FC2ブログ
2021-04-20

21.4.3 蓮華寺・仁和寺

続いて蓮華寺へ。 11:30ごろ到着。
仁和寺の上にあります。
仁和寺には何度も参拝してるのに、こちらは初訪
本堂には阿弥陀如来様が祀られています。
P1260215.jpg
不動堂には五智不動明王様が祀られています。
P1260216.jpg
五智如来の石仏
P1260208.jpg
その後ろに観音菩薩や地蔵菩薩の石仏
P1260212.jpg
御衣黄は咲き初めでした。
P1260210.jpg
鬱金桜(うこんざくら)との見分けが難しいけど
緑色の線条が入ってるのが御衣黄で
全体的に淡い黄色なのが鬱金桜らしい。
P1260211.jpg
五智不動尊の御朱印があるんですが
なぜいただかなかったんだろう…

それから仁和寺へ。
東門から入ったので二王門の無し。
仁和寺では仁王門じゃなくて二王門と書くの、何でなんでしょう?
御室花まつり期間中ですので入山料¥500必要。
以前は御室桜の咲いている間だけ有料でしたが
今は咲いていなくても期間中は入山料が必要なんだそうです
P1260234.jpg
この日は御室桜見ごろだったので
入山料払ってもゼンゼン
P1260235.jpg
そして私のように桜が咲くと浮かれちゃう輩がいっぱい
P1260217.jpg
もこもこ
P1260219.jpg
御室桜とは仁和寺境内にある桜の総称で
桜苑の桜は御室有明という品種だそうです。
20210403_03.jpg
あまりいい天気ではなかったけど
桜の撮るにはこれでよかったかも。
P1260220.jpg
逆光じゃないから五重塔も暗くならないし
P1260222.jpg
P1260224.jpg
P1260226.jpg
いっぱい撮っちゃった
P1260231.jpg
観音堂や
P1260239.jpg
御影堂の辺りは品種の違う桜が咲いてました。
P1260242.jpg
京の冬の旅金堂・五重塔が特別公開されてました。 ¥700
今回は裏堂の公開はありませんでした。
金堂(国宝)は正保3年(1646)に紫宸殿を移築したもので
紫宸殿の遺構としては現存最古
内陣の須弥壇には移築された時に仏師運節により
阿弥陀三尊(中尊・勢至菩薩・観音菩薩)を中心に四天王・梵天・帝釈天などを配置
壁や柱には豪華な極楽図が描かれて浄土世界を演出しています

P1260245.jpg
ガイドさんが「亀に乗っている黄安仙人は阿吽になっている」と仰るので
それは知らなかったと見上げてみたら
阿吽になってるのは亀だった。
P1260243.jpg
そして阿吽の配置が通常と逆
P1260244.jpg
五重塔辺りは御室ツツジが見ごろでした。
御室ツツジとはコバノミツバツツジのことみたいです。
P1260250.jpg
境内のそこここに
何を表してるのかよくわからないオブジェが展示されてましたが
仁和寺芸術祭4.8プロジェクトでの現代アートの展示でした。
P1260248.jpg
五重塔(重文)の公開は
正面と裏側の扉が開扉されてて、ガラス越しに見るだけでした。
塔内部には大日如来、その周りに無量寿如来など四方仏が安置されます
中央に心柱、心柱を囲むように四本の天柱が塔を支え
その柱や壁面には真言八祖や仏をはじめ菊花文様などが細部にまで描かれています

心柱の根元部分も見えるようになっていました。
5層がバラバラで心柱に串刺し状態とは知りませんでした。
裏側のほうが開扉する機会が少ないのか
彩色がよく残っているようでした。
P1260247.jpg
霊宝館名宝展で国宝薬師如来坐像が展示されていましたが
スルーしちゃった。
仁和寺さんはSNSの更新まめにされてるのに
御朱印情報を積極的に配信されないのは
コロナ対策なんですかね?
特別御朱印が7種類ありました。
寛平法皇・阿弥陀如来・弘法大師・薬師如来・愛染明王・孔雀明王・吉祥天
金堂裏堂 五大明王壁画公開の時に初めて出した
あのゴレンジャーみたいな書置きのタイプ。
バラでも拝受できるんだけど、セットぽいニオイを醸し出してる
そしてもう1つ、OMURO88特別御朱印も3種類ありました。
修行大師・文殊菩薩・済仁法親王
なんかもう、きりがない気がして、全部印刷だし
全スルー
食事処さんでは御室花まつり記念の黒猫のおしるしがありました。

休憩所でいただいたチラシによると
毎月18日の観音会では月替わりの特別散華の授与があり
例のタイプの書置き御朱印も5種頒布されるそうです。
(千手観音・不動明王・降三世明王・風神・雷神)
毎月25日のOMURO88護摩祈祷会では3種
(薬師如来・弘法大師・済仁法親王)
5/28の五大明王大祭では
(多分)初公開の時と同じ御朱印が頒布されるそうです。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2021-04-19

21.4.3 龍安寺

もう2週間も経っちゃいましたが、4/3は京都へお花見に
6時前出発、日が昇るのが早くなってきましたね。
足羽川桜並木目当ての
「早朝ならいいやろ」って感じで路駐禁止のとこに停めてる。
20210403_01.jpg
3月から地下鉄・バス一日券でJRバスも乗れるようになったよ
知らなかったんだけど
バス一日券と地下鉄・バス一日券では乗れる区間が違うのね
(地下鉄・バス一日券のほうが広範囲)

まずは龍安寺へ。 10:00ごろ到着。 ¥500
P1260143.jpg
鏡容池(きょうようち)の伏虎島(ふしとらじま)の桜はほぼ散ってた。
アヒルがいるね
P1260145.jpg
境内はいい感じに咲いてました
P1260142.jpg
昨年の8/8以来2度目。
龍安寺垣とは、これのことだろうか?
P1260146.jpg
お目当てはもちろん石庭
P1260161.jpg
以前のそうだ 京都、行こう。のポスターでは
手前の枝垂れ桜がより濃いピンクでしたが
実際に見るとそこまで濃くはなかった。
P1260149.jpg
いっぱい撮ったけど
P1260157.jpg
油土塀が手前から奥に向けて50cmほど低くなってて
目の錯覚でお庭が広く見えるという
こちらからのアングルが定番かな。
20210403_02.jpg
方丈(重文)
真ん中の間の右側の襖絵 が気になる。
P1260158.jpg
吾唯足知の蹲踞(レプリカ)
P1260162.jpg
日本最古の侘助椿は辛うじて咲いてたけど枯れかけ。
P1260163.jpg
京の冬の旅蔵六庵を公開していました。 ¥700
京の冬の旅は3月までの予定でしたが
コロナ感染拡大で休止になってたので4/11まで延長されました。
襖絵「芭蕉図(ばしょうず)」9面は
もともと塔頭の西源院の方丈の障壁画として描かれました
龍安寺が焼失し西源院方丈を移築したため、同時に襖絵も移されました
廃仏毀釈によって明治期に売却され
いったん海外に渡り、国内のコレクターの元へ
2018年、123年ぶりに龍安寺に買い戻されました
金地に芭蕉のみを描いた斬新な構図で
桃山時代の狩野派もしくは海北派の筆によるものとされる

残念ながら撮影禁止でしたが
背後の芝垣の大きさから察するに芭蕉が大きく描かれていて
芭蕉というモチーフも珍しいけど
ホントに斬新な作品でした

このお部屋の前の露地に吾唯足知の蹲踞のほんまもんがあります。
P1260167.jpg
水戸光圀が寄進したそうです。
P1260165.jpg
お隣の間にも同じく買い戻された中国故事の襖絵が展示されてました。
(こちらも撮影禁止)
P1260176.jpg
蔵六庵の扁額
蔵六とはのことだそうです。
(頭・尾・四肢を甲羅の中にしまう)
P1260172.jpg
蔵六庵(茶室)は覗くだけ。
P1260175.jpg
お庭の蹲踞と石灯籠のもじゃもじゃを撮ってたら
P1260177.jpg
棒振りみたいな木があった。
P1260178.jpg
蔵六庵は普段は非公開だからよい機会に来れました
P1260179.jpg
油土塀の裏側
P1260183.jpg
のホワイトチョコみたい
P1260186.jpg
石楠花まで咲いてたよ 早すぎない
P1260188.jpg
納骨堂の裏手
P1260193.jpg
こちらは木蓮かな?(コブシは白しかないらしい)
P1260189.jpg
こちらにも棒振り風の木がたくさん。
杉だと思うんだけど
こういう種類の木なのか、こういう形に剪定してるのか?
P1260194.jpg
桜苑はいろんな品種の桜があり、見ごろもあれば
P1260196.jpg
散ったのもあり
P1260195.jpg
P1260204.jpg
椿と八重桜
P1260198.jpg
めっちゃ大きく育った雪柳の存在感
P1260201.jpg
いろんなお花を楽しめました
P1260207.jpg
京の冬の旅限定の御朱印を拝受しました。
(通常も含めコロナ対策で書置き対応)
1龍安寺


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-08-23

20.8.8 神護寺

続いて神護寺(じんごじ)へ。
途中ののおじさんが
「神護寺に行くならマスク外した方がいいよ~。熱中症になるから~。」
と声をかけてくれました
P30877.jpg
で、アドバイス通り外していたわけですが
この暑さの中約400段の石段を登ってたら
途中からフラフラしてしまった
11:30ごろ到着。 楼門は工事中でした 拝観料¥600
P30878.jpg
正式名称は神護国祚真言寺(じんごこくそしんごんじ)
「八幡神の加護により国家鎮護を祈念する真言の寺」 という意味
和気氏の私寺であったと思われる神願寺と高雄山寺という
2つの寺院が天長元年(824年)に事実上合併してできた寺
空海が東寺や高野山の経営に当たる以前に住した寺であるとともに
最澄も法華経の講義をしたことがあると言われている

和気公霊廟
P30879.jpg
鐘楼
梵鐘(国宝)は日本三名鐘の1つだそうですが
ここから眺めただけ
P30880.jpg
明王堂
P30881.jpg
鬼瓦寄進百万円と書いてあった
P30883.jpg
五大堂と、左奥が毘沙門堂
P30882.jpg
止めの石段
P30884.jpg
金堂
こちらでとうとうダウンして座り込んでしまった
堂内撮影禁止でした
御本尊は薬師如来立像(国宝)、脇侍の日光・月光菩薩立像(重文)
十二神将立像、四天王立像が安置されています。
教科書でおなじみの伝・源頼朝像(複製)はデジタル複製ではなくて
なんとかさんが描いた手書きなんですがクリソツでした
P30886.jpg
御朱印2種拝受しました(弘法大師の方は金紙の書置き)
西国薬師の開創30周年記念スタンプが押されてないんですが
来年まで延長されたんじゃなかったっけ?
4神護寺
かわらけ投げの発祥の地なんだそうですが
そこまで行く元気がなかった
錦雲峡も見たかったな。

多宝塔には五大虚空蔵菩薩像(国宝)が安置されていて
春と秋に特別拝観があるのですが
春はコロナの影響で中止になったそうです。
P30889.jpg
体調万全じゃなくて不完全燃焼だから
秋の特別拝観時に再訪できるといいな
来年3月から(予定)市バス高雄方面まで均一料金¥230になるんだって。
なのでバス1日券の区間内になるし
JRバスもバス1日券で乗車できるようになるらしい
京都市交通局のお知らせ
P30890.jpg
参道途中に硯石
空海が神護寺で修行していた時、嵯峨天皇が金剛定寺の門額を書くよう勅使を送ってきた
ところが清滝川が増水して勅使が川を渡れなかったので
空海はこの岩で墨をすり、空に向かって金剛定寺と書いたところ
文字が金剛定寺に飛んでいき、門額に金剛定寺の文字が現れた

P30887.jpg
硯石の前の硯石亭さんでかき氷食べました
体の中から冷やさないとぶっ倒れるわ
ゆるキャラはもみじちゃんというらしい。
P30888.jpg
オフシーズンだからか、硯石亭さん以外の茶店は閉まってました。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-08-22

20.8.8 西明寺

清滝川を眺めつつ徒歩移動 指月橋
P30862.jpg
川遊びしてる人がたくさんいました(反対側にも)
うちも浸かりたかった
P30863.jpg
西明寺 10:50ごろ到着。 拝観料¥500
P30865.jpg
平安時代に空海の高弟、智泉が神護寺の別院として創建
鎌倉時代に再興され、後宇多法皇により平等心王院の院号を賜り神護寺から独立
P30867.jpg
五重石塔
P30866.jpg
石灯篭がたくさん
P30876.jpg
表門
P30868.jpg
鐘楼と、樹齢700年と言われる御神木の高野槙(こうやまき)
P30869.jpg
聖天堂(歓喜天)に倍返りのお守りというのがあったので拝受しました。
P30870.jpg
頼んます~
P30871.jpg
残念ながら堂内は撮影禁止
P30873.jpg
御本尊の釈迦如来像は運慶作と伝わる清凉寺式立像(鎌倉:重文)
千手観世音菩薩像(平安:重文)と愛染明王像(鎌倉後期)もおられました。
P30875.jpg
紅葉はもちろん、桜やつつじの名所としても知られていますが
青もみじの時期もいいよ
P30872.jpg
御朱印拝受しました。
3西明寺


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-08-21

20.8.8 高山寺

続いて高雄へ移動。 こちら方面も初訪です。
高雄(尾)山の神護寺、槙尾山の西明寺、栂尾山の高山寺の
3つの山に「尾」があることから三尾(さんび)とも呼ばれているそうです。
JR 竜安寺前9:31→9:54栂ノ尾 ¥420
まずは高山寺(こうさんじ)へ。 拝観料¥800
から近い登り口は裏参道だそうです。
P30816.jpg
苔むした石垣と、漆喰の雰囲気いいね
P30818.jpg
ほとんど見えませんが、石水院は国宝だそうです(鎌倉)
P30821.jpg
廂の間 かつて春日・住吉明神の拝殿であったところ
P30823.jpg
高山寺といえばこの風景だよね。
P30824.jpg
善財童子像
P30829.jpg
欄間に富岡鉄斎筆「石水院」の横額
8/1~9/30の限定日に開催される特別拝観のご案内中でした。
P30828.jpg
後ろ姿も
P30834.jpg
明恵上人樹上坐禅像(鎌倉:国宝)
高山寺の後山、楞伽山(りょうがさん)にある縄床樹に座る明恵を描いたもの
明恵の近侍、恵日坊成忍(じょうにん)の筆といわれる
P30843.jpg
木彫りの狗児(湛慶作:鎌倉:重文)
ガラスケースに入ってるので、反射しちゃう
P30837.jpg
かわえぇの~
P30845.jpg
鳥獣人物戯画(平安~鎌倉:国宝)
有名な甲巻の猿追
P30836.jpg
イノシシがカエルに飼われとる
P30835.jpg
後鳥羽上皇の勅額「日出先照高山之寺」(鎌倉)
P30847.jpg
鳥獣人物戯画は複製とのことですが
他の文化財はほんまもんが展示されてるんですかね?
P30846.jpg
紅葉だと時期をピンポイントで絞らないといけないけど
青もみじは夏なら大体いい感じだよね
P30838.jpg
坪庭
P30822.jpg
真ん中のくぼみにがいるって撮ったら
上の方にイモリもいた。
P30841.jpg
御朱印 書置き対応だったのですが
再々来れるところじゃないので拝受しました(印刷っぽい)
2高山寺
鐘楼
P30850.jpg
開山堂
P30851.jpg
2018年9月の台風21号では
300本以上の木が倒れる被害があったそうです。
禿山状態
P30852.jpg
明恵上人御廟 宝篋印塔・如法経塔(共に鎌倉:重文)
P30853.jpg
奥が金堂で、手前が仏足石
P30854.jpg
金堂と、春日明神
P30857.jpg
表参道
P30859.jpg
コロナじゃなかったら混雑してたんでしょうね。
P30860.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター