FC2ブログ
2019-07-06

19.6.30 大江神社・愛染堂

それから愛染堂の愛染祭へ。
今回天王寺に来たのは、こちらが目的だったんですね~。
愛染祭チラシ
その前に真横の大江神社へ。
P180331.jpg
こちらも天王寺七宮のひとつだそうです。
P180332.jpg
その他は先に参拝した堀越神社と
上之宮・小儀・久保・土塔・河堀稲生だそうです。
P180333.jpg
夕方6時から大祓式があるとのことで賑わっていました。
御祭神は豊受大神 ・素戔嗚尊 ・大己貴命 ・少彦名命 ・欽明天皇
P180334.jpg
境内奥に狛虎さんがおられるのですが
またもや見逃してます
タイガースファンの方々が狛虎を奉納したところ
見事優勝できたそうです。
御朱印拝受しました。
P180370.jpg
最後に愛染堂勝鬘院(しょうまんいん)へ。
P180335.jpg
聖徳太子が建立した四天王寺(敬田院・施薬院・療病院・悲田院)
の中の施薬院で、聖徳太子が勝鬘経というお経を人々に講ぜられていたため
そして勝鬘経に語られるお姫様・シュリーマーラー夫人(勝鬘夫人)の仏像が本堂に祀られているため
勝鬘院(しょうまんいん)と呼ばれるようになったそうです。
P180357.jpg
愛染祭は大阪三大夏祭りのひとつで
愛染娘狙いのカメラ小僧が集まり
たいそう賑やかだったそうですが
騒いだり、ごみ投棄などマナーの悪い人が多かったらしく
昨年から露店や宝恵駕籠パレードは無くなったそうです
P180337.jpg
12名だった愛染娘も今年は4名。
P180344.jpg
愛染祭では御本尊の愛染明王と
多宝塔御本尊の大日大勝金剛尊の御開帳があります。
P180336.jpg
撮影OKでしたが
P180338.jpg
ブレブレだったので公式Twitterより拝借
愛染明王
台風21号による多宝塔屋根瓦破損の改修工事の支援という名目で
アイスを販売されてたので、ソーダ味を購入
蒸し暑かったので、生き返った~
P180343.jpg
アイス食ってたら
奥から賑やかな鐘の音が聞こえてきました。
摂州地車囃子というそうです。
途中から動画で撮りましたが、それでも5分以上になったので
20分近く踊ってたんじゃないかな
[広告]

多宝塔は改修工事中
P180348.jpg
こちらも撮影OKでした。
柱絵が残ってました。
いま検索で気付きましたが十二天の壁画があったんですね。
P180351.jpg
なかなかのステキ仏像
P180352.jpg
愛染めの霊水
P180353.jpg
小説家の川口松太郎の代表作で映画化もされた
『愛染かつら』のモデルとなった縁結びの霊木
P180354.jpg
桂の木にノウゼンカズラのツルが巻き付き
桂とカズラが一体となってるんだそうです。
P180356.jpg
中の紙が金紙の御朱印帳を販売されてて
気になっていたのですが
表紙がフツーだったので(オリジナルっぽくない)今回はやめといて
持参の御朱印帳に書いていただきました。
P180371.jpg
これでこの日の御朱印めぐりは終了~。
この日何回茅の輪くぐったか分からんな。
半年分の穢れは充分祓われたやろ
P180358.jpg
JR天王寺17:31→17:53大阪→18:00→18:29京都18:50→19:35新旭
9時過ぎに到着。

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-07-05

19.6.30 四天王寺・庚申堂

それから四天王寺庚申堂へ。
P180310.jpg
四天王寺HPで境内図を見て、の隣だと思ってたので
遠回りしちゃったよ
南大門のところに『2つ先』と看板が出ていました。
庚申堂
几帳もお猿さん
P180311.jpg
ポンプの手水 懐かしい~。
P180313.jpg
日本最初の庚申尊出現の地といわれているそうです。
60日に1度の庚申の日には
庚申まいり(大阪市の無形民俗文化財)が行なわれるそうです。

七福神像の隣に大黒さま?だけ単独でおられました。
P180309.jpg
本堂
御本尊の青面金剛童子は秘仏で、お厨子に入っておられまして
四天王像がまもっておられました。
P180312.jpg
御朱印拝受しました。
隷書の書き手さんではなかったです。
P180367.jpg
それから四天王寺へ。
P180306.jpg
10/22まで新元号・新天皇奉祝記念の御朱印をいただけるとのことで
2015年2月以来の再訪です。
今回は端折って聖霊院と六時堂だけお参り
P180314.jpg
聖霊院(太子殿)の閉じられた門のほうに
太子殿猫の門と彫られた石碑が建っていて
蟇股のところに猫の彫刻があります。
P180325.jpg
徳川幕府が再建した時の猫は左甚五郎作でしたが
大阪大空襲で焼失して戦後に再建されたそうです。
P180326.jpg
経堂に納められた経文を鼠から守っているのですが
鼠の番をせずミナミの花街へ夜遊びに出るとの噂がたち
金網をかけられたために空襲の際に逃げられなかったんだって。
P180326-2.jpg
ってことでリアル
P180315.jpg
聖霊院へ入るのは正門の方で
P180317.jpg
寅の門とも呼ばれています。
P180318.jpg
裏側はべろチロ
P180323.jpg
お参りできたのは前殿のみ。
P180319.jpg
前殿の後ろに法隆寺の夢殿のような奥殿があり
そのまた後ろに経堂と絵堂が並んでいます。
P180322.jpg
4/17~30に聖徳太子御絵伝(絵解き)があったそうで
これ興味あったな~。 行きたかった
P180321.jpg
番匠堂
変わった書体の石碑と幟ですが
大工道具で南無阿弥陀仏と書かれているそうで
番匠器名号というそうです。
(救世)観音さまじゃなくて、阿弥陀さまなんだ。
P180327.jpg
普賢堂
P180324.jpg
石舞台と六時堂
P180328.jpg
ここ来たら見ちゃうよね~。
P180329.jpg
御朱印拝受しました。
新元号・新天皇奉祝記念御朱印(聖霊院)と
P180368.jpg
西国番外
P180369.jpg
西国番外をお願いした時に
「お礼参りですね」と確認されてしまった。
満願してないのにお礼参りしちゃったね
最後に取っておけばよかった。
P180305.jpg
4/22は聖徳太子の命日ということで聖霊会舞楽大法要があるので
その時に再訪したいですね。
P180304.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-07-04

19.6.30 一心寺・安居神社

それから一心寺へ。
仁王門
近代美術館かと見まごうような彫刻
P180279.jpg
念佛堂(諸々の受付)
P180285.jpg
本堂は屋根の改修工事中で参拝はできませんでした。
御本尊は阿弥陀如来
P180284.jpg
納骨堂・お骨佛堂
お骨佛(遺骨で造られる阿弥陀如来像)は
10年に1度造立されるそうです。
最初聞いた時は奇抜な発想の様に感じたけど
仏像になったら、いつも誰かにお参りされるんだよね。
P180281.jpg
バックがいい感じ
P180283.jpg
浄土宗の寺紋だね。
P180282.jpg
御朱印は本堂右側の奥にある寺務所で拝受しました。
P180286.jpg
「法然上人が日想観を修せられたところ」と
書き手さんが教えてくださいました。
P180365.jpg
それからすぐ近くの安居神社へ。
P180287.jpg
こちらは大阪夏の陣で福井藩士西尾宗次が
真田幸村を討ち取ったとされる(諸説あり)場所ですね。
幸村が休んでいたという『さなだ松』(2代目)見逃してるな
P180292.jpg
拝殿
P180291.jpg
御祭神は少彦名神・菅原道真
P180288.jpg
こちらの狛犬も愛嬌ある
P180294.jpg
P180295.jpg
菅原道真が太宰府に左遷された際
河内の道明寺にいた伯母の覚寿尼を訪ねて行く途中
ここへ立ち寄って安井(休憩)しました。
当時、道真に同情した村人がおこしを差し上げると
お礼にと菅原家の紋所「梅鉢」をもらいました。
これが大阪名物の「粟おこし」の商標の梅鉢となったといわれています。

P180293.jpg
絵馬は六文銭と花押でシンプルだけどカッコイイ
P180298.jpg
お稲荷さんと
P180299.jpg
淡島大神
P180300.jpg
おっとこちらはぬこ神社だった
多分飼い猫じゃなくて野良猫だと思うんだ。
毛並みが悪いし、ノミがいそうだったので
撫でるのは自粛しました。
P180303.jpg
御朱印拝受しました。
安居天満宮って書いてあるのかな?
P180366.jpg
かんしづめ井戸は現在は枯渇していて立入禁止だそうです。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-07-03

19.6.30 堀越神社

JR新旭12:14→13:28大阪13:33→13:52天王寺
途中新大阪辺りから土砂降りになったけど
天王寺に着いた頃には小雨になってました。
P180247.jpg
堀越神社
P180248.jpg
木の鳥居とずっしり系の狛犬がフォトジェニック
P180249.jpg
垂れ耳と巻き毛の渦巻きがカワイイ
P180262.jpg
そして鼻大きめ
P180263.jpg
手水舎に手拭き用の紙が用意されてました。
親切
P180250.jpg
御祭神は崇峻天皇
聖徳太子が叔父君に当たられる崇峻天皇の徳を偲んで
四天王寺建立と同時に当社を創建されたものであります
古くから大阪では
『堀越さんは一生に一度の願いを聞いてくださる神さん』
との言い伝えがあります

四天王寺七宮というのがあって、そのうちの1つだそうです。
一生に一度のお願いは特に無いから
参拝に来たご挨拶と感謝だけ
社殿撮り忘れてるな
P180253.jpg
狛犬さん、お持ち帰り可
P180254.jpg
茶臼山稲荷神社
昔は茶臼山の山頂に鎮座していましたが
大阪夏の陣のあと堀越神社に移されたそうです。
P180251.jpg
早くも蝉が御臨終してたよ。
P180252.jpg
熊野第一王寺之宮(窪津王子)
熊野詣の出発点として、元々は天満橋付近にあったものが
堀越神社に合祀されたそうです。
第一王子なので、ここが熊野九十九王子のスタート地点なんだって
P180257.jpg
かえる石
P180256.jpg
黒龍社と
P180255.jpg
背中合わせに白龍社(ビニールシート被ってました)
P180261.jpg
太上神仙鎮宅霊符尊神(だじょうしんせんちんたくれいふそんしん)と
御神木の楠の木(樹齢550年)
お守りやお札ができる元となった神様だそうです。
P180260.jpg
御朱印拝受しました。
授与所に『(サスケ)が出てしまうので扉を閉めてあります』的な
貼紙がしてありました。
P180364.jpg
天王寺公園内の茶臼山に寄ってみました。
喫煙所あり
P180264.jpg
大坂冬の陣では一帯が徳川家康の本陣となり
大坂夏の陣では真田幸村の本陣となって
「茶臼山の戦い」の舞台となったことでよく知られています。
5世紀ごろの前方後円形古墳という説と
和気清麻呂が上町台地を横断する堀川を掘った名残が河底池であり
その際、掘り出した土を積み上げたものが茶臼山だという説があります。

P180265.jpg
山頂には真田幸村のパネルがありました。
P180266.jpg
P180267.jpg
P180268.jpg
河底池(和気橋)と、統国寺と、あべのハルカス
その場で御朱印あるのか検索したけどHITしなかったので
スルーしちゃった。
どうも北朝鮮のお寺みたいですね。
P180271.jpg
水生花園
P180272.jpg
思いがけず半夏生を観賞できたよ。
P180273.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-10-12

18.10.8 神峯山寺

地下鉄 今出川12:09→12:19京都 ¥260
JR 京都12:30→12:42高槻
市バス53系(原大橋行)12:51→13:15神峰山口(かぶさんぐち) ¥220

月イチ仏像ガイド神峯山寺(かぶさんじ) ¥4,500
バス停の前にある案内板で少しお話を聞きました。
根本山神峯山寺・北山本山寺・南山安岡寺の3つのお寺で
北摂三山というそうです。
神峯山寺の寺伝では
本山寺は神峯山寺の奥の院ということになっているそうですが
本山寺のほうは元から別のお寺だと否定しているそうです。
(霊雲院という寺名がある)
P150476.jpg
ここから20分ほど徒歩。
道中、稲刈り・はざ掛けの景色
能登でも見かけましたが
今でもこうやって乾燥するところがあるんですね~。
それに稲刈り遅い。
P150477.jpg
こんな参道を登りまして(車ルートもあり)
P150478.jpg
勧請掛(かんじょうがけ)
長岳寺(奈良)で聞いたお話のおさらい
聖地との境界、掛け物が12本、ドーマン(格子状)、樒(しきみ)
七五三という数は何の数だったか? しきみ?
12/25頃に新しいものを掛ける
年始初寅の日に垂れ下り具合で吉凶を占う
石碑 鴻池善右衛門(こうのいけぜんえもん)寄進
P150479.jpg
金毘羅飯綱大権現(こんぴらいずな)
金毘羅=水の神、飯綱(天狗)=山の神 両方をドッキング
金毘羅童子が4体の毘沙門天を役行者にプレゼント
諸天魚山、鞍馬寺、信貴寺(朝護孫寺)、本山寺の本尊となった
P150481.jpg
台風21号の影響で倒木が多く
当時は通行止め、停電もしていたそうですが
今は車も通行できます。
後でお聞きした話によると
「今までは災害が免れてきたけど
新しい高速が出来て風の流れが変わったのではないか?」
と仰ってました。
人もお堂も目立った被害は無かったそうです。
G_8117.jpg
役行者 笈掛石
七高山と呼ばれた近畿の霊場の1つ
神峰山の他は比叡山・伊吹山・比良山・葛城山・金峰山・愛宕山
七高山阿闍梨 国家安泰祈願
P150482.jpg
日本最初毘沙門天と書かれています。
P150503.jpg
神仏習合で狛犬がおられます。
P150485.jpg
P150484.jpg
仁王門
吽形は修復中でお留守
P150486.jpg
舟みたいな形のお浄水
P150487.jpg
もみじの参道 素敵です
P150500.jpg
化城院(護摩堂)はスルー
P150488.jpg
私が知らなかっただけですが
想像してたより大きなお寺さんでした。
役行者が開山、開成皇子が創建
P150489.jpg
本坊
P150491.jpg
仏様の前できちんと掌を合わせ願い事をするということで
拝観ではなく『拝仏』と言っているそうです。
事前予約をすれば普段から拝仏できるようです。
P150490.jpg
本堂に移動して祈願法要。 撮影禁止
妙鉢っていうんでしたっけ? シンバルみたいなの。
それをデュルルンって震わせるのがめっちゃ上手って思いました

事前に名前をお伝えしてあり
名前を読み上げて守護符を御祈祷してくださいました。
指パッチンしたり、金剛杵を振ったり
最後には真剣でエイっとやってくださいました。
私のためにお祈りしてくださってる感があり
とてもありがたかったです
P150507.jpg
副住職の声明が美声と参加者さんが絶賛してました。
私も分からないながらも
お堂に響き渡る美声に聞き惚れてました
「念彼観音力」しか聞き取れてないけどね
「しょてんやざん」とメモしてましたが
「諸天 魚山」かな?

今回の仏像ガイドは30名参加ですが
本堂には15名ほどしか入れないため2グループに分かれます。
私は後の方で、本坊でお菓子をいただきながら待機。
入れ替わりで拝仏。

本堂には横ではなく縦に3体の毘沙門天が祀られています。
内陣に在家の神様として信仰されてきた毘沙門天
中内陣に僧侶が自身の修行のためご本尊として祈る双身毘沙門天
内内陣に国を護る神として武将より手厚く信仰されてきた兜跋毘沙門天
勝利の神として楠木正成・足利義満らが信仰
この3体すべてが神峯山寺のご本尊だそうです。
ご本尊の3体の毘沙門天は秘仏のため
お目にかかることはできませんでしたが
兜跋毘沙門天像は年に1度、11月にご開帳されます(今年は11/23)

内内陣は土壁(蔵のような作り)なので
もし火事にあっても燃えないと仰ってました。
中央のお厨子に入っておられるのは兜跋毘沙門天像
左に阿弥陀如来坐像(重文)
がっしりしていなくてスマート 天台系の元々のスタイル
でもお腹がぷっくりしてる
病魔を退散さる御利益があるそうです。
右に聖観世音菩薩(2体:重文)
観音様の横のお厨子には手をクロスして胸に当てている開成皇子像

内陣厨子の裏側には小さめの千手観音菩薩坐像
内陣には如意輪観音様や、宇賀神(厨子内)などが祀られていました。
今HPの画像見てたら剣の護法がめっちゃ可愛いんだけど
こんなんいたっけか? 見逃した

御朱印は5種あるそうです。
御本尊でいただきました。 達筆
P150506.jpg
本堂
P150492.jpg
P150493.jpg
曲芸
P150494.jpg
開山堂はスルー
P150495.jpg
釈迦堂
お釈迦様には珍しく指を輪っかにする印相(説法印だっけ?)
P150496.jpg
上の方に九頭龍神堂があり、下が滝行をする九頭龍滝
水流れてないっぽい。
神聖な場所なので立入禁止
P150498.jpg
バスの時間になったのでこれで終了でしたが
北摂三山でまた伺いたいなと思いました。
G_8119.jpg
市バス 神峰山口 16:26→16:50 ¥220
帰りに多賀大社のライトアップに寄るつもりだったんです。
彦根でJRから近江鉄道に乗換え
7分あるはずがJR6分遅れ
『近江鉄道初めて乗るのに1分で乗換え出来るのか?
これを逃すと30分待ちだし』
と考えたら行く気が失せちゃって
彦根で降りずにそのまま帰りました。
JR 高槻17:17→18:37長浜18:41→19:12新疋田

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター