にも動きのとれない過労の時』
なんか今までで1番悪いこと書いてあるかも
もちろん結んできましたよ~。
P90968.jpg
善光寺といえば
大勧進の貫主さんのセクハラ問題どうなったんですかね?
P90967.jpg
それから松代の真田宝物館へ。 ¥300
P90987.jpg
前にも書きましたが、私は別に真田ファンじゃないんだけど
真田系の施設3館の拝観券を山家神社さんに持参すると
特別な印を押してもらえるんです。

真田ミュージアムは去年6月に
関西1デイパスで無料で入れたので行ってきたし
真田歴史館も去年8月の六神社巡りの時に
暑かったので涼むために入りました。
歴史館の拝観券が見当たらなかったんですが
レシートが出てきたので拝観券貰ってないのかも。
周遊バス1日乗車券の割引で入ったので
一般の拝観券とは区別してたんだと思います。
よくレシートなんか大事にとってあったと思うでしょ。
パンフに挟まってました
レシートでもOKか聞いてみます。
で、宝物館に行けば3枚揃うので寄ってみました。

松代は真田信繁(幸村)の兄の信行が
上田領を継いだ後に移った場所で
その後10代に亘り藩主として治めたそうです。
明治時代には伯爵になって
大礼服には桐紋の装飾がありました。
真田家の家紋といえば六文銭・結び雁金・州浜ですが
家紋とは違うのかな?
P90988.jpg
他には具足や、陣羽織や、馬具などが展示されてました。
赤い火事場装束が印象的でした。
宝物館の横に真田公園があります。
犬の散歩OKと看板がありました
P90986.jpg
あんずの花が咲いてました。
P90982.jpg
八重桜みたいでカワイイ
P90983.jpg
近くに真田邸や松代城跡もありますが割愛。
古い町並みで散策するのに良さそうなので
機会があればまた。
P90989.jpg
続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2015-06-13

5/30 善光寺4

ここからは再訪編。

常智院(じょうちいん)

宿泊者が出かけるところで

バタバタしている中、快く対応してくださいました。



本覚院(ほんがくいん)

出かけている旨の張り紙が貼られたままで

書置きをいただこうかと思ったらカラッポ

さっきあったのに~

諦めきれずに、1時過ぎてるから戻られてるかもと

ピンポンしたら出てくださって、恐る恐る

「書置きが無くなってしまっているんですけど」と言ったら

直書きしてくださいました



阿闍梨池は普段は水がありませんが

1年に1度静岡県御前崎市にある「桜が池」に住んでいる竜が

善光寺にお籠りに来ると満水になるという伝説があるそうです。

想像していた池と違い

建物の軒下のようなところにあり地下洞窟のようでした。



これで対応不可だった2ヶ所と再訪忘れの1ヶ所以外は

御朱印いただくことができました

この日に購入した御朱印帳が

直書きだけで表面埋まりました

書置きは裏面に貼ることにします。

お参りもほぼ順調にいきましたし

まだの時間には早いですが

駅までの道すがら寄りたい所があるので善光寺を離れることにしました。



西方寺





こちらには日本で唯一の赤い回向柱があるとのことで寄ったのですが

撮り忘れてHPから拝借

阿弥陀佛説法像はダライ・ラマ14世法王が開眼されたそうです。



こちらの御朱印、事前の調べでは印のみだったのですが

ブカツでチベット文字で墨書きしてもらえると知って

しかもカラフルな縁取りがあってキレイだったので

『これは欲しい』と思い寄りました

墨書きの内容が5、6種類あったと思います。

御朱印帳に直書きしていただいた『無病息災』

縁取りがないわと思い見本をよく見たら

紙に印刷されたものでした。

なので別紙で『良縁成就』もいただきました

善光寺の御朱印が通常サイズより細いので

この別紙貼るとはみ出てしまうんですよね。

まだパンフに挟んで保管してるのですがどうしたもんでしょう…

コレだけ別の御朱印帳に貼ろうかな。



ここで3時ちょい前。

起きてから12時間経ちました

で暑かったし、ほとほと疲れてしまい

『エアコン効いたお店で座りたい~』とcafeへ避難しました。

そしたら根生えてしまい、1時間くらいいたかな

おかわりしちゃいました。

山ぶどうのサイダーとベリー系のスムージーだったかな。

の試食をサービスでいただきました



もう1ヶ所寄りたい所があったので重い腰を上げて移動。

かるかや山西光寺



仏教絵画の絵解きをやっているのですが

30分ほどかかるとのことで

お疲れモードの私はやめておきました



コレで今回の参拝は終了。

いっぱい回れて大満足の1日でした~

長野駅前にある如是姫像



ユリの花壇もありました。



駅隣接のショッピングセンターMIDORI

やきとり鶏むらのから揚げ弁当と

西澤餅屋のおやき(野沢菜・ナス・しいたけ・かぼちゃ)を購入。



今回は善光寺だけだったけど

戸隠神社や松本城や渋温泉や白馬五竜高山植物園など

長野には行きたいところがたくさんあるので

ゼヒ再訪したいです

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2015-06-12

5/30 善光寺3

玉照院(ぎょくしょういん)

こちらは扉を解放されていて御本尊をお参りできました。



常智院(じょうちいん)はご住職不在で

午後に戻られるとのことなので再訪。



福生院(ふくしょういん)は玄関を上がったところの

応接スペースのようなところで対応してくださいました。

「うちは2種類あるから」と仰って

どっちにするか聞かれるのかと思ったら

有無を言わさず2種類書いてくださいました



一旦本堂に戻って御印文頂戴(ごいんもん)に並びました。

結構並んでいるように見えましたが

20分くらいで順番がきました。

御印文とは御本尊の功徳が込められた3つの御印文で

この印を額に押された者は極楽浄土へ行くことができるそうです。

通常は1/7~15のみですが御開帳期間中は特別に実施されました。



薬王院(やくおういん)では阿弥陀如来の御朱印をいただく予定でしたが

善光寺と書かれていました。

御朱印帳を渡して奥で書かれたので

渡すときに指定しないといけなかったのかな。

徳寿院(とくじゅいん)は書置きでした。



本覚院(ほんがくいん)は

無人販売形式の書置きだったのですが

玄関にご住職が1時ごろ戻ると貼り紙してあったので

ご住職がおられれば直書きしてもらえるかと

淡い期待で再訪。



11時前になり、早めに昼食

またまたブカツで教えていただいた丸清さん

人気店で開店時に入らないと満席になってしまうとのことで

11時前に行って私の前に4組並んでました。

その後も続々お客さん来てました。

蕎麦とソースカツがウリとのことで

そう言われちゃ福井県民としては偵察に行くっきゃないでしょ

丸清弁当¥1,350〈ロースとヒレが選べます〉



信州そばは白いイメージでしたが

こちらのは少しグレーがかってました(福井の蕎麦ほどじゃない)

お蕎麦はね、勝ったなって思いました

福井のお蕎麦を食べ慣れてるだけなんでしょうが

こちらの蕎麦は、そぼそぼしてるっていうの

ちょっと粉っぽい感じ。

十割蕎麦なのかな

ソースカツ丼もで見たのはキャベツがのってて

『余計なことすんなって。カツとご飯以外はいらんのや。』

と持論を展開していたのですが

こちらはキャベツじゃなくて半熟目玉焼きがのってて

不覚にもオイシイと思ってしまった

甘めのソースで

黄身を崩してトロっとしたのを付けて食べたら

これはアリですね



満腹になったところで散策再開。

良性院(りょうしょういん)で御朱印の見本を見ていたら

ちょうどご住職が帰ってこられて

「御朱印ですか?」とお声を掛けていただき

御朱印帳を渡して玄関前のベンチに座って待っていました。



そしたら中年の男性が来て

「御朱印貰うのに待ってるんですか?」と聞いてきたので

「今、中で書いてもらってます」と言うと

「お参りはできないんですか?

 普通お参りしてから御朱印でしょ」と言うので

「そうですね」とテキトーにあしらっておきましたが

通常はそうでしょうけど、こちらは公開してないじゃないですか。

入ってスグ御本尊がおられる部屋じゃないみたいだし

もし公開してるならご住職が

「どうぞお参りしてください」とかって声掛けてくれると思うけど。

多分宿坊利用者限定なんじゃないかな。



参拝してから御朱印か、先に預けてお参りしてる間に書いていただくか

参拝なし(非公開)かは寺社のスタンスに合わせればいいと思いますけどね



私は御朱印いただいて立ち去ったので

おじさんがその後どうしたのか知らないのですが

お参りさせてくれって言ったのかな。



ここからは浄土宗(○○坊)

まずは大本願

善光寺と善光寺本師如来



ひとにぎり地蔵尊のお守り購入(袋別売り)

左手でそっと握るだけでパワーが得られ

落ち着きと安らぎをもたらしてくれるそうです。

イライラした時に握ろう

そっとじゃなくて、ぎゅっとになっちゃうか



堂照坊(どうしょうぼう)は『本日御朱印終了』と貼り紙が

白蓮坊(びゃくれんぼう)は『只今書置き対応』と書いてあり

時間をずらせば直書き可に変わってるかもと

また淡い期待で再訪しようと思ったのに

ナント寄るのを忘れてしまいました

素直に書置きいただいておけばよかった



兄部坊(このこんぼう)

淵之坊(ふちのぼう)はご住職?と若いお坊さんの2名で対応してました。

この若いお坊さんが頼りにされてる感じで

売店担当の女性がお守りのストックどこにあるかとか

若いお坊さんに聞いてました。

それに字も達筆(私のはもう1人のお坊さんのほうです)



気になる看板

『桑田真澄様御一行』 あの桑田さん

それに『福井県赤十字血液センター御一行』

淵之坊さんに灰皿あったので一服させてもらいました。



ここでデザートタイム

HEIGOROさんでCREMIA生クリームソフト

¥500とちょっとお高めなのですが

甘すぎずサッパリとした後味で

コーンの部分がラングドシャなんです

暑かったので撮ってる間に垂れてきちゃいました

今年から六呂師高原でも食べれます







続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2015-06-11

5/30 善光寺2

6時過ぎ、いよいよ本堂でお参りです。

本堂の入口で並ぶ列が分かれています。

外陣参拝は無料で待ち時間も短いのですが

折角御開帳の時に来たのだから前立本尊を間近で拝見したいですよね~。



内陣参拝・お戒壇めぐり・史料館拝観ができる参拝券¥500を購入して

内陣拝観へ。



本堂内は撮影禁止なので

入口から來迎二十五菩薩を撮ってみました。

善の綱の先に前立本尊が祀られています。



行列の途中にびんずる尊者像があり

頭と膝を撫でてきました



お参りするまで40分くらいかかったでしょうか。

皆さん熱心にお参りするので、なかなか進みません。

ご祈祷・ご供養等をお願いすると待ち無しで内々陣へ案内されるんですよね。

お願いしようか迷ったのですが

この日は1日善光寺さんだけなので時間は充分あったから並ぶことにしました。



並びながらご祈祷を拝見していたのですが

あるタイミングで左奥の瑠璃壇の幕が上げられて、数秒でまた閉じられます。

後で係りの人に聞いたら

その幕の奥に本当の御本尊が祀られていて

幕が開くことによって御本尊に近くなるということみたいです。

幕が開いたところで見えないんですけどね。

ご祈祷を受けた人の特権ですね。



それからお戒壇めぐりへ。

真っ暗なので壁を触りながら進むのですが

ここでも渋滞していて途中で立ち止まっているんですね。

それに気づかず前の人にぶつかったり

壁に添えてる手を触っちゃったりして、ちょっと気まずい

そしてまた進みだしたとしても暗くて見えないので

進んだかどうか手探りして、また手触っちゃったりして



お戒壇めぐりとは御本尊の下にある『極楽の錠前』を触ると

御本尊と結縁されて極楽往生が約束されるというものです。

入口で係りの人が「右に2回曲がった先の腰の辺りに錠前があります」

と説明されたと思うのですが

うち感覚がおかしくなってるのかな

最初左だったような、そして3回だったような…



錠前と聞いて時代劇に出てくる蔵の鍵を想像してたのですが

触ったのは縦の棒のようなものでした。

ちょっとした会場の扉のノブのような。

その時は『これか』と思いつつも触れたと出てきちゃったのですが

今思えば縦棒だったら「腰の辺りにある」とは言いませんよね。

縦棒の腰の辺りに錠前があったのかも



出てきたのが7:40ごろ。



ホテルを出てからもう3時間40分も経ってるよ。

一服しに境内を出たらお庭がありました。



おやきで朝ごはん きのこにしました。¥200

1個じゃ足りない



それから山門登楼へ。 ¥500

8時過ぎ、回向柱の行列は山門を越えてました。

お昼ごろには仁王門付近まで

ホント早く来て正解でした





分かりましたか

5羽目の鳩は分かりにくいね。



授与品所で御開帳限定の丑のおみくじを購入。

金・銀・白・黒で意味が違うようで

『穏やか』と書いてあった白にしました。

ここぞという時に思い切って行動に移す

まさしく今でしょ

回向柱の根付は人気のようで

先に行かれたブカツの方は買えなかったそうです。

再入荷したのかな

「今日買えてラッキーですね」と言われました



それから忠霊殿へ。

塔の下が史料館になっています。

書置きの御朱印をいただきました。



経蔵が修復中のため

御開帳では特別に経蔵内のお宝が史料館に特別展示されています。



お宝の中でも特に気になったのが『懸仏』

壁掛けタイプの仏様で、欄間みたいに細かい彫刻

しかも立体的

ネットから無断拝借



それとダライ・ラマ法王14世ご開眼の『チベット砂曼荼羅』

カラフルで、とてもキレイでした。

通常砂絵は完成するとすぐに壊してしまうんだそうです。



それから御朱印をいただける本坊・宿坊を回りました。

まずは天台宗(○○院)

お数珠を頂戴した大勧進



こちらにも回向柱。

御朱印いただくのに少し待ちました。

数種類ある中から善光寺如来と不動堂を。



世尊院(せそんいん)にも回向柱。

等身大166cmの銅造釈迦涅槃像が祀られていて

間近でお参りできました。



の形のお守りのPOPがウケた

亥の干支守護神キリーク(阿弥陀如来)の額入りお守りを購入。

龍の口から出るお水で念珠を洗ってパワーをいただきました。

その下の床に龍の足が彫ってありました。



お隣の常住院(じょうじゅういん)は御朱印対応不可でした

翌日は御開帳最終日で限定御朱印があったようです。







続く、、、

コメントはこちらから

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター