2018-03-11

18.3.3 仁和寺展2

改めまして、再入場で展示室へ。
撮影禁止エリアの画像は
トーハク公式サイト仁和寺展公式サイト公式FB
INT JAPANSPICEより

仁和寺北院の御本尊の薬師如来坐像(国宝:円勢・長円作:平安時代)
国宝の中で1番小さい仏像だそうで
光背・台座の彫刻や、截金(きりかね)の文様がとても細かくて
神業もんでした
肉眼ではよく分からないくらい
白檀は年輪がないので緻密な表現が出来るだんそうです。
9薬師如来
は前期展示の横被ですが
同じように宇多法皇像に描かれた法皇が肩からかけてる法衣
刺衲袈裟 (しのうげさ)が展示されていました。
布モノはぼろぼろの場合が多いですが
こちらは大事すぎて出番が少なかったのか状態が良かったです。
12宇多法皇袈裟
特別展の目玉の1つ、三十帖冊子(国宝)
空海が在唐中に密教経典や儀軌などを日本に持ち帰るために書写したもので
一緒に行った遣唐使も含めて、唐中のお坊さんらが総出で写したそうです。
1/28までは全帖公開されてましたが
その後は空海真筆の部分を2帖ずつ。
22三十帖冊子
孔雀明王像は室町時代のものと江戸時代のものの
2軸が展示されてました(は前期展示の国宝の)
江戸のほうは、彩色が残っているせいか
孔雀がドヤ顔に見えました
孔雀が蛇を食べることから『一切の難を除く』とされているそうです。
48孔雀明王像
子島曼荼羅(金剛界)
紺地金銀泥(銀はほぼ見えない)で
神々しさがハンパなかったです
すごい細かな文様。 誰が書いたんでしょうね。
56子島曼荼羅
明通寺(福井県小浜市)の彦火々出見尊絵(ひこほほでみのみことえ)
展示品は狩野種泰筆の副本(江戸時代)
海幸彦と山幸彦って、火照命と火遠理命のことだよね~。
日本書紀では山幸彦のことを彦火火出見尊というらしい。
明通寺はこんなお宝も隠し持ってたのね
125明通寺彦火々出見尊絵
仁和寺観音堂再現コーナーは撮影OK
仏像33体総出演です
16:9で撮ったけど全部入りきらなかった
P130465.jpg
友達は向かって右側におられる婆薮(ばす)仙人が気になる模様。
P130466.jpg
私は左側の難陀龍王と摩和羅女
赤い人多め
P130470.jpg
図録の写真、並んでる順番にしてほしかったな。
千手観音菩薩立像(江戸時代) なむ~
P130469.jpg
壁画は高精細画像で再現されています。
147観音堂壁画
『約370年ぶりの観音堂改修工事を記念して特別再現』
と書いてあったのですが
改修工事の間に置く場所無いし特別展やって博物館で保管してもらおう
っていう一石二鳥な感じか?
P130477.jpg
P130473.jpg
仁和寺創建当時の御本尊
阿弥陀如来坐像と両脇侍立像(国宝:平安時代)
御本尊なのに注目度は低め
でも私は、丸顔で、どっしりしてて
落ち着いた雰囲気が好きです
脇侍の宝冠の透かし模様が可愛い。
152阿弥陀三尊
前評判を聞いていた以外の仏像で1番気に入ったのが
龍華寺(神奈川県横浜市)の菩薩坐像(奈良時代)
布と漆を貼り重ねていく乾漆造の技法を使った例は数少なく
大変貴重だそうです。
158龍華寺菩薩
明通寺(福井県小浜市)の降三世明王立像(重文:平安時代)
踏んづけてるのはヒンドゥー教のシヴァ神と、その奥さんだそうです
160明通寺降三世明王
同じく明通寺の深沙大将立像(〃)
このお二方が、で~んと大迫力でお立ちになっていて
地元民として鼻高々でした
161明通寺深沙大将
お久しぶりでございます
中山寺の馬頭観音(福井県高浜町重文)
光背や台座、鮮やかな彩色も、鎌倉時代のものだそうです。
白馬の愛くるしさがたまらん
33年に1度しか本開帳されないのですが
秋のみほとけの里特別公開で、期間は短いですが御開帳されることも。
確か節分にもしれっと御開帳されてると仰ってたような…
162中山寺馬頭観音
金剛寺(大阪府河内長野市)の五智如来坐像(重文:平安時代)
実物はもっとキラキラしてましたよ
お顔がそれぞれ個性的。
164金剛寺五智如来
道明寺(大阪府藤井寺市)の十一面観音菩薩立像(国宝:平安時代)
さすが国宝 威厳がありますね。
毎月18日と25日に御開帳がありますが
お初にお目にかかります
166道明寺十一面観音
後期展示の中で最注目株
道明寺さんとセットで参拝される方が多いであろう
葛井寺(大阪府藤井寺市)の千手観音菩薩坐像(国宝:奈良時代)
こちらもお初です
167葛井寺千手観音
天平彫刻の最高傑作の1つだそうで
大手40本と小手1001本 合計1041本の手が
絶妙なバランスでついています。
恒例のチェック なんかのキャラみたい
月輪に水瓶?みたいな模様が入ってますね。
167葛井寺千手観音ドクロ
持ち物の解説パネル
これ図録に載ってないの
画像拾えてよかったよ。
167葛井寺千手観音パネル
展示では360度拝見できるので
大笑面目当ての人も多かったんじゃないかな。
爆笑じゃなくてニッコリでした
手のひら1つ1つに目が描かれているとは聞いていましたが
こんな感じなんですね。
肉眼では確認できず。
167葛井寺千手観音目
神呪寺(兵庫県西宮市)の如意輪観音菩薩坐像(重文:平安時代)
こちらと観心寺、室生寺で日本三如意輪といわれているそうです。
毎年5/18に御開帳。
何がって言えないけど、なんか変わってるなって印象。
異国風?
『100万ドルの夜景をのぞむ秘仏』と書かれていたので
最初香港からいらしたのかと思った
ハンドスピナー超先取り
168神呪寺如意輪観音
長勝寺(香川県小豆島町)の八幡神本地仏坐像(重文:平安時代)
パネルには神像と書かれていました。
神仏習合の神像の定義って袖で手を隠してるところ?
葛井寺千手観音様・道明寺十一面観音様
雲辺寺千手観音様の化仏も手隠してるよ。
171長勝寺神像
四国遍路の難所の1つ、雲辺寺(徳島県三好市)の千手観音菩薩坐像(重文:平安時代)
像内に書かれた願文には、目のイラストと
「目アゝラカニナシタマヘ」と書かれていて
眼病平癒の願いがこめられているそうです。
目のご利益があるのは日摩尼手(赤い○)だよね~。
壺阪寺で聞いた
172雲辺寺千手観音
8体の秘仏を含め、展示物が多く
見ごたえ満載の特別展でした
やっぱ1時間程度では時間が足りなかった
けど御朱印日付入れてほしかったし、しょうがないよね。
巡回してくれたらいいのにな~。
つか、仁和寺なんだからキョーハクでしてくれたら
2回行けたのに…

3/8には皇太子様も拝観されたそう。
『宸翰(しんかん:天皇自筆の文書)と仏像には興味がある』
と仰ったそうです。
ご先祖様が書いた文書だもんね。

9時ギリギリまで拝観して3人とも疲れがピーク
夜ゴハンはなんか買ってホテルで食べようってことになり
20年ぶりくらいに吉牛を食べたよ

オマケ
2014.4.13の御室桜
140413御室桜

CP+の件は別blogにUPします。

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

2018-03-10

18.3.3 仁和寺展

東西めぐりん 雷門前→東京国立博物館 ¥100
バスだと30分くらいかかると言われましたが
歩きたくないので目の前まで行ってくれるバスにしました。
この日1番楽しみにしていた
特別展仁和寺と御室派のみほとけ
P130461.jpg
予定より15分ほど早く18:45頃に到着。
東京に行くって決まってすぐ前売券買ったって
1人でも行くつもりだったけど結局3人で。

100冊限定の錦織の御朱印帳付(御朱印記入済)の前売券があって
まだ残ってたからそれにしちゃった。 ¥4,500
通常の前売券が¥1,400だから
御朱印帳と御朱印代が¥3,100ってことか。

そして前日の公式FBの投稿で
18:30~19:30に御朱印に日付入れをしてもらえるとの情報を得て
入場後真っ先にグッズショップに行って
御朱印帳の引換と、書置き御朱印を購入して
一旦出て、ロビーの日付入れの列に並びました。
G_7441.jpg
御室流のいけばなを展示していました。
1週間ごとにいけかえられているそうです。
P130462.jpg
ひな祭りに桃の花がぴったり
P130463.jpg
お坊さん2人で対応してくださってました。
仁和寺お坊さん
私が並んだ時には既に50人くらいの人が並んでて
皆さん大体4枚なので日付だけでも時間が掛かり
1時間ほど並んだので拝観時間が短くなっちゃいましたが
今までは午前・午後の2回しか日付入れされてなかったので
まさか夜も追加されるとは思わなくて、嬉しい誤算です
仁和寺お坊さん2
でね、並んでる途中に係りの人が
「混雑してきたので2列でお並びください」と案内されたので
友達2人が前、私がその後ろ
私の後ろに並んでた人が隣に来たんですね。
それで、友達2人が書いてもらって、次私の番じゃないですか。
なのに隣の人がジリジリと前ににじり寄ってって
「お次の方」って呼ばれた時にスっと行っちゃったんですよ
書いてもらってる途中の友達に小声でコソっと
「また横入りされた」とつぶやいたら
友達大爆笑
周りから『何事や?』の視線を浴びました

この日3度目の割り込み
ここまでくると、なんかうちが悪いんかとさえ思っちゃうけど
2列になったからって順番が繰り上がるわけじゃないですよね?

織物美術家・龍村光峯氏による
御衣黄をイメージした錦織の御朱印帳がこちら
表裏の区別がないので
間違えて裏面に書かれないように、渡す時気を付けないと。
P130512.jpg
1ページ目に旧御室御所の御朱印が記入済み。
左下の扁額風の印が特別展の限定だそうです。
仁和寺で、何も指定しないとこちらを書いていただける
スタンダードな御朱印だと思うのですが
私いただいてなかったわ。
P130513.jpg
そして書置きの御朱印が4種。
1つはと同じなので3種いただきました。
・千手観音は仁和寺に行ってもいただけない特別展限定の御朱印です。
・薬師如来は後期展示だったので2/14~いただけるように。
 仁和寺でも毎月8日しかいただけないものです。
・阿弥陀如来は仁和寺でいただいたことあるけど仁和寺展の記念に。
P130514.jpg
FBで「仁和寺にお参りせずに御朱印いただくことに違和感を感じます」
というコメントを見ましたが
展示されている仏さまの御朱印だし
仁和寺展では開眼法要もされてるそうなので(確か運慶・快慶展も)
私は出開帳だと思っています。

・葛井寺の千手観音様の限定御朱印も残ってました
 手がいっぱいの印がステキです
 聞いた話によると色違いの第2弾が出てたそうですが
 全然気付かなかった(売り切れてたのかも?)
 こちらが第2弾らしい。 台紙の色は関係なかったみたい。
・遍照寺の御朱印は写真と100年前のおみくじの復刻版付。
 おみくじは平凡な吉でしたが内容はまぁまぁ
P130515.jpg
御朱印帳とお揃いの錦織のがま口が欲しかったんだけど
小銭入ればかり増えても中身が飛んでくし~
「阿・吽」コラボのトートバッグ
色使いがキレイで、生地もしっかりしていて
狙ってたけど、お値段がちと高め。
どちらもガマンしましたが後ろ髪ひかれてる
クリアファイルと図録は購入。
P130516.jpg
千手観音様の持物の根付とか、手のピアスとか
気になるものがいろいろあったのにチェックするの忘れてしまった。
つか一通り見て気付かなかったんだから、売り切れてたのかも?


肝心の展示内容は次回、、、

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

2018-03-09

18.3.3 買い食いなど

17:40浅草神社を出た頃にはすっかり暗くなって
ライトアップされてました。
P130447.jpg
来た時は目に入ってませんでしたがスカイツリーも見える
P130451.jpg
喫煙所があったので一服
P130442.jpg
宝蔵門(仁王門)裏にでっかいわらじが。
わらじは仁王さまのお力を表し
『この様な大きなわらじを履くものがこの寺を守っているのか』
と驚いて魔が去っていくといわれているんだって。
P130441.jpg
P130452.jpg
あげまんじゅうを立ち食い。
立ち食いってなんか言葉汚いですが
お店の陣地から出てはいけないので食べ歩きと言えない
P130454.jpg
ここでこの日2回目の横入りをされる
3人でしゃべりながら待ってて、どう見ても同じグループなのに
何で割って入ってくるの

事前の下調べだと幟(のぼり:橘色ベース)のライティングだったけど
の写真は白っぽいし、は紫に見えますね。
P130455.jpg
舟和の芋ようかんの焼バージョン
ほくほくで、もろ焼き芋の味でおいしかったです
P130456.jpg
雷門(風雷神門)の裏には龍神像
前回気付いてなかった。
男性の姿が天龍、女性の姿が金龍
P130457.jpg
駆け足になっちゃったけど
目的は果たせて概ね満足
P130460.jpg
オマケ
浅草ならでは?な標識
人力車のお兄さんの客引きがナンパみたいやった
G_7420.jpg


続く、、、

theme : 旅日記
genre : 旅行

2018-03-08

18.3.3 浅草

公園口にある台東区循環バスのバス停に向かうと
この日は迂回路で公園口には停まらないとのことで
パンダ橋を渡って入谷口へ。
ちょうどバスが来たよ
東西めぐりん 上野駅・上野公園→雷門前 ¥100
P130422.jpg
仲見世の家賃値上げのゴタゴタはどうなったんですかね?
P130423.jpg
取り急ぎ浅草神社
P130424.jpg
まずはお参り
徳川将軍家光より寄進された東照宮的な社殿でした。
P130427.jpg
狛犬をPR大使にするの、やめたげて~
P130426.jpg
右のテントが御朱印の列で
テーマパーク形式でロープの中をグルグル回ってますが
こちらはひな祭り限定御朱印がいただけるので
テントからはみ出るくらい人が並んでいます。
この時点で16:30
今並ぶと浅草寺の拝観時間を過ぎてしまうので
先に浅草寺へ。
P130428.jpg
お参り
P130429.jpg
朱印所になっている影向堂へ。
P130431.jpg
P130432.jpg
受付はスムーズでしたが
書きあがり待ちの人が結構いました。
で、私が3人分受け取ることにして
先に2人で浅草神社に並んでもらいました。
達筆
P130510.jpg
それが正解で、私が戻ったのが5時ごろで
新たに並ぶのは5時前で終了みたいでした。
おひとり様だったら、こうはいかないもんね。
P130440.jpg
受付していただいた私の番号は302番。
1日通し番号みたいです。
後ろに数名いらっしゃったので
1日で310名弱の人がこちらの御朱印いただいたんですね。
P130443.jpg
被官稲荷神社の御朱印もお願いしたので
待ち時間にお参り
P130433.jpg
こちらは関東大震災・東京大空襲でも焼け残ったので
『強い運気をいただける』と人気のスポットなんだそうです。
P130434.jpg
子連れお稲荷さん
P130438.jpg
扁額にもいたよ
P130436.jpg
外見は覆い屋で、中にこじんまりしたお社がありました。
P130435.jpg
いただいた御朱印がこちら
去年のはお雛様のスタンプがもっと大きかったんだけどな。
P130511.jpg
御朱印メニューに朱印代¥500と書いてあって
『ひな祭りのは限定だから』と¥800出したら
『¥1,000です』と言われてしまい
フツーに全部¥500でした
聞いた話によると関東の神社は軒並み¥500らしい。
口裏合わせて値上げしたな

メニューはと恵比寿様の3種でしたが
近くにある兼務社の浅草富士浅間神社もいただけるはず。
ですが今回はお参りしてないので次回。

夫婦狛犬見逃した


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-03-07

18.3.3 上野公園ブラブラ

友達が今年試験を受けるので
合格祈願に上野大仏に行きたいとのことで上野公園へ。
夜にもトーハクへ行くんだけど
上野大仏の拝観が16:00までだったので2回に分けて。
メトロ銀座線 銀座→上野 ¥170
先にびわ湖長浜KANNON HOUSEに寄り道。
G_7419.jpg
今回も撮影可でしたが、注意事項が増えてましたよ。
kannonhouse.jpg
今回お出ましの観音さまは
光勝庵(余呉町国安)の十一面観音菩薩立像(室町時代)
P130402.jpg
ほっぺたぷっくりで、つるんとした質感で
赤ちゃんみたい
P130406.jpg
後ろ姿
衣のひだが横に流れてる
P130404.jpg
横顔が俳優の國村隼さんに似てません?
P130405.jpg
メルマガ登録特典のポストカードをいただきました。
登録時まで遡って過去の観音さまもいただけるとのことで
ちゃっかり千手千足観音さまもいただきました
P130517.jpg
余呉は電車で通り過ぎるだけで
1度も訪れたことがないんですよね。
余呉湖ってのがあるのも最近まで知らなかったし。
滋賀にある水面は全部琵琶湖だと思ってたよ

話がそれちゃいましたが
とても美形な観音さまでした
3/20からは再び会いたい観音さまリクエスト投票で選ばれた
横山神社の馬頭観音さまがお出ましだそうです。
確かにあのロバみたいなお馬さんカワイイ

それから清水観音堂へ。
P130412.jpg
御朱印の列が外まで続いてて、30人くらい並んでました。
観音堂のは11月にいただいたので
上野大仏とパゴダ薬師堂をいただきました。
P130509.jpg
友達が頂いた御朱印の揮毫が、すごく特徴的だったので
今度参拝する機会があったら
この書き手さんに書いていただきたいな~。
(指名できないけど)
P130411.jpg
月の松なめの弁天堂
P130413.jpg
公園の一角 大寒桜というのが咲いてました
上野公園が桜の名所なのは
いろんな品種があり長く楽しめるからですかね~。
P130414.jpg
それから上野大仏へ。
P130418.jpg
階段上って正面がパゴダ薬師堂
パゴダとはミャンマー様式の仏塔のことだそうです。
でもビルマ語じゃなくて英語だそうな。
上野東照宮薬師堂の御本尊だった
薬師三尊像が安置されています(撮影禁止)
P130419.jpg
で、左側に大仏様のお顔がで~んと
関東大震災で頭部が落下
第二次世界大戦の金属供出令で胴体を徴用されて
面部のみが寛永寺に残り
昭和47年に顔をレリーフ状にして奉安したそうです。
面しかないので『これ以上落ちることはない』という理由から
『受験合格にご利益がある』と言われているそうです。
仏頭ならまだしも、頭部もない、おでこすらない
ホントに顔面だけだからインパクトがハンパない
P130420.jpg
お参りするのに3組ほどの後ろに並びまして
その時の写真右下に見切れてるおばちゃん
ガイドさんのお話を聞いていました。
で、私のお参りの順番が来た時にガイドさんのお話が終わって
流れるように横入りされました
P130421.jpg
上野東照宮には今回も寄れなかった


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター