2016-03-17

3/13 聚光院・芳春院

続いて大徳寺へ。
この日は車いす駅伝で一部交通規制があったので
渋滞してるかと思いましたが
ちょうど通った直後だったのか逆に空いてました

山門(金毛閣)
2階部分は千利休が寄進したのですが
茶好きの秀吉は大徳寺で茶会があれば門を潜ることになる。
その上には雪駄履きの利休がいることになる。
『天下人にここを通らせるつもりか』との難癖がつけられ
利休は切腹に追い込まれたそうです。
P60573.jpg
法堂でお参りだけして
P60556.jpg
P60557.jpg
P60559.jpg
聚光院(じゅこういん)さんへ。
P60562.jpg
はい、また間違いましたよ~。
こちらは冬の旅の公開寺院ではありません
2016年3月1日~2017年3月26日の期間の創建450年記念特別公開です。
期間が長いのでまた今度と思ってたのに
人の流れがこちらに向かってたので、つられちゃいました
予約優先ですが空きがあれば予約無しで拝観できます。
15:00頃到着で15:30の会に空きがありました。
15分前に受付開始なので、そんなに待たずに入れました。
拝観料¥2,000とお高めですが
文化財保護に寄付したと思うことにします。
撮影禁止なので門のところから1枚。
P60563.jpg
受付後の待ちの間に先に御朱印いただきました。
書置きですがご住職の直筆だそうです。
P60590.jpg
こちらでは貴重品以外の手荷物はクロークに預けます。
貴重な文化財に荷物が当たってしまう事故も防げますし
盗み撮りもできなくなるからいいかも。

千利休の菩提寺にして、日本画の最高峰・狩野永徳の障壁画を有する大徳寺聚光院。
修復に際して京都国立博物館に寄託していた狩野永徳とその父、松栄による
本堂障壁画46面(全て国宝)が里帰りし、ここ聚光院で修復後初の一挙公開。
また、2013年の書院落慶に合わせ奉納された、現代日本画のトップランナー
千住博画伯の障壁画『滝』が一般初公開されるほか
表千家7代如心斎が千利休150回忌に寄進したとされる茶室「閑隠席」(重文)などが公開されます。

本堂(重文)
室中襖絵『花鳥図』を開けると仏間になっています。
拾い画像
聚光院

方丈(本堂)庭園『百積の庭』(名勝)
『花鳥図』と相対する関係で
狩野永徳が下絵を描き、千利休が作庭したと伝わっているそうです。

狩野永徳筆 室中『花鳥図』 檀那の間『琴棋書画図』(共に国宝)
狩野松栄筆 礼の間『瀟湘八景図』 内陣小襖『蓮池藻魚図』
        衣鉢の間『竹虎遊猿図』(共に国宝)
パンフより
P60591.jpg
京博に寄託されていて通常はデジタル複製画ですが
今回里帰りで全て本物の公開です
もしかして複製画だとだったりするのかな?
24歳の永徳が方丈でも重要な室中と檀那の間を担当していて
松栄が早くから永徳の才能を認めていたことがうかがえます。
昭和54年にルーブル美術館から『モナリザ』が来日した際
返礼としてフランスで展示されたのが
聚光院の障壁画だそうです。

茶室『閑隠席』
表千家7代如心斎が千利休150回忌の際に寄進したと伝わる三畳の茶室で
利休の精神を汲み、明かりが極度に制限され
(明かり取りの障子が小さいです)
簡素で緊張感のある設えが施されています。
(柱は真っ直ぐで黒松?だったかな?)
『枡床席』(共に重文)
濃茶の後の休憩室のような役割で
素麺などの軽い食事もされたそうです。
明るくのびやかな設えです。

千住博画伯筆 障壁画『滝』
拾い画像
滝
完成から3年ほど経っているようですが
こちらに通されると絵の具のにおいがしました。
2度書き直しているそうで
白黒のときは男性の着物姿(紋付とか?)とカブるから却下で
2回目は(記憶が曖昧ですが)赤っぽい色で
何でか忘れちゃったけど似つかわしくないとかで却下で
3度目の青白が採用されたそうです。
上座は男性が座るだろうから黒い着物が映えるようにブルー基調
下座は女性が座るだろうから
華やかな着物が映えるようにホワイト基調だと言っていたと思います。
滝の流れは重力を利用して垂れ流しで
波紋はエアスプレーだったかな?
千住博画伯は高野山開創1200年を記念して
金剛峯寺大主殿囲炉裏の間・茶の間に
襖絵を奉納することが決定しているそうです。

お次は本来の目的の芳春院(ほうしゅんいん)さんへ。
P60564.jpg
P60567.jpg
前田利家の正室まつが創建した前田家の菩提寺
P60568.jpg
こちらも撮影禁止なので前庭だけ
P60570.jpg
加賀藩主・前田利家の正室まつが創建した大徳寺の塔頭寺院で
平成28年に400年遠忌を迎えるまつの法号から寺名がつけられた。
「呑湖閣(どんこかく)」(内部は非公開)は、「金閣」「銀閣」「飛雲閣(ひうんかく)」
と並んで「京の四閣」の一つとも称される優美な二重楼閣。
利家の子・利長が、小堀遠州(こぼりえんしゅう)に依頼して建てたものといわれ
「飽雲池(ほううんち)」とそこに架かる「打月橋(だげつきょう)」とともに
見事な楼閣山水庭園を作り上げている。
また、芳春院の木像や前田家歴代の御霊牌を祀る本堂の前庭は
「花岸庭(かがんてい)」と名付けられた端正な枯山水庭園である。

冬の旅サイトより
芳春院
本堂には御本尊の釈迦牟尼仏・開山玉室宗珀像・まつ像などが祀られています。
本堂南庭の花岸庭は
山渓から流れる水が大海になることを表しているそうです。
仏教が広く伝わることも表しているそうです。
本堂側がシャバで庭園が悟りの境地
船に見立てた石を指差して
「あの船に乗りさえすれば誰でも連れて行ってもらえる」と。
看板より
P60571.jpg
呑湖閣 看板より
P60572.jpg
上層からは比叡山や大徳寺の大伽藍が見渡せ
比叡山背後の「琵琶湖を丸呑みする」という意味を持つそうです。

まつと寧々は仲良しで
まつは寧々の真似ばかりして臥龍廊に似た打月橋を作ったそうです。

茶の湯と縁が深いことから京都では茶人面の大徳寺というそうです。
あと算盤(そろばん)面の妙心寺と伽藍面の東福寺だったかな?

書置きの御朱印をいただきました。
墨書きは御本尊じゃなくて呑湖閣なんですね
P60592.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-01-05

11/22 宝泉院・勝林院

秋の夜灯りの受付は勝林院さん側です。
2寺共通参拝券で¥1,000
既に5、6人の人が並んでいました。

で、後から来た夫婦が看板を見ながら私たちの横にいるんですが
「これで並んでるつもりなんやろうか」
「うちらの前に割り込んできたら並んでるんですけどって言うよ」
と聞こえよがしに言ってやったら
やっと気づいたようで後ろに行きましたが
そうこうしてるうちに列が長くなっていて
だいぶ後ろになってました。
ばっちゃくそっざま~みろの意味

17:45開門となっていましたが17:30頃開けてくれました。
私たちの前の女性は何度も来られているようで
受付の方と顔見知りのようでした。
で、拝観順序は勝林院宝泉院なのですが
前の女性が宝泉院のほうに先に行かれたので
『きっとこの人はツウだからついて行ってみよう』
ってことで宝泉院に先に行ったら
IMG_4741.jpg
bingo 盤桓園(ばんかんえん)無人で撮れました
G_4742.jpg
額縁庭園と言われるこの景色を写真に納めるのが念願だったのですが
やっぱり腕がついていってないね
P50839.jpg
樹齢700年の五葉松
P50847.jpg
「今のうちですよ~。すぐ人でいっぱいになりますからね」
と声掛けてくださったので
「ついてきてよかったです」とお礼言いました。
P50849.jpg
数分後にはこうなりました
P50854.jpg
その方が柄杓で水を撒いているので
何してるのかな~と思ってたら
水琴窟があって
水を撒くと音がよく聞こえるんだそうです。
暗かったので、教えてもらわなかったら
水琴窟があることにも気づかなかったよ
P50856.jpg
血天井も教えていただいて
撮ってみましたがよ~分からんわ
P50858.jpg
G_4700.jpg
鶴亀庭園
P50864.jpg
あぶない、あぶない
帰り際、御朱印をお願いしていないことを思い出しました
書いていただく間、囲炉裏の部屋で待機。
IMG_4743.jpg
勝林院の御朱印もこちらでいただけます。
P50919.jpg
挟み紙と一緒に絵葉書も挟んでありました
P50920.jpg
撮影に夢中になってお参りするのを忘れてしまいました
仏様どこにおられたのかな

それから勝林院へ。
暗くて分かりにくいですが
来迎橋という名の短い橋が掛かっていて
その下を流れる川は三途の川
橋より向こうは極楽浄土だそうです。
IMG_4744.jpg
本堂
P50832.jpg
彫刻が見事です
G_4704.jpg
IMG_4745.jpg
こちらも撮影禁止と書いてなかったので
御本尊の阿弥陀如来坐像
善の綱が結ばれていました。
P50885.jpg
梵鐘
G_4701.jpg
これで大原御朱印巡りは終了です。
イマイチだったし
宝泉院・勝林院は昼間どんな感じかも見たいし
再訪したいですね


ちょっとだけ続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-01-04

11/22 来迎院・実光院

お次は来迎院(らいごういん)さん。
少し坂道を登らないといけません。
看板に延暦寺登山口とありますが
ここから延暦寺まで歩く人がいるんですね
IMG_4734.jpg
11月中は本堂の特別公開があるそうです。 ¥400
平安時代の俗化した比叡山から大原へ隠棲した良忍上人が
声明修行の為に作った道場

IMG_4735.jpg
撮影禁止と書いてなかったのでパチリ
シャッタースピード遅くて手ブレしちゃいました
IMG_4736.jpg
御本尊は薬師・釈迦・弥陀の三如来坐像
P50825.jpg
御朱印いただきました。
P50916.jpg
続いて実光院さん。
こちらは拝観料¥700ですが、お薄をいただけます。
IMG_4737.jpg
客殿で契心園(けいしんえん)を見ながら暫し歓談
IMG_4738.jpg
高校生に見える(大学生かも?)カップルがデートしてて
渋いチョイスやな~って話してました。
IMG_4739.jpg
染井吉野は毬のようにもっさりとボリュームありますが
不断桜はちょんちょんと梅のような咲き方ですね。
G_4702.jpg
御朱印いただきました。
P50918.jpg
この時点で16:20
う~ん、最初の古地谷阿弥陀寺割愛しなくてもよかったかな
まぁ仕方ないね。
しば漬け買いに行かないと
「ライトアップ見に行くんですけど
 駐車場に停めたままでもいいですか?」
とお聞きしたら、OKとのことでした。
1日中停めさせてくれるなんて太っ腹やね
写真撮り忘れましたが
なんか忘れたけど紫蘇の入ったしば漬けと
ミョウガのなんかと千枚漬けを購入。

三千院に戻ってきました。
IMG_4740.jpg
お土産屋さんをチラ見しましたが
もう閉店準備をしていて
行くところもないし並んでるかってことで
勝林院さんへ向かいました。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-01-03

11/22 出世稲荷神社・大原念仏寺

お腹が空いてきたので
事前に喫煙可検索した三千院の里さんへ。
でも、それらしきお店がありません
つぶれた
(移転したのか後で三千院に戻ったら真ん前にありました)
で、先に出世稲荷神社さんへ。
立身出世を遂げた豊臣秀吉に因んだ社名だそうです。
P50813.jpg
紅葉に桜に薄と、なかなか風情があります
P50812.jpg
奥の宮(出世稲荷大神) 三石大神と水天宮
IMG_4730.jpg
大神宮
IMG_4729.jpg
出世稲荷は元々は京都市中心部の千本通沿いにありましたが
地域に氏子はなく、時代も変わり多額の寄進も集まらなかったため
近年は賽銭やお守りの販売を中心での運営となっていました。
老朽化する社殿を維持修復する費用がなく
神社を残すことを第一に考え
境内の土地を売却して移転となったのです。

IMG_4731.jpg
社殿では六代目清水六兵衛作の御神体と
堂本印象筆の雲龍図が公開されていました。
P50811.jpg
御朱印いただきました。
で見て
この印がぷっくりしてて可愛かったので欲しかった御朱印です
これ、何ていうのかな 3つ並んでたりしますよね。
P50922.jpg
もうお腹の虫が治まらないので
通りすがりの小の山荘さんで天ぷらそばセットを食べました。
席が空いてなくて少しだけ待ちましたが
ロビーで一服できたので無問題
IMG_4732.jpg
帰り道の大原念仏寺さんへ。
IMG_4733.jpg
が逃げはしないんだけど、えらい警戒してました
G_4698.jpg
御朱印いただきました。
ご住職不在で書置きでした。
P50917.jpg
こちらで京都洛北 森と水の会御朱印巡りのリーフレットをいただきました。
スタンプ10個集めると木のコースターをいただけるんです。
そう言えば随分前にどこかで見かけたけど
存在を忘れてたわ
寂光院と三千院でもスタンプいただけたのね
期限はないそうなので再訪する時まで大事に取っておかないと。
御朱印巡り


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-01-02

11/22 三千院

次に三千院に向かうのですが、
志ば久さんという漬物屋さんのに停めさせてもらいます。
大原バス停の近くです。
こちらも部員さんが教えてくれたのですが
こちらで買い物すると観光中無料で停めさせてくれるそうです
お店の駐車場だから
ずっと停めさせてくれると知らない人は停めないので
いつも空いているそうです
しば漬けは買うつもりだったのでちょうどよかったです
P50895.jpg
三千院に向かう途中、呂川沿いに店舗があります。
先に買っちゃうと荷物になるので
「お店の駐車場に停めさせてもらったんですけど
 買い物帰りでもいいですか?
 何時までやってますか?」とお聞きしたら
「いいよ。5時ごろまで。
 駐車場のことよく知ってたね。」と言われました
Mさん、良い情報をありがとうございます
P50827.jpg
見頃過ぎてるというのに、なかなかの混雑です。
みんな引っかかったな~ 自分もです
御殿門
IMG_4724.jpg
聚碧園(しゅうへきえん)
GP3079.jpg
宸殿の写真撮り忘れた
御本尊は薬師瑠璃光如来(秘仏)

有清園
苔と紅葉が有名だそうですがは散っちゃってました
GP3082.jpg
往生極楽院
GP3089.jpg
御本尊は阿弥陀三尊
撮影禁止だったので外から撮った写真をトリミング
GP3091.jpg
わらべ地蔵も有名ですね
IMG_4725.jpg
IMG_4726.jpg
金色不動堂
毎月28日の不動明王の縁日は
紺紙金泥の金色不動尊の御朱印が授与されるそうです。
GP3098.jpg
観音堂
GP3099.jpg
IMG_4727.jpg
売炭翁石仏
IMG_4728.jpg
石仏から弁才天までの道のりは紫陽花園になっているようです。
GP3112.jpg
GP3113.jpg
妙音福寿大弁才天と宇賀神
G_4696.jpg
今回は4種類御朱印いただきました。
右から不動堂で金色不動尊
観音堂で聖観音
円融蔵(えんにゅうぞう:展示室)横の売店で薬師如来と弥陀三尊
他にもいただけるのですが、またの機会に。
P50915.jpg
メノウ玉も忘れずに。
P50921.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター