2018-05-30

18.5.27 岡太・大瀧神社 上宮

大祭の時にいただいた絵地図で
上宮の上に白山伏拝があるのを知ったんですよね。
去年登った時はそれ以上進めると知らなくて
お参りしただけで降りちゃったの。
宮司さんも「白山がきれいに見える」と仰ってたし
見てみたい
奥の院map
この時点で17:00
でも今日はいい天気だし、最近日も長くなってきたし
もっと暑くなってからでは余計辛いから、強行
奥の院参拝者はストックをご自由にお使いください。
P140276.jpg
道中石碑が点在していますが
どれがそうなのかイマイチ分からず
P140305.jpg
P140277.jpg
鳥居まで来たら半分くらい。
P140278.jpg
神馬の足跡 の跡?
P140279.jpg
み火焼き所は分かりやすい。
P140280.jpg
←付いてたわ
P140281.jpg
ひじり堂の跡は物置になってます。
P140282.jpg
約30分で到着~。
拝殿きれいになってますね。
P140283.jpg
前回木の木端とか浮いてて
あんまキレイじゃないとか言っちゃったけど
神聖なご神水でした
P140284.jpg
お参り
P140285.jpg
こういう書体、何ていうんでしたっけ?
P140286.jpg
岡太神社の狛犬はおかっぱ系。
P140288.jpg
八照宮の左側に
P140289.jpg
あったわ、道が。
P140290.jpg
カサカサと音がするたびに
熊か?蛇か?猿か?蛇か?猪か?蛇か?
とビビりまくり
P140291.jpg
おんなじ(大汝)の跡に
P140293.jpg
神籬(ひもろぎ)の大杉がありました。
P140292.jpg
大杉の前の開けたところが大瀧城本丸跡
P140295.jpg
で?
ここからどっちへ行けばいいの?
斜面を覗いてみたら月尾神社の案内板が。
これ道なん?
P140296.jpg
月尾神社に行っちゃったらに戻ってこれなそうだし
白山伏拝って上のほうにあるイメージだから下っちゃダメでしょう
と思い、ここを降りるのはやめておきました。

で、行き場が無くなり
『もしかして右側から行けるのかな?』とお社まで戻って
右側の観音堂の跡や
P140297.jpg
みこし堂の跡を通り過ぎて
P140298.jpg
道はまだ続いてるのですが、どうも下ってるような…
結局行き方が分からず
意地になってこんなとこを登ってみたり
P140303.jpg
第二大杉のところみたいです。
P140300.jpg
木の枝がジャマして景色はほぼ見えず。
P140302.jpg
切れ目から山が見えたけど、これはきっとみ白山じゃない
P140301.jpg
この時点で18:00
さすがにおひとり様では心細い時間になってきたので下山しました。
結局白山拝めなかったよ~
今度は誰かに聞いてから登ろう。
P140304.jpg
私、何を血迷って「四阿山に登りたい」とか
身の程知らずなことを言ってたのかな。
1.1kmでゼーゼーだよ
P140306.jpg

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2018-05-29

18.5.27 岡太・大瀧神社

講演会の後、紙の文化博物館に行ってきました。
P140257.jpg
特別展『大瀧神社の至宝』 2回目
P140258.jpg
出陳品一覧が無いので
仏像と同じディスプレイの展示だけメモってきました

川上御前像(軸)大瀧神社蔵 近代
川上御前
阿弥陀如来坐像 神宮堂蔵  平安後期 定朝様
虚空菩薩坐像     〃    平安初期
         引き締まった胴や、顔をやや前に突き出した姿勢など
         奈良時代の特徴を残す

22P80256.jpg
薬師如来坐像     〃    平安末期
         薬壷を持っていたかは不明
十一面観音坐像 大瀧神社蔵 平安中期
         大瀧寺本堂本尊が里に降ろされたと伝わる
         大瀧稚兒権現の本地

大祭の時は観音堂におられ、こちらはパネルでしたが
5/9からこちらに展示されているそうです。
P140058.jpg
十一面観音立像 大瀧神社蔵 鎌倉時代
神像            〃   平安中期
↑2体はかなり風化が進んでました。 泰澄大師作?
神像は社殿の奥に安置して扉を閉め
仏像の様に常時礼拝しないので
この様に風化してしまう例が多い

獅子頭 大瀧神社蔵 室町時代
     平たく目鼻の彫りは単純で力強い
四神像 大瀧神社蔵 江戸後期
    棹の上に乗せて祭礼の行列に加わる

それから講演会で聞いたことの確認に下宮へ向います。
横山大観揮毫の石碑と一の鳥居
いつも車で素通りしてたので気が付かなかった
こちらの揮毫を御朱印にしたんですね。
P140249.jpg
地蔵堂があって
P140250.jpg
その後ろ奥に神宮堂
P140251.jpg
博物館にお出ましなので、今は写真
P140252.jpg
仏像盗まれるんじゃ?ってくらい質素なお社なので
詳しい場所を書くのはやめておきます
P140253.jpg
木が青々としてて、増し増しでいい感じ
P140259.jpg
観音様もお留守なんですが
P140260.jpg
よみがえる別山堂特別公開中
P140262.jpg
奥の院拝殿の改修のときに
屋根の中から別山堂の部材が出てきたそうです。
P140263.jpg
この日も観光バスが来ていました。
今年に入って100台超えてると聞きました。
有名になったんですね~。
P140266.jpg
扁額の龍の彫刻も見事
目は玉眼やろか?
P140267.jpg
P140269.jpg
今回はちゃんと金保神社・巌乃神社もお参りしました
P140272.jpg
太鼓の音が聞こえてきました。
P140274.jpg
地元の方はいつも参拝者welcomeな雰囲気なんですが
この日も『神輿殿の扉が開いてるから見においで』ってな感じで
手招きしてくださいました
週1で練習をしているんだそうです。
結構激しいリズムです
↑の方は80歳越えで
大祭(御神忌を含めてだと思いますが)は3回目だそうです。
↓の方は山伏の役だったそうで
「1番前だからに全然映らんかった」と仰ってました
P140275.jpg
御神輿4基
GP4987-2.jpg
1番左は50年に1度の御神忌と33年に1度の式年大祭に登場する
川上さんの御神輿(大神輿)
2番目は子供神輿
3番目は毎年の例大祭で登場する山神輿
1番右が神輿渡御で五箇を回る里神輿(渡り神輿)
だそうです。
神輿渡御は結構荒々しいのでね
親棒に遊び(可動域)を持たせているそうです。


続く、、、

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2018-05-28

18.5.27 岡太・大瀧神社 講演会

5/27はパピルス館での講演会
『宮司さんに聞く、和紙と神社の歴史』に参加してきました。
P140254.jpg
越前和紙の里FBより
この中に私がいるんですね~。
宮司さんに聞く
宮司さんは話し慣れてらっしゃるようで聞きやすかったです。
P140256.jpg
『そういえばボイスレコーダー買ったんやった』
と思いだし、約1年半ぶりに出番が来ました
終わってから確認に行ったを添えて
お話の内容を書きだします(長文です

紙漉きは今でいう伝統産業、そう遠くない昔までハイテク産業
裏日本 大陸文化(朝鮮半島)今でいう難民が上陸して技術をおろす
川和田漆器、宮崎陶芸、朽飯(くだし)機織(朽飯八幡)
丹南地域(武生盆地)を中心に凝縮している
盆地 海抜が低い 葦原 ふちにしか生活する空間がなかった
川上御前 韓様式(からようしき)芭蕉扇を持っている
川上御前
元々の神の信仰 お社にいらっしゃるのではない
天にまします神、地にいます神
我々が祈りをこめた時に魂が宿る(依代:よりしろ)
神様にお願いして身近なところに来ていただく
お社のしろは依代のしろ
水の神様(水分:みくまり)は紙漉きに重要
紙漉きに足るほど豊富にありますように、質の良い水が出ますように
水害で苦労しないように(アニミズム:自然崇拝)
そのために神様を大事にします
御神威 我々が祈ることで増す(誰も参らなくなると御神威も無くなる)
紙 正倉院(天平年間)記録に残る 現存する物的証拠

大瀧村氏神之由来
719年泰澄大師が紫雲たなびく村を訪ねると
そこには清い川が流れ山頂からは前年に自らが開いた白山が見えた
そこへ白い球が飛来して稚児に姿を変え
再び白玉に変化したのを石櫃に納めて七堂伽藍を建立した
この稚児が大瀧兒大権現であり小白山大明神である

なぜ白山から遠いこちらを霊場にしたか?
布教するのにお経を写す紙があると有利(当時紙が豊富に無かった)
既に延喜式神名帳に記された今立郡岡太神社があった
今立とは新しく作ったという意味(今立った)丹生郡大きかったから分けた
地元の信仰を大切にして鎮守の神としてお迎え(御前立)
白山信仰本地仏として十一面観音
神道主祭神として伊弉諾尊・国常立尊
大瀧兒権現と称して別当大瀧寺を建立 40坊越え 修験道600余名
大瀧兒権現という大きな括りの中に
大瀧寺と岡太神社が並んでほうがん(包含?)されている
中世から明治まで

一番栄えたのはいつ頃か? 紙作りと表裏一体
地域が栄えれば信仰も厚くなる 御神威も増す
鎌倉時代になると産業もシステマティックになる(貨幣) 紙座発達
南北朝での戦乱の後 紙座の頭領 頭角を現す(三田村家)
織田信長一向一揆 一山焼かれる
わずか3ヵ月後、府中三人衆が来て
安堵状(あんどじょう:独占製造販売権)発行
民衆は守られた 優遇する(保護する)ことで上がりを出させる
伽藍も随時復興

復興して安定した時期の絵図版画と現在の絵地図との比較
白山三峰と同じ配置 大汝跡・白山伏拝(御前峰)・別山堂
山城があった 堀切跡くらいしか残っていない

秀吉・徳川の時代 奉書紙(公文書用紙)需要高まる
幕府の庇護を受ける 屋根に葵の御紋ある(福井藩)
祭礼図絵馬(旧和紙組合休憩所にレプリカある)
祭礼図絵馬
御神輿 神迎えの行事(お下り) 女性いない(女人禁制)
絵図の中に神主1人しかいない 赤い袍(ほう)を着ている お坊さん沢山
下宮 右側護摩堂 茅葺の拝殿 湯立神事(平釜3つ現存)
石積みの上に本殿 法華八講  民衆喜んでいる姿(女性・子供)
願主石川 氏子総代の御先祖では?
絵馬奉納天保5年 現在の下宮社殿天保14年 15年が御開帳(式年大祭)
祭催行大瀧寺 差配役紙座頭領三田村家

下宮の社殿は国の重要文化財
建物だけでなく
どういう経緯でどういう人がどういう形で建てたか記録が残る
歴史的に裏付ける貴重な資料
奉加帳(誰が寄進したのか)が石川家の屋根裏から出てきた
江戸後期 優美な社殿建築 複合社殿
本殿の屋根 一間社(いっけんしゃ)流れ造り
幣殿の上に一体構造
幣殿の入口は唐破風、幣殿の屋根は千鳥破風
2つをまんまコピーして上に乗せている
無くてもいい(当初の絵図面には上2層は無かった)
名棟梁と呼ばれた大久保勘左衛門が末代まで残る良い物を作りたい
作りたくても財力が無いとできない
当時の紙座が棟梁の意思を組んでやる度量があった
天保の飢饉の時代にこれだけの社殿を建ちあげることができた
紙屋さんの財力と心意気の最たるもの

上2層無ければ丹波篠山の柏原(かいばら)八幡宮のお社と似ている
三田村家丹波から血縁関係迎え入れ 永平寺にも丹波から大工が行った
柏原八幡宮のお社(関が原の頃)からヒントを得たのでは?

ギミックある
絵図のように拝殿は下(今の石段の辺り)にあった(観音堂として移築)
拝殿から見上げた時に屋根の先端がきれいに揃って重なり合うように見える
今は石段の下から見上げると神門で屋根が隠れてしまう
この辺りがギリ
P140265.jpg
そう言われれば、屋根が下向きのような。
P140273.jpg
先端左右に揃っていない(アシンメトリー)
完成形でない(未完のまま存在する)日本的な考え

屋根の吹き降ろし 成りが小さいので曲線を出すのは瓦ではムリ
桧皮葺きでカーブを作りこむ
桧皮葺き30年が限度 平成になる前吹き替え 補修したがそろそろ限界
前回吹き替え4500万円 現在億近い
そのことになりましたら御協力お願い

基壇は赤茶の凝灰岩(ぎょうかいがん)と青の笏谷石で2層になっている
コントラスト際立つ
角の石は通常2つで繋ぐが大きな石を『状に切り出している
一体ものだから角がずれない 贅沢な造り
P140271.jpg
碁盤の目の石 正方形でなく長方形で見せかけの筋を入れている
(確認し忘れた)
小さいものは地盤沈下でデコボコになる 大きければ影響が少ない

明治維新 体制が幕府から天皇へ移る
幕藩体制の基礎 仏教が補う お寺の門徒になることで戸籍を管理(過去帳)
同じ政治体制を引きずると頭が変わっただけになる
神道と仏教を明確に分ける 神仏分離は政治的な判断
幕府体制からの決別の表れ
大瀧兒権現⇒大瀧兒神社 怒られた(兒は仏教用語だからダメ)⇒大瀧神社
岡太神社そのままだと大瀧神社の摂社末社 小さい扱いになってしまう
上宮にお社があるから下宮は遥拝所に

粟田部の岡太神社
日野川から日野山に囲まれた地域全てと
北は戸口まで大瀧兒権現の氏子区域 粟田部も入る
地元に社格の高いお宮さんを迎えるのがステータス
官幣社・別格官幣社・縣社・郷社・村社
縣社 神名帳に載っていること
当時大瀧兒権現として存在して岡太神社として表に出ていない
明治に変わったときに粟田部にきぐぐんぺいという頭の良い方がいて
岡太神社の名前をいただいていった
明治以前の岡太神社の記述は粟田部地籍には残っていない
それまでは白山神社だったから
こちらは岡本地域にあるから「おかもと」と読む
向こうは岡本地域ではないから「おかふと」

聴講者からの質問① 彫刻は誰が彫ったか?
棟梁の大久保勘左衛門を筆頭にたくさんの人が関わっている
近江からも職人が来ている
1つだけサインがある(確認忘れ) 語り部の方は御存知
獅子の口と目だけ彩色あり(同上)
鯉の滝登り 登った鯉は龍になる(登竜門)
金網で見にくい
P140268.jpg
鯉が天に昇る途中の姿の彫刻を見つけた人は幸せになる
大祭の時に見つけたけど
パイプで見栄えが悪いので投稿しなかったこちらでは?
翼が生えてて『龍というよりドラゴンやな』と思っていたのですが
こちらが龍になる途中の鯉なら
翼じゃなくてヒレ?
GP5070.jpg
聴講者からの質問② 継体天皇が紙漉きの技を… と聞いたことがある
社伝と矛盾する 出生諸説あり

講演が終わってから上宮のご神体について質問してみました。
岡太神社は川上御前
大瀧神社は国常立尊・伊弉諾尊
八照宮は八幡神   だそうです。

毎年の春の例大祭では山神輿1基がお迎えに上がり
川上御前・国常立尊・伊弉諾尊の3体が一緒に御神輿に乗る
秋のお祭は大瀧神社のお祭なので国常立尊・伊弉諾尊の2体のみ
50年に1度の御神忌と33年に1度の式年大祭には
川上さんの御神輿(大神輿)と呼ばれる御神輿も登場(2基)
今年は1300年大祭なので+月尾渡御のお厨子のような神輿も上がった(3基目)
お下りとは別に五皇神社川上御前が里帰りされたお厨子のような神輿もあり(4基目)
ということみたいです。

疑問に思っていたことが大分解消しました
講演会に参加できてよかったです


続く、、、

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2018-05-15

18.5.5 沓見御田植祭2

女宮一行が道路に出てお出迎え。
GP5197.jpg
合流して揃って女宮へ。
GP5199.jpg
GP5203.jpg
男宮一行が女宮本殿で「来ましたよ~」の挨拶のお参り
御祭神は木花咲耶姫命・瓊瓊杵命・大山咋命
GP5208.jpg
それから男宮→女宮の順で王の舞
GP5218.jpg
女宮のほうが気持ちゆっくりな舞のように感じました。
GP5232.jpg
面もトサカもぜんぜん違いますね。
GP5242.jpg
GP5248.jpg
女宮のトサカはは鳳凰の冠なのかも?
GP5246.jpg
男宮の獅子舞は先ほど拝見したから
その間にお参り
GP5251.jpg
念のためこちらでも御朱印のことお聞きしましたが
やってないとのことでした。
「去年も聞かれたし作らんとあかんね」と仰ったので
「来年期待してます」と言っときました

話し込んでしまい、女宮の獅子舞を見逃しちゃいました
恒例の「どちらから?」から
「福井県でもここらの話し方と全然違うね」と。
私は福井県民の中でも訛りがきついほうです

Blogを書くために王の舞のことを検索していたら
『番子が舞人から鉾を受け取る所作が舞楽の散手に似ている』
と書かれたサイトを見かけました。
それで散手で検索したら
『春日大社 舞楽面 散手』の画像が出てきました
春日大社 舞楽面 散手
お話した時に「室町時代の面が見つかって本殿に祀られている」と仰って
見せていただいた印刷物がモノクロだったので赤ら顔かは分かりませんでしたが
↑のような翁風の面だったので
私も散手に似てるなって思いました。
でも今は天狗面なので長い年月の間に変化していったのかも。

男宮・女宮揃って男宮に向かいます。
GP5258.jpg
社碑の前でほんのちょっとだけ獅子舞披露(2回ジャンプするだけ)
GP5259.jpg
動画撮るのを忘れてたよ。
[広告] VPS

到着~。
GP5264.jpg
女宮一行が男宮本殿で「来ましたよ~」の挨拶のお参り
GP5266.jpg
男宮の拝殿で女宮の王の舞奉納
GP5282.jpg
[広告] VPS

獅子舞
GP5292.jpg
GP5294.jpg
ブレブレですが、躍動感だと思ってください
GP5295.jpg
[広告] VPS

お疲れ様でした
GP5289.jpg
GP5303.jpg
田植え歌・エブリ差し・苗打ちと続きます。
男宮・女宮それぞれが両宮で1回ずつ計4回演舞があるわけですね。

男宮・女宮揃って馬場へ向かいます。
GP5309.jpg
またちょっとだけ獅子舞。
GP5314.jpg
御幣を合わせてクライマックス。
GP5318.jpg
そのあと御幣紙を奪い合います。
GP5319.jpg
男宮・女宮両方の御幣紙を持ち帰って玄関に飾ると厄除けになるそうです。
GP5320.jpg
最後にはお米が入った袋だけになりました。
GP5321.jpg
12:00~17:00過ぎまで長いお祭りでした。
面白かったよ

今回のお気に入り
GP5311.jpg
声張りすぎでガラガラでしょうね
GP5312.jpg

5/6は休息日。 ゴロゴロしてました

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-05-14

18.5.5 沓見御田植祭

GWはお祭りやイベントが目白押しで
栃泉町・登知為(とちい)神社の花山行事とか
三国町安島・大湊神社の椿祭りとか
美浜町早瀬・日吉神社の子供歌舞伎とか
小浜市の小浜祭りとか、西津祭りとか
加賀大聖寺山ノ下寺院群の寺宝・庭園・御朱印めぐりとか
輪島の重蔵神社のキリシマツツジの限定御朱印とか
高岡市美術館 THEドラえもん展(ニナミカさん参加)とか
天平綺文錦オリジナルご朱印帳を出された海龍王寺とか
4/7から先着8000名にクリアファイルをいただける円成寺とか
創建1300年記念御朱印を出されてる元興寺とか
創建1250年記念御朱印帳を出されてる春日大社とか
奈良博の特別展 国宝春日大社のすべてとか
JR奈良線のスタンプラリーがあと1つで応募できるとか
行きたいところがいろいろありすぎ

でもGWは急遽の休日出勤に備えて遠出の予定は立てられないので
下調べをしてないから、近場で前から気になってた
敦賀市沓見(くつみ)の御田植祭に行ってきました。
男宮と呼ばれる信露貴彦(しらきひこ)神社
女宮と呼ばれる久豆弥(くつみ)神社が合同で行う春祭りで
平安時代末期から伝わるそうです。

沓見小学校のグラウンドが臨時駐車場になっていました。
当屋(お旅所)になっている沓見公会堂を男宮が12:00に出発。
5分ほど出遅れたので出発しちゃってました
GP5192.jpg
女宮は12:30ごろ出発するそうで、男宮を追いかけました。
GP5114.jpg
真鍮?の棒を引きずるのは、どういう意味があるんでしょう?
GP5112.jpg
「ヤーホーハイヤー、来年も当屋ー、再来年も当屋ー」と
大きい声を上げながら地区を練り歩きます。
(意味:名誉あるトウヤを来年もしたい、再来年もしたい!)
お祭り気分が盛り上がります
御幣さんを運ぶ役の方が結構年配の方で大変そう
GP5115.jpg
男宮に到着~
GP5120.jpg
GP5121.jpg
拝殿(舞殿だよね)
GP5122.jpg
まずは本殿でお参り
御祭神は迩迩藝命・日本武尊
宮司さんが祝詞をあげられます。
GP5131.jpg
御幣さんは小学5年生が十数枚の扇子を円状に組み合わせて作るそうです。
GP5133.jpg
手水にビールがプカプカ
GP5135.jpg
GP5130.jpg
GP5134.jpg
地元の小中学生が鼻高面を着けて舞う王の舞
最初に着物の合わせ(衿)を手で撫でるような動作があるのですが
どういう意味があるんでしょうね?
GP5152.jpg
能舞のようなゆっくりとした動作で
胴体を動かさずに足捌きで立ったり座ったりするので
大変そうでした。
GP5154.jpg
素襖(すおう:着物)と鳥兜(地元の人はトサカと言ってました)
を今年新調されたそうです。
GP5158.jpg
獅子舞は頭を下げてお尻を上げて
ワンコが遊びに誘う時のような珍しい動きがあったり
カプっと噛む仕草が迫力があり面白かったです。
GP5165.jpg
GP5168.jpg
GP5172.jpg
ずいぶんと練習したんでしょうね。 お疲れ様でした
GP5173.jpg
田植え歌
GP5174.jpg
エブリという農具で田ならしの所作をするエブリ差し
GP5177.jpg
杉の枝を苗にみたてて苗を植える所作をする苗打ち
GP5179.jpg
神饌のお下がりで直会
GP5183.jpg
お本殿へお参りしに行ったら
GP5185.jpg
私もお下がりいただいちゃいました。
拝殿が暗くて露出+補正してたのを戻してなかったので白飛びしちゃった
GP5186.jpg
御朱印やってるかお聞きしたところ
やってないとのことでした。
一行は女宮へ向かいます。
GP5187.jpg
GP5189.jpg
バス停が松本零士ワールドだったんですが
所縁があるんですかね?
GP5191.jpg
「こんにちは~!」と元気よく小学生3人組に声を掛けられました。
「写真撮って~」と。
人懐っこくて可愛らしい子たちでした
GP5190.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター