2018-01-12

18.1.3 佐佳枝廼社

1/3はスタンドに行くついでに
佐佳枝廼社(さかえのやしろ)に行ってきました。
近代的な社殿
うそ 隣のホテル
G_7296.jpg
3日なのに、そこそこ並んでました。
私の前に並んでたカップルの彼氏のほうが
「みんな知らんだけで
真ん中でお参りしたい人だけ並べばいいんや。
横からでいい人は並ばなくていいんや。」と言ってました。
すると彼女が
「割込みしたと思われんか?」と。

どっちの言い分も正解
並ばなくても空いてるところでお参りすればいいんだけど
知らない人に割込みしたと思われたら心外なので
私も並んだし
そのカップルもブツブツ言いながらもちゃんと並んでました
G_7297.jpg
新年限定御朱印
去年の絵のシリーズかと思ったら違いました。
2/3までいただけるそうです。
P130370.jpg
前日だったら毎月2日限定の
春嶽公御命日の御朱印ももらえたんですけどね。

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-12-17

17.12.2 平泉寺

12/2(土)3(日)はブカツで知り合ったSさんが
白山開山1300年関連の寺社巡りをするとのことで
ご一緒してきました

まずは平泉寺白山神社へ。
道中ちょっとだけ寄り道
遠くに見えるドームが恐竜博物館。
その向こうに冠雪した白山が見えますが、雲が邪魔
P120865.jpg
で荷物を降ろしてたら
珍しくのほうから近づいてきました
を覗き込むので
『乗るの?乗っちゃうの?』とドギマギしてたら
「ニャ~」と言って去っていきました。
なんか「コレジャニャイ」と言われたみたい
P120866.jpg
結神社
P120867.jpg
お賽銭箱が♡
P120868.jpg
P120870.jpg
精進坂と一の鳥居
P120872.jpg
旧玄成院
Sさん御朱印貰いましたが
変わりなかったので私はスルー。
P120878.jpg
社務所の衝立に描かれた馬は
結神社のお賽銭箱の馬と同じじゃないかな。
P120876.jpg
庭園の日陰部分には雪が残ってました。
P120873.jpg
この日はお天気良くて、そんなに寒くなかったけど
神奈川から来たSさんは
「寒さが違う!雪が残ってる!」と言ってました
確かに吐く息は白かったわ。
P120875.jpg
夏に来た時にじっくり回ったので、今回はサラッと
P120879.jpg
御手洗池
P120880.jpg
鳥居の榊、今回は枯れてなかった
P120881.jpg
泰澄大師お手植えと伝わる三股に分かれてる御神木
P120883.jpg
拝殿の屋根って緑だったっけ?
P120885.jpg
上から10段目くらいの小さなお社と石積のあるところが
1番パワーがあるところだと、まほろばに書いてあって
この辺りだと思うのですが、全く何も感じず
P120886.jpg
なぜか栗が1粒
P120888.jpg
本社シート被ってました。
壁の鶴の彫刻はシートの隙間から拝見。
P120889.jpg
大汝社
P120890.jpg
別山社
P120891.jpg
納経所跡
P120893.jpg
白くなってる石仏は三所権現っぽいです。
P120892.jpg
三宮
P120894.jpg
案内板が倒れてました。
P120896.jpg
苔は枯れてなかったけど
杉の落ち葉が多くて見た目があんま良くなかった
P120897.jpg
『もしかして御朱印もらえるかも?』と顕海寺さんにも寄ったのですが
お留守のようでピンポン押しても反応なし。
つか、ピンポン押さなくても
敷地内に入ったら自動的に音が鳴ってました。
そんなうるさい音じゃなかったけど、警報機代わりなんだと思う。
バスツアーの添乗員さんの話からして
盗難に過剰反応してるご住職だからね
P120869.jpg
近くなので勝山大仏にも寄るつもりでしたが
ちょっとアクシデントがあり見送り。


続く、、、

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-12-09

17.11.25 東雲寺(朱印なし)

11/25はでゴロゴロしてたんですが
翌日11/26で終了の泰澄大師関連の特別公開で
めっちゃ近いところがあったので、1ヶ所だけ行ってきました。
私が申込まなかったバスツアーで
『普段は見ることが難しい』と書かれていたので、気になってたんですよね。
G_7196.jpg
引っかからなかったので2分で着いちゃった
東雲寺(安養寺の境内)
降ってるのに開けっぱなしなんですけど~
しかも誰もいない。
P120836.jpg
『ご自由にお参りください』ということだと解釈して
勝手に上がらせてもらいました
特別公開の期間中だから開けてくれてるけど
普段は閉まってて無人だから『普段は見ることが難しい』のかも。
NGの表記が無かったので撮らせてもらいました。
P120847.jpg
阿弥陀如来坐像(室町時代)
立派ですね~
丸顔で優しいお顔立ちです。
光背は漆かな?
P120842.jpg
左には眼明観世音菩薩
泰澄が自作したものと伝えられていて
眼病が治るとの言い伝えがあるそうです。
P120839.jpg
苦行の釈迦如来
P120840.jpg
五劫思惟と書かれてますが、お釈迦様だし、アフロじゃないし?
P120841.jpg
外陣のお厨子には白磁?の仏像など。
P120845.jpg
顔だけ仏様
P120846.jpg
パンフに『朱印不可』の記載
G_7198.jpg
校区内にこんな立派な仏像がおられるとは知りませんでした。
この辺りはお寺がたくさんあるので
他にも隠れてらっしゃるかもしれませんね。

今までにバスツアー等で拝観したのも含めると
泰澄寺と春日神社以外はお参りできました。
泰澄特別公開
泰澄寺はまた機会があるかもしれないけど
春日神社はどうかなぁ。
今回の特別公開も11/3・4だけで
関東遠征とカブって行けなかったんですよね

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-12-08

17.11.23 大野市歴史博物館・ベル

遡りまして、この日最初はスタンプラリーで大野市歴史博物館へ。
P120748.jpg
前は公園みたくなってました。
P120746.jpg
P120747.jpg
第1展示室で企画展『天狗党と大野
江戸末期に京都を目指して大野を通り、敦賀で非業の死を遂げた
水戸天狗党の歴史と、対応を迫られた大野藩の動向を紹介。
結の故郷FBより
天狗党と大野
蠅帽子峠から大野に入ってきた天狗党。
秋生、中島を通って、当時鯖江藩領だった木本の杉本さん宅で休憩をとりました。
大野藩では、学びの里「めいりん」あたりに武士、町人2万人が集まり
まちなかに大砲を配備して待ちます。
元町の布川さん(町年寄。当時の区長会長)が決死の覚悟で天狗党と交渉。
結果、大野町だけでなく福井の町も戦場になることを回避することができました。
天狗党が残していった全国地図や陣羽織、天狗党の思想やルート
大野藩の対応、天狗党の結末などを解説。

天狗党って初めて知りました
天狗党と大野 陣羽織
武田耕雲斎 遺留日本地図
武田耕雲斎全国地図
その他、伝岩佐又兵衛筆の三十六歌仙屏風や
作者の記載はなかったけど鷲鷹図なども展示されていました。

第2展示室は地元の寺社・観光地の地図や
白山信仰と、立山信仰との関連についてなど。
白鳥町石徹白の白山中居神社(はくさんちゅうきょ)のパネルがありました。
布橋潅頂
橋に白布を巻き、死装束を着た信女がその上を渡って
浄土に生まれる 擬死再生の儀式

女老尊坐像ってちょっと恐めな老婆の仏像があって
御嶽山洞雲寺と書かれていて
検索したら愛知県常滑市のお寺が出てくるんですが
山号じゃなくて、長野と岐阜の県境にある御嶽山じゃないんですかね?

時間が経ちすぎて、印象が薄くなってる

それから篠座神社→樺八幡神社→楞厳寺と回りまして
最後にベルで開催されてた特別巡回展『白山と泰澄』へ。
ゲーセン横の休憩スペースだったので、騒がしかったです。
白山と泰澄チラシ
泰澄や越のしらやまに関するパネル展示と
P120822.jpg
P120823.jpg
P120826.jpg
大画面4Kでの映像
P120829.jpg
白山天領境内図でどの位置の映像か表示されています。
P120827.jpg
4K映像ってすごいクリアなんですね~
P120828.jpg
室堂が山小屋っぽくなくて、立派な宿泊施設でビックリ。

この日は地元の仏像三昧で大満足の1日でした

theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

2017-12-07

17.11.23 楞厳寺

続いて福井市大村町の楞厳寺(りょうごんじ)へ。
こちらは文殊山の登山口になっていて、無料開放されています
P120791.jpg
観音様も特別公開で本堂へ。
P120794.jpg
シンプルで古風なのがまた良い桜の絵馬
P120795.jpg
本堂
P120792.jpg
撮影OKでした。
P120801.jpg
御本尊の文殊菩薩像(平安後期)
獅子が楽しそうでなにより
P120798.jpg
右側のお厨子は弘法大師坐像(鎌倉時代)
よく見る弘法大師より顔がデカい。
P120796.jpg
快慶作って言い切っちゃってますが大丈夫ですかね
P120797.jpg
左側のお厨子は閉まってました。
隣のお部屋でも仏像や仏画などが展示されてました。
こちらも弘法大師
P120805.jpg
講堂本尊だったとされる
火災でだいぶ損傷してしまった十一面観音菩薩像
P120804.jpg
こちらは伝運慶作
P120806.jpg
聖僧像と地蔵菩薩半跏像
P120807.jpg
稚児文殊菩薩像(伝鎌倉時代)
頭光が中央じゃないのは、なんか意味があるんですかね?
P120808.jpg
山頂の本堂に安置されていた文殊菩薩像は泰澄自作とされるが
初代から何代か後のものらしく鎌倉時代のものとみられる。
今年3月、開山1300年を機に盗難などを防ぐために寺に下ろし
代わりの本尊を新調し安置した。展示会では初披露となる。

P120809.jpg
その後、10/23の台風で山頂本堂は屋根に大穴があくなど半壊したそうで
下ろしておいてよかったですね。
P120810.jpg
蓮華座の側面のベロンとなってるのは何でしょう?
P120815.jpg
元奥之院本尊・前室堂本尊の阿弥陀如来像
こちらも文殊菩薩像と一緒に下ろされました。
P120811.jpg
ショーケースにも小さな仏像や狛犬がありました。
P120819.jpg
P120820.jpg
狛マニアの方にお会いして
おかっぱ頭の狛犬はこの辺独特のもので
『越前禿(えちぜんかむろ)』というと教えていただきました。
P120818.jpg
文殊菩薩像と宇賀弁財天像
P120812.jpg
獅子がマイキーに見える
マイキー
山頂本堂の笏谷石製の屋根瓦は
福井城や丸岡城などの城郭以外では本堂のみだそうです。
とうもろこしのヒゲみたいなの出てる
P120813.jpg
泰澄が山中で発見し本堂に安置したとされる小紋石
P120817.jpg
P120816.jpg
涅槃図
楞厳寺涅槃図
御朱印いただきました。
P120832.jpg
お宝がいろいろあって、面白かったです
P120803.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター