2017-10-12

17.10.8 岡太神社

最後にお隣の岡太神社へ。
こちらも初訪です。
P110842.jpg
神仏分離まで粟生寺は岡太神社の別当寺だったそうです。
P110843.jpg
こちらは「おかふと」と読みます。
大瀧の岡太神社は「おかもと」
継体天皇が即位されたことを祝う蓬萊祀(おらいし)は
1度見に行きたいと思っているのですが
今年もだったので重い腰が上がらなかった
P110844.jpg
拝殿
P110845.jpg
神馬像 桐紋ですね。
なんか楽しげ
P110877.jpg
繼軆(継体)天皇潜龍之聖迹と書いてあるようです。
P110847.jpg
宝物殿があるようですが、公開はされないのかな?
P110848.jpg
左手の階段を登り神輿殿へ。
P110849.jpg
神輿殿の前は苔むしていて良い感じです。
P110853.jpg
廷々の石
男大迹の王の近臣だった廷々左衛門が
佐山に居住し岡太神社の宮司をしていたが
その後服間の水間に移り住み炭焼きを生業とした
祭礼には皇寺より拝受した宝刀を持って参詣したと伝わる
この石は廷々左衛門の庭園に置かれていた庭石をこの地に移したもの
また、廷々家の子孫は現存しており繁栄している

P110851.jpg
左手の階段を登ると本殿
P110859.jpg
本殿の左は貴船神社で、右は須波阿須疑神社
P110860.jpg
これは渦潮か?
P110863.jpg
菊紋だけど秀吉とは関係ないと思う。
P110864.jpg
男大迹(おおと)の王(後の継体天皇)が当地の水害を憂い
九頭竜・足羽・日野の三大河川を開かれた時
建角身神(たてつのみのみこと)・大己貴命(おおなむちのみこと)
国狭槌尊(くにさっちのみこと)の三柱を奉祀したのが起源だそうです。
P110861.jpg
エイリアン風
P110862.jpg
世阿弥の浪曲『花筐ゆかりの地』の石碑
男大迹皇子が河内樟葉宮で継体天皇に即位されたが
当時、当地で寵愛されていた侍女・照日前に
文と花筐を残され、慌ただしく出発。
照日前は皇子への恋慕抑えがたく花筐を持って都へ。
ある日、天皇が紅葉行幸の道すがら
花筐を持ち狂女となった照日前と遭遇。
ふたたび照日前を侍女として皇居へ戻られたという話

だそうです。
P110865.jpg
出雲社
P110868.jpg
ほかに秋葉神社・金刀比羅神社などあるようですが割愛。
P110867.jpg
皇子ヶ池
P110870.jpg
かつては宮内庁管理地で、現在は国有地だそうです。
P110871.jpg
P110873.jpg
P110874.jpg
花筺公園に出てきてしまいました。
公園の中に神社があると言ったほうがいいのかな?
P110875.jpg
P110876.jpg
社務所が開いていなかったので、境内にある宮司さん宅へ。
宮司さんがお留守とのことで
書置きの御朱印をいただきました。
越前奉書紙と思われる上等な御朱印です
耳って言うんでしたっけ?
周りのケバケバが味があります。
4辺とも耳付きってことは一枚漉きってことですよね
なのに「お代はいただいていません」と
お賽銭箱に入れてきました。
P110882.jpg
由緒書きと蓬萊祀のパンフもいただきました。
P110883.jpg
私と入れ違いに来られた男性が
「お神輿を確認したいので鍵を貸してください」
と仰ってるのが聞こえたので
「便乗して見せてもらってもいいですか?」
とお願いして神輿殿へ。
正面に岡太神社の鳥居が付いてるんですね~。
P110879.jpg
1番大きいお神輿は1トンあるそうで
昔は担いでいたけど
今は人が少ないから台車で曳いているそうです。
P110878.jpg
「10/13のお祭りで出るから見に来てください」
と言われましたが
「10/13って金曜ですね」と言うと
「来年は土曜になりますから」と仰るので
「カレンダーに付けときます」と言ってお別れしました

-----追記-----

17.10.14 再訪
秋季例祭 最終日でした。
P110958.jpg
拝殿の扉開いてました。
P110961.jpg
鏡の後ろには御祭神が祀られてるんですかね?
P110959.jpg
2/10の徳日参りで聖観音菩薩が御開帳されるそうです。
拾い画像
岡太神社 聖観音

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-10-11

17.10.8 粟生寺(朱印なし)

それから越前市粟田部町の粟生寺(しょくしょうじ)へ。
初訪です。
開山1300年慶讃大法要は2時からでしたが
高雄神社に長居してしまい10分遅刻
P110830.jpg
塀は3本線ですね。
寺紋とは関係ないよね?
P110833.jpg
山号は金剛山 門の額は舎利院と書いてあるようです。
P110834.jpg
五百数十年前、天台真盛宗に改宗する前の御本尊
千手観音立像が御開帳でした。
内陣には入れなかったので遠目でよく分からない
P110827.jpg
30cmくらいかな? 小さめの仏像でした。
拾い画像
粟生寺本尊「千手観音立像」
散華も撒かれました。
ご住職の先導で、11名くらいの僧侶がおられました。
P110826.jpg
尼さんも。
お経を唱えながら、内陣をぐるりと2周されてました。
P110829.jpg
思いのほか立派な法要でした
法要の後、檀家総代とご住職の挨拶があり
午前中の稚児行列では
お稚児さん180名も集まったそうです
粟田部地区は過去に何度も火災にあっているそうで
開山1,300年を迎えるにあたり
檀家さんをはじめ、皆様のご先祖に思いを馳せて生活してほしい
とのご挨拶でした。

散華拾い
私を含め5人くらいしか拾いに来なかったので大漁でした
P110885.jpg
お忙しそうだったので
御朱印のことはお聞きできませんでした。
法要後に散策。
P110835.jpg
P110836.jpg
P110838.jpg
法要に出られていた尼さんはこの方ですね。
ぶっちゃけ寺でお馴染みって
福井で放送されてないけどな。
あ、有料チャンネル契約してれば見れるのか。
P110840.jpg
お子さんも稚児行列に参加して
ご主人も大道芸を披露され
団姫さんも落語を一席されてたそうです。

-----追記-----

17.10.14 再訪
御朱印はやってないそうです
先週見逃した十王堂は門の外でした。
P110957.jpg
検索してたら
方丈様からの説明を書かれてたのを見つけました。
千手観音菩薩様は、寺の言い伝えでは
1300年前に泰澄大師によって彫られたものだと言われています。
最初は十一面観音菩薩だったものが
補修を重ね時代の変化(流行)により千手観音菩薩になったと推測されます。
これは、先日の大学の先生とも意見が一致しました。
なお粟田部の昭和2年の大火で池の中に入れて守られたと言われている仏様は
本堂の御本尊の阿弥陀様です。
千手観音菩薩様がいらっしゃるお経蔵は燃えにくいため、大火を逃れました。

拾い画像
粟生寺2

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-10-10

17.10.8 高雄神社2

こちらの秋季例祭では
『オシッサマのお渡り』という祭事がメインイベントのようで
何時からかお聞きしたら
神社に到着が13:30とのことで
この時点で12:30。
中途半端な時間に来ちゃいましたね
G_6812.jpg
次の予定もあるし
出発するとこだけでも見れないかと移動。
場所が分からないので太鼓の後をついていきました。
P110787.jpg
太鼓が止まった場所の路地の奥に人だかりがあり
行ってみると松手の宮(御旅所)がありました。
P110790.jpg
お祓い神事の最中でした。
P110791.jpg
神事が終わると
オシッサマに越前和紙の短冊で作ったお神衣を装着。
オシッサマ=お獅子さまなのね。
P110794.jpg
準備が整い記念撮影
背の低い人が写らなくて
場所変えたり、ああだこうだとやってましたが
「出発の時間だし、もういいから早く」とグダグダに
「後から上にポっと入れなアカン」だって

オシッサマ以外にもう1体小さいお面の方がいますね。
かなり重たいみたいでグダグダしてる間に何度もヨイショってやってました。
G_6815.jpg
パンフの内容をかなり端折って説明すると
神様への生贄と信じて可愛い男の子を差し出していたが
通りがかりの侍が「これは怪物の仕業だ」と言い
怪物を退治する。
侍が「猿田彦の子孫だ」と言っていたから
猿田彦命(ハナオッサマ:鼻王様)・天鈿女命(オシッサマ:お獅子様)夫婦神をお祭りにした。

獅子七郷巡行は人身御供を出した七郷十二軒の家を
オシッサマがご供養に立ち寄ります。
夕方帰還し宵宮祭まで宵の宮に安置されます。

獅子渡御(宵宮祭)は天狗神と獅子神が
宵の宮から松手の宮に移動して1泊します。

獅子還御(本日祭)は松手の宮で1泊された2神が
宵の宮にお戻りになります。
私が見学したのはこちらですね。
オシッサマの前に笹を垂らしてます。
ねこじゃらし的な?
G_6816.jpg
ハナオッサマのほうは竹に結び付けられて
P110806.jpg
こうなります。
P110819.jpg
神職さんおられるし
さすがにこの時は御朱印のことは聞けなかった。
再訪するかな。
オシッサマ後ろから見るとこんなボリューミー
P110815.jpg
太鼓の若い衆が「(子供の送り唄に)押されてるぞ!」とか
「よっ!二日酔い!」とかって囃してるのがウケました
[広告] VPS

ゴミが落ちてたので拾ったら、オシッサマの残骸だった。
なんかご利益あるかと思って持って帰った
P110884.jpg
この辺りではゆっくりゆっくり進みますが
参道から宵の宮に向かって疾走するそうで
そこが見どころのようですが時間切れで、これにてドロン
P110821.jpg
境内で式年祭記念のお菓子を売ってました。
この時点ではオシッサマがどんなのか分かってなかったので
ピンときませんでしたが
左の焼菓子がオシッサマで
右の生菓子がハナオッサマを模ってたんですね。
P110880.jpg
売り子さん曰く
「本当はご祈祷をしたかったんですが
できなかったのでお札をつけています」と。
御朱印なかったけど
お札が書置きの御朱印的で、かなり嬉しかったです
御朱印帳に貼るにはチョット大きい。
P110881.jpg
blog書くのに検索してたらチラシ出てきた。
高雄神社1
下調べしてから出かけろっての
高雄神社2

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-10-09

17.10.8 高雄神社

昨日は福井市本堂町の高雄神社
秋季例祭&1300年式年祭に行ってきました。
余談ですが御開扉と御開帳はどういう使い分けなんですかね?
神社とお寺の違い?
P110803.jpg
ナビではピンポイントで案内してくれなかったのですが
看板が出てたので分かりやすかったです
安居中学校と安居公民館が臨時になってました。
P110747.jpg
お祭り気分がアガりますね~
P110748.jpg
福井市にもこんなお祭りがあったんですね。
だいぶ端のほうだけど
P110749.jpg
さるぼぼが押さえてる
P110752.jpg
神社なのに南無薬師如来
ザ・神仏習合
G_6809.jpg
初訪です。
P110755.jpg
石の扁額 笏谷石かな?
P110756.jpg
狛犬と石灯籠がズラリ並んでます。
P110757.jpg
獅子がしがみついてる
P110761.jpg
御神木のねじり柿の木
幹がねじれてます。
P110783.jpg
実が熟すと神殿に奉納されるそうです。
P110784.jpg
拝殿 左右に随身さん
P110762.jpg
絵馬が数枚掛けられていました。
P110779.jpg
本殿は覆い屋の中
P110782.jpg
17年に1度の御開扉で、拝殿と本殿の間から
御祭神を拝見できました(本殿内撮影禁止)

最初、頭部が隠れていて見えなくて
左手に一輪挿しのようなものを持ってらっしゃったので
『変わった薬壷だな』と思ってたら
しゃがんで頭部を見てみたら十一面観音様でした
だって幟に南無薬師如来って書いてあったから~

左右に1体ずつ 三尊でして
いただいたパンフによると高雄大権現
伊弉册尊(十一面観世音菩薩:御前峯)
天忍穂耳尊(聖観世音菩薩:別山)
大己貴命(阿弥陀如来:大汝峯)
とのことで、白山三所権現と同じみたいです。
泰澄大師作だそうです。

御祭神の左側には男神像が3体
右側は大分朽ちてしまってどなたか分からない仏像が安置されてました。
(確か。昨日のことなのにもうあやふや

本殿左に薬師堂
P110763.jpg
薬師神社・春日神社・向神社の合祀
センターが大国主命(薬師如来)
左が春日明神(神主像)、右が応神天皇(釈迦如来)だそうです。
狛犬の駒札があったので、こちらも年代物のお宝と思われます。
P110764.jpg
こちらが幟の薬師如来なのかな?
P110765.jpg
六地蔵灯籠
其々の印象・持ち物が異なるのは越前では珍しいそうです。
P110780.jpg
本殿右の宵の宮
P110767.jpg
パンフによるとセンターは、もと松手神社の月讀命
P110768.jpg
右がもと宵神社の脇侍仏
P110769.jpg
左は何も安置されてなかったのですが
後で出てくるオシッサマが普段はこちらにおられるようです。

鎌倉時代後期の石造七重層塔
光の加減で見えませんが
初重の軸部に阿弥陀三尊の種字(梵字)が彫られています。
P110770.jpg
松谷の宮(松谷神社の移築)
P110772.jpg
こちらの御祭神も伊弉册尊なのに聖観世音菩薩なのね。
浮輪みたいなのは光背の名残りか?
P110773.jpg
御霊水 山岩の間から湧き出ています。
注連縄がされてる岩の前の像は
髪型からみて継体天皇じゃないかな?(知らんけど)
P110774.jpg
この子、私が動いた時の影に驚いて
転げ落ちて水の中にポチャンて
P110775.jpg
栂の大木
注連縄されてるから、こちらが御神木かと思ったよ。
P110776.jpg
受付で御朱印やってるかお聞きしましたが
やってないとのことでした。
受付も本殿の見張りも地元の方っぽくて
神職さんらしき人が見当たらないし
社務所っぽい建物もなかったので
もしかして普段は無人なのかな?
広くて立派な神社なんだけどな。
でも多分どのお宮も普段は扉閉まってて見れないんだろうな。


ちょっとだけ続く、、、

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-09-25

17.9.23 大安禅寺

9/23は3時頃からちょろっと大安禅寺へ。
Blogに銀木犀が咲いていると書いてあったので。
その前に境内入口の垣根のところで彼岸花がお出迎え。
GP4369.jpg
GP4371.jpg
金木犀はオレンジだけど銀木犀は黄色なんですね。
GP4374.jpg
匂いは同じような感じ。
GP4376.jpg
GP4378.jpg
GP4379.jpg
こちらは酔芙蓉と萩
GP4386.jpg
酔芙蓉は一輪咲いたのはしぼんじゃってたけど
蕾がたくさんあるから、まだこれからみたい。
GP4382.jpg
秋分の日なので10:30~放生会があったようですが
私が伺った時間には何もなかったようなので
拝観はせず外でお参りだけ
GP4384.jpg
秋限定の御朱印をいただきました。
『落水』というデザインの越前和紙に書かれています。
P110662.jpg
第1の濃いピンクの萩。
GP4387.jpg
GP4391.jpg
P110651.jpg

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター