FC2ブログ
2018-11-05

18.11.3 石山寺

11/3は石山寺へ。
午後からは櫟野寺へ向かうつもりで関西1デイパス利用
JR 新疋田7:06→7:37長浜7:47→石山8:44 ¥3,600
京阪バス1のりば8:54→石山寺山門前 ¥210
9:00ごろ到着。
P150714.jpg
11/3・4は西国三十三所草創1300年記念事業で
巡礼&スイーツ~お寺でお茶しましょ~が開催されました。
石山寺チラシ
石山寺チラシ2
参道ブースでは各札所のスイーツ巡礼のお菓子などが販売されますが
10:00~とのことで準備中な感じ。
P150715.jpg
ちょっと早すぎたかなと思いながら志納所へ向かうと
なんと長蛇の列
お友達に「もう並んでるよ」とLINEしようとスマホ取り出したら
「最前列に並んでるよ」と連絡きてました
お仲間が7時から並んでくれてたそうです。
ありがたや~

2日間限定でキルフェボンとコラボした
塔頭カフェがオープンしました(世尊院)
私は知らなかったのですが有名なお店みたいですね。
入山料・ケーキセット(葡萄とレアチーズのタルト 紅茶)・特別御朱印
が含まれたチケットが¥2,500(各日200セット限定)
9:30~販売で、15分で完売したんだそうです
P150717.jpg
10:00から御本尊にスイーツ巡礼の銘菓を献上する
西国三十三所醍醐味献上法要があるとのことで
先に本堂へ。
P150718.jpg
ですが関係者しか参座できなくて
堂内で見学してました。
石山寺法要
法要の後、いのりちゃんの特命先達任命式があったよ。
堂内撮影禁止なんですが
いのりちゃんの記念撮影だけはになったみたい。
P150722.jpg
いのりちゃんは去年の11/24、1番札所から順に巡礼して
(台風の影響で順番ズレたところもあるようですが)
つい最近10/28に約1年かけて満願されたんですよ~
で山上まで行けるとこも麓から徒歩で登ってるの
お疲れ様でした
P150725.jpg
特別御朱印(書置き)いただきました。
西国記念印とキルフェボンの印が押されています。
ピンクの散華はお友達に譲っていただいたもの。
のチラシに
『納経された先着300名に散華を授与いたします』と書いてあって
写経を納めるホントの意味での納経かと思ってたんですが
御朱印をいただくとって意味だったようで
2枚もらったからと1枚くださいました
反射しちゃって画像では分かりにくいけど
宝冠がフルーツ盛になってて、食べてる如意輪さんのイラスト
P150782.jpg
世尊院に降りてくると、カフェ待ちの行列
P150726.jpg
お仲間が並んでくださるとのことで(優しい
東大門前の特設ステージへ。
ゆるキャラ集合して観光PRしてました。
P150735.jpg
参道ブースに戻るとべんべんがいたので
(さっきステージで法螺貝吹いてたの)「法螺貝上手やね」って声掛けたら
また吹いてくれました
P150737.jpg
消しゴムハンコの印仏しおり作り体験もしました。
3枚で¥100
の散華の如意輪さんのハンコのあったよ。
こっちのほうが分かりやすい。
にかぶりつく邪鬼と、迦陵頻伽と
観音さま、毘沙門天、吉祥天
P150738.jpg
くぐり岩くぐってみました。
P150739.jpg
頭ぶつけた
P150740.jpg
11:00に並んでもらってから1時間半でやっと門前まで
P150744.jpg
12:30になっちゃったので櫟野寺行きは諦めました。
P150741.jpg
お待ちかねのタルトがこちら
実は私、チーズケーキが苦手なんですが
クリームチーズのまったりした感じとか酸っぱさが全然なくて
苦手な私が美味しいと思うくらいめちゃウマでした
P150750.jpg
オーナーさん?がsetしてくれたので
少しお話もお聞きできたのですが
生クリームの先にちょこんと乗ってるのは
ポーランドだかフィンランドだかから取り寄せた(忘れちゃった)
日本ではなかなか手に入らない菩提樹のはちみつだそうです。
フルーツをシャインマスカットにしたのも
葡萄を持ってる仏様がいると聞いて葡萄にしたそうで
ただ季節柄で選んだわけじゃないんですね(葡萄の時期は過ぎてるし)
レアチーズも蘇だからだそうで
仏教にまつわる食材を使ってらっしゃったんですね
P150746.jpg
11/5~30まで期間限定で
キルフェボンの京都店と大阪店で販売されるのですが
ホール(25cm)¥10,075、カット¥1,060と書いてあったので
並んでる時に
「千円もするんだから美味しくてあたりまえやろ。
これで美味しくなかったら詐欺やわ。」
なんて話してたんですが
こだわりをお聞きしたら納得のお値段やったわ。
P150751.jpg
キルフェボン色を出すためにオブジェ等も持参されたそうです。
P150753.jpg
京都のスイーツビュッフェが
期待値が高かった割にイマイチだったので
このイベントを見つけた時には乗り気じゃなかったんだけど
来てよかったよ~
P150745.jpg
特設ステージに戻りまして
長谷寺の僧侶の方々による声明&太鼓の公演を拝見。
P150759.jpg
女の子2人地べた座りでセンターでかぶりつき
P150756.jpg
錫杖経と般若心経
P150763.jpg
尼さんバイオリニストとのコラボも。
このお坊さん場慣れしてて、お話が面白かったです。
観客からリクエストを聞いて即興で演奏するっていって
尼さんが『それはちょっとムリ』みたいな素振りをすると
「その曲は日曜限定」なんて言ってました
P150762.jpg
屋外での転読は風に煽られちゃって上手くできんかったっぽい。
P150766.jpg
いのりちゃんとの2ショット撮影で
「インスタ映え~」って仰ってたんですが
この方が長谷寺のインスタ僧侶さんなんですかね?
P150769.jpg
15:40~のビンゴ大会まで1時間ほどあったので
本堂に戻って如意輪観音半跏像(知足庵蔵)特別公開を見てきました。
別途¥500
50cmくらいの小さめの仏像で
左手は手のひらを上にして膝の辺りに下げてらっしゃって
右手に蓮を持ってらっしゃいます。
チラシの画像で想像してたより美形でした
石山寺如意輪
お友達が茶丈藤村さんの店先でハロウィン柿をみつけたよ
P150775.jpg
いろんなことによく気付くね~
P150774.jpg
朗澄大徳ゆかりの庭園なんてのもあったよ。
P150777.jpg
P150778.jpg
名僧なんだけど妖怪っぽい(失礼)
P150779.jpg
ビンゴはね、お仲間から2人景品get
私は先に宣言してた通りかすりもしなかったよ
リーチすらない。
『全く惜しくもないで賞』ってのと作って欲しい

まさか1日石山寺にいるとは思ってませんでしたが
みんなのおかげでめっちゃ楽しい1日でした

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-11-03

18.11.3 真珠庵 御朱印帳到着

大徳寺真珠庵から
襖絵新調プロジェクトのクラウドファンディングで申込んでいた
御朱印帳が届きました
G_8157.jpg
とんちで有名な一休さんゆかりのお寺、京都・大徳寺真珠庵は
一休さんに教えを受けた画家曽我蛇足や
桃山時代を代表する画家長谷川等伯の襖絵が
本堂にそのまま遺されていることで有名です。
しかしさすがに蛇足の襖絵で約530年
等伯の襖絵で約400年間立てかけられたままですから
傷みが目立ってまいりました。
そこで3年前から8年計画で
方丈5室の重要文化財の襖絵の修理が始まりました。
襖絵のはまっていないガランとした方丈を眺めて過ごすうちに
この機会に新しい襖絵を描いて頂く事を思い立ち
ご縁の深い現代を代表する各ジャンルの素晴らしい絵師の方々に
お願い致しました。
その絵師の方々は「釣りバカ日誌」などで知られる漫画家・北見けんいち氏
「王立宇宙軍オネアミスの翼」「新世紀エヴァンゲリオン」などで知られる
アニメ会社GINAXの代表取締役社長でアニメ監督の山賀博之氏
ゲーム「ファイナルファンタジー」のアートディレクターを
長年務められた上国料勇氏
そしてアニメ「オトナの一休さん」の作画担当のイラストレーター伊野孝行氏
禅僧で画家の濱地創宗師
画家であり写真家の山口和也氏の6名です。

絵師
山口和也さん。 聞き覚えのあるお名前。
岡太神社・大瀧神社の1300年祭で絵画点火式奉納をされた方でした。
点火式
この時はこの方の作風を知らなかったので
『絵画の点火式ってどゆこと?』と思ってて
21:00~と書いてあったので
夜だから絵をライトアップするのかなと
勝手に解釈してたんですよね(点灯式と勘違いしてる)
この日夕方まで神社にいたんですが
21:00まで待つのも長いし
1度家に帰ってまた来るのも面倒なので
スルーしちゃったんですが
こんなことなら見に行けばよかった

入場時間前拝観+和尚の案内&御朱印帳のコースは
御朱印帳4種しかなくて山口さんの御朱印帳が選べなかったので
G_8160.jpg
御朱印帳のみのコースにしました。
『12月末までにお届け予定』となっていましたが
すごい早く送ってくださったんですね。
拝観の際にはこの御朱印帳を持って行こうと思います。
G_8161.jpg
で、これは私の勝手な思い込みなんですが(悪い癖)
山口さんの御朱印帳だから表装和紙だと思ってたんですよね。
実物は印刷されたツルツルの紙でした。
そんなわけないか ¥3,000だもんね。
P150710.jpg
裏表紙に山口さんのサイン
1ページ目に御朱印が書かれていました。
P150711.jpg
G_8158.jpg
P150712.jpg
結局このクラウドファンディングで集まった資金は
新調した襖絵のお代なのか、古い襖絵の修復に使うのか
どっちなんだろ?

theme : 雑記
genre : ブログ

2018-11-02

18.10.28 天日陰比咩神社

続いて天日陰比咩神社(あめひかげひめ)へ。
P150684.jpg
P150686.jpg
御祭神は天日陰比咩大神・屋船久久能智命
相殿の伊須流支比神社の御祭神は
伊須流支比古神・大己貴命・応神天皇・大昆古命
伊須流支比古神社は石動山鎮座が有名ですが
石動山はこちらの神社の御分霊を勧請したと伝わるそうです。
P150685.jpg
阿吽共に逆立ちしている珍しい狛犬。
P150687.jpg
尻尾がボリューミー
P150688.jpg
いろは楓
樹齢600年余りの大木で、南と西に枝が別れ
竜の形をしていることから「龍髭(りゅうしゅ)楓」と云われている

P150689.jpg
変わったオブジェが点在。
P150691.jpg
ラピュタっぽい?
P150690.jpg
みくりや
当神社は酒造りの祖神と云われる大三輪の神が祭られ
往古より酒造りが伝承され、このみくりやで醸造された濁酒は
12/5の新嘗祭(どぶろく祭り)にお供へし参拝客に振る舞われる。
殊に正月三ケ日は、初詣の参拝客にもれなく振る舞われ喜ばれている。

最近知ったのですが
新酒が出来上ると新しい杉玉を吊るすんだって。
もうすぐですね。
P150694.jpg
鎮座石
天狗の足跡だそうです。
P150702.jpg
手水は玉持った龍
P150703.jpg
お参り
P150695.jpg
こちらでは9月から毎月1日の月次祭(午前6時から斎行)の後
午前6時すぎ~午前7時30分の間に 特別御朱印をいただけるそうです。
P150696.jpg
天神・稲荷社
P150697.jpg
神池
P150700.jpg
池が小さいからか、鯉もかわいらしいサイズ
P150698.jpg
16:20頃到着したのですが、授与所は閉まってました
16:00までなのかな?
授与所に置いてあった小さなお面
P150701.jpg
社務所もピンポンしてみたんですがお留守のようで
御朱印いただけませんでした
神鶏がいる柵を覗きながら暫く待ってみたのですが
P150704.jpg
戻ってこられなかったので諦めて帰ろうと車に乗り込むと
鳥居前に車が停まったので
戻ってこられたのかと様子をうかがってると
中年女性が柿をむしり取ってたんですよね。
柿泥棒?

今回は空振りのところも多く、ムムムっ
友達1人来れなかったから
3人揃ったときのために気多大社外してあるし
再訪確定ですね。

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-11-01

18.10.28 永光寺

続いて永光寺(ようこうじ)へ。
P150661.jpg
からチョット距離はありますが
雰囲気いいのでオススメ(方丈横にもあります)
P150660.jpg
P150662.jpg
弁天堂の横は噴水みたくなってた。
P150663.jpg
お掃除してもいいんだけど
集めたごみや落ち葉はどうすればいいの?
P150664.jpg
友達はこの景色が気に入ったようです
P150665.jpg
山門
P150669.jpg
アバラが強烈
P150668.jpg
P150667.jpg
寺宝めぐりのパンフでは要予約となっていますが
したところ団体でなければ予約不要とのことでした。
P150681.jpg
洞谷山永光寺の創建は1312年
瑩山紹瑾和尚が当時の地頭海野信直の妻祖忍尼の招きにより
開山したのが始まりと伝えられています。
(伝説では白狐に導かれ永光寺を開創したとも)

P150683.jpg
1323年、後醍醐天皇の勅願により道場として定められ
足利尊氏の発願した安国寺利生塔が当寺に置かれた事で
能登国随一の禅寺としての地位を確立しました。
応仁の乱で焼失し一時衰退し
前田利家により再興されたが、寺領は20石に留まり
現在の総持寺祖院の末寺に組み込まれる形となりました。
境内は「永光寺方式」と呼ばれる伽藍配置となっている
(伽藍配置は羽咋市指定文化財)。

P150670.jpg
拝観できるのは法堂だけのようです。
P150673.jpg
御本尊は華厳釈迦牟尼仏坐像
まげを高く結ってらっしゃいました。
三尊形式ですが、脇侍は観音菩薩と虚空菩薩の組み合わせ。
P150677.jpg
山岡鉄舟の書
金毛の獅子 威を奮い 出塵す
P150674.jpg
山岡鉄舟は明治初期に荒廃していた永光寺の復興費のために
書などを多数寄進したそうです。
P150672.jpg
P150678.jpg
十六羅漢と四天王
P150675.jpg
拝観後、庫裏でお茶とお菓子をいただきました。
御朱印いただきました。
P150708.jpg
法堂の表側の床下にあたる所には「蛇胎石」と呼ばれる大石があります。
この石は、蛇の体をした妖霊が、瑩山禅師の
お導きによって寺を守護する大石に化したものだと言われています。
なお、法堂の裏側には尻尾が出ているそうです。

これ見逃した

廻廊を通り
伝燈院(開山堂)・五老峰(ごろうほう)に向かったのですが
廻廊から先は結界があり行けませんでした。
P150679.jpg
五老峰には、曹洞宗五祖の遺品が収められています。
(如浄、道元、懐弉(えじょう)、義介(ぎかい)、瑩山禅師)
P150680.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-10-31

18.10.28 UFO博・豊財院

この時点で13:40 時間配分が全く読めない
また時間変更のするのも申し訳ないので
待ってもいいからとりあえず向かっていると
途中でコスモアイル羽咋の看板を見つけて寄ってみました。
展示室のみは¥400
3Fにコスモシアター(プラネタリウム型映画館)もありますが
時間の都合でスルー。
P150646.jpg
ここにも砂像あった。
P150645.jpg
受付で
「ちょっと変わったエレベーターがあるので乗ってみてください」
と言われ
P150649.jpg
まぁ想像通り照明が落ちて宇宙空間になるんですが
2Fまでなのですぐ着いちゃう
P150650.jpg
撮影OKでした。
ヴォストーク帰還用宇宙カプセル(旧ソ連)
実際に宇宙から帰還した本物だそうです
P150651.jpg
アポロ司令船CM(アメリカ) 銀色のシールドは本物
と、ビッグOMEGA
P150652.jpg
アポロ月面着陸船LM(アメリカ) 実物大模型
P150654.jpg
モルニア1号通信衛星(旧ソ連) 実物のバックアップ機
P150653.jpg
羽咋はUFOの目撃情報が多いと聞いたことがあったので
そういう眉唾もんの展示かと思いきや
NASA特別協賛のほんまもんの宇宙科学展示でした。
P150655.jpg
外にあったマーキュリー・レッドストーン・ロケット(アメリカ製)も
1段目・2段目は実物のロケット胴体だそうです。
P150656.jpg
それから豊財院(ぶざいいん)へ。 14:40ごろ到着。
P150657.jpg
石川県羽咋市にある別名「般若寺」とも呼ばれているお寺です。
14世紀、豊財院の開祖・瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)により
能登で初めて開かれた曹洞宗の道場で
弟子の明峯素哲が1312年(正和元年)にこの寺を創建しました。

豊財院→永光寺→總持寺祖院ってことか?
P150658.jpg
こちらは御朱印めぐりのパンフで
能登七福神霊場で載っていたのですが
要予約だし
7ヵ所は回れないからスルーするつもりだったのですが
検索してみたら
大般若経の600巻におよぶ般若経の血書や
檜材一木造の馬頭観音立像、聖観音立像、十一面観音立像
3体の国重要文化財が安置されています。
歴代の住職には名僧が多いことで知られており
特に自らの血をもって大般若経を書写した
月澗義光は中興の祖とされています。

って、観音さま拝みたいじゃないですか~
なので事前にTELしときました。
行程途中の予約って時間が読めないから苦手。
P150659.jpg
収蔵庫へ案内していただきました。
等身大の檜一木造(藤原時代)
空海作と伝わるそうですが、地方色も見られるので
空海がこちらに来られた時に一緒に作ったのではないか
とのことでした。
三尊は1度も離れたことがなくずっと一緒なんだそうです。
撮影禁止だったので曹洞宗石川県宗務所より
豊財院
馬頭観音様は大宰府観世音寺の像と並び
日本最古と言われているそうです。
頭にちょこんとあごのせしてる感じが可愛らしい。
忿怒の顔ですが、そんなに恐い表情ではなかったです。

聖観音様は伏目がちというか
居眠りされてるように見えました(失礼
十一面観音様は静かに佇んでらっしゃる感じ。

3体とも厚みがあり重厚感。
下あごがぷっくりしてます。
羽咋市観光協会HPより
豊財院2
両脇に四天王のうちの増長天と広目天がおられました(鎌倉期)
何度か火災にあわれていて、二天は助け出されたそうです。
腕や足に焦げた跡がありました。
足元には西国三十三所の小像が並んでました。

壁両面に箪笥のような引き出しがあり
血書大般若波羅密多経が300巻ずつ計600巻入っているそうです。
ショーケースに一部展示されていました。
色は薄くなっていますが、茶色い字で
墨ではない、血で書かれたんだなと。
豊財院3
御朱印いただきました。
P150707.jpg
良いものを見せていただけました
こちら拝観できてよかったです


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター