2017-03-29

17.3.25 天之宮

最後に、かなり移動しまして
限りなく和歌山に近い大阪府泉南郡岬町の天之宮
より
P90817.jpg
こちらは神職兼巫女さんが御朱印を書いてくださるのですが
お留守の時用に書置きの御朱印があるのですが
書置きでもガッカリされないようにと
可愛らしい絵入りの御朱印を用意されています。
P90827.jpg
1/12にTwitterで偶然知って
それ以来ずっとお参りしたいと思ってたんですよね~。
KさんなんかLINE送った翌日には参拝してて
羨ましいのなんのって
最寄り駅から徒歩30分とのことで
車じゃないと不便な場所なので、なかなか来れなかったのですが
今回Hさんに連れてってもらいました
P90820.jpg
到着が15:45ごろになってしまいました
本当は3時までなのですが
Hさんが予約をしてくださっていたので
待っててくださったんだと思います。
巫女さんと、イケメンの弟さんが
授与所の前まで出てお出迎えしてくださいました。
P90826.jpg
まず最初にお祓いをしていただきます。
お祓いを受けることはで情報を得ていたのですが
パサッパサッと2回くらい祓串を振るくらいかと思ったら
結構長めの祓詞を唱えてくださって、本格的なお祓いでした。
ありがたや~

それから拝殿でお参りさせていただきました。
P90821.jpg
手入れの行き届いた境内
高床式のお社の下を水が流れてます。
P90824.jpg
御朱印いただきました。
絵入りの御朱印はとても好評で
当初はお留守の時用だったのですが
今は常時いただけるようになったようです。
沢山用意されてる中から2枚選ばせていただきました。

かわいいイラストのもあって迷いましたが
墨絵のカワセミと
上は神職さんが描かれたそうで、正解は分からないのですが
「多分きっとスイートピーや、スイートピーってことで」黄色いお花のを。
スイートピーは私の誕生花なんです。
でもね、多分これフリージア
P90832.jpg
御朱印帳3ページ分くらいの横長で
「御朱印帳に貼る時に折るのが勿体ない」と言ったら
「屏風みたいになっていいですよ」と仰ってました。

こちらの御朱印も転売する輩がいるようで
書置きは名前入りになります。
横書きにしてもらえたのでNHで書いていただきました。

こちらの御朱印は日々進化していて
最近は御朱印帳に直書きもいただけるんですよ
それも絵柄が数種類あるのですが
最初にTwitterで見た鶴が凄く印象に残ってたので
鶴を描いていただきました。
鶴でも5種類くらいありましたよ
帰ってから友達に自慢げに見せびらかしました
P90837.jpg
そして手毬守りも
巫女さんが4~6時間かけて1つ1つ手作りされてます。
予約殺到で1、2か月待ちだそうで
巫女さん手を痛めちゃったんだとか
出張先でもこつこつ作ってくださったそうで
申し訳なかった
色紙の包みは小学生の妹さんの手作りだそうです
P90834.jpg
帰りの車の中で、早速小銭入れに付けました。
これから御朱印巡りのお供だよ

兄弟仲良さげで、家族で頑張ってらして
微笑ましい
応援したくなりますね
可愛らしい巫女さんのお姉さんと
禰宜姿のイケメン弟くんが、わやわややってて
アニメの世界かと思いましたよ
帰りもお2人揃って鳥居までお見送りしてくださいました。
友達も行きたいって言ってたし、ゼヒ再訪したいですね~。

このあとHさんにお言葉に甘えて新今宮まで送っていただいたのですが
地理がよく分かってないので
遠回りさせてしまったんじゃないかと
おまけにたくさんお土産までいただいちゃって
P90835.jpg
ホントにお世話になり、ありがとうございました

JR新今宮19:39→19:54大阪20:00→21:40長浜
帰り高速走ってて
また飛石でフロントガラスにヒビが入っちゃってね
写真では大きく見えるけど、1cmくらい
P90914.jpg
今リペアでおさまるか、交換になるか
ディーラーで見てもらってます。
1月末に直したばっかなのに

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-03-19

17.3.11 三津寺

JR京都14:30→14:58大阪 桜橋口から出て
地下鉄四つ橋線 西梅田15:09→15:15なんば ¥240
ここまではスムーズにいったのですが
なんば駅でめっちゃ迷った

14番出口を出て真っ直ぐなのは事前に調べていたので
『案内板見れば楽勝!』って思ってたのに
ホームの案内板は26~32しか載ってない
とりあえず若い番号のほうへ行って
階段登ったところの案内板を見たら、14番出口載ってたけど
その辺りだけ宙に浮いてるんですけど、どうやって行くん?
天空の城かよっ
駅員さんに聞いたら
なんばウォークを突っ切らないといけないみたい。

駅ナカで随分とウロウロしてしまいましたが
御堂筋沿い、道頓堀橋を渡って少し歩き
なんとか三津寺に到着~
行基(ぎょうき)の建立と伝わっているそうです。
P90707.jpg
大阪空爆の際にも焼失を免れて、沢山の仏像が残っています。
仏像群の特別公開があることをRさんに教えてもらいました
大阪市教育委員会主催だからか拝観料は破格の¥100
受付15:30まででしたが15:40になってしまいました
でも入れてくれたので良かった
P90703.jpg
14:30~学芸員さんによる解説があり
間に合わせたかったのですが、京都でゆっくりしすぎましたね。
3/8~13の13:00~16:00と期間が短かったので
来れただけ良しとしましょう
P90704.jpg
撮影禁止なのでポスターを。
三津寺チラシ
は去年のチラシの拾い画像
三津寺チラシ2
まずは受付横の余間に小さめの仏像が3躯
聖観音菩薩坐像・男神及二眷属像・明王立像
明王立像がポスターの左上のお方だったと思います。
続いて本堂内陣へ。 格天井の絵も素敵です
三津寺さんのFBより
三津寺内陣
真ん中のお厨子は御本尊の十一面観音菩薩立像(ポスター右)
右のお厨子は弘法大師坐像
左のお厨子は薬師三尊立像(薬師如来・日光・月光菩薩)を中心に
愛染明王坐像・不動明王立像・十二神将立像
地蔵菩薩・毘沙門天・大日如来・弥勒菩薩は
修復から戻ってこられたばかりで
お厨子に入っていなかったので
ホントに間近で裏側まで拝見できました。
三津寺解説
私は宝冠や装飾がゴージャスなのが好きなので
御本尊とか弥勒菩薩とか日光・月光とか魅力的ですね~
愛染堂には愛染明王坐像・弁才天坐像・大黒天立像
地蔵菩薩立像などが祀られています。
ポスター左下の愛染明王はいくたまさんから移された像だそうです。
P90705.jpg
御朱印いただきました。
P90745.jpg
山門を入ってすぐの石仏は御本尊と同じ姿だそうですが
なんかちょっと違うような。
三津寺石仏
絵写経の体験をやってみたいので再訪したいです

なんかライブをやってたみたいで
向うの橋に人だかりができてました。
G_6143.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-04

8/21 高貴寺 メモ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2016-09-04

8/21 高貴寺

お次は山寺としか言いようがない
高貴寺というお寺さんに連れてってもらいました。
細い山道を登ったところにあります。
山肌に柵をしてヤギを飼ってらっしゃるそうですが
私は見えませんでした~。
(ご一緒した方は見えたそうです)
草刈り(食い)要員だそうな。
P70929.jpg
『地元の人しか知らないんじゃないの?』ってくらいの古刹ですが
河内西国三十三所特別客番札所になっているそうで
私たちの後においずるを着た男性がお一人来られました。
山号が神下山(こうげさん)で、寺名が高貴寺で、特別客番て
どんだけ気高いねん
7世紀末、役行者の開創。
初め香華寺と称し、9世紀に空海が寺名を改め中興したと伝える。

P70930.jpg
境内全て撮影禁止です
趣のある素敵なお寺さんなのですが
うちいつまで覚えてられるかな
P70928.jpg
正面が五大明王を祀る金堂
左に弁財天を祀る講堂
右が慈雲尊者(じうんそんじゃ)を祀る開山堂
奥院御影堂は立入禁止でした(申し出ればOK?)

御朱印いただきました。
授与所(と言ってもお守り等は無く単に窓口)には呼び鈴が無く
鐘をカーンと叩いてお呼びします
若いお坊さん(多分ご住職の息子さん)が対応してくださいました。
御朱印お願いしたところ
「墨を磨りますから少し時間かかります」とのことでした。
窓口から中を覗くと墨の香りが漂ってました。
印も練り朱肉を使われていて、濃くてクッキリです。
こだわってますね~
P70937.jpg
何て書いてあるか分からなかったのでお聞きしたら
『常瑜伽』(じょうゆが)と書かれているそうです。
真言宗に『六大無礙常瑜伽』(ろくだいむげじょうゆが:互いに相応しかかわり合っている)
という言葉があるようです。

日付は八月のみ。
こだわってるんだか、手抜きなんだか

河内西国霊場会のHPにステキな仏像の写真が載っているのですが
河内西国霊場本尊の救世観音様でしょうか?
これは是非とも拝んでおきたいですね~
金堂に4/26 1時から弁財天女御開帳と看板がありましたが
弁財天は講堂におられるので講堂の御開帳と思われます。
近くにもと高貴寺の鎮守であった磐船神社があるそうで
それも含めて再訪したいです
慈雲尊者忌は10/22

後から調べたら
近鉄富田林駅前から金剛バス平石行きで来れるようですが
土日祝は8:50と15:20の1日2本
しかもバス停から徒歩20分
じゃないと難しいですね。

この日の御朱印めぐりはこれで終了~。
帰り道にパティスリーフラワーというcafeで休憩しました。
P70931.jpg
ケーキやパンを売ってるお店に併設されてるcafeですが
暑かったので皆さんカキ氷をチョイス
マンゴーのカキ氷 ゴチになりました
P70932.jpg
帰りの電車の中でスマホいじってて
ふと気づいたら駅で停車してたので駅名確認したら新疋田駅で
『ココ降りるとこじゃんっ』って慌ててドアのボタン押すのに開かなくて
2回押しても開かなかったので
『反対のドアか!?』と押したところで発車してしまいました
また席に座って終点の敦賀まで行ったけど
めっちゃ恥ずかしかった

新疋田まで電車で戻ろうとすると40分待ちだったので
1駅だからそんなにかからないだろうとタクシーにしましたが
¥2,860もかかったよ
最後の信号のところで、そろそろ着くなと料金確認したら¥2,200だったのに
見る見るうちにメーター上がって
ほんの2,3分で¥600も上がるんやね。
タクシーってこんなに高かったっけ?
交通費ケチって特急使わなかったのに余計な出費をしちゃったよ。
しかも起きてたのに
電車の中では集中し過ぎないようにしないとな。
それにしても、なんでドア開かなかったんだろ?

Kさんからお土産をいただいちゃいました
粉河寺の月参りのときに売り切れていたきのくにシュトーレンと、かげろう
P70938.jpg
どちらもすごいおいしかったです。
ありがとうございました
P70944.jpg
Uチャン ガン見 ちょっとだけおすそわけ。
P70945.jpg

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-03

8/21 叡福寺

葛井寺の後は道明寺・野中寺という定番コースがあるのですが
3寺とも18日が御開帳とのことで
『今行ってもな~』ってことになり
ご一緒した部員さんが何ヵ所かピックアップしてくれた中から
叡福寺(えいふくじ)に連れてってもらいました。

太子は二十七歳の時この叡福寺の地を御廟の候補地とし
四十七歳の時、廟をお造りになられた。
太子没後、伯母にあたる推古天皇が土地建物を寄進し
墓守りの住む堂を建てたのが叡福寺の始まりとされている。

27歳でもうお墓の場所を決めてたなんて
計画的ですね~。
その後もっといいところと出会ったりしなかったのかな?
P70910.jpg
南大門の扁額には『内閣総理大臣 岸信介謹書』と書いてあります。
P70911.jpg
広い境内。
真っ直ぐ奥に見えるのが二天門。
P70913.jpg
門をくぐると聖徳太子御廟があります。
叡福寺は聖徳太子と
その二ヶ月前になくなられた太子の生母
穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)と
一日前(一説には同日)に亡くなられた太子夫人
膳部菩岐々美郎女(かしわでのほききみのいらつめ)を葬ってある。
いわゆる三骨一廟である。

可愛らしい建物
縦長でペッツみたい。
P70914.jpg
ちなみに聖徳太子のお父さんは用明天皇で
お母さんと共に蘇我氏の血を引いているそうです。
今更ですが聖徳太子って天皇の息子だったんですね~。
外人説も聞いたことあるけど。
大好物の懸仏がありました
P70915.jpg
天皇の御子息のお墓だから宮内庁の管轄。
P70916.jpg
夏の終わりの空
P70918.jpg
多宝塔 逆光
P70921.jpg
トリミングしたから画像荒いですが
邪鬼が踏ん張ってました
P70926.jpg
金堂 御本尊は如意輪観世音菩薩
バスツアーの方々が拝観されてました。
こちらを行程に組み込むツアー、やるねいや、やるね
P70922.jpg
聖霊殿の御本尊は聖徳太子十六歳の時の御尊像だそうです。
聖霊殿、完全に見逃してるな

授与所に飾られていた鬼瓦と
P70923.jpg
聖徳太子像
P70924.jpg
御朱印いただきました。
御廟の印の中に三骨一廟の文字。
いいですね~
墨書きで隠れちゃってるのが勿体ない。
P70936.jpg
休憩所に地図があったのですが
藤井寺市から南河内郡太子町まで結構離れてるんですね。
連れて来ていただいて感謝感謝
P70927.jpg



続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター