FC2ブログ
2020-08-29

20.8.9 上御霊神社

この日最後は上御霊神社へ。
市バス 岡崎神社前→地下鉄に乗換えたんやったっけ? 16:00ごろ到着。
P40016.jpg
毛量多め
P40017.jpg
P40018.jpg
複雑な神紋ですね。 有職桐というらしい。
P40019.jpg
正式名称は御霊神社ですが
上御霊・下御霊で区別してるんでしょうね。
境内は御霊の杜といい
畠山政長が御霊の森で畠山義就と戦ったことから
応仁の乱発端の地と言われています

P40021.jpg
応仁の乱 発端 御霊合戦旧跡 碑
P40020.jpg
司馬温公の甕割りの場面でしょうか?
P40024.jpg
上御霊神社がおこったころ天変地異が相次ぎ
悲運の中に亡くなられた高貴な人々の祟りだとされました
その人々の神霊を丁重におまつりすることによって
災いをなくそうという御霊信仰が生まれ、そのまつりは御霊会と呼ばれます
上御霊神社の祭礼は御霊会の発祥だそうです

P40030.jpg
桓武天皇の勅願により崇道天皇(早良親王)を祀ったのが始まりで
其後仁明天皇・清和天皇により、井上内親王・他戸親王
藤原大夫神(藤原広嗣)・橘大夫(橘逸勢)・文大夫(文屋宮田麿)の神霊を合祀
後更に火雷神(以上六所の荒魂)・吉備聖霊(吉備大臣)を併祭
祭神の御霊を鎮めると共に
参拝者の心も自然と静まる「こころしずめ」の社として有名

P40025.jpg
神楽殿には万葉集?の額
P40026.jpg
八幡宮と諸々
P40029.jpg
長宮三十社 出雲大社みたい
P40028.jpg
御霊祭 御車巡幸之儀の見開き御朱印を拝受しました(書置き)
厄病除の護符と紋菓付き
10御霊神社
コロナ対策で(多分)直書き不可で
この御朱印しか授与していませんでした(通常御朱印すら無い)
P40023.jpg
このあと久々に錦市場へ。
17:00過ぎたので店じまいしてるお店も多かった。
食べ歩き禁止になったので
店内の作業場の片隅でパイプ椅子に座って食す
172327.jpg
食いさし
171417.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-08-26

20.8.9 京都御所

続いて京都御所へ高御座等の一般参観に行ってきました。
どうやって行ったかホントに覚えてない
地下鉄 烏丸御池→今出川やったかな? 11:30ごろ到着。
春の予定でしたがコロナの影響で7/18~8/27になったそうです。
1日あたり5,000枚の整理券が必要とのことですが
待ち時間無くすんなり入れました。
検温と手荷物検査があります。
炎天下に歩いていると肌表面温度が上がるので
扇風機の前で冷やしている人がいました
立派なパンフ付きで無料。 さすが宮内庁
4京都御所
京都御所の参観は2014年4月以来ですね。
御車寄(おくるまよせ)
P30934.jpg
諸大夫の間(しょだいぶのま)
P30938.jpg
ガラスで反射して上手く撮れない
P30936.jpg
P30937.jpg
新御車寄(しんみくるまよせ)
こっちは「みくるま」と読むのね。
P30939.jpg
承明門から見た紫宸殿
P30946.jpg
日華門から入ります。
P30952.jpg
P30949.jpg
撮るのに皆さん立ち止まるから
この辺りだけちょっと密になってました。
P30959.jpg
中央に高御座、向かって右に御帳台
P30954.jpg
P30957.jpg
上部の飾りが見えなかったのでパネルも
例の万歳三唱の場面。
うざうざ言う人もいるけど
おめでたいことなんだから万歳でいいと私は思う。
P30944.jpg
すごくきれいだから新調されたのかと思ったら
大正天皇御即位の時に製作されたものなんですね。
P30942.jpg
春興殿(しゅんこうでん)
大正天皇の即位礼に合わせて造営
皇位とともに継承される三種の神器の一つ「御鏡」を皇居からお移しして奉安し
賢所大前の儀を行った建物
P30950.jpg
清涼殿は工事中で非公開
P30960.jpg
御池庭の欅橋
P30961.jpg
P30965.jpg
小御所(こごしょ)
P30962.jpg
威儀物(いぎもの:太刀・弓・胡籙・桙・楯・鉦・鼓)が展示されていました。
P30964.jpg
丹生川上神社に同じものがあるという萬歳幡は展示されていませんでした。
P30966.jpg
蹴鞠の庭
P30967.jpg
御学問所(おがくもんじょ)
P30970.jpg
装束姿人形6体の展示
P30968.jpg
御内庭(ごないてい)
P30971.jpg
御常御殿撮り忘れてるな。
P30972.jpg
売店で記念符を購入 ¥300
これはホントいい記念になるよ
5京都御所
前日にどこかで扇子を落としてしまって
ちょうど欲しいと思っていたので小さいほうを購入。
¥2,500やったかな?
菊紋で高貴な人になった気分
P40096.jpg
貴重なものを拝見出来ました

と締めくくっておきますが
前回の写真を拡大して見てみたら高御座と御帳台あったわ
今回よりも見えにくいけどいつも紫宸殿に置いてあるっぽい。


続く、、、

theme : 世界遺産・遺跡・名所
genre : 旅行

2020-08-25

20.8.9 因幡薬師・高松神明神社

8/9最初は平等寺(因幡薬師)へ。 10:15ごろ到着。
P30917.jpg
因幡国司橘行平が、任終って帰洛の途中
夢告によって因幡賀留津の海中から
一体の薬師如来像をひきあげ仮堂に安置しておいたが
薬師は行平のあとを追って京都に飛来したといわれ
行平は自宅を改造してこれを祀ったという

P30918.jpg
薬師霊水
P30920.jpg
明治初年再建の現本堂には
たび重なる火災にもかかわらずよく伝えられてきた薬師如来立像を安置している
藤原時代、一木作りの優品で重要文化財に指定されている
作者は不明ですが
一説には平安中期から後期にかけて仏師康尚によって作られたとも言われ
嵯峨釈迦堂の釈迦如来、信濃善光寺の阿弥陀如来とともに
日本三如来の一つにかぞえられる

P30921.jpg
御本尊は収蔵庫に安置されているようです。
秘仏ですが、たま~に非公開文化財特別公開で公開されるようです。
昨年の龍谷ミュージアムでの企画展行けなかったんだよな。
ガラスケースの中は屋根に乗っていた贔屓
そして何故かタヌキ
P30919.jpg
観音堂(洛陽三十三所観音霊場)
毎月8日の手作り市に御開帳されるそうです。
P30922.jpg
左から歓喜天、地蔵堂、十九所権現
P30923.jpg
御朱印拝受しました。
1因幡薬師
こちらは授与品が豊富
お正月には松の内限定の干支御朱印
甲子の日限定の大黒天の御朱印もあるそうです。
干支の御朱印帳は大黒さまとネズミ
昨年亥年の御朱印帳が欲しかったな。
京都十二薬師霊場の唐紙の御朱印帳まだありました。
オリジナル御朱印帳やお守りはインコだらけ
「病が飛んで行くように」との願いから小鳥のデザインになったそうです。
いや、絶対ご住職がインコ好きなんだよ
つか動物全般好きなのかな。
この日は犬猫譲渡会をやってました(毎月第2日曜)
の御朱印帳もありました。

それから高松神明神社へ。
地下鉄乗ったかな? 多分四条→烏丸御池 10:50ごろ到着。
P30924.jpg
平安時代、醍醐天皇の10番目の皇子 高明親王が
7歳のとき源朝臣の姓を賜り邸宅として高松殿をご造営
鎮守社として天照大神をお祀りしたのが高松神明神社の初め
高明の末娘 明子が藤原道長と結婚して居住

P30925.jpg
平治の乱で高松殿は焼失、神明神社のみ残る
応仁の乱ではことごとく焼失
再建後、宥玉法印が社僧になり神明宮宝性院と号した
明治に入り神仏分離令で宝性院は廃寺となり高松神明神社となる

P40034.jpg
区民の誇りのオガタマノキ
招霊(おぎたま:死者の霊が降りてくる事)という言葉が名前の由来だそう。
P30931.jpg
水琴窟
自然に滴る水で涼やかな音が鳴ってました
P30932.jpg
御祭神は天照大神・八幡大神・春日大神
P30926.jpg
拝所の左に地蔵堂
P30929.jpg
高松神明宮宝性院の社僧が
紀伊国(和歌山県)九度山の善名称院(真田庵)に安置してあった
真田幸村の念持仏を拝領して持ち帰り「幸村の知恵の地蔵尊」としてお祀りした

P30928.jpg
どういうご縁で拝領されたんですかね?
P30927.jpg
授与所ピンポンしましたがお留守のようだったので
翌日に再訪。
山の日だから前日には無かった国旗が掲げられてました
P40031.jpg
ですがこの日もお留守
セルフ形式で御朱印2種拝受しました(印刷)
2高松神明神社
3高松神明神社
こちら御朱印の種類豊富です。
P40032.jpg
P40033.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-08-24

20.8.8 大報恩寺・石像寺・下鴨神社

続いて大報恩寺(千本釈迦堂)へ。
市バス 高雄12:56→13:12福王子13:16→13:31上七軒
P30891.jpg
稲荷社
P30892.jpg
本堂前に阿亀桜
P30893.jpg
おかめ塚
手に枡組を持つおかめの像と、おかめの墓という宝篋印塔
おかめ信仰の発祥の地
お亀は本堂建築で棟梁を務めた大工 長井飛騨守高次の妻
高次が重要な柱の寸法を間違えて短く切り過ぎた際
枡組で補えば良いと助言して窮地を救いながらも
「専門家でもない女性の知恵で棟梁が大仕事を成し遂げたと言われては夫の恥」と
上棟式を迎える前に自害した

そんな悲しいお話だったんだ
P30895.jpg
本堂(鎌倉初期:国宝)
P30897.jpg
京都市内(京洛)最古の木造建築物だそうです。
堂内の柱には応仁の乱の時のものと伝わる刀傷がありました。
P30896.jpg
8/8~16は六道参り
御本尊と繋がっている紐を引っ張って迎え鐘を撞きます。
P30894.jpg
御本尊の釈迦如来坐像(行快作:重文)御開帳でしたが
遠いのでよく観えませんでした。
トーハク大報恩寺 快慶・定慶のみほとけサイトより
170858.jpg
霊宝殿も拝観 ¥600
P30898.jpg
鬼瓦ならぬおかめ瓦
P30899.jpg
六観音菩薩像(定慶作:重文)
170918.jpg
千手観音の日輪・月輪、大報恩寺サイトの画像は位置が逆?
十大弟子立像(快慶作:重文)
170906.jpg
美術展ナビ「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」仏像ギャラリー
そのほか、大きめの銅造釈迦誕生仏(鎌倉初期:重文)や
大報恩寺ができるより前の作の千手観音像(平安中期:重文)
傅大士および二童子像(室町:院隆作:重文)
胎内納入経巻(重文)、鼉太鼓縁一対(重文)など
とても見ごたえのある霊宝殿でしたが
エアコンが付いてなくてダウン
貸し切り状態で、じっくり観れるチャンスだったのに
ボーーーーーっとしてしまった。

御朱印は塔婆と同じテントでの受付でした。
ぼけ封じ観音と近畿十楽観音霊場の御朱印もありましたが
揮毫は同じ六観音でした。
上でいろんな書き手さんの御朱印を拝見しますが
特に達筆な書き手さんだと思う
観の字のはらいがサイコー
さすが塔婆書きを担当されてるだけあるわ。
5大報恩寺
そして数珠巡礼のメノウ玉をいただくのを忘れた。
すごく混雑するそうですが、12/7・8の大根焚きも興味あるし
ゼッタイ再訪する

それから石像寺(しゃくぞうじ:釘抜地蔵)へ。 14:35ごろ到着。
P30900.jpg
弘法大師・空海によって創建
遣唐使として唐に渡った弘法大師は、持ち帰った石に地蔵菩薩を自ら彫り
人々の「諸悪・諸苦・諸病を救い助けん」と祈願された
諸々の苦しみを抜き取ってくださるお地蔵様ということから苦抜(くぬき)地蔵と呼ばれるようになり
その後「くぬき」がなまり「くぎぬき」の名で知られるようになりました

空海が彫った石の地蔵が本尊だから石像寺?
P30901.jpg
別の由来として
室町時代、ある大商人が両手の痛みに悩まされ
様々な治療を行いましたが痛みは治まらず
苦しみを抜いてくれると評判であったお地蔵様に7日間願掛けに訪れました
7日目の夜、夢の中にお地蔵様が現れ
「この痛みはお前が前世でわら人形に釘を打ち人をのろったむくいだ」と
手の中に刺さっていた恨みの釘を抜き、2本の釘を見せました
目覚めると両手の痛みが治まっていたので
不思議に思った商人は急いで石像寺に行くと
地蔵像の前に血のついた2本の釘があり
大商人はお地蔵様に感謝し100日間お礼参りをしました

P30902.jpg
頭が働いていないので
地蔵堂も、お堂の前の大きな釘抜きの像も撮ってない
地蔵堂には八寸釘と釘抜の絵馬がずらると奉納されています。
P30904.jpg
地蔵堂の裏手には石像弥陀三尊像(鎌倉初期:重文)が祀られています。
一つの石から掘り出した石仏としては日本最古のものだそうです。
P30906.jpg
見逃してますが弘法大師が自ら掘ったといわれる加持水や
藤原定家のお墓もあり。
御朱印をいただくにはお百度参り(100回または自分の数え年分)を
しないといけないそうです。
どこをどう回るのか質問し、説明を受けましたが
ちょっと何言ってるかわかりませんでした。
プチ熱中症中だから、やる気はさらさら無いけどね
今後の参考に聞いてみただけ~。

この日最後は下鴨神社へ。
市バス 千本今出川15:08→15:22出町柳駅前(多分) 15:35ごろ到着。
P30907.jpg
今年3回目?
ご縁がある時は続くのね。
P30909.jpg
さらっとお参りだけ
P30911.jpg
7/23~8/2に行う予定だったみたらし祭(足つけ神事)は
コロナの影響で中止になったんですね。
御手洗池に足をひたすと冷たくて気持ちいいんだけどな。
P30910.jpg
青もみじ御朱印を拝受しました。
6下鴨神社
雑太社の並びにまた新しい摂社ができてたよ(前からあった?)
二十二所社
P30912.jpg
21年ごとの遷宮にあわせてご開帳?
完成した時に御開帳あったんやろか?
P30913.jpg
河崎社(こうさきのやしろ)は建設中かな?
また御朱印増えるかもね
P30914.jpg
河合神社もお参り
P30916.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-21

20.4.5 北野天満宮・平野神社

京阪バス 13系 南春日町13:40→14:04桂駅東口 ¥440
阪急 桂14:08→14:13西院 ¥160
市バス 205系 西大寺四条14:14→14:26北野白梅町 バス1日券¥600

がね、時間通りに到着するの。
それどころか早く到着しすぎて
出発時間まで時間調整で停車してるくらい。
京都のバスが時間通りなんて世も末だね
P220685.jpg
続いて北野天満宮へ。 14:40ごろ到着。
P220686.jpg
こちらも参拝者激減だね。
P220687.jpg
西廻廊の修復工事は終わったみたいです。
P220688.jpg
御朱印2種拝受しました。
5北野天満宮
それから平野神社へ。 初訪です。
から出ましたが、北門から出たらもっと近かったみたい。
P220690.jpg
元々は平城宮の宮中(桓武天皇の父光仁天皇の御所)に祀られていて
現在地には延暦13年(794)平安遷都と同時にご遷座された
古代には皇太子守護の性格を持ち
平安時代には例祭「平野祭」において皇太子自らにより奉幣が行われた
また、多くの臣籍降下氏族から氏神として歴史的に崇敬された神社としても知られる

御神木の楠の傍らにある「すえひろがね」
餅鉄(べいてつ)という石で、日本最大の餅鉄
邪気を吸い取ってくれるパワースポットで
お守りを石にくっつけると霊石の力を持ち帰る事ができるそうです。
P220705.jpg
接木の拝殿(重文)は2018年の台風第21号で
全ての柱が折れて倒壊してしまって、未だ修復中
P220691.jpg
こちらの方が北野天満宮より混雑してました。
の名所だもんね。
P220693.jpg
これは胡蝶だったかな?
P220696.jpg
中門
本殿は重文
「平野造り」又は「比翼春日造り」とよばれ
一間社春日造りの四殿を二殿ずつ連絡し
左右両殿の間に横棟を渡して「合の間」をつくり正面に向拝をつけた
一見して三間社のように見える独持の形式になっています

P220697.jpg
御祭神四座
ほとんど初見の神様
渡来人により祀られた渡来神のようです。
今木皇大神(いまきすめおおかみ)源気新生、活力生成の神
久度大神(くどのおおかみ)竈の神、生活安泰の神
古開大神(ふるあきのおおかみ)邪気を振り開く平安の神
比賣大神(ひめのおおかみ)生産力の神
P220694.jpg
左近の桜
P220699.jpg
右近の橘
P220698.jpg
大島
P220701.jpg
白雪
P220703.jpg
60種、約400本もの桜が植えられ
3月中旬~4月下旬ごろまでと長い期間お花見を楽しんでいただけます

ですが桜苑はスルーしてしまった
円山公園の「祇園しだれ桜」の原木もあるそうです。
昨年から有料になったそう。
お花の庭園が有料なのはよくあること。
復興資金必要だもんね
P220706.jpg
御朱印拝受しました。
6平野神社
悲報
二十二社用の御朱印帳じゃなくて
通常の神社用の御朱印帳を渡してしまった
再訪しなきゃだね。
間違えたのが丹生川上神社とかじゃなくてよかったよ。
次はかわいいリスのおみくじを引いてみようかな


余談ですが
去年の今日は山家神社さん堪能してたんだよな~。
いつになったら御朱印めぐり再開できるのかな
P170651.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター